芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

土屋太鳳

1: なまえないよぉ~ 2017/10/14(土) 16:06:11.55 ID:CAP_USER9
10月11日、30回目を迎える「日本メガネベストドレッサー賞」の授賞式が都内で行われ、芸能界部門から俳優の高橋一生、女優の土屋太鳳、スポーツ部門から吉田沙保里、今後、メガネをかけてほしい人として特別賞に欅坂46などが登場した。土屋は「高校生の時から主にプライベートでメガネを愛してきました。メガネは心強い相棒です」とコメント。所持するメガネは「1本です」と一本気な愛着を告白した。

「ベストジーニスト」同様、受賞理由が皆目わからないことで毎年疑問の声が沸き起こるこの賞。今回もまた、ネット上で様々な疑問の声が上がっている。

「いちばんやり玉にあがっているのが土屋です。『メガネのイメージない』『これほどメガネが似合わない人も珍しい』『どこにでもホイホイ出てくる』『近藤春菜や阿佐ヶ谷姉妹のほうが適任』など、批判的なコメントが多いですね。

また、土屋の『メガネを愛し、メガネに愛される女性、女優になれるように精進していきたい』というコメントには『意味不明』とバッサリ。土屋は翌日発表された『美脚大賞2017』でもアスリート脚として選出されました。アスリート脚ならアスリートを選びそうなものですけどね。どちらの賞も話題になる、ニュースになる人選なのでしょうが、主催者が望まない形で話題になっているのではないでしょうか」(芸能ライター)

 メガネのイメージよりも“なんでも欲しがる太鳳ちゃん”のイメージがついてしまいそうで心配だ。

2017/10/13 18:16 アサジョ
https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171013-47408648-asajo

写真
no title

【<土屋太鳳>「メガネドレッサー」「美脚大賞」連続受賞も世間は「?」の嵐】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/12(木) 16:47:44.17 ID:CAP_USER9
健康的な美脚を持つ女性に贈られる『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式が12日、都内で行われ、ティーン部門を平祐奈(18)、20代部門を土屋太鳳(22)、30代部門をシャーロット・ケイト・フォックス(32)、オーバーフォーティー部門を観月ありさ(40)がそれぞれ受賞し、美脚の共演を果たした。

平は「私なんかがいただいていいのかなと思っております。家族からも『あなたで大丈夫なの?』って言われたのですが、お姉ちゃん(平愛梨)は『良かったね』って言ってくれました」とにっこり。
きのうの『第30回 日本 メガネ ベストドレッサー賞』に続く受賞となった土屋も「筋肉質な脚でコンプレックスを持っていたのですが、演技もダンスも走ることも、この脚だったから乗り切れた。ここに立てていることがうれしすぎて信じられない」と喜びをかみしめた。

満面の笑みで登場したシャーロットは「緊張しすぎて、脚がブルブルしていますが、とてもうれしいです。
美脚は祖母と母から受け継いだものだと思っています」と感慨深げ。
2007年に30代部門で受賞して以来、2度目の受賞となった観月は「本当に光栄です。日々スタイル維持に頑張ってきて良かったです。50歳になっても、この賞が取れるように頑張ります」と宣言していた。

同賞は、靴の製造メーカーが集まり結成された『クラリーノパーカッシオクラブ』が2003年より毎年開催。
これまでに広末涼子、長澤まさみ、上戸彩、吹石一恵、武井咲らが大賞を受賞している。

ORICON NEWS
http://www.oricon.co.jp/news/2098816/full/
『第15回 クラリーノ美脚大賞2017』表彰式に出席した
(左から)平祐奈、土屋太鳳、シャーロット・ケイト・フォックス、観月ありさ
2098816_201710120404424001507793838c


no title

no title

no title

no title

no title

【「美脚大賞」土屋太鳳、観月ありさ、平祐奈、シャーロット・ケイト・フォックスが受賞 各年代の美脚ズラリ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/09(月) 09:23:42.90 ID:CAP_USER9
それは9月18日のことだった。ロッテ「雪見だいふく」の新CM発表会に、商品をイメージした白い衣装で登場した土屋は、

「太鳳さんって身体柔らかいですよね。〆雪見ということで、〆を身体で表現してほしいのですが」

 などという司会者の無茶振りにも、笑顔で応えていた。ちなみに「〆雪見」とは、日々のちょっとした節目に雪見だいふくを食べよう、という提案だそうだが、ともかく“事件”は発表会の後半で勃発した。

「チョコパイの上に雪見だいふくを載せ、カスタードクリームをかけた土屋オリジナルのレシピを紹介する際、“雪見だいふく……あーっ、えっと、違う、えっと、雪見、もう1回行きます。私がアレンジさせていただいた新メニューは、雪見エッグベネディクトです”と、まさかの“テイク2”を要求してきたんです」

 と、居合わせた芸能記者は語るが、続いてさらに唖然とさせられたという。

「最後に司会者からメッセージを求められ、“ぜひぜひぜひ雪見だいふく、〆雪見だいふく……(司会のほうを見て)合ってますよね? 〆雪見だいふくで、違う。〆雪見で……あの(うつむいて笑いながら)混ざっちゃう、〆雪見で素敵な時間をすごしてください”と、何度も新CMのコンセプト“〆雪見”を間違えては、言い直したんです」

 記者は周囲と顔を見合わせ、こう結論づけたという。

「ありゃ、映画病だね」

 どんな病気なのか、さる芸能関係者が説くには、

「土屋は今、CM8本に出ていますが、テレビドラマは昨年4月期と10月期に出ただけで、活動の軸を映画に置いている。今年は3月公開の『PとJK』、6月公開の『兄に愛されすぎて困ってます』、9月公開の『トリガール!』、12月公開予定の『8年越しの花嫁』と4本で主演。来年も2本が公開予定です」

「飽きてしまう」

 で、映画病とは、

「同じシーンを何度も撮り直す映画の感覚に引っ張られている」(先の記者)

 というわけである。

 さて、ビョーキになるほど没頭している映画の出来について、映画評論家の北川れい子さんに尋ねると、

「『まれ』ではまじめな女優という印象でしたが、最近はマンガや小説など人気原作ありきの、チャラい女子高生などの役ばかり。どれも目と口を大きく開けてきょとんとした顔で大騒ぎで。うんざりですね」

 と、手厳しい。

「こうして悪意がなく、憎めないけど浮世離れしていて、人騒がせなチャラガールばかり演じていたら、観客も土屋に飽きてしまうと思う。実際、最新の『トリガール!』は週間観客動員数でトップテンに一度も入っていません。これでは若い才能が消耗してしまう危険性があります」

 だが土屋の名誉のために言えば、彼女、評判は悪くない。先の記者によれば、

「日本女子体育大学で舞踊学を専攻中で、根っからの体育会気質。誰にでもすぐ立ってお辞儀をする礼儀正しさがある。女優としてもクセがないのですが、“青春映画女優”から脱皮を図ろうとしても、その先には年下の広瀬すず(19)がいる。広瀬は女子高生役を演じつつも、是枝裕和監督の目に止まり、女優としての幅を広げています」

 ビョーキは、155センチと小柄な土屋が大きく脱皮する糧になるか?

「週刊新潮」2017年10月5日号 掲載

2017年10月9日 5時59分 デイリー新潮
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13722699/

写真
no title

【土屋太鳳 懸念される“映画病” チャラい女子高生役ばかりを演じ、映画評論家「うんざりですね」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/06(金) 17:47:32.87 ID:CAP_USER9
女優の土屋太鳳が5日、CM撮影中に睡眠をとるワンショットをInstagramに投稿、キュートな寝顔と手に持ったガラケーが反響を呼んでいる。

「中秋の名月」となった昨夜の更新で月の画像をアップし、「でもしばらくしたら別の空になっていました…!!! どんな空になっていたのかは、またあとで」と予告していた土屋。
だがそのまま更新はされず、一夜明けて「 寝落ちした? という声が聞こえてきそうな朝ですが、正確にはあのあと電話で話をしていて、そのあと、寝落ちしました!!!」と告白した。

そのうえで「今日は嬉しいお知らせが出来そうな日なのです」という土屋は、「あのあとの夜空も含めてまた後程、感謝を込めて…* 写真は、雪見だいふくのしあわせと一緒に」(原文ママ)というコメント共に、出演する「雪見だいふく」のCM現場で撮影したとみられる寝顔を投稿。
すやすやと眠る土屋の姿に、コメント欄には「寝顔に癒されました」「天使」「可愛い寝顔」「太鳳ちゃん、寝姿が可愛い」「添い寝したい! 可愛い」など喜びの声が寄せられた。

さらにファンが注目したのは、土屋が左手に持った携帯電話。スマートフォン全盛の時代にあって、その手にはいわゆるガラケーがにぎられており、「携帯ガラケーなの?!」「リモコンかと思ったら、ガラケー!?」「ガラケー珍しい!」と驚きの声が。
おそらくスマホと使い分けているものと思われるが、少し時代遅れなガラケーを大切に使う姿勢に好感を抱くファンも多く、「まだガラケー使っているってところに、たおちゃんの人間性が見える! 謙虚で周りを大切にするんだなーって!」「可愛い、、、。ガラケー持って寝る天使初めて見ました」など話題になっている。

https://www.cinematoday.jp/news/N0095081 
2017年10月6日 


no title

【土屋太鳳はガラケー使い?天使な寝顔ショットに反響】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/09/19(火) 06:46:47.30 ID:CAP_USER9
「魔性の女」と言えば、高岡早紀や宮沢りえなどの名が浮かぶが、今の芸能界で「新・魔性の女」と呼ばれているのは、意外や意外、土屋太鳳(22)。
NHKの朝ドラ『まれ』でブレイクし、ドラマや映画、CMに引っ張りだこの清純派がなぜ? 

芸能レポーターの城下尊之氏が証言する。「彼女と仕事をしたスタッフはみんな、彼女のことが好きになっちゃうんです。
一生懸命だし、真面目でフランク。それでいて品があるから、支えてあげたい気持ちになるんですね」

■福士蒼汰ら共演者は“俺のことが好きなのか”  一説によれば、彼女は視力が弱いため、とにかく相手との距離が近いのだとか。
楽屋でも共演男優のすぐ近くに寄ってきて、至近距離で相手の顔を見つめながら話すという。さらには、記者会見の場であっても、臆面もなく「○○さん、すごく好き」などと口にしてしまうのだ。
「山崎賢人や福士蒼汰など同年代の共演者は“太鳳は俺のことが好きなのか”と素直に思い込んでしまう」(芸能記者)

■“歌舞伎界のプリンス”尾上松也は本気で口説くも…  若手俳優だけではない。舞台『狸御殿』で共演した“歌舞伎界のプリンス”こと尾上松也(32)は、
「一時、本気で口説きにかかったそうですが、土屋は気を持たせるそぶりを見せながら、身持ちは堅く、最終的に落とせなかったらしい」(舞台関係者)

■郷ひろみや松本人志も大絶賛  また、昨年の『紅白歌合戦』で土屋は、郷ひろみ(61)が歌うバックで妖艶なダンスを披露。
熱い抱擁シーンまで見せたが、「あくまで噂ですが、郷ひろみが自ら土屋を指名したらしい」(女性誌記者)

 さらに、9月1日オンエアの『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)では、日頃は辛口のコメントしか出さない松本人志が「かわいい」「娘として完璧」などと土屋を終始、大絶賛。
「彼女の天然な魅力は、大御所たちの心も揺さぶっているようですね」(前同)

 快進撃は止まらない?

日刊大衆 / 2017年9月18日 19時5分
https://news.infoseek.co.jp/article/taishu_29465/

写真
no title

【<土屋太鳳>「新・魔性の女」の共演者キラーぶり!共演者は“俺のことが好きなのか”】の続きを読む