芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

半分青い

1: なまえないよぉ~ 2018/05/18(金) 16:00:26.97 ID:CAP_USER9
女優の永野芽郁が、18日放送のヒロインを務めるNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)の第41話にて、ボディコン姿を披露。
抜群スタイルに反響が寄せられている。

永野芽郁ヒロイン・朝ドラ「半分、青い。」
連続テレビ小説第98作となる今作は北川悦吏子氏のオリジナル作品。
故郷となる岐阜と東京を舞台に、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れない永野演じるヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ)が、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明を成し遂げるまでの物語を描く。

鈴愛の幼馴染・萩尾律役を俳優の佐藤健が演じる。

永野芽郁、美脚全開ボディコン姿で踊る<※ネタバレあり>
第41話では、漫画家・秋風(豊川悦司)の逆鱗に触れた鈴愛(永野芽郁)が、オフィス・ティンカーベルから追い出されてしまう。
行くあてもなく途方にくれる鈴愛が辿り着いたのは、ともに上京してきた律(佐藤健)のマンション。

律に泣きながら事情を明かし、その晩は東京での最後の思い出として隣人のマア(中村倫也)と3人で初めて流行のディスコ「マハジャロ」へ。

普段はまとめている髪型を大人っぽくダウンスタイルにした鈴愛は、マアが貸したゴールドのど派手なボディコンを着こなし、お立ち台でジュリ扇(羽付き扇子)を振り回しながら踊った。

永野芽郁の抜群スタイルに反響
ボディラインが強調され、くっきり曲線を描いたくびれやスラッと長くて美しい美脚があらわとなったボディコン姿を披露した永野。

抜群のスタイルに、ネット上では「ボディコン似合うしスタイル良すぎる!!」「芽郁ちゃんの美ボディにしか目にいかない」「お立ち台ナンバーワン確実」「鈴愛大人っぽくてびっくり!可愛い~!」「脚なっがい!ほっそい!きれい!!」「鈴愛ちゃん、これまで可愛い印象だったのに色気すごい」と反響。

また初めての「マハジャロ」で派手な柄シャツを着た律だったが、鈴愛から「恥ずかしいから着替えて」とバッサリ言われてしまうシーンもあり、視聴者から「律くん可愛いw」「初めてで変に気合い入っちゃう気持ちわかるよ!」「なんか当時を思い出した…自分にもそんな時期あったわ」「鈴愛と律の絶妙な掛け合い最高」などの声も寄せられている。

http://mdpr.jp/news/detail/1767067

永野芽郁がボディコン姿披露
no title

佐藤健と永野芽郁
no title

永野芽郁
no title

no title

【朝ドラ「半分、青い。」永野芽郁、金色ボディコン姿で美脚全開「スタイル良すぎる」「色気すごい」の声wwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/16(水) 11:37:58.62 ID:CAP_USER9
 女優の永野芽郁(18)が4月に都内で開かれた「『永野芽郁 in 半分、青い。』PHOTO BOOK」の発売記念イベントに出席した。永野は購入者の中から抽選で選ばれた300人を前にトークを繰り広げたが、「自分に見惚れることはある?」と聞かれると、「自分の顔は好きじゃない本当に」と告白。続けて、「映画とかドラマとかの完成を見ている時も凄く嫌だ。自分のあら探しをしちゃうんだろうね。『うわ、ブスッ!』って見ちゃう」と自虐的に語った。

 キラキラした透明感が魅力の永野だが、昨年は映画『ひるなかの流星』で初主演し、『帝一の國』『ミックス。』など話題作にも次々と出演している。

 ドラマやCMにも引っ張りだこで、現在はNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインも務めており、注目若手女優のひとりだ。

 その一方、「自分の顔は好きじゃない」と発言するなど、自虐的な部分も持ち合わせていたとは驚きだが、実は性格だけでなく、趣味でも意外な一面がうかがえる。

「例えば、バラエティー番組で好きなミュージシャンについて聞かれ、長渕剛(61)と明かしていました。ギターを練習するためいろいろな動画を見ているなか、長渕を知って好きになったそう。ライブにも足を運んだことがあるとか。さらに、以前に公開された映画の舞台挨拶で、ハロウィーンの仮装で『長渕さんにもなりたい』と答えていました」(週刊誌の芸能担当記者)

 ハロウィーンで長渕の仮装を希望するとはかなり気合の入ったファンのようだ。永野がギターの練習を始めたのは中学2年生の頃。最初はアコースティックギターから練習し、次第にエレキギターも弾くようになったそうだ。

 さらに、応援ガールに任命された夏フェスの記者会見イベントでは、ロックバンド「BUMP OF CHICKEN」の曲をギターで演奏した。さらに、アメリカのロックバンド「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」のファンで、ギターも練習していると打ち明けていた。ちなみに、レッチリで好きな曲は「Around The World」だという。

 実はロックが好きだった永野。加えて、「子供の頃からお笑い芸人にも憧れていたようです」と証言するのはスポーツ紙記者だ。

「小学校の頃、好きだったテレビがトーク番組の『しゃべくり007』(日本テレビ系)。とにかくバラエティー番組に出たかったといいます。ひな壇芸人にも憧れていたとか。現在、ブレイク中の永野ですが、透明感だけでなく、そんな彼女の雰囲気とのギャップも人を惹きつける魅力に繋がっていると思いますよ。そんな個性を生かして、将来は独特な雰囲気を持った役の幅の広い女優へと成長するかもしれません」

 永野のこうしたキャラクターは実兄の影響だと指摘するのは、芸能リポーターの川内天子氏だ。

5/16(水) 11:30配信 
長渕剛好き…「半分、青い。」永野芽郁の意外な素顔 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180514-00000016-sasahi-ent
no title

【長渕剛好き…「半分、青い。」永野芽郁の意外な素顔】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/28(土) 21:09:42.40 ID:CAP_USER9
 女優の永野芽郁(18)がヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「半分、青い。」(月~土曜前8・00)の第24話が28日に放送され、中部地方の山間部に伝わる郷土料理「五平餅」がインターネット上で大反響を呼んだ。

 五平餅は炊いたうるち米をつぶし、タレをつけて串焼きにした名物。わらじ型、だんご型など、さまざまな形があり、醤油ベース・味噌ベースとタレも多種。

 ヒロイン・鈴愛の実家「つくし食堂」でも出されるなど、劇中に何度か登場してきた五平餅だが、この日は少女漫画家・秋風羽織(豊川悦司)のトークショーが名古屋で開かれ、鈴愛と律(佐藤健)も観覧。トークショー終了後、鈴愛が差し入れとして秋風に手渡した。

 控室に戻った秋風が五平餅をほおばると「うんま!(うまい)」と第一声。「これは、真実の食べ物だ」と絶賛し「すぐロビーに出て、少女を探してきたまえ。これをくれた少女だ」とマネジャーの菱本(井川遥)に指示した。

 菱本は「お客さまの中で、秋風に今、何か俵型をした、串に刺してあって、タレがつぶつぶしていて、みたらし団子の親戚のようなものを渡してくださった方はいらっしゃいませんか?」。名乗り出た鈴愛を秋風の控室に連れていく。

 「五平餅」がツイッターのトレンドに。インターネット上には「食べてみたくなりました」などの書き込みが殺到した。

 創業55年の五平餅専門店「あまから」(岐阜県恵那市大井町)はドラマ放送開始から「倍とまでは行きませんが」売上がアップ。特にロケ地の岩村店(恵那市岩村町)が賑わっている。今回、トヨエツがおいしそうに食べたことから一気に火がつきそうだ。

 朝ドラ通算98作目。フジテレビ「素顔のままで」「ロングバケーション」「空から降る一億の星」やTBS「愛していると言ってくれ」「ビューティフルライフ」「オレンジデイズ」など数々の名作を生み“ラブストーリーの神様”と呼ばれるヒットメーカー・北川悦吏子氏(56)のオリジナル脚本。岐阜県と東京を舞台に、病気で左耳を失聴した楡野鈴愛(にれの・すずめ)が高度経済成長期の終わりから現代を七転び八起きで駆け抜け、一大発明を成し遂げる姿を描く。

[ 2018年4月28日 17:30 ] 
「半分、青い。」五平餅がネット大反響 トヨエツほおばる「うんま!」地元店も売上増 

 NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に登場し、反響を呼んでいる五平餅(岐阜県恵那市の五平餅専門店「あまから」提供)Photo By 提供写真
no title

第24話の1場面。鈴愛(永野芽郁)は秋風(豊川悦司)に差し入れとして五平餅を手渡す(C)NHKPhoto By 提供写真
no title

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/28/kiji/20180428s00041000273000c.html

【「半分、青い。」郷土料理“五平餅”がネットで話題に トヨエツほおばる「うんま!」地元店も売上増】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/02(月) 07:04:15.43 ID:CAP_USER9
 きょう2日よりNHK連続テレビ小説『半分、青い。』(月~土 前8:00 総合ほか)がスタート。女優の永野芽郁が主演する同作は、“恋愛の神様”の異名を持ち、数々のヒットドラマの脚本を手掛けてきた北川悦吏子氏によるオリジナル作品。大阪万博の翌年、1971年に岐阜県のとある町で生まれたヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ/永野)の半生、高度成長期の終わりから現代まで、およそ半世紀の物語を紡ぎだしていく。

 岐阜県東部の架空の町・東美濃市梟(ふくろう)町の小さな食堂を営む夫婦の長女として生まれた鈴愛。毎日野山を駆け回る元気な子だったが、小学3年生のとき、左耳の聴力を失ってしまう。けれど、雨音が片側しか聞こえないことをおもしろがり、雨上がりの青空を見て「半分、青い。」とつぶやくような、ユニークな感性の持ち主でもあった。そんな彼女を励ましたのは、わが子を愛してやまない両親と、同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみだった…。

 運命の幼なじみ・萩尾律を演じるのは、連続テレビ小説初出演の佐藤健。鈴愛と律は、生まれたときから全てが対照的。大胆なひらめきで、思い立ったら即実行、感情のおもむくままに行動する鈴愛は、失敗しても「やってまった」(=やってしまった)と明るくやり過ごす。一方、律は容姿端麗、成績優秀。クールな理論派だが、誰よりも優しく傷つきやすいところがある。物心ついたころから鈴愛を気にかけ、鈴愛も律を頼りにしていた。そんな2人が恋愛するタイミングを逃してしまったらどうなるか。恋愛を超えた男女の関係は、これまで北川氏が紡いできたどんなラブストーリーとも違う、新しい挑戦であり、集大成のような作品になりそうだ。

 物語のもう一つの柱は、家族。左耳のことに責任を感じずにはいられない母・晴(松雪泰子)の娘を思う気持ち、そんな母を悲しませたくない娘の気持ちが物語の中に交錯する。漫画が大好きな父・宇太郎(滝藤賢一)の影響で、鈴愛が漫画家を目指すようになるなど、“家族”という朝ドラらしいテーマを、北川氏がどう描いていくのかも楽しみだ。

 第1週は、1971年の岐阜県のとある田舎町。家族で食堂を営む宇太郎と晴夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。女の子の名前は鈴愛、男の子の名前は律。ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。やがて迎えた1980年。鈴愛(矢崎由紗)は天真爛漫な少女に、そして律(高村佳偉人)は、クールだが心優しい少年になっていた。ある日2人は、鈴愛の突拍子もない発想から、ある壮大な計画に乗り出す。

(以下略、全文はソースをご覧ください。)

2018-04-02 05:00 
北川悦吏子作、永野芽郁主演『半分、青い。』4・2スタート 

 連続テレビ小説『半分、青い。』(4月2日スタート)でヒロイン・楡野鈴愛を演じる永野芽郁 (C)NHK
no title

萩尾律(佐藤健)(C)NHK
no title

楡野一家は新たな命を授かっていた(C)NHK
no title

https://www.oricon.co.jp/news/2108749/full/

【北川悦吏子作、永野芽郁主演『半分、青い。』スタート】の続きを読む