芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

土屋太鳳

1: なまえないよぉ~ 2017/08/13(日) 07:04:10.54 ID:CAP_USER9
 女優の土屋太鳳さんと黒木瞳さんが12日、東京都内で行われた劇場版アニメ「フェリシーと夢のトウシューズ」(エリック・サマー&エリック・ワリン監督)の初日舞台あいさつに登場。日本語吹き替え版のアフレコ時には黒木さんと会うことができず、この日が初対面となった土屋さんは「本当にお会いするのがうれしくて。すてきすぎて胸がいっぱいです」と感激していた。

 黒木さんは、劇中で土屋さん演じるフェリシーにバレエを教えることとなる元バレリーナのオデット役で、フェリシーを特訓する役どころだけに、「初めてっていう感じがしない」とにっこり。土屋さんも「(舞台あいさつの前に)憧れの方すぎて緊張していたんですが、先ほど『(舞台あいさつを)キラキラと楽しもうね』と言ってくださって。すごく心が明るくなりました」と笑顔で明かした。

 また、司会者から「特訓を受けた経験」を聞かれた黒木さんが「宝塚の時に、初めて役をいただき、動きながらせりふを言う特訓として、動きながら『はっ! はっ!』って声を出す訓練を一日中。それを2週間やった。違和感なく動くことができるようになります。今、思い返してもよい特訓でした」と明かすと、土屋さんは「なるほど。勉強になりました。今ちょうどそれで悩んでいた時なんです」と目を輝かせていた。

 「フェリシーと夢のトウシューズ」は、19世紀末、フランス・ブルターニュ地方の施設で暮らしていた、踊ることが大好きな少女・フェリシーが、バレリーナになる夢を胸に施設を抜け出し、エッフェル塔建設中のパリを訪れ、偶然たどり着いたオペラ座で、さまざまな出会いやライバルたちとの競争を経て、夢の舞台を目指す……というストーリー。


2017年08月12日
https://mantan-web.jp/article/20170812dog00m200002000c.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【土屋太鳳 憧れの黒木瞳と初対面「すてきすぎて胸がいっぱい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/04(金) 05:31:19.73 ID:CAP_USER9
女優、土屋太鳳(22)と芳根京子(20)が来年公開の映画「累-かさね-」(佐藤祐市監督)にW主演し、キスシーンに挑戦することが3日、分かった。

 同作は女性漫画家、松浦だるまさんの同名漫画の実写版。人間の美醜をテーマにした作品で、コミックは累計売り上げ180万部の人気作だ。

 美貌に恵まれながらも伸び悩む女優・ニナ(土屋)と、演技の天才だが醜い容姿に劣等感を抱く女優・累(かさね、芳根)が主人公。女優としての成功に執着するニナは、キスをすると顔が入れ替わるという不思議な口紅を持つ累に接近。

 2人は禁断のキスを交わし、ニナは自身の美貌と抜群の演技力で活躍する累の姿に満足するが、自分自身の醜い容姿に絶望感を覚え、転落の運命を歩み出す内容だ。

 土屋はNHK連続テレビ小説「まれ」、芳根は「べっぴんさん」のヒロインを務めた“朝ドラコンビ”。2人は初共演の今作で、“1人2役”という難役に挑戦する。

 土屋は「キャストやスタッフの方々と思いきり墜ち、作品の闇に酔いしれたいと思います」と気合十分。芳根は醜い表情の特殊メークにも挑戦し、「今までと違う姿をお見せできるよう、爆発します!」と熱演を約束した。


清純派のイメージを覆すキスシーンで悲劇の女優を熱演する左から土屋太鳳、芳根京子
no title

映画「累-かさね-」原作
no title

no title

http://www.sanspo.com/geino/news/20170804/geo17080405040002-n1.html

【土屋太鳳がキスwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/17(月) 18:00:12.79 ID:CAP_USER9
テイクオフイベントに、間宮祥太朗、高杉真宙、池田エライザ、矢本悠馬、英勉監督とともに登場した。

同作は中村航の小説を実写化し、鳥人間コンテストに挑む人力飛行サークルを舞台にした青春ラブコメ。
土屋演じる鳥山ゆきなが、イケメンの先輩・高橋圭(高杉真宙)に一目惚れし、人力飛行サークルに入会、"狂犬"と呼ばれる先輩・坂場大志(間宮祥太朗)や親友の島村和美(池田エライザ)らと鳥人間コンテストに挑む。

出演者陣のアドリブにより台本のセリフがほぼ変わったという同作だが、間宮は土屋が素で笑ってしまった箇所があると暴露。
2人で睨み合うシーンで、間宮が土屋におでこをつけながら進んだために、土屋が笑いをごまかした場面が、完成した映画にも映っているという。

土屋は「私も真剣勝負だと思ってるんです。気合いを入れて攻めの姿勢で」と心境を語りつつ、「(間宮が)あまりに素晴らしい攻めの姿勢でくるので、もうすごかったですね」と、間宮を称賛。
さらに間宮は「僕が(土屋を)おんぶしたのを落として、『お前ちょっと重いぞ、痩せろ!』と言って、(土屋が)『そこそこスリムだろうが!!』と言うのは、僕と監督の中では土屋太鳳個人的な叫びだろうと」とエピソードを披露した。

間宮のアドリブでの「痩せろ」セリフに、土屋は「ちょっと体重落としたんですよ。それなのにまだ痩せろと。『そこそこスリムになっただろう!』という心の叫びになっちゃったのかな」と苦笑。
間宮が「あれ、俺と監督は好きですよ」と優しく声をかけると、土屋は「ちゃんと考えてアドリブを出したいんですけど、トリガールの場合は考える時間もないので」と撮影現場の様子を振り返った。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)


no title

no title

no title

http://news.mynavi.jp/news/2017/07/17/096/

【土屋太鳳、「痩せろ」アドリブに「そこそこスリムだろうが!」心からの叫び】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/01(土) 08:42:42.97 ID:CAP_USER9
 女優の土屋太鳳さんが30日、東京都内で行われた主演映画「兄に愛されすぎて困ってます(兄こま)」(河合勇人監督)の初日舞台あいさつに河合監督らと登場した。河合監督から手紙で「『兄こま』お疲れ様でした。本読みで誰よりも貫禄があった。妹役を演じるにあたり難しさがあったと思う。せとかを演じてくれてありがとう」と言われた土屋さんは涙ぐみながら、「ずっと、せとかを私が演じていいのか考えていました。ありがとうございます」と話し、監督から花冠を受け取り、ハグを交わしていた。

 初日舞台あいさつには、土屋さん、河合監督のほか、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の片寄涼太さん、「超特急」の草川拓弥さん、俳優の千葉雄大さん、杉野遥亮さんも出席した。

 土屋さんは「お兄(にい)たちがいなかったら、せとかを演じることができなかった」と“お兄”たちに感謝を述べ、映画初出演でせとかの兄・はるかを演じた片寄さんには改めて「お兄がお兄を演じてくれてよかった。お兄になってくれてありがとうございました」と感謝の言葉を述べた。

 「兄こま」は、少女マンガ誌「Sho-Comi」(小学館)で夜神里奈さんが連載中のマンガが原作で、コミックス累計50万部突破の話題作。主人公の橘せとか(土屋さん)は告白12連敗中の非モテ女子高生だったが、初恋相手の高嶺(千葉さん)をはじめ、続々と年上イケメンたちが現れ、人生初のモテ期が到来。一方、せとかと血のつながりのない兄・はるか(片寄さん)は揺れる自分の気持ちに戸惑いながら必死に妹を守り続けようとする……というストーリー。

2017年06月30日
https://mantan-web.jp/2017/06/30/20170630dog00m200029000c.html
no title
【土屋太鳳 監督からの感謝状に涙 “お兄”役の片寄涼太に改めて感謝も】の続きを読む

: なまえないよぉ~ 2017/07/01(土) 12:06:14.93 ID:CAP_USER9
 お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が1日、都内で行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』
公開記念舞台あいさつに出席した。土屋太鳳演じる主人公がいろんタイプの“兄系イケメンズ”に
愛されまくる同作に、先生役で出演した井上は「打ち上げの時に監督に
『次回作があれば、次は土屋太鳳とキスをさせてくれ』と。いつでもキスシーンの準備は
できていると伝えた」と豪語。客席がドン引きすると「一人ずつキスしていくぞ!」と
まくし立てて、いつもの悲鳴を巻き起こした。

 同作は夜神里奈氏による『Sho-Comi』(小学館)で連載中の同名少女マンガを実写化。
非モテ女子・橘せとか(土屋)が突然現れたモテ期に戸惑いながらも、本当に好きな人を
見つけるまでを描くラブコメディー。

 この日、舞台あいさつ初登場となる井上、土屋のほか片寄涼太
(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、杉野遙亮が登壇。土屋は井上演じる
“イケメン風セクシーブサイク”矢高先生から壁ドンされるシーンについて
「とても早いスピードの壁ドンが待っていると思います」と紹介。

 その感想を聞かれた片寄は「学ぶところばかりで…スピード感とか」とひねりだすも、井上は
「GENERATIONSの方が圧倒的にスピード感あるやろ」と呆れ顔。千葉が
「壁ドンの加工だったり、効果音とか…」と続ければ、「俺の力じゃないわ!」、
杉野が「役者の鑑」と褒め称えれば「どこがや!」とツッコミを連発させ、その場を
大爆笑させた。

 一方で、片寄は「打ち上げの時に井上さんに『こういう風に宣伝していくといい』とお
話させていただいて、それはずっと意識してます。感謝してます。だからリスペクトです」と
尊敬の眼差し。井上が「ほんとに?ヘラヘラしてるやん?」と指摘すると
「いや本当に超リスペクトっす」と重ねた片寄だったが、やっぱり「いや、ヘラヘラしてるやん…」
と最後まで半信半疑だった。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170630-00000329-oric-ent

no title

no title

no title

【NON STYLE井上、土屋太鳳とのキス熱望に観客ドン引き】の続きを読む