芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

厳しい声

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/07/11(水) 13:33:14.34 ID:hg482hWs0 BE:306759112-BRZ(11000)
 TBSの宇垣美里アナウンサーが、7月5日に発売された「週刊ヤングジャンプ」(集英社)の表紙を飾った。
グラビアは写真家の細居幸次郎氏による撮り下ろし。
夏の休日を過ごしている様子をコンセプトに、涼しげにホースを手に水をかけているシーンや、気持ちよさそうに畳で寝転ぶシーンが収められている。
ファンにとってはたまらない写真の数々だが、局内からは厳しい声が飛んでいるようだ。

「宇垣さんは、ささいなことで怒ったりするので、TBS内ではスタッフ受けが悪く、アンチが多いんです。
今年5月に『週刊プレイボーイ』(同)でグラビアを出した時にも聞かれたことなのですが、
今回も局内から『アナウンサーなのにタレント気取りかよ』『やりすぎだし調子に乗りすぎ』
『なんで上司は認めたのか』『仕事しろ』『局員のやることじゃない』といった批判の声が上がっています」(テレビ局関係者)

 宇垣アナといえば、入社直後にテレビ朝日の草薙和輝アナとの熱愛が報じられたり、
アイドルグループ・Hey! Say! JUMPの伊野尾慧との交際が報じられたりと、その奔放さはアナウンサー界随一。
また、情報番組『あさチャン!』)のサブキャスター降板をプロデューサーから告げられた際に、
コーヒーカップを投げつけ激怒するなど、感情を表に出しやすいタイプとしても知られている。
そんなこともあり、局内では浮いた存在だという。

「干され気味で、独自路線を歩んでいます。いずれは独立するだろうとみられていて、
現在はラジオ番組で“ぶっちゃけキャラ”を確立しようとしているようですよ」(同)

 オトコを悩殺するカマトトぶりには根強い人気があるだけに“ぶっちゃけキャラ”も加われば、タレントとして活動の幅は広がりそうだ。
果たして独立は、いつになるだろうか?




宇垣美里アナ「ヤンジャン」グラビアにTBS局内から厳しい声「調子に乗りすぎ」「仕事しろ」
http://www.cyzo.com/2018/07/post_168961_entry.html
no title

【宇垣美里アナ「ヤンジャン」グラビアにTBS局内から厳しい声。 「調子に乗りすぎ」「仕事しろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/11/16(木) 15:57:01.60 ID:CAP_USER9
年末の『NHK紅白歌合戦』の出場歌手が決定。

30年目のエレファントカシマシや20周年の三浦大知、
10周年のHey! Say! JUMP、トータス松本(ソロ)などが初出場となることがわかった。


全体的に「見所」の少ない『紅白』となるのは明白だ。
昨年は「ピコ太郎」や「君の名は。」「逃げ恥」など盛り上げやすいエンタメコンテンツがあったが、今年は目立った大ヒットがない。
安室奈美恵や桑田佳祐などにも出場を断られたようで、結局ジャニーズとAKBグループが中心となりそうだ。
これでは今年の視聴率下降もやむなしか。
 
その一方、女子中高生の間で人気ということで、初出場となったのが韓国アイドルグループ・TWICEだ。

TWICEは9人組のアイドルグループで、昨年日本に上陸。10代から大きな支持を集めているようだ。
ちなみに、そのうち3人(ミナ・サナ・モモ)は日本人である。
"TTポーズ"は今年、流行のポーズとして時折メディアでも取り上げられていた。
 

韓国グループの『紅白』出場は実に6年ぶり。ただ、やはり一部からは厳しい声が......。


「一部では『韓国枠はいらない』『そこまで知名度あるの』『流行って、ステマじゃん』など、拒否反応を示す意見は多いですね。

10代に大人気なのは確かなようですが、他の世代にはあまり浸透していないのもあるでしょう。
そもそも『ゴリ押し』ということで嫌う意見も多数です。


『嫌韓』に敏感な人も多いですし、『安室などの空いた枠に入れただけ』という声もあります。
韓流を好きでなければ特に喜ばしい出場でもないということでしょうか」(記者)
 
やはり一部の「韓流バッシング」は今なお強い様子だ。

TWICEの存在が『紅白』視聴者離れの要因にもなり得るということか。
 
TWICEが10代に絶大なる人気を誇るのは事実だが、全世代の支持を集める存在ではないらしい。

まあ、今回の『紅白』で一部世代の支持すらもなさそうな出場者が多いのも否定はできないのだが......。

http://biz-journal.jp/gj/2017/11/post_5041.html
no title

【【NHK紅白】初出場のTWICEに厳しい声…「韓国枠いらない」「ゴリ押し」「まったく知らない」 紅白離れ加速も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 23:43:03.25 ID:CAP_USER9
9月28日発売の女性ファッション誌『Richesse』(リシェス)で、元女優の後藤久美子とフランス人の元F1ドライバーであるジャン・アレジの娘のエレナ・アレジ・後藤がモデルデビューする。
エレナは後藤の長女で、スイスの高校を卒業後、イギリスの映画製作専門学校に入学している。10月1日から母の後藤と同じ芸能事務所のオスカープロモーションに所属し、11月に学校を卒業したあとは日本で本格的に芸能活動をするとみられている。

リシェスでは高級ブランド『ブルガリ』とのタイアップで、総額1億円以上のジュエリーを身に着け、そのセレブぶりをいかんなく発揮している。だが、日本での芸能活動には、早くも先行きを不安視する声が広がっている。

「後藤とアレジの娘ということで、2世タレントとしては申し分ない話題性があります。しかし、実際に活動していくとなるとその知名度以外に何が特徴なのかがはっきりしないのです。
オスカーということでモデル業を中心にしていくのでしょうが、身長は母の後藤よりも小さい156センチ程度。端正なルックスといえば聞こえはいいですが、正直、父のアレジの血が濃く反映されていて、かつての“美少女ゴクミ”のルックスには到底及びません。語学堪能ということで、数年後には文化人枠で活躍することも可能でしょうが、それも会話術や頭の回転が相当よくないと厳しいでしょう」(芸能記者)

https://myjitsu.jp/archives/32596

no title

【後藤久美子の娘・エレナに芸能界から厳しい声】の続きを読む