芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

千鳥

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/31(金) 20:26:22.82
 お笑いコンビ・千鳥のノブが30日、テレビ朝日系「アメトーーク」で、特殊な歯並びで歯科医から「学会に出していいですか?」と言われたことを明かした。
 この日は「歯を矯正してる芸人」が大集合。その中で、5年ほど前から矯正を始めたというノブは「歯並びは上下ともに普通で問題なし」だというも「かみ合わせがここまでいく」と上の歯が完全に下の歯を隠してしまう写真を公開した。
 普通の人は食べ物は上下の歯ですりつぶすが、上下の歯がまったくかみ合わないノブは「下の歯と上の歯の隙間でかんでいた」という。これに歯科医は「このままならこうなりますよ」と見せてくれた写真が「くしゃおじさん」だったといい「下あごがめくれあがってくる」と言われ、即矯正を開始。「下の歯が寝ているのを全部起こしていく」という矯正方法で「かなり珍しいケースで、先生が『学会に出していいですか?』って」と言われたという。
 ノブは「4年やってちょっとだけ下の歯が見えてきた」といい、今の歯並びを披露するも、見えてきた下の歯は本当に「ちょっとだけ」だったことから、「針金を取った後に先生が『うーん』って」と唸っていたと明かし、スタジオを失笑させていた。

2024.05.31

https://www.daily.co.jp/gossip/2024/05/31/0017716713.shtml

haguki_shisyuubyou_man


【千鳥ノブ、歯科医から「学会に出していいですか」の強烈歯並び このままなら「くしゃおじさん」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/05/04(土) 06:21:39.09
 お笑いコンビ「千鳥」ノブが3日放送のフジテレビ系「酒のツマミになる話」に出演。人生で初めてブチギレた瞬間を振り返った。

 これまで一度も怒ったことがないというノブだが「この前、初めてパン!(切れる音)ってなっちゃったんです」と回想した。

 それは後輩とバーで飲んでいた時のこと。そのバーに「若手ミュージシャンのボーカルの方」が同じく後輩を連れて入ってきた。ノブはそのミュージシャンのことを知らなかったが、ノブの後輩は「あ、あの人です」「めっちゃ今ヒットしてます」と色めき立っていたという。

 そのミュージシャンもノブを見て「うわ、ノブさんじゃないですか~」「めっちゃ好きです」と喜んだそうだが、酔うにつれて「俺のクセどうですか?」「俺、クセあります?」と絡んできた。

 適当に対応して飲んでいたノブだったが、会計をして帰ろうとした瞬間「その男がツカツカっと来て、俺の胸ぐら、Tシャツぐわっと掴んで『お前、もっと飲めよ! つまんねえな!』って言ってきたんですよ。だいぶ、ベロベロの状態で」と酔っているとはいえ、かなり失礼な態度をされたという。

 これには共演者も「えー…」とドン引きだったが、ノブは「買いたてのちょっとお高めのTシャツだったから。あと後輩もいた手前、なんかバン!となっちゃって、聞いたことのない『何してんだ、てめえ』。言ったことない、岡山弁でも何でもない、東京卍リベンジャーズみたいな『何してんだ、てめえ』が出て、ちょっと恥ずかしかった」と笑いに変えていた。

 また、それを言ってミュージシャンはどうなったのか?と聞かれると、ノブは「『いいじゃないですか、飲みましょうよ』ってずっと言ってて、『もう帰る、帰る』って俺は後輩とエレベーターに乗ったんですよ。そしたらそのボーカルとその後輩が『お前、謝りに行けよ』『すいませんでした』みたいなこと言ってて。でも、俺は怒り収まってないから、それも言ったことのない『俺の前に二度と顔を見せるな』」と苦笑い。

 これには相方の大悟も「パチスロのセリフが出てきとる?」とツッコんでいた。


5/3(金) 23:16配信

東スポWEB
「仏」の千鳥・ノブが…

https://news.yahoo.co.jp/articles/b503339b457105be20bce9c94f91e50a14611f81

figure_anti_嫉妬3

【千鳥ノブ 超失礼な若手ミュージシャンに激怒 胸ぐらつかまれ…「何してんだ、てめえ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/22(月) 09:46:54.90
 春の改編で8年ぶりに土日限定で復活したフジテレビのスポーツ情報番組「すぽると」。前番組「S-PARK」の佐久間みなみアナと松﨑涼佳アナが継続して出演し、夕方の「Live News イット!」から榎並大二郎アナが加入。さらに日曜版には人気お笑いコンビ・千鳥の2人がキャプテンとして加わり、4月7日にスタジオ生登場。ところが4月14日放送回のスタジオに千鳥の姿はなく、視聴者からは「さっそく干された?」「いない方がスポーツに集中できる」などと波紋を呼んでいる。

 4月14日の放送では冒頭で佐久間アナが「スタジオがちょっぴり寂しいですね」と述べ、榎並アナは「今週の放送、キャプテン・千鳥のお2人がスタジオに来られず、ということで」と千鳥の番組欠席を報告。レギュラー解説者の内川聖一氏は、「僕の時だけ千鳥さん、いらっしゃらない」と指摘し、「何かありました? 大丈夫ですか?」と心配していたが…。

「初登場となった前週4月7日の放送では、千鳥が『Mr.サンデー』のエンディングで司会の宮根誠司さんとクロストークを展開。宮根さんが『生放送のときはクセを減らして』と先制パンチを繰り出すと、大悟さんは『宮根さんも喫煙所は気をつけてね』と、韓国で物議を醸した路上タバコ騒動をイジり、SNSでは『これは爆弾発言』『よく言った!』と称賛を集めたのです。ところが翌週の放送で『Mr.サンデー』とのカラミはなく、通常通りのオープニングだったことから、宮根さんから何らかの圧力があったのではないかと指摘する声が挙がっていました」(メディア誌ライター)

 キャプテンに就任しながら、放送3回を数えて生出演はたったの1回。その一方で、千鳥不在を歓迎する声も聞かれるという。

「サッカーのコーナーを担当する元日本代表の小野伸二さんの解説がすこぶる評判が良い。千鳥が出演した回ではノブさんが『サンデーセレクション』と題して欧州サッカーのスーパーゴールを厳選したのですが、大悟さんが『なんでノブが選ぶん?』とツッコミを入れていたように、SNSでも『サッカーは小野さんに任せて』『千鳥がいる必要性ある?』などと辛辣なコメントが飛び交っていました」(前出・メディア誌ライター)

 次回4月21日の放送回で、「Mr.サンデー」宮根誠司とのカラミがもう一度見られるのか。注目の放送回となりそうだ

https://asagei.biz/excerpt/74120

news_fake_dema_oosawagi

【「すぽると!」2週目で欠席、千鳥に飛び交う不要論「さっそく干された?」宮根誠司からの圧力の指摘も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/04/13(土) 19:48:55.08
4月12日放送の『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)にて、霜降り明星の「粗品」(登録者数191万人)や、お笑いコンビ・千鳥らが「YouTuberは面白いかどうか」について、トークを展開しました。

番組内で「最近、YouTuber認められてきて」と切り出した粗品は「YouTuberおもんないっすよね?」「YouTuber面白いと思ってるか、面白くないと思ってるか聞きたいです」と話題を振ります。

お笑い芸人の粗品にとって、「YouTuberと面白さが一緒」と言われるのは許せないとのこと。自身は「芸人至上主義」だといい、「芸人やのに『YouTuberおもろいやん』って言ってるやつ、めっちゃ嫌い」と言い放ちます。

話を振られた千鳥・ノブは「オープニングトークとかも、面白くはない」としつつ、これが世間に受け入れられており「この“仲間感”が良いんだなということは思う」と語ります。

相方の大吾は、YouTuberの中にも「おもろい奴がおれば、おもんない奴もおる」と前置きし、 芸人との違いについて「わしらは舞台に立ってた」と発言。舞台では「千鳥だけを見に来てない」ような、「違う芸人を見にきてる人を、わしらは笑かしてた。じゃないと、芸人は売れへん」

と話します。全てのお客さんが笑えるようなトーク力を、舞台で磨いていたと振り返りました。

そんな芸人に対し、「あの人ら(YouTuber)は、自分だけ見に来る人を笑かしにいくから」「“笑かし方”の戦い方が違う」と発言。「それを見てるやつ(視聴者)はおもろいんやろうけど、わしらから見たらおもろないよな」とコメントしました。

この意見に、共演者らは「なるほどな」「そうですね」と納得し、粗品も「めちゃくちゃいいやん」と感服。ネット上でも「確かにそう」「これほど納得する答えなかなかない」「1万回くらい頷いた」といった意見が寄せられ、「誰が見てもおもろいのが芸人 一部の界隈から支持されるのがYouTuber」「舞台からスターになった人って面白さ別格なんよな」と共感の声が集まっています。


https://yutura.net/news/archives/113066
2024年4月13日 14:55

tv_monku_daisuki

【YouTuberは面白いか? 「わしらから見たらおもろない」千鳥・大吾の見解に、ネットから「確かにそう」「納得」の声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/12(火) 09:57:10.54
 誰もが羨望のまなざしを向け、憧れる存在になるはずだった。

 5日に放送されたラジオ『パンサー向井の#ふらっと』(TBSラジオ)で、パーソナリティを務めるパンサー・向井慧が、先日解散を発表した先輩漫才師プラス・マイナスへの思いを語っている。

 この日のゲストは、元プラス・マイナスの兼光タカシ。兼光は相方だった岩橋良昌が突然X(旧Twitter)で解散を宣言し、以来ピン芸人として活動している。

「ピンになったんで、芸名つけたほうがいいんですかね」

 話題はピンとしての兼光の活動についてがメインだったが、向井はトークの中で「後輩から言わせていただきたいのは、みんなプラス・マイナスさんが大好きなんですよ。全芸人が。プラス・マイナスさんがスベってるとこ見たことない」とコンビへの思いが止まらず。「勝手ながら、プラス・マイナスさんの漫才を未来で見たいと思ってます」と、その熱い気持ちを伝えた。

 また、プラス・マイナスが昨年「上方漫才大賞」を受賞していることについても触れ、「上方漫才大賞というものを取ると、吉本(興行)『あなたたちはずっと漫才で食べていけます』というパスポートみたいな。大阪にあるNGKという吉本の総本山みたいな劇場で大トリを取れるような人にしか渡されない。みんなが欲しいものを取っていらっしゃる」と、その価値についてリスナーに再度説明した。

 向井の言う通り、関西の漫才師にとって「上方漫才大賞」の威光は絶大である。『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)王者より格上だと言ってもいいだろう。

 その価値について、過去の受賞者のコメントから振り返ってみたい。

 昨年受賞したプラス・マイナスは岩橋が「全国放送の賞で決勝に進んだことがなくて、ずっと劣等感がありました」と語り、「劇場こそ全てと思って続けてきた。無冠でもこんな希望を頂ける。すごくうれしく思っています」と喜びを明かしている。

 一昨年のミルクボーイは、内海崇が「漫才をしているからには絶対欲しい賞だった」「すごい師匠方が名を連ねているところに自分たちも名前を刻めた」と語り、駒場孝は「今日がスタートで、これからは漫才の大海原に出たなっていう感じです。ここからまた違うステージに上がらせてもらったという感じ」と、その思いを表現している。

 2021年は、かまいたち。濱家隆一は「これからやっていく漫才をちゃんと意識して、精進していかないとだめだなと思いました」と気を引き締め、山内健司は「もっと先になると思っていました」と驚きを隠さなかった。

 そのほか、13年に受賞した千鳥・大悟は「大阪にきて漫才師になって、最終的に欲しいなと思ってた賞」と語り、14年受賞の笑い飯・西田幸治は「目標にしていた賞なのでうれしいです」と言う。

 歴戦の漫才師たちが目指していた場所に、プラス・マイナスは確かに立ったのだ。解散し、岩橋は吉本を退社したが、プラス・マイナスが「上方漫才大賞」を受賞したという事実が消えるわけではないし、その漫才の才能は誰も奪うことはできないはずだ。

 向井でなくとも、もう一度彼らの漫才が見たいという思いは、今後も消えることはないだろう。

https://www.cyzo.com/2024/03/post_363919_entry.html

pose_yareyare_man

【プラス・マイナス、かまいたち、千鳥…『M-1』より格上「上方漫才大賞」の価値とは】の続きを読む