芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

吉岡里帆

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/01(水) 06:41:05.41
 女優の吉岡里帆さんが、7月1日発売のマンガ誌「週刊少年マガジン」(講談社)第31号に登場した。

 1月発売の同誌第9号に掲載された吉岡さんのグラビアのアザーカットを公開。ショートパンツ姿でくつろぎ、美脚をあらわにした。同号は、大久保篤さんの人気マンガ「炎炎ノ消防隊」が表紙、巻頭カラーを飾った。

 ◇クレジット(敬称略)

 撮影:HIROKAZU▽スタイリング:ちばひろみ▽ヘアメーク:美舟▽デザイン:坂上和也(banjo)

2020年07月01日 芸能 マンガ
https://mantan-web.jp/article/20200630dog00m200029000c.html
no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆さんがショーパンで美脚あらわに「マガジン」アザ-カット公開】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/27(土) 05:29:36.85
 女優の吉岡里帆が26日、自身のインスタグラムを更新。首筋、胸元があらわになった大胆なドレスショットを投稿し、ファンの熱狂を呼んでいる。

 吉岡は「とある企画にて、今までお世話になってきた方々と作品を作っています」と近況を報告し、「これまでの活動を応援して下さった方々へ感謝の気持ちを込めて。私自身ドキドキしています…」との心境を寄せた。

 さらに、「(写真は以前の)」と控えめにコメントしながら自身のショットを投稿。「#週プレ」とのハッシュタグも添えられており、雑誌『週刊プレイボーイ』での画像のようだ。

 やや暗めの画像。濃いブルー系のドレスを着用した吉岡は、やや顎を上にむけ、アンニュイな視線をカメラに向けている。胸元ざっくりで首元は筋がはっきりと確認できるほどに引き締まっており、妖艶さを感じさせるいで立ちだ。

 このショットにはファンから続々と反響が寄せられ、「やっぱりめっちゃ綺麗」「見惚れる美しさですね」「すごい色っぽい!」「やばいよ 刺激されまくり」「あああ、美」「いやまじで美しすぎる!」などと熱狂するコメントが並んだ。

(以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

吉岡里帆、引き締まった首、大胆な胸元 妖艶ドレスにファン「見惚れる」 
6/27(土) 0:12 MusicVoice 
https://news.yahoo.co.jp/articles/c616abd2e66114562309ff68838627d3c19f5ddd 

riho_yoshioka 
https://www.instagram.com/p/CB5YBQgDVoX/ 

no title


【吉岡里帆さん、引き締まった首、大胆な胸元 妖艶ドレス】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/15(月) 14:18:19.17
 女優の吉岡里帆が14日、自身のインスタグラムを更新。ワンショルダートップスの肌見せショットを公開した。

 吉岡はワンショルダートップス×ボトムのホワイトコーデ姿をアップ。美デコルテあらわな肌見せ姿で、美しいボディラインも披露。カメラを見つめる表情が色っぽい雰囲気の1枚となっている。

 この投稿に、ファンから「美しい!目の保養になります」「透明感がすごい」「これは天使すぎます、、」「かわいいの極みです」「セクシーで可愛い~」「悶絶」「その眼に引き込まれる」など、絶賛コメントが相次いでいる。

https://news.livedoor.com/article/detail/18418478/

2020年6月15日 12時13分 オリコン
no title

【吉岡里帆さんが、ワンショルで美ボディライン公開「かわいいの極み」wwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/14(日) 03:11:06.68
女優・吉岡里帆へのバッシングが相変わらず厳しい。おにぎりの好きな“具”を語っただけでたたかれるのだから、タマッたものではないだろう。

「吉岡は女性誌だけでなく、男性誌にも“嫌われるタレント”として、常にワースト3に入る特異な存在。本人の“身から出たサビ”とはいえ、アンチは徹底的にたたく。少々、かわいそうなところもあります」(芸能記者)

 そもそも、なぜ彼女は嫌われの対象なのか?

「かつては、ギリギリの極少ビキニでブレーク。ところが、ドラマで有名になると、『私は女優』『水着はやりたくなかった』などグラビア蔑視発言を連発し、封印する始末。そのため“あざと女”と呼ばれるようになったのです」(同・記者)

 身長158センチ、B85・W60・H85のEカップ巨乳。グラビアを毛嫌いしなければ、アンチも少なく、もっと人気者になっていただろう。

「一昨年から昨年末にかけて、ドラマの主役で2本、準主役で1本に出演したが、3作連続でひと桁という考えられない惨敗。彼女が出ていることで、視聴者の拒否反応があったとされます」(テレビ雑誌ライター)

 今、コロナ禍の影響もあってか、彼女に女優の出番はほぼない。そんな中、5月24日、ラジオ番組『UR LIFESTYLE COLLEGE』(J-WAVE)に出演。リスナーから好きなおにぎりの具について聞かれ、「実家でおにぎりをみんなで食べる日みたいなのありましたけれど…1位が明太子」と語ったところ、この発言がひと騒動に。

「『なに普通ぶっているんだ』『“みんなで食べる日”なんてウソだろ』などと、アッという間に吉岡たたきが始まったんです。結果、ネット上では“あざと女”の話題作りということになってしまったのです」(女性誌ライター)

 それにしても、おにぎりの具を語っただけで反発が起きるのだから、もはや哀れとしか言いようがない。

「バッシングはさらに加熱していき、『おにぎりの具じゃなくて“お前の具”を見せろ!』『いつ明太子出すんだ!!』などとの過激なコールが続出しています。グラビア封印を発言したことへの、ファンの怒りは収まっていないようです。これはもう、グラビアを否定せずに吉岡も素直に脱いだ方がいいですね」(同・ライター)

「私は女優」を、「私はエロ女優」に変えれば、人気おっぱい美女に返り咲く?

https://news.livedoor.com/article/detail/18413093/
2020年6月14日 0 時15分 週刊実話

0no title


no title


no title

【吉岡里帆“おにぎりの具”エピソードに下品なバッシングが続出www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/06/05(金) 21:31:41.65
 女優の吉岡里帆(27)が4日、自身のインスタグラムを更新し、“分身”している自身のポートレートを公開した。

 「vision」とつづり、白いブラウスの上に淡いグリーンのビスチェを重ね、髪に白い花の髪飾りをつけた自身の姿が3つ重なっている幻想的な写真をアップした。

 この投稿にフォロワーらからは「花の妖精さんみたいで可愛い」「幻想的で美し過ぎます」「女神に見えます」「幻想的な画像ですね」などの声が寄せられている。

2020年6月5日 15:33 スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/05/kiji/20200605s00041000280000c.html


no title

【吉岡里帆さん、花の髪飾り、ビスチェ姿の“分身ショット”公開】の続きを読む