芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

吉岡里帆

1: なまえないよぉ~ 2019/09/13(金) 14:54:27.55
女優の吉岡里帆さん(26)がシンガーソングライターの吉澤嘉代子さん(29)とともに、ロックバンド・Suchmosのライブをともに鑑賞したことを明かした。

吉岡さんは2016年にリリースされた吉澤さんの楽曲「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」のPVに出演。それ以降、プライベートでも仲がいいことで知られている。

吉岡さんは2019年9月13日にインスタグラムを更新し、「"Suchmos THE LIVE"」と、9月8日、台風の中横浜スタジアムで行われたライブを訪れたことを報告。さらに、「横浜スタジアム、かよちゃんと」と、カッパを着用している自身と吉澤さんとのツーショット写真を2枚アップした。 吉岡さんはSuchmosのライブを振り返り、「台風だったけど、雨まで音とリンクしてるようなライブだった」と、感銘を受けたことを告白。

また、吉澤さんも9月9日にツイッターで、「里帆ちゃんとSuchmosの横浜スタジアム公演に行きました 雨も風も味方につけて、純粋で自由で、きらきらと綺麗でした 戸塚(泰貴=TAIKING)くんがギターを弾き倒していて格好よかったです」とつづっていた。

https://www.j-cast.com/2019/09/13367506.html 
2019/9/13 


no title

no title

【吉岡里帆と吉澤嘉代子、台風の中Suchmosライブに参戦 カッパ姿で満喫】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/11(水) 06:46:20.08
 女優の吉岡里帆さんが、9月11日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第41号の表紙に登場した。

 吉岡さんは「超人気女優」「ぽかぽか伝われ、恋する体温」と紹介され、ショートパンツ姿や赤いロングドレス姿の写真などが掲載された。同号は、瀬尾公治さんのマンガ「ヒットマン」が巻頭カラーを飾った。

 ◇クレジット(敬称略)

 撮影:Takeo Dec.▽スタイリング:今村仁美▽ヘアメーク:池上豪▽デザイン:坂上和也(banjo)▽衣装協力:プライベート・スプーンズ・クラブ代官山本店、R&E、Wpc.

2019年09月11日 芸能 マンガ
https://mantan-web.jp/article/20190910dog00m200044000c.html
no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆さん、「マガジン」表紙と脱がないグラビアwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/09(月) 19:02:06.00
女優の吉岡里帆が、雑誌「blt graph.vol.47」(9月11日発売)の表紙、巻頭に登場する。

■吉岡里帆、無邪気な姿と切ない表情で魅了

最多表紙登場となる吉岡。今秋には、主演映画「見えない目撃者」(9月20日公開)、ヒロインの声を務める映画「空の青さを知る人よ」(10月11日公開)、10月期のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『時効警察はじめました』(毎週金曜よる11時15分~)が控えている。

その中で、今号では忙しく過ごした今夏の夏休みを取り返すように、プールの中で遊んだり、かき氷器で氷をけずって食べてみたり、スイカにかぶりついてみたりと、無邪気に過ごす姿を掲載。また、薄暗い部屋のなか、切ない表情でしっとりと佇む姿も披露する。

■吉岡里帆、「見えない目撃者」で視力を失った女性警官役に挑戦

さらにインタビューでは、自身にとって難役となった「見えない目撃者」の主人公・浜中なつめについて明かす。同役は視力を失った女性警官という難しい役どころ。どのように役に向き合い、作品に挑んだかを語るとともに、プライベートにまつわるエピソードにも触れている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)


2019.09.09 18:07
https://mdpr.jp/news/detail/1869388
no title

no title

no title

【吉岡里帆さんって、最近あまり見かけなくなったよねwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/02(月) 15:38:40.81 ● BE:632443795-2BP(10000)
吉岡里帆 ブルマに続き「キス写真」を公開した“お下品”丸出し“あざと女”
 最近、ネット上で“あざと女”と呼ばれている女優・吉岡里帆(26)が、またもヒンシュクを買っている。
「彼女ほど言動と行動が一致しない人も珍しい。やたら女優という言葉を使い、正統派であるかのような振る舞いをする。過去に水着で売ってきたことに対しては、『本当はやりたくなかった』とインタビューで屈辱発言の繰り返し。それなのに、自身のインスタグラムといえば、“お下品”まる出しなんです」(芸能記者)

 彼女は7月14日、自身のインスタに人気デザイナーがデザインしたジャージとえんじ色のブルマ姿の写真を投稿し、批判を浴びた。
「ブルマはピッチリしていて、下着のように見える、最近の女子中高生が最も嫌うデザインのウエア。多くの学校では廃止しているのに、吉岡はイロ気を誘うようにナマ足も強調。3年前に撮った写真らしいのですが、なぜ、今さら載せるのか、『水着よりワイセツ』と物議を醸したのです」(同)

 さらに8月10日、今度は何を思ったのか、女性とのキス写真をアップ。顔が判然としないのでリンク先をたどっていくと、相手は女優の水上京香(23)だった。
「水上のインスタにも同じ写真が載っていて、状況が説明されています。吉岡は、水上の舞台『二度目の夏』の初日に来たらしく“たっぷりの愛情”でキスをしてくれたとコメント。でも、吉岡のインスタにはそんなことはひと言も書いていない。完全に注目度を上げるためのネタに使われたみたいです」(芸能ライター)

 吉岡のインスタには『今日は夏っぽく、お祭りみたいな仕事します! 瞬発力じゃ~』と書かれているのみ。ただ、ネット上ではキス写真が評判になり、話題作りは成功した模様だ。
「もともとB85・W60・H85のEカップを武器に、極小ビキニで男性の人気を得てきた。ところが、突然グラビア活動を封印して女優に進出。しかし昨年、主演したドラマ2作品が連続して視聴率一桁と惨敗。
10月に1年ぶりの主演ドラマ“時効警察”シリーズに挑戦しますが、23~24時台の深夜枠で女優としても崖っぷち状態。それだけに、何が何でも話題がほしいのでしょう。最近、一部週刊誌サイトには、楽屋で『バイブ好き』を公言するほどエロ娘と書かれている。キス写真など、たやすいことでしょう」(夕刊紙記者)

 グラビア時代に培ったアピールで、あざとく頑張っていただきたい。
https://wjn.jp/sp/article/detail/3610859/

インスタから
no title

no title

【吉岡里帆 ブルマに続き「キス写真」を公開した“お下品”丸出し“あざと女”www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/13(火) 04:50:52.07
清楚なキャラクターで絶大な男性人気を誇る吉岡里帆(26)。そんなイメージとは真逆の知られざる「下ネタ素顔」があったのだ。

演劇関係者が語る。

「彼女はブレイクする前の下積み時代、学生の劇団やインディーズ映画に参加していたのですが、
その当時を知る人間は口をそろえて『昔の吉岡は下ネタ全開キャラだった』と言うんですよ。
『酔うとムラムラする』『今朝、抱かれたいタイプのイケメンを見かけた』といった発言をシラフで連発して周囲を笑わせていた。
そうしたかつての言動を知る関係者の間では『現在のぶりっ子キャラは100%演技』と評されているんです」

そんな吉岡は周囲に「衝撃的な体験談」を明かしていた。演劇関係者が続ける。

「舞台の打ち上げの際、劇団仲間から『バイブを使ったことはある?』と聞かれた際は、ニヤリと笑ってうなずいたそう。
周囲の下ネタに余裕で対応するどころか『バイブ使用歴』をバラしても全然平気な強いメンタルの持ち主なんです」

さらに当時の彼女について、

「気に入ったオトコにはガツガツいく魔性ぶり。劇団内でのオトコ関係はかなり派手だったようで、
これまで彼女に近い複数の劇団関係者から『吉岡から告白されてつきあっていたことがある』と自慢話を聞かされましたよ」

とも演劇関係者は明かすのだ。

現在の彼女からは想像もつかないエピソードが相次ぐが、実は今も下ネタキャラは変わっていないようだ。
数年前から吉岡を知る女性誌編集者が語る。

「彼女は週刊誌などに『オンナに嫌われるオンナ』と書かれていますが、実はサバサバした性格の持ち主で同性ウケは全然悪くない。
私が彼女と初めて会った時も、彼女がオンナ同士のワイ談を切り出してくれて盛り上がったんですよ。
『男性俳優で一番の巨根は誰なのか』という話ですね。たしか彼女は『大本命は阿部寛さん』と言っていて大爆笑した覚えがあります」

ブレイクの陰にざっくばらんな「下ネタ素顔」が隠れていたのだ。

https://news.livedoor.com/article/detail/16918142/
2019年8月12日 17時57分 アサ芸プラス
no title

【吉岡里帆「楽屋下ネタ女王」素顔を独占キャッチ】の続きを読む