芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

半分青い

1: なまえないよぉ~ 2018/06/06(水) 05:25:46.33 ID:CAP_USER9
松井玲奈「半分、青い。」オーディション落選していた
2018.6.5 17:00 SANSPO.COM(サンスポ)
http://www.sanspo.com/geino/news/20180605/geo18060517000028-n1.html

松井玲奈
no title


元SKE48の女優、松井玲奈(26)が4日、自身のブログを更新。
女優、安藤サクラ(32)がヒロインを務める10月スタートのNHK連続テレビ小説「まんぷく」(月~土曜前8・0)に、ヒロインの親友役で出演することを報告した。

同作は、インスタントラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福氏と妻・仁子(まさこ)さん夫婦がモデル。
朝ドラ初挑戦の松井は「憧れだった朝ドラ。目標のひとつだった朝ドラ。出演が決まって、本当は早く言いたかったけど我慢に我慢を重ねて今日がやって来ました」と喜んだ。

続けて「朝ドラのオーディションは、もう5.6回挑戦していて、今放送している『半分、青い。』のオーディションでもう最後だと決めて受け、ダメだったんですね。だから、私にはもうチャンスはないんだと諦めていました」と
女優、永野芽郁(18)がヒロインを務める現在放送中の「半分、青い。」のオーディションに落選していたことを明かした上で、「でも、今回こうしてまんぷくのお話をいただけて、参加できることが本当に嬉しいです」とつづった。

「放送は10月からですが、撮影はもう始まっています。松井は大阪弁を猛特訓中です!」と伝え、
最後には「目標が叶ったからといって、満足はしていません。ここで何ができるか、何が残せるか。自分が持っているものの1歩も2歩も先へ進めるように精進します」と意気込んだ。

【元SKE48松井玲奈「半分、青い。」オーディション落選していた 10月スタートの「まんぷく」のヒロインの親友役で出演へ】の続きを読む

20180521-00211908-nksports-000-3-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/06/01(金) 20:57:00.00 ID:CAP_USER9
連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の“中村”といえばゆるふわイケメン・正人を演じる中村倫也――そんな風潮に、ある人物が待ったをかけた。ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)の祖父・仙吉を演じる中村雅俊だ。

◆サザン「真夏の果実」を熱唱

鈴愛と正人の恋の進展が描かれた6月1日放送の第53回では、鈴愛の母・晴(松雪泰子)が鈴愛に会うため上京したことで、久々に岐阜・梟町の住人たちが多数登場した。

中でも注目を浴びたのは、中村演じる仙吉が自宅の居間でギター弾き語りするシーン。仙吉は、鈴愛の弟・草太(上村海成)を相手に、フォークグループ・ガロの大ヒット曲「学生街の喫茶店」(1972年)を歌い「おじいちゃん、年甲斐もなくフォークソングが好きなんや」とほほ笑み、続けて当時の最新ヒット曲であるサザンオールスターズの名曲「真夏の果実」(1990年)を歌ったのだ。

「こんな歌が、おじいちゃんの青春時代にあったらよかった…そうすりゃじいちゃん、廉子さんに、ばあちゃんに歌ってやった」

自分の青春時代は戦争まっただ中だった仙吉じいちゃん。戦争体験について語ることはなく、ただただ亡くなった妻・廉子(風吹ジュン)と平和を想う姿が静かに描かれた。

そんな一連は、歌手・中村雅俊の見事な歌声もあいまって視聴者の心をとらえた。SNSでは「朝から中村雅俊…沁みた」「中村雅俊さん素敵です!」「待ってました!仙吉じいちゃんライブ」「美声でギター弾き語り。こんなじいちゃんうらやましすぎる」「『おじいちゃん年甲斐もなくフォークソングが好きなんや』て…そのレベルではない!」などのつぶやきであふれ、「中村雅俊」がTwitterのトレンドワード1位に躍り出るほどの反響を見せた。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2018/06/01 11:46 
<半分、青い。>中村雅俊演じる仙吉じいちゃんのギター弾き語りが話題に(1/2) 

https://news.walkerplus.com/article/148957/

【中村雅俊が熱唱の弾き語りが話題に、あれってサービスカットでしょwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/29(火) 19:50:56.95 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第50話が29日に放送され、「マグマ大使」など様々なワードが反響を呼んできたが、今度は「河内弁」がツイッターのトレンドに入った。

ヒロインの師匠になった人気少女漫画家・秋風羽織役を“怪演”している大阪・八尾市出身の俳優・豊川悦司(56)が“ネイティブ”の河内弁を繰り出し、畳み掛けた。

大阪府東部・河内地方の方言。「怖い」「汚い」などのイメージを持たれている。
第50話。秋風(豊川)が鈴愛(永野)らに漫画の指導。テーマの捉え方として、正人(中村倫也)への鈴愛の恋心が教材になると、鈴愛は「なんで私の恋の話が公になっとる。先生にだけは(話を)してない。死んでも知られたくなかった。なんで知っとる」と岐阜弁で抗議した。

秋風「なんで、おまえはそういう時、岐阜弁になるんだ!あー、何か知らんが、腹立つわ!やってられんわ!」
菱本(井川遥)「先生、最近、鈴愛さんに言葉が影響されています。秋風羽織が河内弁。まずいです」

秋風「ホンマにおどれは人のDNA刺激するやっちゃのう!何を言うとんじゃ、ワレ!1回、死んでこい! おどれはなんでそないな時だけ、人がカチンとくること、ポンポン出てくるんかのぉ!おっ?そんな賢いんやったら、もっとええセリフ書いてこいや!あ?あほんだら!おどれのその鳥の脳みそぐらいの頭、もっと有効に使わんでどないすんじゃボケ、クズ、あほんだら!」 

ドラマ関係者によると、河内弁については方言指導は入らず。セリフはあるが、豊川本人のイントネーションという。
インターネット上には「さすが八尾出身の豊川悦司。リアル河内弁」「トヨエツの河内弁の流暢さに圧倒された」
「トヨエツに朝から大爆笑。ネイティブ河内弁」などの書き込みが殺到し、反響を呼んだ。

朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」や
TBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。

岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/29/kiji/20180529s00041000243000c.html
no title

【【ドラマ】「半分、青い。」で、八尾出身・トヨエツの”リアル河内弁”がネットで話題にwwwwwwww】の続きを読む

20180521-00211908-nksports-000-3-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/05/28(月) 10:19:11.42 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月?土曜前8・00)の第8週(21?26日)の平均視聴率は20・8%(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)だったことが28日、分かった。週平均の大台超えは2週連続となり、第1週(4月2?7日)と第7週(14?19日)の20・1%を上回る自己最高をマークした。第7週から東京編(胸騒ぎ編)が本格的にスタート。俳優の中村倫也(31)ら新キャストとともに、漫画家を目指すヒロインが起こした“師匠の新作構想メモ紛失事件”や俳優の豊川悦司(56)演じる人気少女漫画家・秋風羽織役の病気が再発したかなど、激動のストーリー展開により好調ぶりに拍車がかかった。

各日の番組平均は21日=21・6%、22日=20・9%、23日=21・1%、24日=20・9%、25日=20・9%、26日=19・5%。

朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜ける姿を描く。

主題歌は星野源(37)の「アイデア」。ナレーションはヒロインの祖母・廉子役の風吹ジュン(65)。9月29日まで全156回。

第8週は「助けたい!」。秋風(豊川)の新作構想メモを失くした疑いで破門され、岐阜の実家に帰った鈴愛(永野)。突然のことに晴(松雪泰子)も宇太郎(滝藤賢一)も驚くばかりだった。同じ頃、東京の「オフィス・ティンカーベル」で意外な事実が発覚。秋風は突然、律(佐藤健)と正人(中村倫也)とともに岐阜に向かい、楡野家を訪れる。覚悟を決めた鈴愛が秋風に取った態度とは…。一方、オフィス・ティンカーベルの秘書・菱本(井川遥)は秋風の“ある異変”に気づく。夜、菱本は秋風の部屋を訪れ、問い詰める…という展開だった。

2018年5月28日 10:00
スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/28/kiji/20180527s00041000384000c.html

no title

【【視聴率】NHK朝ドラ「半分、青い。」第8週平均は20・8% 自己最高を更新!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 16:00:26.97 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が、18日放送のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第41話にて、ボディコン姿を披露。
抜群スタイルに反響が寄せられている。

永野芽郁ヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。
故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れない永野演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

鈴愛の幼馴染・萩尾律役を俳優の佐藤健が演じる。

永野芽郁、美脚全開ボディコン姿で踊る<※ネタバレあり>
第41話では、漫画家・秋風(豊川悦司)の逆鱗に触れた鈴愛(永野芽郁)が、オフィス・ティンカーベルから追い出されてしまう。
行くあてもなく途方にくれる鈴愛が辿り着いたのは、ともに上京してきた律(佐藤健)のマンション。

律に泣きながら事情を明かし、その晩は東京での最後の思い出として隣人のマア(中村倫也)と3人で初めて流行のディスコ「マハジャロ」へ。

普段はまとめている髪型を大人っぽくダウンスタイルにした鈴愛は、マアが貸したゴールドのど派手なボディコンを着こなし、お立ち台でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回しながら踊った。

永野芽郁の抜群スタイルに反響
ボディラインが強調され、くっきり曲線を描いたくびれやスラッと長くて美しい美脚があらわとなったボディコン姿を披露した永野。

抜群のスタイルに、ネット上では「ボディコン似合うしスタイル良すぎる!!」「芽郁ちゃんの美ボディにしか目にいかない」「お立ち台ナンバーワン確実」「鈴愛大人っぽくてびっくり!可愛い~!」「脚なっがい!ほっそい!きれい!!」「鈴愛ちゃん、これまで可愛い印象だったのに色気すごい」と反響。

また初めての「マハジャロ」で派手な柄シャツを着た律だったが、鈴愛から「恥ずかしいから着替えて」とバッサリ言われてしまうシーンもあり、視聴者から「律くん可愛いw」「初めてで変に気合い入っちゃう気持ちわかるよ!」「なんか当時を思い出した…自分にもそんな時期あったわ」「鈴愛と律の絶妙な掛け合い最高」などの声も寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1767067

永野芽郁がボディコン姿披露
no title

佐藤健と永野芽郁
no title

永野芽郁
no title

no title

【朝ドラ「半分、青い。」永野芽郁、金色ボディコン姿で美脚全開「スタイル良すぎる」「色気すごい」の声wwwwwwww】の続きを読む