芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

吉岡里帆

1: なまえないよぉ~ 2020/01/13(月) 08:33:09.27
日清『どん兵衛』の公式サイトが、女優の吉岡里帆を〝全力推し〟している。吉岡が「どんぎつね」に扮した〝どんぎつねファースト写真集『ぼくのそばにきみがいる』〟を開設。

この吉岡の魅力満載の写真集に、ファンからは、

《マジ吉岡里帆かわい過ぎ! 今からどん兵衛買ってくるわ》
《このサイトの担当者って間違いなく吉岡ファンだろ。間違いないわw》
《このまま本当の写真集にして発売してほしい。絶対買うわ》
《応募券付けて写真集をプレゼントしてくれないかなー。どん兵衛ダースで買うぞ》
《どんぎつねの寝顔がマジやばい。惚れてまうやろー》

など、歓喜の声にあふれた。

アンチも黙らせる吉岡どんぎつね
「吉岡の写真集サイトは、大みそかにどんぎつねに扮した吉岡が家にやってくるというストーリーで、吉岡の魅力満載の構成になっています。
終盤、吉岡が『大みそかが終わったら、さよならしなきゃいけないんです。さよなら』とつぶやくと『え、なんで…え? 嘘だ嘘だ嘘だ嘘だ(中略)嫌だ嫌だ嫌だ(以下続く)』と、悲しみの声が上がります。
担当者の並々ならぬ〝吉岡愛〟を感じますね(笑)。
『あざとい』と嫌われ女優の代表のようにいわれている吉岡ですが、どんぎつねだけは『確かにかわいい』とアンチを黙らせています。広告担当者も一番に推したかった部分でしょう」(広告代理店関係者)

ネット上では、「ファースト写真集ということは、続きがあるかも」と、早くもセカンド写真集を期待する声が上がっている。
また、オタク目線全開の構成に、「コミケでこのまま発売できる」という声も。

「吉岡と星野源のどん兵衛のCMがスタートしたのは2017年。開始直後は、星野ファンの女性から『吉岡めちゃイラつく』と大ブーイングが起きましたが、
星野の人気が一段落した現在は、あらためて吉岡の魅力に気付く人が増えています。
実際、どん兵衛の売り上げも右肩上がりで、以前はライバルの『赤いきつね』の後塵を拝していましたが、最近は逆転しています。吉岡のCMもまだまだ続くでしょうね」(エンタメ誌記者)

アンチを黙らせるほどの〝どんぎつね〟効果。たたかれ続けてきた吉岡も、ほっと一安心に違いない。

http://dailynewsonline.jp/article/2153007/
2020.01.13 07:31 まいじつ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆“どんぎつね”ファースト写真集「かわい過ぎる」大絶賛の声!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/11(土) 00:10:50.56
女優・吉岡里帆さんふんする「日清のどん兵衛」のテレビCMシリーズキャラクター「どんぎつね」のオンライン写真集が話題になっています。

日清食品によると写真集のアップ自体は2018年末ながら、昨年末にツイッターで話題になって以来、当時を上回るアクセスが続き、過去最多を記録。平成から令和に代わってもなお、うなぎ上りなその魅力と今後の展開について、同社に聞きました。

 どんぎつねのCMは2017年に登場。吉岡さんの「どんぎつね」が星野源さんふんする「孤独な男」の元にやってきた―という設定で、「元々は『日清のどん兵衛 天ぷらそば』に卵を落として『月見そば』としてお召し上がりいただくという食べ方を、“ぼくの『そば』に『きみ』がいる”、というキャッチフレーズで紹介することも意図していました」と同社。「やはり、お二人の絶妙な掛け合いが、一番の魅力でしょうか」と話します。

 回を重ねるごとに認知度も好感度(特に男性を中心に?)もアップ。昨年末には「日清ラ王」シリーズのCMに出演した子役が「どんぎつね」になりきり「どん子ぎつね」として登場するCM「おおみそかのうそ」篇が放映され、YouTubeにアップロードした動画が、公開からわずか3日間で100万回再生を超えたそうです。

 ―で、なぜ、写真集を作ることに?

 「実は、写真集自体は2018年に作ったものなんです。平成最後の年末が近づく中、年末ならではの寂しい空気感を少しでもほっこりと温めたいという思いのもと、魅力たっぷりの『どんぎつね1st写真集』を制作することといたしました」

 ―確かに、もう包み込まれるというか、ふにゃあとなるというか…世の男性はメロメロになりそうですが、撮影はどちらで?

 「ロケ場所は都内で、路上、民家、神社と日常的な生活感が感じられる場所を選び、『ぼくのそばにきみがいる』というコンセプト通り、まるで恋人として過ごしているかのような姿を撮影していきました。あまりにも素敵な姿の連続に、制作スタッフ一同、“どんぎつね”さんの魅力につつまれてしまいました」

 と、既に撮影段階からメロメロだったよう(笑)。年末年始向けに作られたものですが、2019年には「日清のどん兵衛 天ぷらそば」に「月見ポケット」が付けられ、簡単に「月見そば」が楽しめるようになったこともあり、ホームページ上に掲載を続けていたのだそうです。

 そんな中、令和になって初めての年末年始の反響ぶりに「写真集ページへの1日のアクセス数は過去最多となりました」と同社。「公開から1年後にも関わらず、記録を更新するほど皆様にご覧いただけたことが非常にうれしく、感謝しております」と驚きと喜びを隠しません。

 ネット上では「妄想全開」「紙媒体で出してほしい…」などの声が相次ぎ、第二弾もあるのかと気になるところですが、「ご要望は多くいただいているのですが、現時点で予定はありません」と悲しい返答が。ただ、「今後も『どんぎつね』のテレビCMシリーズは様々な展開を予定しておりますので、どうぞご期待ください」とのことでした。

 「実在」するようで、しない。ポチっと押せば、消えてしまう…。そんなところも「どんぎつね」の魅力かもしれませんね。

1/10(金) 19:45配信 まいどなニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200110-11002698-maidonans-life

写真 

no title

【吉岡里帆さんが世の男性陣をメロメロに?「どんぎつね」写真集にアクセス殺到www】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/07(火) 11:10:44.77
 女優の吉岡里帆が話題だ。「どん兵衛」の公式サイト上で公開されている“どんぎつね”の写真集が「可愛すぎる」「狂ってる」などと大きな反響を呼んでいる。

 吉岡扮する“どんぎつね”と星野源でおなじみの日清食品「どん兵衛」のCMだが、公式サイトでは、「どんぎつね 1st写真集」として吉岡“どんぎつね”のスライド式画像集を公開している。

 その写真集は、キツネ耳をつけた“どんぎつね”をストーリー仕立てで描写したもの。
 「ぼくのそばに きみがいる」とのコピーで始まる1枚目は、テーブルの上で、両手で頬を支えた吉岡の姿が活写されている。

 さらに、「これは夢? その卵でぼくの頭を コツンと叩いてくれないか」とのコピーに合わせて、卵で右目を隠した吉岡。
 「そのとき落ちたのは、きみじゃなくて、ぼくだった」の文言とともに、どん兵衛に卵を割って入れようとする吉岡の姿が次々に登場する。

 続けて、“年末詣で”する吉岡“どんぎつね”が着物姿で登場。
 “ぼく”の“どんぎつね”への溢れる慕情が綴られていく中で、吉岡はキュートな表情や仕草を見せている。

 この“1st写真集”がネット上で大きな反響を呼んでいる。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

吉岡里帆“どんぎつね”1st写真集が「本気過ぎ」と話題に「可愛すぎる」 

ミュージックヴォイス 2020年1月7日 10時12分
https://news.livedoor.com/article/detail/17628562/

日清どん兵衛公式
https://www.donbei.jp/dongitsune/
no title

【吉岡里帆“どんぎつね 1st写真集”が「本気過ぎる」と反響…日清どん兵衛公式サイト】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/07(火) 07:32:04.90
元日放送の新春恒例バラエティ番組 「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2020お正月SP」 (テレビ朝日系)に出演した吉岡里帆。
白いボディラインを強調した衣装を突き破るかのようなド迫力3Dバストが「三流芸能人」と格付けされてしまったGACKTより反響を呼んでいるようだ。

この日の放送で吉岡はCMで共演している千葉雄大と一緒に「チーム仲良しであーる」を結成。
プロの吹奏楽団、世界トップレベルの社交ダンス、伊勢海老の絶品料理、世界的名器による四重奏、黒毛和牛の最高峰「松坂牛」をみごと正解してみせた。

「吉岡の正解率は100%でしたが、そちらはあまり話題になっていないようです。コルセットのようにウエストを締めつける
太いベルトの上に乗っかるような状態で強調された吉岡の豊かなバストが、多くの視聴者の視線と思考力を奪ってしまったのでしょう。
ネット上では『吉岡里帆の胸に目が吸い寄せられる』『吉岡里帆の胸ってこんなに大きかったんだ!で、頭がいっぱい』といった声が噴出しました。
中には1月13日から3月1日まで全国縦断する舞台『FORTUNE』で、吉岡が森田剛の相手役を務めることから『森田が吉岡の胸に吸い寄せられて不貞しそう』『約2カ月、
あのバストが近くにあったら、女の私でもヤバいと思う!』といった意味の声まであがっています」(女性誌記者)

吉岡のバストは、人々の煩悩を吸い取って大きく成長し続けている!?

http://dailynewsonline.jp/article/2145079/
2020.01.06 17:30 アサ芸プラス

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【吉岡里帆、格付け特番“ド迫力3Dバスト”に「あの共演者との関係がヤバイ!」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2020/01/04(土) 18:23:24.18
女優として売れに売れている吉岡里帆(26)にもテレビでは見せない素顔があった。ドラマスタッフが語る。

「彼女は業界内の大御所に次々と気に入られ、『大物オヤジ殺し』の異名を持つほどなんですが、彼女自身による関係者のランク付けが態度で丸分かりだと話題になっています」

どうにも、厳密なランク分けがなされているというが、

「我々側からすれば彼女の反応によって『自分がどのランクに入っているか』がハッキリ見て取れる。あまりに露骨なので、最高の『Aランク』から末端の『Fランク』まで、スタッフ間で定義づけられているんです」(ドラマスタッフ)

吉岡が最も好意的な態度を示すAランクに属するのは、人気映画監督や有名プロデューサーといった有力者だそうだ。

「彼らの大しておもしろくない話に目をキラキラさせて聞き入り、ちょっとした冗談にも手を叩いて大笑い。隙あらば腕組みを仕掛けるなど、露骨な色仕掛けもいとわないサービス満点のふるまいを見せるんです。将来有望な若手スタッフや人気構成作家らが該当する『Bランク』でも、オススメの店を聞いて『今度連れていってください』というお決まりの鉄板パターンを仕掛けています」(ドラマスタッフ)

完落ち必至の色仕掛けだが、先のドラマスタッフはボヤく。

「でも、ADや照明といった我々『Fランク』は人間扱いされていない。集団の中で我々がしゃべっていても完全にうわのそら。目も合わせてくれず“幽霊扱い”なんです。もっとも『無視されていたADの実兄が有名な構成作家と知るや、急にLINEの連絡先を聞いてきた』ということもあり、昇格の可能性は与えられているのですが‥‥」

そんな格付けのスタッフたちとの酒席では、吉岡のホンネが飛び出す。

「打ち上げの場で酔いが回ったとたん、ぶっちゃけキャラに変貌します。『売れても思ったより儲からない』と言ったかと思えば『もっとアップのカットを使ってほしい』なんて、正直に思いを伝えてくるんです」(民放局関係者)

人によって表情を変えられるのは、ある意味、女優のカガミかもしれない

http://dailynewsonline.jp/article/2142792/
2020.01.04 17:57 アサ芸プラス
20200104005

【吉岡里帆 態度で丸分かりの「スタッフランク付け」】の続きを読む