芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

半分青い

1: なまえないよぉ~ 2018/09/30(日) 01:37:27.89 ID:CAP_USER9
9月29日、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』がついに最終回を迎えた。
これほどまでに最終回を待ち望まれた朝ドラは、いまだかつてないだろう。

終了を記念し、同ドラマのツッコミポイントを挙げていこう。

《ヒロインの鈴愛がヤバい》

女優の永野芽郁が演じた鈴愛は、事あるごとに視聴者をイラ立たせてくれた。
恩師が隠している重大な病気を軽々しく他人に言いふらし、その口の軽さを注意されると逆ギレ。
結婚相手には、“幼なじみに裏切られた”などと「ウソ」をついて同情を買ったこともある。
母親がダンナとともに世界旅行をしようと貯めていたお金を使って強引にカフェを開店したが、開店後すぐに経営を親に任せて上京。
鈴愛は間違いなくヤバいやつである。

《無駄死にするキャラクター》

『半分、青い。』では、どうでもいいタイミングでキャラが死んでいく。
最初の犠牲者は鈴愛の祖母・廉子(風吹ジュン)。第4話にして、ナレーションで死を伝えられる、いわゆる“ナレ死”で死亡した。
第118話では、祖父の仙吉(中村雅俊)が突然眠るように死亡。脚本家の北川悦吏子氏がこの回を“神回”と予告していたが、
「人が死ぬ=神回ってどういうこと?」「突然死亡したので、感動もクソもない」「死ねばとりあえず感動するとでも?」といった批判が続出した。

さらに、鈴愛の幼なじみである律(佐藤健)の母親・和子(原田知世)は、いつの間にか重病にかかっていて第125話で死亡。
そして第150話で、「東日本大震災」を強引にねじ込み、鈴愛の親友・裕子(清野菜名)が死んだ。

あまりにも軽々しく震災を扱い、「お涙ちょうだい」のためだけにキャラを殺す展開には、当然非難続出の大炎上となった。

歴史に残るクソドラマ、ここに極まる
《ストーリーが二転三転四転五転…》

最初は、片耳が聞こえないヒロイン・鈴愛が、漫画家を目指す物語として宣伝されていた『半分、青い。』。
しかし鈴愛は、中盤で漫画家を辞めてしまう。
その後、映画監督の卵・森山涼次(間宮祥太朗)と“突然”結婚。
視聴者たちが、「次は映画監督を目指す夫を支える物語になるんだな」と思ったところで、森山と鈴愛は“突然”離婚した。

それから鈴愛は実家に帰り、今度は地元で“突然”カフェを開こうと言い出す。
だがカフェを開くやいなや、娘が“突然”フィギュアスケートをしたいと言い出したため、店を放り投げて“突然”上京。
しかし上京先で鈴愛は、“突然”クリエイター集団に入り、ものづくりをしたいと調子に乗る。
この間、娘のフィギュアスケートに関しては、ナレーションなどで消化してほったらかしだ。

その後、鈴愛は律と再会し、“突然”2人で「そよ風の扇風機」を作ることになった…。

“突然”続ぎの展開は「迷走してる」「何のドラマか分からない」と、毎日のように批判が続出した。

次回の朝ドラ『まんぷく』は、「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の物語。実話ベースということもあり、安心して見ていられそうで何よりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1529960/
2018.09.29 19:00 まいじつ
20180721-00000014-pseven-000-2-view[1]

【『半分、青い。』が朝ドラの歴史に残る「クソドラマ」になった3大理由】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/29(土) 10:30:09.72 ID:CAP_USER9
脚本家の北川悦吏子氏(56)がオリジナル作品として朝ドラに初挑戦し、女優の永野芽郁(19)がヒロインを務めたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)は29日、最終回(第156話)を迎え、完結した。
北川氏が「『朝ドラだから、こういうことはやめておこう』という考え方はせず、一切逃げないで書いた156本だったと思っています」と振り返った“従来にない朝ドラ”への挑戦だっただけに、視聴者の賛否や議論も巻き起こしたが、大きな反響を呼び、結実。
インターネット上には放送終了を惜しむロスの声も多く見られた。

最終回は2011年7月、「そよ風ファン」の発売決定記念パーティーが「つくし食堂」で行われることに。
晴(松雪泰子)らが総出で準備を進める中、鈴愛(永野)はある人の言葉にヒントを得て「マザー」という扇風機の名前を思いつく。
律(佐藤健)と津曲(有田哲平)は早速、商品名を変更するために動き始める。
夕方になり、つくし食堂には顔なじみが勢揃い。パーティーには東京から律も駆けつけ、鈴愛と律はマザーに込めた思いを語り始める…という展開。

鈴愛と律は1971年(昭46)7月7日、七夕に同じ病院で生まれた“運命”の幼なじみ。
10代最後の七夕の別れ、5年後の夏虫駅のプロポーズ、お互いの結婚・離婚…。
紆余曲折の末に、2人は会社「スパロウリズム」を立ち上げ「そよ風の扇風機」を開発した。
40年に及ぶ歩みがフィナーレを迎え、SNS上には「早くも鈴愛ロス」「終わってまった。律ロスすぎて泣ける」「毎日(主題歌の星野)源さんロスだわ~」「梟会でスピンオフとかないのなー?」「終わってしまった…。2人の幸せな笑顔。私まで幸せな気分。じわっとあふれる涙。芽郁ちゃん、健くん、北川先生、キャストやスタッフのみなさま 素敵な半年間をありがとうございました」「このドラマは2人の大恋愛物語だったんだな。紆余曲折して一番大切な人に気づく。40年かけて結ばれた。律はいつも鈴愛の右側でささやく。律の優しさが好きだ。律ロスになりそう」などと放送終了を惜しむロスの声も多く見られた。

一方、北川氏は「スライス・オブ・ライフ」の手法(フランスの劇作家ジャン・ジュリアンが提唱。日常の1場面を切り取るという手法)を採ったと説明したが、目まぐるしい展開にはインターネット上などで一部、批判の声が上がった。
朝の情報番組「あさイチ」(月~金曜前8・15)の2代目キャスターを務めるお笑いコンビ「博多華丸・大吉」の博多華丸(48)が“朝ドラ受け”で「早いっ!カレンダーめくるの、早いっ!頂戴、紆余曲折」とツッコミを入れた第104話(7月31日)など、急展開があったことは否めない。



視聴率は指標の1つに過ぎないが、週平均(ビデオリサーチ調べのデータを基に算出、関東地区)は第7週(5月14~19日)以降、19週連続の大台20%超え。
全話を通じた期間平均は16年後期「べっぴんさん」の20・3%、17年前期「ひよっこ」の20・4%、17年後期「わろてんか」の20・1%を上回ることが見込まれている。

(全文はコチラ)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180929-00000071-spnannex-ent

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」 永野芽郁
no title

【「半分、青い。」最終回 賛否や議論も朝ドラ史に刻む挑戦が結実 放送終了を惜しむロスの声←う~ん・・・】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/28(金) 15:49:18.07 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第155話(28日放送)では、東日本大震災により命を落とした鈴愛の親友・ユーコ(清野菜名)が“遺言”を残していたことが明らかとなった。<※ネタバレあり>

◆ユーコ、遺言を残していた ※ネタバレあり

ようやくユーコの死と向き合う気持ちになった鈴愛(永野芽郁)は、単身、仙台のユーコの家を訪ねる。
そこでユーコの夫・浅葱洋二(山中崇)から、ユーコの携帯電話に残されていた最後のボイスメッセージを受け取った。

病院に勤めるユーコは、動けずにいる患者に最後まで寄り添うことを決意し、死を覚悟。最後にメッセージを残していたのだった。

我が子と夫へのメッセージのあと、ボクテと鈴愛への思いも語っていたユーコ。「私の分まで生きてくれ。何かを成し遂げてくれ。それが私の夢だ。生きろ、鈴愛」。
その言葉を受け取った鈴愛は東京へ戻り、そよ風ファンの完成へ向け決意を新たにした。

明らかになったユーコの最期、そしてユーコが残した最後の言葉に、視聴者からは「涙が止まらない」「ユーコちゃん遺言を残していたなんて」「声を聞くだけで悲しくて辛い…」といった声が上がった。

◆「半分、青い。」いよいよ最終回へ

物語はいよいよ明日29日に最終回を迎える。ユーコからのメッセージを受け取った鈴愛がどんな道を進むのか、鈴愛と律の未来はどうなるのか、結末に注目が寄せられている。

連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。故郷となる岐阜と東京を舞台に、
ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロイン・鈴愛(永野芽郁)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜けるおよそ半世紀の物語。(modelpress編集部)

http://news.livedoor.com/article/detail/15369138/
2018年9月28日 11時1分 モデルプレス

no title

【「半分、青い。」ユーコの遺言に反響 ← そんなことやっている暇ねぇだろwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/24(月) 06:18:08.76 ID:CAP_USER9
連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)も残すところあと1週間。
第25週「君といたい!」(9月17~22日放送)ではヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)と幼なじみ・萩尾律(佐藤健)のキスが大きな反響を呼び、鈴愛を「入る?」と優しくいざなった律がテレビの前の女子を“とりこ”に。

SNSでは「『入る?』最高すぎた!」「テレビの前で『入るっ!』って叫んでた(笑)」といった声が飛び交い、早くも“律ロス”を訴える声も…。
ファンの心をつかんで離さない律の名場面を振り返る。(以下、ネタバレがあります)

■ 鈴愛の“マグマ大使”でいたかった律

律は1971年7月7日、鈴愛が生まれるほんの少し前に同じ病院で生まれた。
第12回(4月14日放送)で高校時代の律がナレーションで「俺があいつより一足先に生まれたのは、あいつを守るためだったかなあ」と語る場面があるが、その思いはもっと幼い頃から、律の中にあり続けた。

その象徴が“マグマ大使の笛”だ。律は、特殊な笛で呼ぶと現れて地球を救うマグマ大使のように、鈴愛を何かと助けてきた。
それでいて、9歳の鈴愛(矢崎由紗)が「なんで助けた」と聞くと、律(高村佳偉人)は「マグマ大使の笛が聞こえた気がした」と涼しい顔だ。

鈴愛に頼られることは、律にとっても自信の源になっていた。

高校生になった律(佐藤)と鈴愛(永野)。第31回(5月7日放送)では、大学受験のあと「俺は周りの期待する俺でいなくちゃと焦った」と胸の内を吐き出した律を見て、
鈴愛が律に頼りすぎていたことを反省し、笛を川に捨てようとしたときには「これは捨てないでください」ときっぱり制止。あまり思いをはっきり口にしない律の突然の強い言葉がファンの心を揺さぶった。

■ 正人も入り込めない鈴愛と律の“歴史”

上京し、2人はそれぞれ大学生と漫画家アシスタントに。相変わらずそばにいた鈴愛と律だが、その関係は少しずつ変化していった。

第44回(5月22日放送)では、正人(中村倫也)に鈴愛と付き合わないのかと聞かれ「そういうこと考えたわけじゃないけど、今がいちばんいい気がする」と答えた律。

鈴愛が正人にフラれ、涙にくれた第57回(6月6日放送)では、正人に“律の好きな人とは付き合えない”“お互い自分の気持ちに気づいてないだけだ”といわれた律が
「むかつく。お前が俺と鈴愛を語るな。俺と鈴愛の歴史を語るな!」と声を荒げるシーンも。

視聴者からは「律、心の声がこぼれちゃってる」「律の思いが切ない…」といった声が上がった。

しかし、そのころ清(古畑星夏)という恋人もできていた律は、鈴愛への複雑な感情を持て余すようになっていった。
そして訪れた7月7日、2人の19歳の誕生日に、律は鈴愛の前から姿を消した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180924-00163247-the_tv-ent
9/24(月) 6:15配信

no title

【半分、青い。 早くも「律ロス」の声!視聴者を“とりこ”にした“胸キュン”場面を振り返る!!】の続きを読む

20180721-00000014-pseven-000-2-view[1]

1: なまえないよぉ~ 2018/09/03(月) 17:25:52.67 ID:CAP_USER9
9月3日放送の朝ドラ「半分、青い。」が驚きの展開を見せている。

前週土曜日放送回では、主人公・鈴愛(永野芽郁)の幼なじみである萩尾律(佐藤健)が、ぎくしゃくしていた妻・より子(石橋静河)との関係を、たがいいの本心を語り合うことで解決。
ハッピーエンドとなっていた。ところがこの日の放送では、それからすでに2年が経過。海外赴任から戻ってきていた律は、何と離婚したことになっているのだ。

「廉子(風吹ジュン)のナレーションだけで離婚したことが視聴者に示されるという“ナレ離婚”でした。
先週、より子といい関係に戻って終わったはずなのに、週明け早々、しかも経緯など描かれず淡々とした口調で離婚が告げられたのです。
これには、後に続く番組『あさイチ』(NHK)でMCを務める博多華丸大吉の華丸も『土曜日にちゃんと話し合ったやん、奥さんと。離婚しちゃったよ。早すぎるわ。
日曜挟んですぐばい』と困惑を隠せませんでした。
ネット上でも『さすがに“ナレ離婚”はないわあ』『“ナレ離婚”とかトレンド入って、みんな怒りながら見てるんだろうな』『ほんと脚本が雑すぎる』など、困惑と不満の声が多数書き込まれています」(芸能ライター)

第22週の平均視聴率が22.3%で自己最高タイをマークするなど、クライマックスに向けて高い注目を集めているこのドラマだが、満足感だけでなく、首をかしげて疑問を感じながら見続けている視聴者も多いのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1514405/
2018.09.03 17:00 アサ芸プラス

【律が“ナレ離婚”!?「半分、青い。」が週明け早々大波乱で困惑と不満の声wwwwww】の続きを読む