芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

卒業

1: なまえないよぉ~ 2019/11/16(土) 22:21:52.18
 人気アイドルグループ欅坂46の鈴本美愉(21)がヨーロッパ・マルタ共和国に留学中で、帰国次第、卒業を発表することが「週刊文春デジタル」の取材でわかった。

 鈴本といえば、2016年に「サイレントマジョリティー」でデビューし、同年「第67回NHK紅白歌合戦」出場を果たした欅坂46の1期生。デビュー当初からフロントメンバーに
たびたび抜擢され、センター・平手友梨奈(18)やキャプテン・菅井友香(23)らとともに欅坂46の中枢を担っている。

「鈴本は激しいダンスパフォーマンスから“ダンス職人”と呼ばれています。平手が体調不良で歌番組などを欠席した際には、平手の代わりにセンターを務め上げ、欅坂46の活躍を
陰で支えてきたのは間違いなく鈴本でした。しかし、この冬にリリース予定の9枚目のシングルではまさかの選抜落ち。最近ではめっきりイベントや音楽番組にも出演していません」
(スポーツ紙記者)

 今年、欅坂46が2月に唯一リリースした8thシングル「黒い羊」から握手会を休むことが目立っていた鈴本。5月に行われた同シングルの握手会以降まったく握手会に参加しなくなってしまった。

 直近では11月13日(水)に放送された歌謡特番「ベストヒット歌謡祭2019」(日本テレビ系)も欠席した鈴本。だが、地元・愛知にはタイミングが合えば帰省しているという。
幼少期から鈴本と面識があるという近隣の知人には馴染みの安心感からか、こんな話をポロリとこぼしていた。

「半年ほど前、美愉ちゃんとたまたま家の近くで会いましたよ。『東京でも元気にやっている?』と聞くと、『実家に帰ってくると安心しすぎてついつい寝すぎちゃうんです』と。
どこか東京の暮らしでの疲れを隠せないようでした」(地元近隣住民)

周囲に「グループでの活動に疲れちゃった」

 取材を進めると鈴本が表舞台に立たなくなった理由が明らかになった。公式発表はされていないが、実は現在、鈴本は日本を離れ、留学しているという。

 欅坂関係者が明かす。

「鈴本さんは現在、地中海にあるマルタ共和国に留学しています。鈴本さんは周囲に『グループでの活動に疲れちゃった』と話していました。年頃の女の子ばかりのグループで、
人間関係がうまくいかないことももちろんある。デビューから年を重ねる毎にグループ内の空気は悪くなっていく一方です。

 欅坂46での活動に対して精神的に参ってしまった鈴本さんは、気分転換も兼ねて留学を決めたそうです。帰国は来年の予定で、それと同時に卒業を発表する話まで進んでいます」

以下略ソースで
文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00015549-bunshun-ent
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191116-00015549-bunshun-ent&p=2
20191117001

【【内部崩壊する欅坂46】中心メンバー・鈴本美愉がマルタ共和国に留学、帰国後卒業】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/07(木) 21:33:36.23
AKB48樋渡結依(19)が7日、東京・秋葉原で行われた劇場公演に出演し、グループからの卒業を発表した。

「私、樋渡結依はAKB48を卒業します」と発表した。
昨年7月、学業専念のため活動休止を発表。今年4月から活動を再開していた。
「勉強と両立がうまくできなくて、本気で活動することが難しくて、ファンの方にも、スタッフさんにも申し訳ないなと思って、卒業を考えるようになりました」と経緯を明かした。

所属していたチームBへの感謝や愛情を伝えた上で、「人生は1度きりだなと思って、私には夢があって、テレビ関係の仕事がしたいと思っているので、まだまだ努力しなきゃいけないし、挑戦しなきゃいけないこともたくさんあるし、勉強しなきゃなと思って、今回、このような卒業という形を選ばせていただきました」と説明した。

「また違う道、未来を切り開いていかなきゃなって思います」と前向きに語り、「アイドル人生すごく楽しかったです。幸せな思い出でいっぱいです」と笑った。
今月23日がAKB48として最後の握手会となり、28日に卒業公演を行う。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191107-11070900-nksports-ent

AKB48から卒業を発表した樋渡結依
no title

no title

no title


AKB48 樋渡結依
no title

no title

no title

no title

【【AKB48】「ひーわたん」樋渡結依(19)、卒業を発表!今年4月に活動再開したばかり「勉強と両立がうまくできなくて…」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/02(土) 20:48:31.61
アイドルグループ・NMB48チームNの谷川愛梨(23)が2日、12月末にグループを卒業することをチームN『N Pride』夜公演で発表した。
12月19日にZepp Nambaで卒業コンサートが行われる。
今後も芸能活動は続けていく。

ブログでは「私、谷川愛梨はNMB48を卒業します。突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい」と報告。
「私は15歳の時にNMB48に加入して約8年半、2期生として活動してきました。人生で初めて本気になれたのがこのNMB48でした」と振り返り、「NMB48での全ての出来事が私を成長させてくれてこんなにも強くしてくれました」とつづった。

続けて「私はアイドルをやりきったと胸を張って言えます。もう何もやり残したことはないです。だから、NMB48を卒業します。ここで学んだ事を、沢山の経験を自信に変えて私はNMB48を旅立とうと決めました」とこの先への決意を述べた。

今後については「大好きなお芝居や野球のお仕事だったりバラエティー番組だったりやってみたかった声優だったりいろんな事にチャレンジしていきたい」とし、芸能活動は続けていく意向。

また、「12月末に卒業予定でして、ありがたい事に12月19日にZepp Nambaさんの方で卒業コンサートをして頂ける事になりました。私のNMB48人生の全てを詰め込みたいなと思っていますので是非来て下さると嬉しいです!」と呼びかけている。

谷川は2011年、NMB48に2期生として加入。
選抜総選挙では第7回が74位、第9回が57位にランクインしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00000348-oric-ent

NMB48から卒業を発表した谷川愛梨
no title

no title

no title


NMB48 谷川愛梨
no title

no title

no title

【NMB48谷川愛梨、卒業を発表!今後は女優、バラエティ、声優に ← 声優wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/11/01(金) 19:35:13.53
アイドルグループ・夢みるアドレセンスが、メンバー6人のうち、荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきの4人が年末をもって卒業することが1日、わかった。
グループの公式サイトで発表された。
12月20日に東京・渋谷TSUTAYA O-EASTで6人体制最後のライブを行う。

同サイトで「突然の発表となりますが、夢みるアドレセンスより荻野可鈴、志田友美、小林れい、水無瀬ゆきが2019年末をもちまして卒業いたします。ファンの皆様、関係者の皆様、本当に沢山の応援をありがとうございました」と報告。

今後のグループ活動については「山口はのん、山下彩耶は憧れの先輩たちから大切な夢アドを引き継いでこれからも活動してまいります」と継続の意向を示し、「6人揃っての姿をいつも楽しみにしてくださったファンの皆さまには、大変申し訳ございません」とお詫びした。

「夢アド」の愛称で知られる同グループは、人気ティーンズファッション誌モデルを中心に2012年6月に結成され、15年3月にメジャーデビュー。
リーダーの荻野、志田、小林の3人の卒業により、結成メンバーがいなくなる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191101-00000396-oric-ent

「夢みるアドレセンス」から卒業を発表した 荻野可鈴
no title

志田友美
no title

小林れい
no title

水無瀬ゆき
no title

「夢みるアドレセンス」(左から)小林れい、志田友美、山下彩耶、荻野可鈴、水無瀬ゆき、山口はのん
no title

【「夢みるアドレセンス」荻野可鈴、志田友美ら6人中4人が突然の卒業発表!活動は継続 オリジナルメンバー不在に】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/31(木) 22:22:25.29
AKB48の国内6グループの中で、“人気”でも“運”でもない、“歌唱力”だけでその頂点を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の第2回大会の決勝が31日、TBS赤坂ACTシアターにて開催され、AKB48の矢作萌夏が優勝した。
2位はNMB48の山崎亜美瑠、3位はNGT48の三村妃乃だった。

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」初代に続く“女王”がAKB48の矢作萌夏に決定
AKB48グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は、今年1月11日に第1回大会が行われ、SKE48の野島樺乃が初代チャンピオンに輝いた。

今回はAKB48国内6グループの所属メンバーのなかから、立候補で名乗り出た135人による予選を開催。
このうち決勝に参加した20人が進出し、野島に続く“女王”としてAKB48の矢作萌夏が決定した。
優勝者には秋元康プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。

ルールは20人が4グループに分かれて決勝歌唱予定曲のうちの1曲を歌唱し、審査員が各100点満点で採点。
グループ上位2人が最終決戦に進出。
8人がもう1曲の歌唱予定曲を歌い、優勝者を決定した。

決勝大会の審査員は、予選に引き続きAKB48グループの楽曲も数多く手がけている作曲家・井上ヨシマサ、ゴスペラーズの黒沢薫、加藤いづみ、佐藤嘉風の4名が務めた。

応援ゲストとして、AKB48向井地美音、SKE48須田亜香里、NMB48小嶋花梨、HKT48田中菜津美、NGT48真下華穂、STU48岩田陽菜の6名が会場に駆けつけた。

http://mdpr.jp/music/detail/1889805

「第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」 矢作萌夏が優勝  Che’Nelleの「Believe」を熱唱
no title

2位 NMB48山崎亜美瑠
no title

3位 NGT48の三村妃乃
no title


<決勝進出メンバー>
岡田奈々(AKB48/STU48)、山崎亜美瑠(NMB48)、矢作萌夏(AKB48)、秋吉優花(HKT48)、峯岸みなみ(AKB48)
矢野帆夏(STU48)、坂本愛玲菜(HKT48)、横山結衣(AKB48)、高柳明音(SKE48)、峯吉愛梨沙(STU48)
白井友紀乃(SKE48)、三村妃乃(NGT48)、門脇実優菜(STU48)、神志那結衣(HKT48)、立仙愛理(AKB48)
豊永阿紀(HKT48)、山内鈴蘭(SKE48)、小田えりな(AKB48)、明石奈津子(NMB48)、浅井七海(AKB48)
no title

no title


AKB48 矢作萌夏
no title

no title

no title

no title

【【茶番】AKBガチ歌うま、卒業発表の矢作萌夏が涙の優勝wwwwwwww】の続きを読む