芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

原因

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 08:04:15.08 ID:xPJaeT9s9
“ぽっちゃりアナ”というブランドを作った日本テレビの水卜麻美アナが、最近“激ヤセ”したと評判だ。一時、ダイエットしたという話もあったが、そのときよりもさらに細いという。

「スリムとまではいきませんが、相当にヤセたことは確か。身長158センチ。前の体重はMAXで60キロの半ばまであったといわれます。でも、今7~8キロはヤセたでしょう。見ても、デブというほど太いわけでもありません」(日本テレビ関係者)

それはどんなところから分かるのか。かつては体全体がムッチリしていて見るからに豊乳だったが、今は並乳という感じ。

「以前は首に肉が付き過ぎて顔と同じ太さにも見えました。今など、鎖骨から首筋にかけて、あまり肉がない。首のラインもスッキリしてきた。見た目は『多少太いかな』というレベルで、もう“ブタアナ”ではありません」(同・関係者)

水卜アナは2月11日に放送される特番『今だから話します 平成最後にアスリート初告白 SP』に出演。再現ドラマでフィギュア金メダリストの荒川静香役も演じる。

「再現ドラマで、水卜アナは荒川をマネてリンクで滑ります。スケーターはアスリートですから、細身の演者ではダメ。少し太目かな程度の水卜アナがちょうどハマる。水卜アナは、番組のためにダイエットしたのではありませんよ」(同)

滝沢の強権発動で強制破局?

水卜アナは2015年、昼の情報番組『ヒルナンデス!』で共演していたジャニーズ『関ジャニ∞』の横山裕との交際が発覚。そのモラルが問われた。

「たださえ評判が悪いジャニーズアイドルと付き合うのはご法度なのに、水卜アナは交際を貫いた。しかし、ジャニファンからのバッシングが強く、17年に朝の情報番組『スッキリ』に異動。そのまま“水面下愛”を続けていました」(女性誌記者)

しかし、昨年からジャニーズ事務所は、『ジャニーズアイランド』社長の滝沢秀明が人事権を掌握。所属アイドルの女性関係を厳しく制限。それが水卜アナにも影響したとみられる。

「昨年、水卜アナには横山との結婚説が出ていたのは確か。しかし、滝沢の強権発動で、2人は別れさせられた可能性もある。日テレは民放一のジャニーズ寄り局。すでに今年に入って破局報道が出ており、その後、水卜アナは急激にヤセました」(同・記者)

水卜アナが後ろ髪を引く思いで横山と別れたのならば、激ヤセも納得だが…。

http://dailynewsonline.jp/article/1688934/
2019.02.12 07:31 まいじつ


no title

【水卜麻美アナ『激ヤセ』原因は「人気落ち」か「フリー準備」か「フラれた」か ← 眼科池wwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
2ecf15ca-s

1: なまえないよぉ~ 2018/08/21(火) 00:12:00.43 ID:CAP_USER9
 吉岡里帆が区役所生活課の新人ケースワーカー役を好演している主演ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系、火曜よる9時)の視聴率が低迷しているという。
14日放送の第5話では、生活保護を受けたいと窓口にやってきた青年(佐野岳)の調査を担当することになった義経えみる(吉岡)の奮闘ぶりが描かれたが、視聴率はついに5%を切って4.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)と、“爆死”と呼ばれるレベルにまで落ち込んでしまったという。生活保護の現場を舞台に、さまざまな人生模様を描いた興味深い内容なのだが、どこが悪いのか悪くないのか。

吉岡里帆に足りないものとは?

 吉岡は京都・太秦出身で、高校時代から俳優養成所に通い、芝居には格段の思いがある。2013年から女優活動を開始、15年には「マンゴーと赤い車椅子」「幕が上がる」「明烏」と映画3本に立て続けに出演して注目を集めた。人気を博したNHKの朝ドラ「あさが来た」では、丸メガネをかけて、ヒロインの娘の親友、田村宜(のぶ)役を演じて評判も上々だった。
タイミングも、16年1月22日の放送でディーン・フジオカ演じる“五代様”が亡くなり、視聴者の間に喪失感が広がるなか、2月6日からの登場となり、ネット上でも「メガネの奥はかなりの美形」「かわいすぎる」などと好意的に迎えられたのだ。

 その吉岡、今年は1月からドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)で連ドラ初主演に恵まれるなど、女優としては順風満帆な印象もあるのだが……。

 「『きみが心に棲みついた』も、“三角関係ラブストーリー”ということで放送前には注目されていたはずですが、フタを開けてみると吉岡の実力不足が指摘されることが多くなりました。
演技力自体はないわけではないと思うのですが、主演に求められるのは演技力よりもむしろドラマを引っ張っていく華。共演の向井理や石橋杏奈の壊れっぷりがネットなどで大きな話題になるのに比較して、吉岡はどうにも地味というかいまひとつの華がなかったんですよ。今回も同様のことがいえるのでは」と、指摘するのはテレビ誌の40代男性編集者。

 しかし、「きみが心に棲みついた」で吉岡が演じたキョドコこと小川今日子は、元恋人に精神的依存をしてDVまがいの酷い扱いを受けた過去を持ち、いまだ自己評価が極端に低くトラウマを抱えているという役。
そして今回の義経えみる役は、映画監督の夢を諦め、安定を求め公務員になった平凡・等身大女子だ。どちらもいたずらに“華”を振りまく役柄ではないし、吉岡は脚本に忠実に演じているのではないか。
そんな疑問を前出の男性編集者にぶつけると、「役柄自体は地味であろうが、それでもなお華が感じられる、それが主演女優というものなんですよ」と、厳しい反論を受けてしまった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000005-wordleaf-ent

【吉岡里帆さんのドラマが爆死寸前、視聴率低迷の原因を探る←主演の問題でしょwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
a3573865-s


1: なまえないよぉ~ 2018/07/13(金) 18:45:41.07 ID:CAP_USER9
AKB総選挙1位なのに「松井珠理奈が休業」は宮脇咲良が原因?


先ごろ正式に発表された『SKE48』の松井珠理奈の休業。理由は体調不良だとされるが、具体的な病状、症状は明かされていない。
松井は6月に行われた『第10回AKB48世界選抜総選挙』で初の1位を獲得したが、開票当日から体調の悪さを伝えられていた。

「本人は開票日まで3日間食べず眠れずと言っていました。これも表向きは1位を取りたいプレッシューや疲れが理由だとされていましたが、
でも、本当の休業理由はもっと奥深いところにあるといわれています」(AKBライター)

こういった状況で、一部の夕刊紙が気になる情報を報じた。

「総選挙で3位になった『HKT48』の宮脇咲良との不仲が、休業の一番の要因です。
開票直前のダンスの際、松井が宮脇のやる気のない態度を注意したところ、宮脇は反発。

3位決定のスピーチでは、来年の総選挙に出ないと公言しました。
これに対して松井は『来年も出てほしい』と言ったのですが、宮脇は『命令すんな!』と反発して、態度を硬化させたのです。
そして宮脇は、選抜メンバーでの記念撮影もボイコットしたのです」(夕刊紙記者)

今年の選抜総選挙は開票前から不評が続出していた。

「開催地はSKEの地元であるナゴヤドーム。これで松井が1位になるという結果が最初から見えていました。
しかも、松井と宮脇が一騎打ちになるという構図だったはずなのに、2位にはSKEの須田亜香里が入った。
ワンツーがSKEから出たことで宮脇はしらけ切っていたのです」(前出・ライター)

そして、この結果に黙っていなかったのが宮脇のファンたちだ。

「宮脇は韓国発足の日韓ユニット『PRODUCE 48』のメンバーを兼任しており、センターも務めています。
そのため、韓国にも熱狂的なファンが多いのですが、韓国のサイトで松井が攻撃され始めたのです。

松井は1位獲得後のインタビューのときに撮られた写真で、鼻の中にゴミのようなものが付着していることが話題になったのですが、
それを韓国のサイトが《鼻クソ松井》と囃し立てたのです。今回の総選挙の結果にも《ヤラセ》、《デキレース》と大騒ぎしていて、
その矛先は松井に向いています。宮脇も以前から松井嫌いだし、陰であおっているという話まである。
松井が精神的に病んでしまった理由の大きな要因になっているようです」(芸能ライター)

松井の復帰は当分先になってしまうかもしれない。
https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-56719/

【宮脇咲良が松井珠理奈に反発 「命令すんな!」】の続きを読む