芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

吹き替え

1: なまえないよぉ~ 2019/05/09(木) 05:54:16.96 ID:xp+RblzW9
 女優の今田美桜が、映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』(6月14日全国公開)で日本語吹き替え声優に初挑戦することが明らかになった。また、同じく吹き替えキャストとして、杉田智和、高島雅羅、磯部勉の参加も決定した。

 『メン・イン・ブラック』は、地球に移住したエイリアンたちを監視する秘密組織の活動を描いたSFコメディー。最新作では、新人女性エージェント・M(テッサ・トンプソン)と先輩エージェント・H(クリス・ヘムズワース)の新コンビが組織内部に潜むスパイの捜索に繰り出す。
 
 テッサ演じるエージェントMの吹き替えを担当する今田は、声優のオファーを受けたことが驚きだったそうで、「吹き替え声優をやらせていただくということも初めてですし、声優に挑戦することが凄く未知でした!」とコメント。「優秀な新人エージェント役という、こんなカッコイイ役をやらせていただくということで、楽しんで演じられればいいなと思っています」と意気込みを語っている。

 配給元であるソニー・ピクチャーズ エンタテインメントの担当者は、今田の起用理由について「エージェントMはガッツがあって有能な新人という役どころ。今、最もフレッシュで、なおかつ演技力も兼ね備えた、人気急上昇中の今田美桜さんがぴったり! ということで、一番に候補に挙がりました」と説明。吹き替えを通して引き出される、彼女の新たな魅力に期待を寄せている。

 その他、エージェントMのパートナーであるエージェントH(クリス)の声を杉田が担当。リーアム・ニーソンふんする新キャラクター・ハイT役を磯部が務め、前作『メン・イン・ブラック3』にも登場したエージェントO(エマ・トンプソン)の声を高島が担当する。(編集部・倉本拓弥)


2019年5月9日 4時00分
https://www.cinematoday.jp/news/N0108517
no title

【今田美桜『メン・イン・ブラック』新作で吹き替え初挑戦!杉田智和ら実力派も集結】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/23(火) 13:02:35.21 ID:CAP_USER9
歌舞伎役者の中村獅童(46)、オタクタレントの“しょこたん”こと中川翔子(33)、声優の諏訪部順一(46)らが22日、都内で行われた映画「ヴェノム」(11月2日公開)のPRイベントに出席した。

 スパイダーマンの宿敵でマーベル史上最も残虐なキャラクターが主役。大のスパイダーマンファンで、いつもはスパイダーマンの衣装に身を包む獅童が、この日はヴェノムに扮して登場した。

「スパイダーマンが大好きなので、また関わることができてうれしい。日本中のちびっ子がおしっこを漏らしちゃうかもしれないほど怖いと思う。でも、吹き替えでは単に怖いだけでなく、ほんの少しかわいらしさが感じられるように気をつけた。これ、昼の1時半から支度している。なかなか暖かい」と上機嫌でコメント。「さっき控室で0歳の赤ん坊に完成形を見せた。どんな反応をするかと思ったが、いつも通りだった」と苦笑した。

 マーベル作品に初挑戦する中川は「すごく怖くてびびっちゃう。だけど、さっき、この格好のまま『よしよし』と赤ちゃんをあやしていた。泣かないのは、さすが獅童さんのお子さん」と、楽屋の様子を暴露。

 自らの仕事については「芸能人が吹き替えに挑戦というのは許せないという気持ちが分かるので、私の顔が思い浮かばないようにナチュラルな吹き替えを心がけた」と完成度の高さに胸を張った。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1164217/ 
2018年10月22日 18時38分 

no title

【中川翔子 芸能人の吹き替え挑戦「許せないという気持ちが分かる」「私の顔が思い浮かばないように」←これ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/14(月) 05:04:18.54 ID:CAP_USER9
 トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズ最新作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の日本語吹き替え版声優を、ロックミュージシャンのDAIGOと女優の広瀬アリスが担当することが明らかになった。

 イーサン・ハント率いるスパイチームの活躍を描く本シリーズ。最新作で与えられるミッションは、“3つの都市”を標的とした同時核爆発攻撃の阻止。正体不明の敵だけでなく、イーサンを疑うCIAエージェントまで立ちふさがる予期せぬ状況の中で、ミッションに挑む姿を描く。

 今回DAIGOが担当するのは、ヘンリー・カヴィル演じる敏腕CIAエージェント、オーガスト ・ウォーカー。声優として出演が決まったことについてDAIGOは「MI! マジでいいの!?  って思いました! 世界的名作シリーズに出演できるなんて光栄です! 気合入れて頑張ります」と意気込みを語っている。また、劇中で主人公イーサンと対立するライバルを演じることに関して「ファンの方も多い作品で、洋画のアフレコは本当に難しいので、とにかく映画の邪魔だけはしないよう、しっかり役に入り込んで取り組みたいと思います」とコメント。

 ヴァネッサ・カービー演じる女暗殺者ホワイト・ウィドウ役の広瀬は、「少し前に新作が今年公開します! というのをテレビで見ていて、『あーまたやるんだぁたのしみだなぁ』なんて思っていて、完全に一視聴者として観ていたので、今回のお話を聞いてびっくりしました」と驚きをあらわにしている。類まれな美しさでターゲットを翻弄する暗殺者を演じることについて「いつも映画を観るときに、かっこいいなと思うキャラクターはこういうのが多かったりしていたので、かっこよく女性らしく演じたいです」と意気込みを語っている。(編集部:倉本拓弥)

映画『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は8月3日より全国公開


2018年5月14日 4時00分 
DAIGO&広瀬アリス『ミッション:インポッシブル』新作の日本語版キャストに決定! 

シリーズ史上初!吹き替え版キャストに決定したDAIGO(オーガスト ・ウォーカー)と広瀬アリス(ホワイト・ウィドウ) - (c) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
no title

https://www.cinematoday.jp/news/N0100740

【DAIGO&広瀬アリス『ミッション:インポッシブル』新作の日本語版キャストに決定!】の続きを読む