芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

半沢直樹

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/07(水) 10:18:44.86 _USER9
TBSの公式見解にさぞや落ち込んだ視聴者も多かったのではないか。
 
 いざ最終回を迎えてみれば、全10話平均視聴率24.7%、注目のリアルタイム視聴者は日本全国で推計約6658.8万人(到達人数)を数え、まさに日本国民の2人に1人がドラマを視聴していた計算になったドラマ「半沢直樹」。


早くも続編を願う視聴者の声が高まるなか、早々に発表されたのがまさかの「終了宣言」だった。

 テレビ局関係者はこう話す。

「9月のTBS社長会見で編成局長が同席し、はっきりと『シリーズは今回で終了』という旨の説明を行ったんです。正直、TBS局内からもこんなに結論を急がなくてもいいのではといった声も盛んに聞かれました。上層部があの場で断言したので本当の意味で最終回を迎えたのだと思います」

 TBS上層部が局内外の関係者を驚かすスピードでシリーズの続編終了を宣言した理由は主演の堺雅人(46)の事情が大きく影響しているという。

■堺雅人は固執せず

「堺は高視聴率をゲットして、どんなに評価されようが一つの作品には一切、執着しないことで知られています。『俳優が一つの役に固執するようになったらおしまいだ。だったら役者を廃業した方がいい』というのが持論だそうです。だから最終回を迎えた『半沢』に何ひとつ未練も執着もしていない。シーズン1から今回の新シリーズまで約7年を要したのは堺にとって全く新しいひとつの作品に過ぎなかったからではないでしょうか」(芸能プロ関係者)

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2a6a00944027e60673d0f840dd264b3dd28ed0d
no title

【「半沢直樹」まさかの完全終了宣言…堺雅人の矜持とTBSの本音】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/06(火) 19:30:35.71 _USER9
俳優の堺雅人(46)が主演を務め、社会現象を巻き起こしたTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の最終回(第10話)(9月27日)の総合視聴率(リアルタイム視聴率とタイムシフト視聴率の合計)が44・1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯)だったことが6日、分かった。第9話の37・6%を大幅6・5ポイント上回り、今作最高を更新。有終の美を飾った。2016年10月に総合視聴率の調査が始まって以降、ドラマの40%超えは史上初の快挙。総合視聴率ドラマ1位の記録を自ら塗り替え、リアルタイム視聴率に続き、金字塔を打ち立てた。

 最終回のリアルタイム視聴率32・7%は、NHK・民放を通じた全ドラマのうち、前作最終回(13年9月22日)の42・2%以来、7年ぶりとなる“大台”30%超えの偉業。令和ドラマ初の30%突破となり「今年ドラマ1位」「令和ドラマ1位」の記録も自ら更新した。

 総合視聴率とは、リアルタイム視聴率と「録画再生率」「録画視聴率」とも呼ばれるタイムシフト視聴率(録画機器などで放送後7日以内、168時間以内に視聴)の合計(重複は差し引く)。ビデオリサーチが16年10月3日から調査を開始。録画機器の性能向上、スマートフォンなどを使用したスマートデバイスによるテレビ視聴など、多様化した視聴形態に即した視聴率算出が近年の課題だったが、検討を重ね「総合視聴率」「タイムシフト視聴率」を新しい指標として採り入れた。

 「半沢直樹」の平均世帯視聴率の推移は以下の通り。

 【リアルタイム視聴率】初回(7月19日)22・0%、第2話(7月26日)22・1%、第3話(8月2日)23・2%、第4話(8月9日)22・9%、第5話(8月16日)25・5%、第6話(8月23日)24・3%、第7話(8月30日)24・7%、第8話(9月13日)25・6%、第9話(9月20日)24・6%、最終回(9月27日)32・7%

 【タイムシフト視聴率】初回13・9%、第2話13・3%、第3話14・3%、第4話16・1%、第5話15・2%、第6話15・5%、第7話15・8%、第8話15・3%、第9話16・8%、最終回16・7%

 【総合視聴率】初回33・0%、第2話32・9%、第3話34・4%、第4話35・4%、第5話36・7%、第6話36・2%、第7話37・0%、第8話37・3%、第9話37・6%、最終回44・1%

 第4話の総合視聴率35・4%は、17年10月期のテレビ朝日「ドクターX~外科医・大門未知子~・最終回」(12月14日)の35・2%(リアルタイム25・3%、タイムシフト12・5%)を上回り、調査開始以降、全ドラマ1位に浮上。その後、第5話36・7%、第7話37・0%、第8話37・3%、第9話37・6%と記録を塗り替え、最終回は40%の“大台”超えとなった。

ソース/スポニチアネックス
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/06/kiji/20201005s00041000419000c.html

44b2d2e2de9fda99797a80b0db80f67e

【「半沢直樹」最終回 総合視聴率は44・1%!40%超えは調査開始後初の快挙】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/03(土) 21:28:48.51 _USER9
最終回の興奮が、未だ冷めやらぬドラマ「半沢直樹」。第1期に引き続き高視聴率だった第2期は、記録にも記憶にも残る名作となりました。
また、放送期間中は印象に残る数々の「名言」が飛び出し、ネットで急上昇ワードの上位を独占するほどの人気ぶりでした。

【画像:ランキング25位~1位を見る】
https://nlab.itmedia.co.jp/research/articles/57662/vote_result/#utm_source=yahoo_v3&utm_medium=feed&utm_campaign=20201003-10001944&utm_term=it_nlab-ent&utm_content=img

 そこで今回は、「半沢直樹」の中で印象に残った名言について解説していきます。

(参考:ソレユケ テレビ探偵団)

●「やられたら、やり返す。倍返しだ!」(半沢直樹役・堺雅人)
 ドラマ第1期で大きなインパクトを残した言葉が、第2期では第1話の終盤に登場しました。伊佐山の乱暴なやり口に怒り、自身のモットーであるこのセリフを、力の限り叫びました。

●「やられたらやり返す。施されたら施し返す。恩返しです!」(大和田暁役・香川照之)
 第1話にて、中野渡頭取から帝国航空の再建案を任された大和田が、忠義を示したセリフです。半沢に不正を暴露されながらも、中野渡頭取の一声によってバンカーとして生きのびることができたエピソードを象徴していますね。

●「わびろ! わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、わびろ、半沢~!」(伊佐山泰二役・市川猿之助)
  第2話で特に注目された台詞です。買収計画を半沢に潰された伊佐山は、怒り狂いながら「わびろ」8連発を繰り出しました。当初、脚本には「わびろ」が1~2回しか記されていなかったそうです。市川猿之助さんのアドリブが冴えわたった1コマでした。

●「君はもう、おしまいです。お、し、ま、い、DEATH!」(大和田暁役・香川照之)
 第2話で久々に再会した半沢と大和田。2人の間には遺恨があり、大和田は半沢を見下して、鬼の首を取ったように、このセリフを言い切ります。これは、香川照之さんがノリノリで繰り出したアドリブでした。カットがかかったと同時に、笑いをこらえきれなかった堺雅人さんが、膝から崩れ落ちた姿が、スペシャルで放送されました。

●「大事なのは感謝と恩返しだ」(半沢直樹役・堺雅人)
 第3話では、東京セントラル証券に対する営業停止命令が懸念される最中で名台詞が出ました。何度もピンチを乗り越えてきた半沢がサラリーマンとして大事にしていることを部下の森山に伝え、IT企業の再建につなげました。また、大和田暁の影が見え隠れするセリフでもあります。

●「何、口ごたえしてんの? やれって言ったら、やるのよ。あんた男でしょ?」(黒崎駿一役・片岡愛之助)
 第3話での立入検査において、黒崎が部下を発奮させたセリフです。ネチネチした台詞はもとより、急所をわしづかみするという行為が衝撃的でした。放送直後、ネット上では、このセリフとインパクトあるシーンが話題となりました。

10/3(土) 19:25配信 ねとらば
https://news.yahoo.co.jp/articles/fbc364828773e5089059672256c7c27ae7c15b40

写真
no title

【<半沢直樹>第2期で最強の名言を決めようぜ!「やられたら、やり返す。倍返しだ!」「お、し、ま、い、DEATH!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/28(月) 12:19:14.56 _USER9
「シーズン1」から「2」まで7年要したのは、芸能界のドンの機嫌を損ねたから

去る9月27日に大団円を迎えた「半沢直樹」。早くも「シーズン3」を待ち望む声があがっているが、「1」から「2」まで7年弱かかったことを考えると、そう簡単に「3」が実現しそうにはないと見た方が普通だが……。

 ***

「半沢直樹」は良くも悪くも、芸能界のドンの意向が全てのドラマである。

 ドンとは言うまでもなく、主演の堺雅人(46)が所属する田辺エージェンシーの田邊昭知社長(81)だ。

「ザ・スパイダースのドラムでリーダーだった田邊さんは、他にドンと呼ばれる芸能界の超大物よりも作り手としてのこだわりがあります」

 と話すのは、TBS関係者。

「堺雅人さんが主演する『半沢』もご多分に漏れず、シーズン1では視聴率がうなぎ登りになって社会現象になるにつれ、ドンの思い入れも強くなっていきました」

 それは監督を務めるTBSの福澤克雄氏にとっても同じで、

心強い夫人役の上戸彩

「ジャイさん(福澤氏の愛称)は表に出て半沢についてあれこれと語ったんですね。それが田邊さんは気に入らなかった。ジャイさんが“半沢はオレのドラマだ”とベラベラ喋っているようにとらえてしまったんです」

「本来なら、シーズン2は1が終わった2年後の2015年にやる予定だったんですが、ドンの機嫌を損ねた結果、どんどんズレて行くことになります」

「その間、堺雅人さん主演で『医療ものドラマ』をTBSから提案したものの、フラれています。世間でも、“いよいよ半沢が”というような報道が繰り返されたと思いますが、TBS内部では、ヘソを曲げてしまったドンを“どう気持ちよくさせるか”に腐心してきたわけです」

 そんな中、転機が訪れた。

芸能関係者によると、

「所属タレントタモリの『笑っていいとも!』が2014年に終わったのが大きいようですね。その後に同じフジテレビでやった『ヨルタモリ』も短命で終了しました」

「NHKの『ブラタモリ』は好評ですが、帯でもなく断続的な展開ですし、NHKだからギャラの面では多くは望めない。要するに、帯番組とかお茶の間の顔となる番組を失ったりして、田邊さんとしてもあんまり無理は言えなくなっていったということでしょう」

「田辺エージェンシーで『通常稼働』しているのは、堺雅人、夏目三久、そしてタモリです。夏目の『あさチャン!』は数字がずっと悪いと言われている中でTBSとしては彼女を切る判断がないわけではなかったけれど、『半沢2』実現のためにそんなことは絶対できなかった」

 その一方で、

「田邊さんとしても、あんまり無理ばかり言うと得られるものも得られなくなるということなのかもしれません。それで『半沢2』にゴーサインが出たと聞いています」

「それでも、夏目三久がセリフなしで出演するあたり、夏目をネコ可愛がりする田邊さんらしさが出ていて、よく言えば昔の芸能界風、悪く言えば傲慢さが見て取れますね」

 今回の「半沢2」は「1」には及ばないものの、他のドラマを圧倒する視聴率をたたき出している。当然「3」は想定の範囲内だろう。

「そうですね。新たに帯番組とかを展開できれば話は別ですが、田邊さんとしても夏目の『あさチャン!』を失うわけにはいかないので、そうゴネてもいられない。『半沢3』なのか映画版なのかスペシャルなのか形はわかりませんが、何らかの形で実現するでしょう。それまではTBSと田邊さんは一蓮托生なんです」

週刊新潮WEB取材班

2020年9月28日 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/11f6e3dd6d1e516f6091fe5aca785bcd576c904a
no title

no title

no title

【「半沢直樹」ファンに朗報 「続編」放送までさほど時間はかからない理由】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/09/28(月) 09:29:42.10 _USER9
俳優の堺雅人(46)が主演を務めたTBS日曜劇場「半沢直樹」(日曜後9・00)の最終回(第10話)が15分拡大で27日に放送され、平均世帯視聴率は32・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが28日、分かった。第8話(9月13日)の25・6%を大幅7・1ポイント上回り、前回第9話(9月20日)の24・6%からは一気8・1ポイント増となり、番組最高を更新。有終の美を飾った。NHK・民放を通じた全ドラマのうち、30%超えは前作最終回(2013年9月22日)の42・2%以来、7年ぶりの快挙。インターネット全盛時代となったテレビドラマとしては、異次元の数字を叩き出した。

瞬間最高視聴率は午後10時2分の35・8%。最終回に登場した女優の西田尚美(50)も「最終話の台本に結末が載っていないなんて初めてのことで」と結末を知らないと明かした、半沢(堺)と宿敵・大和田(香川照之)の“ラストバトル”の場面だった。

9/28(月) 9:25配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/9cf0ab7f9b494f533d0d669d90940b9df5ebf493

20200928002

関連
【視聴率】「半沢直樹」最終回で爆上げ!有終の美飾るwww

【【視聴率】「半沢直樹」最終回 瞬間最高視聴率が凄すぎ、宿敵・大和田との“ラストバトル”の場面】の続きを読む