芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

報道ステーション

1: なまえないよぉ~ 2018/12/07(金) 08:13:59.76 ID:CAP_USER9
元テレビ朝日アナウンサーの徳永有美アナ(43)を迎え、10月から新たなスタートを切ったテレ朝の看板番組『報道ステーション』。

「今テレ朝内では、『報ステ』は禁句になっている。数字が芳しくなく、なぜ徳永さんを起用したのか、という声がある。
でも、早河(洋)会長直々の抜擢だから、何も言えない雰囲気がある」(テレ朝関係者)

2カ月が経過した現在、視聴率が伸び悩んでいるばかりか、徳永アナに対する視聴者からの苦情が絶えない。

「11月の平均視聴率は10パーセント台です。報ステの前枠で高視聴率の『相棒』と『リーガルV』が放送される、
水曜と木曜の視聴率はなんとか2桁台に乗せますが、それ以外は1桁台の日も珍しくない。
古舘(伊知郎)さんの時代には、なかったことです」(テレ朝局員)

テレ朝の視聴者センターにはこんな意見が届いていた。

〈不倫して辞めた人がなぜ戻ってこられるのか。(他人の)不倫ニュースがあったらどう報じるのか。(60代女性)〉

〈あの方はよく噛むし、進行が下手。とても聞き苦しく感じます。(60代男性)〉

〈徳永さんはただの主婦が出ている感じ。政治に詳しい人に出てほしい。(70代女性)〉

別のテレ朝関係者が続ける。

「報道・情報番組全体に寄せられる視聴者の意見は、多い日で1日150件前後。これまでの『報ステ』には、出演者のコメントやVTRの内容に対する批判が多かった。

ですが、徳永さんの起用後、彼女の不倫問題や資質にネガティブな意見がほぼ毎日寄せられている。
とても珍しい事態なんです」

徳永アナといえば、2003年に内村光良(54)との不倫騒動が発覚し、担当していた番組を降板。
2004年に『報ステ』のスポーツ担当キャスターを務めたものの、2005年に内村との結婚を選び、退社している。

苦情が絶えないことについて、本誌はテレ朝に問い合わせると、真っ向から否定した。

「苦情が殺到しているという事実はまったくありません。
(平均視聴率は)2017年の同じ時期と比較しても上回った数字となっています」(テレビ朝日広報部)

さて、当の徳永アナはどう感じているのか。
11月28日、彼女を直撃した。

「まだ始めたばかりなので、私自身は数字を気にしても、という感じです。今は楽しくさせていただいてます。
いろんなご意見があるのは承知のうえで、そのことも覚悟して頑張って、向き合っていきたいなと思っています」

気丈に、暗雲に立ち向かっていた。

(週刊FLASH 2018年12月18日号)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181207-00010000-flash-ent
12/7(金) 6:03配信
no title

【なぜ不倫した女が…『報ステ』徳永有美アナに苦情殺到 ← いつの話だよwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/21(日) 09:45:26.16 ID:CAP_USER9
9月末をもって『報道ステーション』を卒業し、この10月からインターネットの報道番組『AbemaPrime』(AbemaTV)のメインキャスターに就任した小川彩佳アナ。
局内では「都落ち」「左遷人事」といったネガティブな声も上がっていたが、ここにきてブレイクの兆しを見せているのだ。
女子アナ評論家・戸部哲也氏が解説する。

「彼女は2011年から『報ステ』のサブキャスターを務めていて、番組の性格上、ほぼ素顔が見えなかった。けど、『Abema...』では、そんな硬派なイメージが激変。

初回放送では、テスラのモデルXでスタジオまで乗りつける演出があったのですが、『大物スターが登場するかと思いきや、こんな私ですみません』と恥ずかしそうにコメントしたり、はたまたバラエティさながらに箱の中身を当てるクイズに喜々として挑戦したりと、これまでとはまったく違う姿を見せているんです。『報ステ』時代とのギャップからか、そんな彼女に対し、ネットでも『かわいい』と評判になっています」

彼女を知る局員も、次のように話す。

「もともとは男っぽい性格で、野外フェスが大好きではっちゃけるし、食事に行っても大盛りでご飯を食べたりする。『報ステ』時代はプレッシャーや対外的な責任もあったのか、局内でもしおらしくしていた。これからようやく、彼女の本来の魅力が現れると思いますよ」

『報ステ』の呪縛が解けた彼女から目が離せない!

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181021-01073160-playboyz-ent

小川彩佳アナ
no title

00bed3


『報道ステーション』の小川彩佳アナ

no title

『AbemaPrime』

no title

no title

【『報ステ』の呪縛が解けた小川彩佳アナ、キャラ変で漂う大ブレイクの予感 ネットでも『かわいい』と評判】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/14(日) 07:43:13.73 ID:CAP_USER9
テレビ朝日の竹内由恵アナにとって、この10月は女子アナ人生のターニングポイントになりそうだ。

秋の番組改編に伴い、2015年からメインキャスターを務めていた夕方の報道番組『スーパーJチャンネル』を卒業。新たに『報道ステーション』のスポーツ担当(月~木曜)と、金曜メインキャスターに就任した。しかし、その裏にはある失望が隠されていた。

30歳を超えてから報道の楽しさに目覚め、公言はしていませんでしたが、実はずっと『報ステ』キャスターの座を狙っていたんです。ようやく念願叶(かな)ったわけですが、基本的な立ち位置はスポーツキャスター。『報ステ』起用が決まった当初、微妙な表情を浮かべていたと聞いています」(テレビ朝日関係者)

さらに彼女のメンタルに追い打ちをかけたのが、新人時代から担当していた『やべっちF.C.』からの卒業だとか。

「10年間も担当していただけあって、とにかく思い入れが強いんです。過去に何度も降板話があったものの、そのたびに出演者やスタッフが上層部に掛け合ってくれたらしい。それだけ彼女は愛されていましたし、彼女も同様だった。けど、『報ステ』は他番組との掛け持ちを快く思わないため、彼女も渋々降板を受け入れるしかなかったようだ」(制作会社ディレクター)

卒業ラッシュとなった9月は落ち込む様子を見せていたというが、今は前を向いて新たな仕事に必死に打ち込んでいるという。今後の活躍に期待したいところだ。


10/14(日) 6:20配信 週プレNEWS
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181014-01072590-playboyz-ent
no title

【念願の『報ステ』デビューを飾った竹内由恵アナが素直に喜べない理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/05(金) 14:15:59.36 ID:CAP_USER9
10月1日より、『報道ステーション』(テレビ朝日系)のメインキャスターを務めているフリーアナの徳永有美。2005年の同局退社以来13年ぶりとなる番組復帰を果たしたが、視聴者からの評判は芳しくないようだ。

 1日放送の冒頭、徳永は「13年ぶりに『報道ステーション』の場に帰ってまいりました」と視聴者にあいさつ。さらに「10年以上、いち視聴者として『報道ステーション』を見守ってきて、そのときに感じたり考えたりしたこと、そのときの気持ちを忘れずにありのまま自然に、皆さんとともにいろいろなことをお伝えできればと思っております」と、報道番組らしい真面目なコメントから切り出して番組を進行していった。

 一方、徳永と交代で番組を卒業した同局の小川彩佳アナは、10月2日に『AbemaTV』の報道番組『Abema Prime』に初登場。出演者のケンドーコバヤシに髪を切ったことをイジられると、「先週の金曜日まで『報道ステーション』を担当していたので、週末だけでは気持ちを切り替えられないと思いまして一気に髪を切りました」と、照れ笑いを浮かべて答えていた。

 さて、注目された徳永の番組進行だが、13年というブランクからか、ぎこちなさがにじみ出る結果に。ネット上では放送後から、
《噛み噛みだったよ》
《なんか不安そうな顔してる》
《なぜこの人をメインに持ってきたのか謎だわ》
《小川さん返して。もう見る気なくなった》
《『NEWS ZERO』のキャスター交代は新鮮だったけど、こっちは改悪でしかない》
 などと厳しい声が上がってしまった。さらに徳永が不評な理由としては、夫である『ウッチャンナンチャン』内村光良との結婚経緯にあるという。

「内村の妻としても有名な徳永ですが、2人は不倫の末に結婚した夫婦なんですよ。2003年、当時『テレ朝』の局アナだった徳永は、既婚者でありながら内村との熱愛が発覚して担当番組を軒並み降板。2年後に内村と結婚して寿退社しましたが、“不倫愛”だけあっていまだに悪いイメージが拭いきれていません。ネット上にも『不倫アナは報道番組には不適格』『昔のこととはいえ顔を見たくない』といった声が続出。また、視聴率に関してもこれまでと横ばいで、リニューアル効果は全くなさそう。それどころか、今後は下がる一方になる危険も予想されます」(業界関係者)

 一方、日本テレビの『NEWS ZERO』は、メインMCを元NHKの有働由美子に変更して視聴率が大幅アップしている。長年メインキャスターを務めていた古舘伊知郎の降板以来、迷走が目立つ『報道ステーション』。この「誰からも支持されない」MC交代劇が、番組終焉のきっかけになるかもしれない。

https://npn.co.jp/article/detail/39157995/

小川彩佳

【「小川アナを返せ!」徳永有美で大不評の『報ステ』視聴率暴落の危機】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/17(月) 07:37:56.06 ID:CAP_USER9
10月から『報道ステーション』(テレビ朝日系)のキャスターを務めるフリーアナウンサーの徳永有美。テレ朝のアナウンサーだった彼女は社内結婚していたが、2003年に内村光良との不倫が報じられ、担当番組を軒並み降板。その2年後に内村と結婚し、テレ朝を退社した。以降、2児の母親として、そして妻として夫を支えながらも時々はフリーとして仕事をし、昨年からAbemaTVでキャスターも務めている。そんな徳永アナが、長いブランクを経て地上波報道番組に本格復帰することについて、ネットなどでは「不倫したのになぜ?」「不倫経験があるのに報道番組に出るなんて…」などと騒がれている。なぜ徳永アナは当時のことを蒸し返されているのか。著作家の北原みのりさんが直言する。

徳永アナの艶やかな着物姿

 * * *
 まず、「不倫経験者は報道番組のキャスターにふさわしくない」という批判から、疑問に思います。不倫に対しては、女子アナに限らず政治家や芸能人も非難されます。ただそこには、男性には甘く、女性には厳しいというWスタンダードがあります。現に、不倫した男性で、番組を降板せずキャスターを続けているかたは多いですから。

 当時、徳永さんは「信用ある言葉を語るべくキャスターが、性的な不祥事を起こした」と激しく非難され、番組で謝罪するほど追い込まれました。その後降板し、局を退いたわけですが、その理由として男性がよく言うのは「不倫は主婦層に反感を買うから」。でも、本当の理由は別にあると思います。

 徳永さんは当時既婚者で、お相手の内村さんは独身でした。ですから、相手の家庭を壊したわけではなく、問われたのは彼女の貞操観念でしょう。繰り返しますが、彼女のように独身相手と不倫した既婚男性の有名人は山ほどいます。それなのに彼女だけが謝罪、降板、退社まですることになったのはなぜか? 私は「男が怒った」からだと考えています。

 相手は超売れっ子の芸能人。徳永さんは「金と権力に寄った女」。そして被害者は、一般のサラリーマン。男性は徳永さんの不倫報道を見て、「妻を寝取られてしまった夫」に同情し、「自分も寝取られたらどうしよう」という恐怖を持ち、不倫相手の内村さんに嫉妬心を持っていた…。そうした心情が、男性の怒りとなり、やがて世間全体の怒りにつながったのでしょう。

つづく

不倫経験にいまだに批判の声が… 
no title


 9/17(月) 7:00 ニュースポストセブン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180917-00000012-pseven-ent

【<報ステ>徳永有美アナへの「不倫経験者はキャスター失格」批判に異論!「男性で降板せずキャスターを続けているかたは多い」】の続きを読む