芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

吉田栄作

    このエントリーをはてなブックマークに追加
wedding_konin_todoke

1: なまえないよぉ~ 2021/11/21(日) 18:05:27.30 _USER9
 俳優・吉田栄作(52)と女優・内山理名(40)が21日、結婚を発表した。何事を始めるにも良い日とされる「一粒万倍日」のこの日、内山の所属事務所の公式サイトで発表した。内山は妊娠していないという。

 2人はともに神奈川県出身で、2017年11月放送のTBSドラマ「今野敏サスペンス 確証〜警視庁捜査三課」で共演、吉田が主演、内山がヒロインを演じた。関係者によると、撮影が行われた同年9月以降、役者仲間らとグループで食事をするようになり、翌18年4月に交際に発展。同年6月のスポニチ本紙報道で交際が判明した。

 今年9月には、一部メディアで結婚が報じられたことを受けて、内山が自身のインスタグラムで「まだ先のことは決まっていないのですが、何かお知らせ出来ることがありましたら、Instagramでもご報告させて頂きますね!」とコメントしていた。

 吉田は1997年にモデルの平子理沙(50)と結婚、15年12月に離婚した。

 ◆吉田 栄作(よしだ・えいさく)1969年(昭44)1月3日生まれ、神奈川県出身の52歳。88年、映画「ガラスの中の少女」でデビュー。フジテレビ「君の瞳に恋してる!」や「君のためにできること」などトレンディードラマに数多く出演。89年には歌手デビューし、チューリップのカバー曲「心の旅」などがヒットした。

 ◆内山 理名(うちやま・りな)1981年(昭56)11月7日生まれ、神奈川県出身の40歳。98年、フジテレビのドラマ「美少女H」で女優デビュー。主な出演作にNHK大河ドラマ「武蔵 MUSASHI」、TBSドラマ「GOOD LUCK!!」や「元カレ」など。国際的なヨガのインストラクターの資格を取得し、講師としても活躍中。

11/21(日) 18:00
スポニチアネックス

吉田栄作、内山理名が結婚発表 ドラマ共演きっかけ、3年半交際実らせゴールイン
吉田栄作(左)と内山理名
https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/r/iwiz-amd/20211121-00000275-spnannex-000-1-view.jpg
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2f8731fa603d60870f7ccac675e97fa88209c86

【【祝報】吉田栄作、内山理名が結婚発表 ドラマ共演きっかけ、3年半交際実らせゴールイン】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/09/13(月) 10:19:11.70 _USER9
「健ちゃん、元気~?」

 9月7日に放送された情報番組『ラヴィット!』(TBS系)に吉田栄作が生出演し、白い歯を見せた。

「彼の“お約束”の白Tシャツ姿で出演。この日は、世間の人たちが印象に残っているCMソングを特集したのですが、‘90年代に彼が出演した『ギャツビー』のCMが紹介されたんです。テレビカメラ越しに、当時一緒に出演していた森脇健児さんにメッセージを送っていました」(スポーツ紙記者)

 終始笑顔を浮かべていた吉田だが、私生活でも頬が緩むことがあって――。

「かねて交際していた内山理名さんと結婚することを決めたんです。吉田さんは'97年にモデルの平子理沙さんと結婚しましたが、'15年に離婚。内山さんとは再婚になります」(芸能プロ関係者)

ふたりの交際が判明したのは、'18年のこと。13歳差のふたりを結び付けたのは、'17年に放送されたドラマ『今野敏サスペンス 確証~警視庁捜査三課』(TBS系)だった。

「このドラマで初共演したのを機に、交際が始まったんです。吉田さんは共演者やスタッフと積極的にコミュニケーションを取って、現場を盛り上げていました。内山さんはそうしたリーダーシップに惹かれていったようです。忙しい合間を縫って、吉田さんが彼女の家に行くことも多かったんですよ」(同・芸能プロ関係者)

 一部のメディアでは“結婚間近”とも報じられていたが、交際から4年ちかくたってもゴールインとはならなかった。いったいなぜなのだろうか。

「吉田さんが“恋人関係”に居心地のよさを感じ、次のステップに踏み切れなかったんです。彼は、周囲に“この関係が理想的かもしれない”と漏らしていました。一度、結婚を経験しているだけに、慎重になっていたのかもしれませんね」(吉田の知人)
 前妻の平子とは、お互いの仕事や生活環境の変化によるすれ違いが原因で、別々の人生を歩むことになった。“もう同じ思いをしたくない”という気持ちが、彼の心にブレーキをかけていた可能性も。

 一方、内山は日を追うにつれて、パートナーになることを望んでいく――。

「彼女には吉田さんの前に付き合っていた男性がいたのですが、その人は結婚に対して消極的だったので、別れてしまったんです。吉田さんと付き合ってからも、周囲には“40歳までに結婚したい。もしそれができないなら、関係を考え直したい”と話していたといいます」(内山の知人)

 さらに、家庭を持った後のことも考えていたようだ。

「内山さんは子ども好きなんです。30歳を過ぎてからは、“これから付き合う人とは早く結婚して、子どもを生みたい”と話していたそうですから。出産となると、年齢のこともあるので、ますます思いを強めていったのでしょう」(同・内山の知人)

 内山は今年の11月で40歳を迎える。吉田も、そんな彼女の思いに応えようとしたのだろう。

「昨年から、入籍することも視野に入れていたといいます。ふたりともいい年齢ですし、周囲も反対することはありませんでしたからね。特に、内山さんは所属事務所の『スウィートパワー』を成長させた功労者なので、事務所のスタッフからも“そろそろ幸せになって欲しい”という声が上がっていました」(前出・芸能プロ関係者)

 時間はかかったが、ようやくゴールインすることを決めたふたり。年内に入籍するつもりなら、すでにお互いの両親に報告している可能性が高い。9月上旬、神奈川県内にある、吉田の実家を訪れた。

 彼の実家は洋服店を営んでおり、'19年に週刊女性が直撃した際には母親が対応し、笑顔で息子のことを話していたのが印象的だった。

 お店に入り、吉田の父親に話を聞いた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c70eeb717f3f04d611086069ae0df1f544d5548
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c70eeb717f3f04d611086069ae0df1f544d5548?page=2

sedai_bubble

【吉田栄作、13歳差・内山理名と再婚へ!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/11/09(金) 23:09:32.84 ID:CAP_USER9
 いわゆる「83年組」アイドルの森尾由美(52)と松本明子(52)が9日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、80年代アイドル事情をぶっちゃけた。
 森尾は90年、当時人気絶頂の吉田栄作とドラマ「キモチいい恋したい!」で共演。「共演した時に、『かっこいいな栄作。つきあえたらすごいいいかもな』と思って」と、吉田に好意を抱いた。
 しかし、「飲みに行く機会があって、送ってももらったんですけど、何にもなくて。あれっと思ったら後日、タイプじゃないと言われたんですよ」と、振られたという。
 俳優の坂上忍に「由美ちゃん的にはその時はもう、いってもいいつもりだった?」と聞かれた森尾は、「かっこいいもんね」と否定しなかった。
 また、2人は当時モテていたアイドルとして、「当時、(連絡手段が)公衆電話しかないんですよ。携帯もないしポケベルもないから。(堀)ちえみちゃんと(石川)秀美さんは公衆電話のとこによくいた」(森尾)、「(小泉今日子も)モテモテでしょう。(松本)伊代さんもモテましたよ」(松本)と、“花の82年組”のモテっぷりを証言。
 男性では「トシちゃんとかモテましたよね」(松本)と、田原俊彦を挙げていた。

2018.11.09 
https://www.daily.co.jp/gossip/2018/11/09/0011806432.shtml 
no title

森尾由美 

【森尾由美 共演の吉田栄作に好意抱くも「タイプじゃない」と振られていたwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/08/18(土) 05:05:49.26 ID:CAP_USER9
 双子女優の三倉茉奈・佳奈(32)が17日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、茉奈が俳優・吉田栄作(49)と因縁があったことを激白した。

 三倉と吉田はNHK連続テレビ小説「だんだん」で親子として共演。茉奈は撮影後、突如吉田から呼び捨てでダメ出しされたことがあったと明かし、これほどストレートにダメ出しされたことがなかたため、うっとうしくなっていたと話した。さらに後日、居酒屋で30分以上も説教が続いたことがあり怒りは頂点に。吉田に物を投げるなど大げんかに発展したことを告白した。

 VTRで出演した吉田は当時について「演出家に言われたことが、茉奈の腑に落ちてないシーンがあって、『ちゃんとできなかったら、オマエの今後の役者人生はないものと思え』みたいなことを俺が言ったんですよ」と振り返った。演出家の指示を表現できない理由が照れだと感じ、あえて強く言うことで茉奈の羞恥心を取りのぞこうとしたのだと説明し、「家族のドラマをやっていると、本当に親と子供みたいになっていくもの」と、本番以外でも父親として接していたと語った。

 三倉とはこの事件以来、本当の親子のような関係だと話す吉田。「茉奈はね、幸せで、問題は佳奈…早く(結婚)1回目いこうか」とコメント。笑いを誘った。

2018年8月17日20時32分 スポーツ報知 
マナカナ、吉田栄作との大げんかを告白 

 三倉茉奈(左)と三倉佳奈

no title


https://www.hochi.co.jp/entertainment/20180817-OHT1T50189.html

【マナカナ、吉田栄作との大げんかを告白wwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/07/03(火) 19:19:50.15 ID:CAP_USER9
五十路も目前に迫ってカドも取れ、渋みの効いた“枯れ演”で復活という評判の高かった吉田栄作(49)に熱愛報道。お相手は13歳年下の内山理名(36)。
しかし、栄作の“俺サマ”キャラはいまも健在、いやさらにパワーアップしているらしい。

様々なニュースを各界の著名人や有識者のつけたコメントと共に読むことができるNewsPicks。吉田と内山との熱愛ニュースには、PR会社のサニーサイドアップの次原悦子社長(51)から興味深いコメントがつけられた。

〈私は先日、この方と合コン?をした。近年稀に見る失礼な男性だった。こちらのメンバーは、元モデルで現在は事務所経営で成功している独身の女友達。彼女は日本社会で育ったいない為(※原文ママ)、吉田さんを知らない。ストレートな質問をバンバンする。
それが癇に障ったのか、女性蔑視、年を重ねた女性を極めて侮辱する発言を繰り返した。それに彼女も負けてない。徐々にヒートアップしてきた。立場もあるし、最初は黙っていた私だったが、さすがに我慢出来なくなり応戦。久しぶりに男性を怒鳴りつけた。あの夜、番組だったら相当視聴率取れただろうな。
今でも自分は唯一無二の存在でビッグと自ら口にされる超大物役者さんの熱愛報道。なるほど~13歳年下の女性とお付き合いされていたら、同じ年の女はヒト扱いされないわけだ。
結局最後の飲み屋の支払いは私だった。大物ならせめて自分の酒代位払って頂きたいものだ。お幸せに。地味なリベンジ終了。〉

かつての吉田栄作を知る方なら、「何だ、なんにも変わってねえのか」と思われるのではないか。
(中略)

91年の「anan」では嫌いな男№1にも選ばれ、年末の日経産業新聞(12月26日付)には、日本を湧かせた流行語のひとつとして「栄作くん社員」なる言葉まで挙げられている。

 曰く、〈目一杯リキんだ演技が評判の吉田栄作を手本に、やる気と熱血を思い切り態度に表す若手社員を指す。体育系男の騎手として、上司と女性の支持を狙うが、しばしば協調性に欠け、リキむほどに周囲から浮いてしまうのが欠点。口癖は「おれはビッグになる」。〉 まさしく“THE吉田栄作”である。

だが、そんな栄作が95年、アメリカに武者修行に出る。芸能界に行き詰まりを感じたのかと思えば、そんなことはおくびにも出さない。

「“ジャンボ”になって帰ってくる」と言い置いてハリウッドに渡ったのである。

 3年間の修業中には、モデルの平子理沙(47)と結婚(後に離婚)し、ヒモ呼ばわりまでされながらも、帰国後、渡米の意図をこう振り返っている。

〈「女の子に人気があるといっても、将来を考えると、そのままではいけない、と思ったんです。日本の芸能界で山の頂上に立ったと思ったら、周りにもっと高い山、ハリウッドがあった……」〉(北海道新聞98年10月25日付)

 誰も気づかなかったが、栄作は頂上に立っていたのだそうだ。

 冒頭の次原社長のコメントに戻ると、“今でも唯一無二の存在でビッグと自ら口に”してしまうのも、栄作にとっては至極当然のことなのかもしれない。

http://news.livedoor.com/topics/detail/14953920/ 
2018年7月3日 6時1分 
03b1d94d

【吉田栄作の合コン相手が怒りのコメント「近年稀に見る失礼な男性だった」「女性蔑視繰り返した」】の続きを読む