芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

吉澤ひとみ

1: なまえないよぉ~ 2019/06/13(木) 11:14:36.46 ID:UY4oB1Qj9
◆ 吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画

違法薬物の乱用、反社勢力とのズブズブ関係など、ドン引きの事案が続く芸能界の中では、元『モーニング娘。』メンバーの各不祥事など、さして驚く話ではない。

古くは加護亜依の喫煙騒動、グループを辞めてからのDVと妊娠問題。最近では〝ゴマキ〟こと後藤真希が元カレと不倫。夫であるA氏が元カレを相手取って330万円の損害賠償請求。結局、和解勧告され、金銭は生じないという恥のような訴訟結果となった。しかし、何と言っても吉澤ひとみに限っては、完全な犯罪者だ。

「加護や後藤が刑事罰かというと、やはり民事訴訟の域。例えば未成年の喫煙は問題ですが、それで鑑別所に入るということはない。一方、吉澤は単なる道路交通法違反というだけでなく、飲酒運転、人身事故、ひき逃げ…など、真っ黒な〝刑法犯〟です」(司法ライター)

吉澤の事件を振り返ると、彼女が事故を起こしたのは昨年9月のこと。酒酔いで自身の車を運転。制限速度60キロのところを86キロで走行し、赤信号で交差点に進入。歩行者2人にケガを負わせ逃走という、恐ろしいほどの罪を犯している。

「懲役2年、執行猶予5年は軽過ぎるのではないかの声も出たほど。しかし、有名人ということで社会的制裁をすでに受けたとの判断。幸いにも事故に遭った被害者は軽症で、判決前に示談成立。本人も反省を示しているなどの点が執行猶予の理由に挙げられます」(同・ライター)

とはいえ、通行人が軽傷だったのは不幸中の幸いであり、偶然というだけの話。大甘判決なのは、今もネット上にアップされている〝事故の瞬間〟映像を見れば明らかだ。さらに、

「吉澤は2007年に、実の弟を交通事故で亡くしています。だから厳罰にはしなかったという同情心理も働いたのだと思います」(朝刊紙記者)

■ 芸能人特権フル活用

吉澤は、この事故によって「引退」をほのめかしている。しかし、それは怪しいという。

「例えばタレントの坂上忍は、過去に泥酔運転で電柱に衝突。同乗者女性がいるのに逃げて御用となった。マトモにしゃべれないほどの酔いで、器物破損、現場逃走。そんな輩が最近、自身の司会番組『バイキング』では高齢者の免許について『もっと厳しく』など、自分を棚に上げて批判をしていますからね。こんな人間、テレビに出て免許を語る資格などないですよ」(芸能ライター)

どんな大罪を犯しても、いつの時代も寛大なのが芸能界だ。

「吉澤は、密かに芸能界復帰を画策していますよ。夫はIT企業の社長といいますが、吉澤の事故も影響してなのか、経営は苦しいようです。だから吉澤の復帰が回復の鍵にもなる。復帰は、事故から1年たった今年の秋といわれています」(同・ライター)

麻薬をやっても飲酒事故でも復帰のできるのは、芸能人の特権。吉澤にはそれをフルに生かし、ガンバってほしいものだ。

まいじつ 2019.06.13 10:30
https://myjitsu.jp/archives/85922
no title

【吉澤ひとみ「飲酒ひき逃げ」も〝今秋シレっと〟芸能界復帰計画】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/03/25(月) 00:50:13.87 ID:q0WKrlcD9
 ピエール瀧逮捕の衝撃がスゴ過ぎてすっかりかすんでしまったが、元モーニング娘。の後藤真希(33)の不倫もなかなかのものだ。ゴマキの夫が不倫相手を提訴した例の騒動だ。

 ここしばらくあまり表に出ていなかったのに、昨年の秋ごろから「誰だって波瀾爆笑」「今夜くらべてみました」「アナザースカイ」(日本テレビ系)、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)などに立て続けに出演。
いずれも夫とのラブラブ話や子育て話で家族円満をアピールするものだった。いよいよママタレントの枠を取りにきたのかと思っていたら、その裏でこんな騒動が起こっていたとは!

 もっとも、「ダウンタウンなう」に出演した際も「アイドル時代に実家で同棲していた」とか「人気絶頂期にファンと遊んでいた」とか奔放ぶりをぶっちゃけていた。なので、不倫騒ぎになっても、ビックリという感じではない。
しかし、裁判沙汰になってしまったことで、陳述書やLINEの内容までが明らかになったのはまずかった。「カップルシートでキスした」とか「アパホテルで昼と翌朝、関係を持った」とか、結構生々しかったりするので、今後ママタレとしてやっていくのは難しいだろう。
夫婦でやり直すと決めたのなら、夫も内々で済ませればよかったのに。2017年受賞のベストマザー賞がむなしい。
※ 全文は記事で
公開:19/03/24 06:00 更新:19/03/24 06:00 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geinox/250394 
no title

■後藤真希、加護亜依、吉澤ひとみ 

【アイドルグループOGの騒動は「モー娘。」が突出】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/11/30(金) 07:35:41.95 ID:CAP_USER9
 酒気帯び運転でひき逃げをしたとして、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴された元モーニング娘。の吉澤(本名・川前)ひとみ被告(33)の初公判が29日、東京地裁で開かれた。起訴事実を認めた吉澤被告は「一人の人間として考えが甘かった」と謝罪し、涙。二度と運転しないことは誓ったが、夫の証言で毎日台所で飲酒していたことや事件後も断酒していないことが明らかになった。検察側は懲役2年を求刑。30日に判決が言い渡される。

 元人気アイドルは、グレーのジャケットにひざ丈のスカート姿で出廷した。逮捕時から茶色だった髪は黒く染められ、すっぴんに近い薄化粧の顔はやせこけていた。

 佐藤卓生裁判官から裁判資料の記載内容を確認された吉澤被告は、「職業のみ違います」とぽつり。「無職ですか?」の問いに「はい」と答え、保釈翌日の9月28日に引退してタレントではなくなったことを強調した。起訴事実については「間違いありません」と消え入りそうな声で認めた。

 結婚指輪をはめた左手で右手を覆い、視線を落としたまま冒頭陳述を聞いていたが、嘆願書が弁護人から代読されると表情が一変した。

 引退まで所属していた元芸能事務所社長から「一人の友人として、人生の先輩として、何かあれば協力する」と温かい言葉が寄せられると、涙腺が決壊。大粒の涙が顎からしたたり落ち、何度もはなをすすった。

 吉澤被告は9月6日午前7時頃、酒気帯びの状態で車を運転し、東京・中野の路上で男女2人をはね、そのまま逃走。事故前日の5日午後8時すぎから当日午前0時頃まで缶酎ハイ3本と焼酎のソーダ割2杯を飲んでいた。

 ドライブレコーダーの鑑定から事故当時は時速86キロ(法定速度は60キロ)で走行していたと特定され、現場から約5キロ離れた練馬区役所から夫にLINEで連絡。110番通報することをうながされたという。

 弁護人質問では、逮捕時に焼酎の話をしなかった理由について「その場で頭に浮かんだのは缶酎ハイ3本だったから」と説明。逃走したのは「気が動転してパニック状態になったから」と話した。被害者には慰謝料などを支払い示談が成立したが、女性の顔には傷が残ったという。

 当時の飲酒量について問われると、「飲んでしまったことを後悔しています」とざんげし、「酒が残った状態で車を運転してしまったこと」が事故の最大原因と話した。

 事故車は今後処分し、9年間失効された運転免許証の再取得はせず、車に乗らないと誓った。

 一方、アルコールへの依存も浮き彫りに。2015年に結婚したIT企業経営者の夫は、事故後に「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述しており、家庭で飲酒を繰り返すキッチンドリンカーであることが判明した。

 この日、被告の両親とみられる2人と傍聴席で妻を見守り、証人として出廷した夫は、検察官から事故後の飲酒状況を聞かれ、「急激に減っています」と証言。「全く飲んでいないわけではない?」の問いに「そうです」と続け、長男(2)の母でもある被告が断酒していないことが明らかになった。

 今回と昨年9月の2件の交通事故以外に3件の違反歴があることも判明。その一つは今回の事故の5カ月前で、悪質な印象も際立った。

 最後に裁判官から「自覚の足りなさをどう乗り越えるのか。決意はあるか」と問われた吉澤被告は「被害者の方に十分に謝罪し…日頃の生活の…」としどろもどろ。「今回起こしたことを一生忘れずに過ごしたい」と振りしぼった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000033-sanspo-ent

【【やっぱり】吉澤ひとみはキッチンドリンカーだった…夫が「毎日キッチンで酒を飲んでいた」と供述】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/30(金) 11:14:47.28 ID:CAP_USER9
酒気帯び状態で車を運転し、ひき逃げをしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪に問われた元「モーニング娘。」の吉澤ひとみ被告(33)に東京地裁は30日、懲役2年、執行猶予5年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

29日の初公判で、吉澤被告は起訴内容を認め、「社会人として甘さがあった」と終始涙を流し、被告人質問では「被害者の方に本当に申し訳ないことをした」と反省の思いを繰り返していた。
検察側は、事故直後に目撃者が吉澤被告に停車を促したのに現場を立ち去ったことや、現場での事情聴取で前夜の飲酒量を聞かれた際、少なく答えたことを追及したが、それぞれ「パニック状態になっていた」「聞かれた瞬間ふと頭に浮かんだ量を答えた」と回答。
隠ぺいや保身の意図はなかったとしていた。

判決によると、吉澤被告は9月6日午前7時ごろ酒気帯び状態で乗用車を運転し、東京都中野区の交差点に赤信号を無視して進入。
20代女性をはね、40代男性にもケガを負わせたが、そのまま走り去った。
交差点には、法定速度を約26キロ超過した時速86キロで進入していた。
逮捕当時、吉澤被告の呼気からは基準値の約4倍のアルコールが検出された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181130-00000092-spnannex-ent
no title

【【速報】元モー娘。吉澤ひとみ被告に判決 やっぱり執行猶予ついたわ・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/10/03(水) 21:48:10.61 ID:CAP_USER9
元『モーニング娘。』の吉澤ひとみが芸能界引退を発表したが、速攻の「芸能界復帰」説も浮上している。加えて“離婚の危機”も出ているという。

「吉澤は飲酒運転とひき逃げにより、今後、刑事裁判になる。大方の弁護士が懲役1年6月、執行猶予3年程度という見方。実刑はないだろうという判断です」(司法ライター)

すでに9月26日、吉澤は自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反の罪で起訴され、裁判も確定。

「ただ多くの弁護士は、彼女が示談にすることを前提にしているので執行猶予と見ているのです。任意保険に入っているでしょうし、示談にすれば裁判官の心証がよくなる。反面、ひき逃げに遭った被害者が『許さない』といったら実刑もあるかもしれません」(同・ライター)

では、彼女は今後どんな方法を取るのか。示談は基本的には金銭謝罪となる。

「保険に入っているからといって、保険会社は被害者が納得する額を払うわけではない。保険会社の担当者、もしくは弁護士が出てきて安い金額しか言わない。ヘタすれば診察費だけで済ませたい。そんな話はザラにあります」(同)

吉澤は事故直前、法定速度を26キロ上回る86キロで走行していたことが分かっている。2人の人間をひき逃げした映像も公開され、その事故の凄まじさは誰しもが驚いたはず。

「詳細は伝わっていませんが、被害者のケガの程度は軽傷だったようです。でも、あの猛スピードなら大けが、それ以上に至っても不思議はなかった。問題は被害者がどう思うかでしょう。保険会社の安い提示だけでなく、吉澤がプラスして払うというのは賢明なやり方です」(自動車雑誌編集者)

https://myjitsu.jp/archives/63663
no title

【吉澤ひとみ『高額示談金』支払いで速攻の「引退撤回・復帰」へ】の続きを読む