芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

吉岡里帆

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/05/06(土) 19:21:19.14 ID:CAP_USER9
季節の変わり目だからか、ヘアスタイルを変える女性タレントが増えている。
気分転換でイメチェンしたり、CMや映画、ドラマの役作りで髪型を大きく変える人もいるが、なぜかことごとく失敗に終わっているのが現実。

そしてまた1人“被害者”が現れた。大ブレイク中の清純派女優・吉岡里帆だ。
清楚で見た目が可愛らしい吉岡だが、1~3月期のドラマ「カルテット」(TBS系)で悪女役を演じており、さまざまな役柄にトライ中。
しかし、自身も声優として参加している劇場版アニメ「名探偵コナン から紅の恋歌」の初日舞台あいさつに登場した吉岡の姿にはファンもびっくり。
自慢の黒いロングヘアが濃い茶髪に変化し、さらに真っ赤なルージュをひいて、今までとは全く違った暑苦しいビジュアルで現われたからだ。
吉岡ファンにも「別人かと思った」「アニメとはいえ作りすぎ」と、ウケはよくなかったようだ。

「ギャル系の役も演じられるというアピールかもしれませんが、まったく似合っていませんでしたね。やはり薄化粧と黒髪という組み合わせが吉岡には一番マッチしている。
もっとも、声優の平野綾は銀髪のショートヘアという、もっと奇抜なスタイルに変えていましたが」(エンタメ誌ライター)

イメチェンで爆死した女優といえば、清涼飲料水のCMでベリーショートヘアを披露した宮崎あおい。「大竹しのぶにしか見えない」とこちらも不評だった。
お笑い芸人の横澤夏子は4月24日に行われたイベントで、ショートボブスタイルに挑戦。
「広瀬すずをイメージした」と本人は説明したが、面長ということもあって広瀬とは程遠い別の生き物になっていた。

やはり、芸能界の美女たちといえど、どんなヘアスタイルでも似合うという訳ではなさそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1307709/
2017.05.06 18:14 アサジョ

no title

【守備範囲広げすぎ?吉岡里帆のギャル風イメチェンに「似合わない」の大合唱】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆3


1: なまえないよぉ~ 2017/05/01(月) 05:35:06.94 ID:CAP_USER9
女優の吉岡里帆が、30日に放送された日本テレビ系「チカラウタ」(毎週日曜17:00)に出演。キスについて語る場面があった。

◆吉岡里帆、母親と「普通にキスします」

番組では、ゲストの実家にあるルールの話題になり、吉岡は「私はお母さんが好きすぎて普通にキスします」と告白。「全然普通にめっちゃハグしてチュッチュチュッチュします」と続け、共演陣を驚かせた。

キスする場所を問われると、「顔の面積全部チューします」とおでこから指差し、口同士のキスもあることをあっけらかんと説明。

これに、横綱・貴乃花(現在は親方)の長男で靴職人の花田優一氏も「うちもキスします」と同意し、酔ったときに父からや、優一氏自身は妹と今でもキスをするというエピソードを披露。

さらに、吉岡が「『おはよう』とか『楽しかったね』とか『幸せだね』とか」と、挨拶などのタイミングにキスをするのが習慣になっていると補足すると、
番組MCのNEWS小山慶一郎は自身の家族とキスをすることを想像し、「(うちは)絶対…ない」と、驚きのあまりかすれ気味の声を絞り出し、スタジオには笑いが起こった。


吉岡里帆 (C)モデルプレス
no title

https://mdpr.jp/news/detail/1683444

【吉岡里帆の“キスルール”にNEWS小山慶一郎驚愕】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
吉岡里帆2

1: なまえないよぉ~ 2017/04/19(水) 06:11:17.28 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説「あさが来た」に出演して以降、大ブレイクを果たした女優の吉岡里帆。現在、「ゼクシィ」「UR都市機構」「ZOZOTOWN」のCMに出演し、テレビで見ない日はないほどメジャーな存在となっている。

 前クールのドラマ「カルテット」(TBS系)では“平凡な悪女”を演じて高い評価を受けたほか、今夏には「ごめん、愛してる」(TBS系)でヒロインを務めることが決定するなど、女優としてのキャリアを着実に積んでいる。

 いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女だが、周囲では意外な「反省の弁」が飛び交っているようだ。

「先日、吉岡さんの事務所の人と話したのですが、『吉岡の売り出し戦略をミスしてしまった』と言っていましたね」と語るのは芸能関係者だ。一体、彼女に関する「戦略ミス」とは?

「昨年11月に出演した『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)での吉岡さんの発言がマズかったみたいです。坂上忍さんから恋愛について聞かれた彼女は『恋愛はしてきました。15歳の時に彼氏ができて』と正直に答えたのですが、それがネットで爆発的に拡散してしまった。『カットしてもらえばよかった』と悔やんでいましたね」

 ネット掲示板では、吉岡の話題になると、事あるごとにこのエピソードが蒸し返され、批判のコメントが寄せられるという。

「いまでは『15歳からオトコが途切れたことがない』なんて尾ひれまで付いていますよ」(前出・芸能関係者)

 事務所スタッフが悔やむ吉岡里帆の「15歳で彼氏」発言。アイドル的人気を集めているがゆえの反省なのであった。

http://www.asagei.com/excerpt/79438

【吉岡里帆 「15歳から彼氏がいる」発言を事務所スタッフが“戦略ミス”と大後悔】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/15(土) 14:06:18.22 ID:CAP_USER9
 人気アニメ「名探偵コナン」の劇場版新作「名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)」(静野孔文監督、15日公開)でゲスト声優を務めている女優の吉岡里帆さん。今回が声優初挑戦で「悔しかったのが自分の単純な声量のなさと単純なアクセントの弱さ。今までは自然体で心で、ちゃんと思っていれば、お芝居は伝わるって信じて生きてきたんですけど、私のうぬぼれだったんだな」と反省しきりの吉岡さんに、声の仕事の難しさや女優業との違いなど、数々の“気づき”について語ってもらった。

 「から紅の恋歌」は、主人公の江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵がそろい踏みして難事件に挑む劇場版コナンの21作目で、原作の重要なキャラクターで百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉も劇場版に初登場する。日本の百人一首界をけん引する「皐月(さつき)会」の会見中に大阪のシンボル・日売テレビで爆破事件が発生。崩壊するビルの中、平次と幼なじみの遠山和葉が取り残されるが、駆け付けたコナンによって無事救出される。また京都・嵐山の日本家屋では「皐月杯」の優勝者が殺害される事件が起こり、現場のモニターには紅葉が映し出されていたことが分かる……という展開。

 ◇アニメは喜怒哀楽が10倍?「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらない」

 今回、平次と和葉が通う改方学園のかるた部主将で、平次と和葉とともに爆破事件に巻き込まれる枚本未来子(ひらもと・みきこ)役で声優に初挑戦した吉岡さん。準備に使った時間は約1カ月で、発声の仕方、声の“ため”や吐息の出し方まで、まずは声優という仕事の特徴をつかむことから始めたという。

 「言っても素人なので、素人がどうすれば映画館でかけてもらえるようなものになるかってたどると、役者として声優さんになりきるしかないなって思ったんです。声優という役が来たんだってことにして、声優さんってどんな特徴があるのか、普段からどんなしゃべりをしているのかって調べて。声優さんのラジオを聞いてみたり、声のまねをしてみたり、それこそ『コナンラジオ』とか、みんなの声から学びました」と明かす。

 女優業との違いは大きく、「役者だと自分の体を使って演技できるので、ちょっと笑っただけで意味が出たり、眉間にしわを寄せるだけで何か不快なんだろなって伝わるんですけど……。アニメっていい意味で動きが大ぶりで、笑っている時は本当にしっかりと笑っているし、泣いている時はものすごく泣いている。喜怒哀楽が10倍くらい大きい。そんな大きい表情をするアニメの子たちに合う声を探す難しさというのもありましたね」としみじみ。

 さらに「伝えるって部分が弱いと、本当に伝わらないことがあるんだなってことに気づけたのも大きかった」といい、「未来子が涙ぐんで『そやけど』っていうシーンがあるんですけど、その『そやけど』がハマらなくて。私は何なら涙ぐみながら言っているのに、アニメにハマらなくて、OKをもらえなくて本当に悔しくて。それで『なんでOKにならないんだろう』ってなった時に、声優さんって体のキャパを超えるくらいのエネルギーで声を入れていて、それで初めて伝わるんだろうなって思えたのは大きな収穫です」と振り返っていた。

>>2以降に続きます

2017年04月15日
http://mantan-web.jp/2017/04/15/20170414dog00m200050000c.html
no title


【吉岡里帆 「私のうぬぼれだった…」 声優挑戦で数々の“気づき”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/04/11(火) 20:37:47.52 ID:CAP_USER9
NHK連続テレビ小説「ひよっこ」で主演を務める有村架純が、雑誌「ar」5月号にカバーガールとして半年ぶりに登場。さらにドラマ「カルテット」での怪演が話題を呼びブレイクを果たした吉岡里帆が初登場! 
いま、全国から注目を集める最旬女優の2人が、その美しさと可愛さのヒミツを明かす。

2013年の連続テレビ小説「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて一躍脚光を浴びた有村さん。
月9ドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」では主演を務めるなど数々のドラマに出演。またスクリーンでも『ビリギャル』をはじめ『アイアムアヒーロー』『何者』『3月のライオン』とヒット作に登場。
今年は『関ヶ原』『ナラタージュ』と話題作の公開が控えている。現在は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」にてヒロインを熱演中。再び、全国のお茶の間からの注目を集める。

多忙を極めるスケジュールの中でも、さらにみずみずしさが増したと評判の有村さんが、雑誌「ar」ビューティ特集5月号にカバーガールとして登場。
新しいことに次々と挑戦しながら、どんどんキレイを更新し続けるその姿は全女子の憧れのマト! 誌面のインタビューでは、そんな彼女のとびきりフレッシュなビューティの秘密や女優&女性としてのチャレンジについて、たっぷり特集。
熱心な研究&実践から導かれた“有村架純流”美肌メソッドは、必見だ。

さらに、美少女タレントの登竜門ともいわれる「ゼクシィ」CMガールに抜擢され、ドラマ「ゆとりですがなにか」「死幣-DEATH CASH-」「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」と立て続けに出演し、1月期放送ドラマ「カルテット」では“目が笑ってない笑顔”の演技が大反響! 
今月公開の『名探偵コナン から紅の恋歌』では声優を務めるなど、人気急上昇中の吉岡さんが、本誌初登場。

白くてふわふわとした透明感にあふれていて、ありのままで愛くるしいうさぎのような吉岡さんが、いま話題の“うさぎ女子”に! 
気持ちも柔らか、甘えん坊な癒し系、まわりの空気までじんわり温かくする愛されオーラが魅力の“うさぎ女子”のつくり方を、メイク、ヘアスタイル、ボディのポイントをおさえて伝授する。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

吉岡里帆、ヘルシーボディで魅せる“うさぎ女子”に変身!雑誌「ar」5月号 
2017.4.11 Tue 20:00 

吉岡里帆/雑誌「ar」5月号
no title

有村架純/雑誌「ar」5月号

275893


no title


【吉岡里帆、ヘルシーボディで魅せる“うさぎ女子”に変身!カバーガールは有村架純】の続きを読む