芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

北川景子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/07/20(月) 17:04:56.59 _USER9
神々しい――。今の北川景子さんを見ると、その言葉しか思いつかない。その美しさはブレのない芯の強さと、それを支える柔軟なメンタルがつくりだしているのだ。どんな瞬間でも“女優”であり続ける彼女の今を紐解く。

膨らみ始めたお腹を隠すでもなく、ごく自然にカメラの前に立った北川さん。どんどん“母親”になる瞬間が近づくこの期間を、彼女はとても自分らしく過ごしていた。

「実は自粛期間の最初はすごく落ち込んでしまって……。映画の撮影は中止、今年予定していたお芝居が何本も延期になり、『働けない』という事実を身をもって実感しました。私の仕事は雑誌の撮影もドラマも映画もすべて、表に出て皆さんに何かをお届けして初めて“自分”という存在が成り立つものなので、それができないことで先が見えない不安を感じてしまったんですね。当たり前に働けていたことへのありがたさを感じる一方、自宅にいることだけが唯一できる社会貢献だと理解はしても、それ以外に何もできないことに無力感を覚えていました」

自分を取り戻せたのは「いつか再開したときのためにやれることをやろう」とスイッチを切り替えてからだったとか。「いつでも“呼ばれたら働ける”ようにしていくしかないって、吹っ切れたんですね。せっかく家にいるのなら、その時間で自分を高めていこうって。不幸中の幸いですが、妊娠の安定期を忙しくなく過ごせたので自分の身体としっかり向き合うこともできました。元気に過ごすことが一番大切かなって。切り替えは決して早いほうではないんですが、とことん落ち込んで底を見たら、あとは上がるしかない、といつも思ってます」

出産予定日は秋。

https://i-voce.jp/feed/18057/ 
2020.07.20 

no title

no title

no title

no title

【北川景子さんが妊娠8ヶ月の美しすぎるマタニティ姿で語る今】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/29(金) 22:12:13.04
社会問題にまで発展している、SNS上の“誹謗中傷”。5月23日には、Netflixの人気リアリティ番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレスラー・木村花さんが急逝。
その背景には、ネット上で誹謗中傷が相次いでいたためではないかと言われている。

 また、10日に「#検察庁法改正案に抗議します」とハッシュタグを添えたツイートをした歌手のきゃりーぱみゅぱみゅにも非難リプライが殺到。投稿の削除に追い込まれている。
きゃりーは木村さんの死についても〈誹謗中傷を気にするななんて難しいよ。芸能人だって1人の人間だよ忘れないで〉と嘆いたため、「政治家への誹謗中傷はよくて芸能人はダメなの?」と、ふたたび炎上を招いた。

「そんな中、注目を浴びているのが“あえてSNSをしない”芸能人の存在です。
女優の新垣結衣は雑誌の企画で雑誌のインスタライブに登場した際に、ファンからの『インスタ始めないのですか?』という声に、『映える毎日を送ってないんですよ、本当に。
見せたいものがない』とハッキリ断っています。また、北川景子もバラエティ番組に出演した際に、『(自分の写真に)ブタ鼻や、うさぎの耳を(加工して)つけたりしているのを見ると、
何とも言えない気持ちになる』と、加工アプリを使った投稿をバッサリ切り捨てていますね。もちろん、そんな理由もあるのでしょうが、SNSは上手に利用すればファンとの距離を縮めることができ、
プロモーションにも有効に活用できますが、ちょっとでも“うかつな発言”をすると、大炎上のきっかけになりかねません。割り切って最初から手を出さないというのは賢明と言えるでしょうね」(ITジャーナリスト)

 女優の綾瀬はるかはSNSをやらない理由として、“やり方がわからない”“面倒くさい”“必要がない”の3つを挙げている。

 そもそも人気のある芸能人はそもそもSNSなど必要ないのかもしれないが、芸能人に限らず、毎度自分の発言にビクビクして投稿を続けるくらいなら、いっそ思い切ってやめてみるというのも大いにアリなのかもしれない。

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12104-150378/
no title



【新垣結衣、北川景子、綾瀬はるか…大物女優がSNSを“やらない”ワケ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/05/04(月) 18:44:01.23
コロナ禍の中、明るいニュースが飛び込んできた。4月22日、女優の北川景子がタレントで歌手のDAIGOとの間に第1子を妊娠したことを発表した。北川といえば、去る3月11日発売のロックバンド『GLAY』のアルバム『REVIEW Ⅱ ~BEST OF GLAY~』のCMで、〝ショートヘア〟を披露して大きな話題になったばかりだ。


「北川は、2003年にデビューしてから、ずっと艶やかなロングヘアでした。トレードマークでもあった長髪を〝30センチ〟カットした当時、世間では密かに〝妊娠説〟を唱える声も上がっていましたね。結局このイメチェンは、2021年公開予定の映画『ファーストラヴ』の役作りだったと明かしていますが、妊娠との関係もゼロではないでしょう」(芸能ライター)

北川のように、「ショートヘアにしてから妊娠を発表した〝準備万端〟なママ芸能人」は他にもいる。歌手のmiwaもその1人だ。


自分を奮い立たせる歌を歌っていた!?
miwaはデビュー当時から、黒髪ロングヘア&ぱっつん前髪を貫いてきたが、昨年8月に楽曲『リブート』を発表したと同時にショートヘア姿を披露。そして直後の同年9月に競泳の萩野公介選手との熱愛が発覚し、その後に結婚。今年1月2日、萩野側から第1子誕生の報告がなされた。

『リブート』の歌詞は、《進めないでいるなら複雑な感情全部捨てちゃえ》《信じてる 信じてる 信じてる 私は私 幸せになるんだ》などと、自分らしい幸せをつかもうと奮闘する女心を歌っている。昨年秋に放送された黒木華主演のドラマ『凪のお暇』(TBS系)の主題歌であったため、同作の主人公のことを歌っているものだと思われたのだが…。

「実はデキちゃった婚となった自身を奮起させる曲でもあったようです。そうなると、歌詞の意味合いもデキちゃった婚に対し、周りにうるさく言われるのを見越して〝躍起になっている〟という印象さえ抱いてしまいますね」(音楽誌ライター)

何はともあれ、今生大事に育ててきたロングヘアを切り、新米ママとして準備を進めていたことは事実。今後、突然ショートヘアにした芸能人に対して、邪推が広がってしまうのも無理はないかも!?

https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-650948/ 
no title

【北川景子さんの突然のショートヘアは“妊娠発表”の前触れ!? 美人芸能人の共通点】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/04/22(水) 07:14:19.34
DAIGO(42才)と北川景子(33才)が、待望の第一子を授かったことがわかった。

ふたりが結婚したのは、いまから約4年前の2016年1月のこと。
結婚会見でDAIGOは「子供は3人はほしい」と語っていたが、売れっ子のふたりゆえ、仕事との調整は簡単ではなかった。

「とにかく北川さんに舞い込む仕事の量が多かったですからね。でも、そう言い続けていても仕方がないので、昨年から妊活を始めていたと聞いています。
実際、昨冬あたりからドラマや映画の現場をぐっと減らし、メディア露出も減っていました。
来年公開予定の主演映画が控えていますが、すでに撮影済みで、今年は新たなドラマ出演もない。そうした中で、念願叶って妊娠されたようです」(芸能関係者)

昨年末、北川は印象的なロングヘアをバッサリカットし、デビュー以来というショートカットに。周囲を驚かせた。

「艶髪にこだわっていたので驚きましたが、大きな心境の変化があったことを感じさせました。
北川さんが通うヘアサロンは個室も完備で子連れで訪れる芸能人も多い。つい最近もメンテナンスに行っていましたが、
なるべく手間がかからないヘアスタイルについて相談していたようです」(別の芸能関係者)

4月23日発売の女性セブンでは、ふたりが安産祈願に訪れていた神社での様子、
そしてDAIGOが子供を授かったことをいちばん伝えたかった恩人の話などを詳報している。

北川景子が第一子妊娠、夫のDAIGOと念願叶う 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200422-00000001-pseven-ent 
20200422002

【【祝報】北川景子が第一子妊娠、夫のDAIGOと念願叶う】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/26(水) 05:08:10.80
女優の北川景子(33)が、浜辺美波(19)主演の映画「約束のネバーランド」(12月18日公開、平川雄一朗監督)で物語の重要人物となる孤児院の最愛のママ(飼育監)を演じることが25日、分かった。

 週刊少年ジャンプに連載中で、累計発行部数1800万部超の白井カイウ氏(作画・出水ぽすか氏)の人気漫画が原作の脱獄サスペンス。北川ふんするイザベラは、主人公エマ(浜辺)が暮らす孤児院で最愛のママとして慕われるが、実は鬼に献上するための高い知能を持った“最上級の食用児”を育てる飼育監。慈愛に満ちた理想的なママと、鬼の手下として冷酷な態度でエマを追い詰める二面性を持った役どころになる。

 漫画を読んだ北川は「とても面白くて、漫画の世界観に引き込まれていきました」とコメント。一方で「なかなか(出演を)決断することができず、ギリギリまで考えた」という。

 その理由について「漫画原作を映像化することの難しさは、どの俳優も嫌というほど理解している。この作品の世界観を、漫画のクオリティーを損なうことなく実写化するのは不可能という思いがあった」と説明。「最終的には、平川監督とまた現場を踏んでみたいという思いと、イザベラの年齢設定、(彼女の)キャラクター含めた原作の設定を1つも変えないという確約をいただけたので、思い切ってお受けしようと決めました」と出演の決め手を語った。

 また渡辺直美(32)が野心と狡猾(こうかつ)さを持ったイザベラの手下・クローネ役を演じる。表情豊かで、過剰なほどの動きがある異色のキャラクターに渡辺は「監督と相談しながら全力でチャレンジしました。激しいクローネに現場の小さな子供たちは軽く引いてました(笑い)。イザベラと一緒に、子供たちの前に立ちはだかる存在になりたいと思います」と意気込んでいる。

2/26(水) 5:00 スポーツ報知 
北川景子が映画「約束のネバーランド」のママ役に決定 クローネ役は渡辺直美 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-02260028-sph-ent 
映画「約束のネバーランド」でイザベラを演じる北川景子(右)とクローネ役の渡辺直美 
no title

【北川景子が映画「約束のネバーランド」のママ役に決定 クローネ役は渡辺直美】の続きを読む