芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

吉高由里子

1: なまえないよぉ~ 2018/09/16(日) 09:51:05.10 ID:CAP_USER9
普通の人と言動が異なる“変わり者”は芸能界に多い。
しかし自ら“変わり者アピール”をして煙たがられてしまう人もいる。女優・のん(25)もその内のひとりだ。

のんは自らを“創作あーちすと”と名乗り、アートブックを出版したり個展を開催するなど精力的に活動している。
また能年玲奈と名乗っていた2012年には「シネマ報知」のインタビューで、「妹から『普通に働いても生きていけへんな』と言われた」と告白。
妹からの言葉にのんは、「すごくショックだったけど、納得したんです。あんまり普段の自分は好きじゃない。映像に映っている自分は好きなんですけど」とコメントしていた。

しかしこれらの変人アピールに対してネット上からは、「あーちすとって…。ひらがなとか無理だわ」
「サブカル拗らせた、ちょっと可愛い大学生といった雰囲気」「事務所に売り出して貰ってたのに、自分の実力を勘違いして天狗になっただけのイタイ人だよね」といった声が上がっている。
今回はのんのように、変わり者アピールが鼻につく芸能人たちをご紹介しよう。

●GACKT

シンガーソングライターのGACKT(45)も、自分変わってますアピールが多い芸能人。
2013年に映画の記念イベントへ出席したGACKTは、「3時間くらいしか睡眠をとらないけど、悪夢というか予知夢を見る」
「知らない人が出てくることが多くて、数年後に出会うことがある」と変人キャラを装っていた。

この発言にネット上からは、「真面目に予知夢を語ってるところが痛々しい…」「クラスに1人はいる不思議ちゃんキャラだね!」といった声が。
また、今年6月には「4年ぶりにパンを食べた」「米は20年食べていない」とInstagramで告白。
こちらのアピールには、「パン食おうが食わなかろうが勝手にしろよ」「パン食べてるところ自撮りしてるって想像したら笑いが止まらなくなった」などの声が溢れ返っている。

●鬼束ちひろ

GACKTと同じくシンガーソングライターの鬼束ちひろ(37)は、一時期のキャラ作りに疑問の声が上がっていた。特に13年頃は伝説として語り継がれている。

鬼束は同年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に出演した際、なんの脈略もなく「Who are you?」「This is a Pen!」といった不可解な発言を連発した。

また同時期の鬼束はデビュー当時と違ってアイメイクやチークが濃く、見た目からして奇抜。
当時、彼女の変化に戸惑う声も多かったが「なんかキャラ作ってるっぽいな」「面白く見せなきゃ! って無理してる感じがあった」とのツッコミも。
現在の鬼束は、ラジオ番組で「夫に1日5回ぐらい『結婚して』って言ってます」とラブラブぶりを明かすほどの“回復”をみせている。

●吉高由里子

女優・吉高由里子(30)の変わり者アピールに飽き飽きしている人もいるようだ。
吉高のTwitterは独特で、「2秒前に違うことしようと思って歩いてたのに2秒後には違う予約して向かってた」
「心に足が生えたような感覚で生きていきたい 身体を追い越してっちゃうような 心で動きたい なっ」などとツイートしている。

しかしこれらのツイートは不評で、「変人を装う凡人にしか見えない」「“奇想天外なことをする私”に酔ってる感じだね」などの声が。
17年放送の『しゃべくり007』(日本テレビ系)に出演した吉高は、くりぃむしちゅー・上田晋也(48)から
「独特な性格」と言われた際に「訂正して!」と笑いながら発言。この反論に視聴者からは、
「本当は嬉しいんじゃない? “人と違う私ドヤァ”って感じじゃん」「ハイボールは好きだけど吉高由里子は嫌い」といった声が上がっていた。

http://dailynewsonline.jp/article/1522188/
2018.09.16 09:00 トカナ
no title

【吉高由里子、鬼束ちひろ、GACKT…変わり者アピールが“鼻につく”と叩かれた芸能人4人「変人を装う凡人」wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/13(木) 12:47:28.66 ID:CAP_USER9
ハリセンボン・近藤春菜と吉高由里子が、夏季休暇でロンドン旅行を楽しんでいるようだ。近藤春菜がいわゆる「女芸人界隈」よりも、吉高をはじめとした女優や歌手、アーティストと親しく、その交友関係を“春菜会”と呼ばれていることは有名。しかしネットでは「春菜が痛々しい」と残念がる声が多数なのだが、そのことに本人は気付いているだろうか。

 吉高由里子と森矢カンナ、ベッキー、水川あさみ、Perfumeらと仲が良い近藤春菜。その交友関係がなぜ「痛々しい」と言われるのかというと、彼女たちの飲み会費用が基本的に春菜の“全おごり”だということが理由だ。もちろん超売れっ子タレントである春菜の収入が高いことはわかるが、他の女優陣も誰一人金に困ってなどいないだろう。ワリカン、あるいは持ち回りでおごりあえば良いのだが、なぜかいつも会費は全額春菜持ちなのだという。

>>2以降へ続く

2018.09.12 
http://mess-y.com/archives/66627?read=more 
no title

吉高由里子Twitterより 

  【近藤春菜と吉高由里子は本当に「親友」か “春菜会”は全おごりにお車代まで…】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/03(月) 03:15:37.36 ID:CAP_USER9
8月25日?26日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、
元SMAPの木村拓哉主演(45)の「検察側の罪人」(原田眞人監督)初登場で首位を獲得した。

同作は、木村と嵐の二宮和也(35)の初共演作で、雫井脩介氏の同名ミステリー小説を映画化したもの。

8月24日から全国335スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万8000人、興収4億1600万円をあげた。

「昨年公開の主演映画『無限の住人』がコケたキムタクだけに、同作にかける意気込みは並々ならぬものがあった。
製作サイドは嵐ファンの集客を期待して二宮とのW主演にしようとしたが、ジャニーズ事務所は『主演は木村単独』と譲らなかった。とりあえず、映画のヒットで木村は窮地脱出か」(芸能記者)

同作で二宮は木村と対峙する若手検事役。そして、二宮の役の事務官をつとめたのが女優の吉高由里子(30)だが、吉高が不満タラタラだったというのだ。

「劇中で二宮とのベッドシーンがあり、原作だとそれなりの濃厚に描かれていた。
しかし、映画では濡れ場はほぼカット。
シーツを羽織った二宮と吉高が部屋で寝っ転がるシーンに飛ぶというお粗末さ。
フリーの伊藤綾子アナとの結婚問題でイラつく嵐ファンを刺激しないように忖度したようだ。
しかし、出世作の映画『蛇にピアス』で濃厚な濡れ場を披露している吉高からすればまったく物足りなかったようで、
『あんなの濡れ場じゃない!』と関係者に憤っていたそうです」(映画業界関係者)

その吉高は関ジャニ∞の大倉忠義(33)との交際の行方が気になるところだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1513838/
2018.09.02 20:00 週刊実話

no title

【嵐・二宮ファンに“忖度”した濡れ場に不満タラタラだった吉高由里子】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/14(木) 10:25:23.62 ID:CAP_USER9
13日に放送された女優・吉高由里子(29)主演の日本テレビ系連続ドラマ「正義のセ」
(水曜・後10時)の最終回の平均視聴率が10・0%だったことが14日、分かった。

17年1月期の同局系「東京タラレバ娘」以来の連ドラ主演となる吉高が演じるのは新米検事。
エッセイスト・阿川佐和子さん(64)の同名小説が原作。
横浜地検に勤める検事2年目の凜々子(りりこ)が、仕事や恋愛に失敗しながらも
、同僚、家族に支えられながら成長していく姿を描く。
検察庁が舞台だが、事件モノではなく、痛快ストーリーの“お仕事ドラマ”だ。

初回は11・0%でスタートし、第2話は9・9%、第3話は10・3%、第4話は9・4%、
第5話は9・1%、第6話は10・5%、第7話は9・0%、第8話は9・4%、
第9話は8・9%と推移。今回は1・1ポイント上昇し、2ケタでフィニッシュした。

なお、2月21日に急性心不全のため亡くなった俳優・大杉漣さん(享年66)に代わり、
寺脇康文(56)が横浜地検に勤める凜々子(吉高)の頼れる上司で、
横浜地検港南支部の支部長・梅宮譲(ゆずる)役を演じた。
(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

吉高由里子主演「正義のセ」最終回は10・0% 2ケタでフィニッシュ 
2018年6月14日9時46分 

スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180614-OHT1T50072.html
「正義のセ」主演の吉高由里子
no title

【【視聴率】吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」、最終回は10.0% 2ケタでフィニッシュ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/12(木) 09:47:35.25 ID:CAP_USER9
女優の吉高由里子が主演する日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』(毎週水曜 後10:00)
第1話が11日放送され、初回平均視聴率が11.0%だったことが12日、わかった。
瞬間最高視聴率は終了間際の午後11時8分に記録した12.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

同ドラマは170万部を超えるベストセラー『聞く力 心をひらく35のヒント』の
阿川佐和子氏が書いたシリーズ小説『正義のセ』を実写化。
仕事も恋もあきらめない駆け出し女性検事・竹村凜々子(吉村)が奮闘する姿を描いた痛快ストーリー。
初回は10分拡大で放送された

第1話では横浜地方検察庁港南支部に配属された凛々子は、支部長の梅宮(寺脇康文)をはじめ、
先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)ら個性的なメンバーのなか、
一癖ありそうなベテラン事務官・相原(安田顕)とバディを組むことに。
早速、相原と共に取調べに臨むものの、喜怒哀楽が激しく被害者に感情移入しがちな
凛々子に相原は呆れっぱなし。
ある日、凛々子は建設会社社員の向井(浅利陽介)が被害者となった傷害事件を担当することとなり…。

吉高由里子主演『正義のセ』 初回2ケタ発進11.0% 
2018-04-12 09:13 

ORICON NEWS
https://www.oricon.co.jp/news/2109390/full/
吉高由里子主演の日本テレビ系連続ドラマ『正義のセ』
no title

【【視聴率】吉高由里子主演ドラマ「正義のセ」、初回2ケタ発進11.0%】の続きを読む