芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

勝地涼

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/07(日) 21:11:45.87 _USER9
「勝地さんは『家に帰りたくない』と周囲に漏らしていて、離婚協議入りしたとの報道に『やっぱり』と思いました。あれほどラブラブな様子だった勝地さんのSNSも、長男が生まれた1カ月後に更新が止まったまま。それでも前田さんはギリギリまで、関係修復を望んでいたようです」(芸能プロ関係者)


 昨年末に所属事務所から独立した女優の前田敦子(29)。新たな道を歩み始めた矢先に報じられたのが、夫で俳優の勝地涼(34)との離婚協議入りというニュースだった。


「サンケイスポーツ」(1月30日)によると、互いに弁護士を立てて離婚協議に入っており、前田は2019年3月に生まれた長男を育てながら、シングルマザーとして今後も仕事を続けていくという。

「感情的な言葉だったのでビックリした」
 これまでも不和が伝えられてきた2人だが、取材を進めると前田と勝地の実家をめぐるトラブルも浮かび上がってきた。勝地家に近い人物が語る。

「昨年11月ごろ、勝地さんの兄弟が『(前田さんが)母にひどいことをした』と口にして、不満を募らせていたことがありました。感情的な言葉だったのでビックリしたのを覚えています。前田さんと勝地さんのお母さんの間で、何かトラブルがあったのかもしれません。

 そもそも2人が結婚を決めた段階から、前田さんと勝地家の関係は微妙だった。結婚や妊娠が大々的に報じられたときも、その兄弟は『涼は選ぶ相手を間違えたな』とボヤいていた。その後の報道を見ると、アイドルとして圧倒的な存在だった前田さんとうまく関係を築けるのか不安だったのでしょう」

結婚から1年足らずで関係は悪化
 元AKB48の人気No.1メンバーとして華々しいキャリアを歩んでいた前田が、勝地と交際4カ月でスピード結婚したのは、2018年7月のことだった。

 先述の通り2019年3月には長男が誕生。2人は育児を手伝ってもらうために、前田の両親が住むマンションの別の部屋に居住していた。しかし、結婚から1年足らずで夫婦関係は悪化し、勝地は別のマンションに暮らす別居状態だと報じられてきた。

 そんな関係性が明らかになったのが、「週刊文春」(2019年5月30日号)が報じた、生後2カ月の長男を抱っこする勝地を、前田が険しい表情で一喝している写真だ。その後も、妊娠中の前田が帰宅の遅い勝地に対して、家の内側からチェーンをかけて締め出したというエピソードを「女性セブン」(2020年7月9日号)が報じている。

 芸能記者が、2人の関係性を語る。

「前田さんは、自分の思い通りにいかないとヒステリックになってしまうことがあると自覚しているらしく、『なかなか感情を抑えることができない』と周囲に悩みを打ち明けることもありました。妊娠中や育児中は体力的にもギリギリ。些細なことで、勝地さんを罵倒してしまうこともあったそうです」

「満足いくギャラがもらえないなら独立するしか……」
 2012年にAKB48を卒業するまで、国民的アイドルとして活躍していた前田。その負けん気の強さを武器に、卒業後も多くのドラマや映画で主役をつとめ、その演技も評価されてきた。

 昨年末に前田が所属していた太田プロから独立した一件も、前田の“芯の強さ”を示すエピソードだ。前田の知人が明かした。

「前田さんは、これまでも金銭面で事務所とモメることが多かった。今回も『満足いくギャラがもらえないなら独立するしかない』と周囲に相談し、退所の準備を進めていました。最近はタレントのヨンアさんと仲良くしていて、ヨンアさんの華やかな暮らしぶりに影響を受けていたようで、勝地さんと“格差婚”と囁かれていたことにも嫌気がさしたのでしょう。そんな状況もあって、当初は独立に反対していた太田プロですが、彼女の意志の強さに根負けする形で、独立を認めたようです」


(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))

https://news.livedoor.com/article/detail/19659864/
2021年2月7日 18時0分
文春オンライン

20210208001

【前田敦子vs.勝地涼ママ 勃発していた“嫁姑問題”《離婚協議入り》】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/06(土) 07:17:53.04 _USER9
 離婚協議に入ったことが明らかになった元AKB48で、女優の前田敦子(29)と俳優の勝地涼(34)に〝電撃復縁〟の可能性が浮上している。何度も夫婦ゲンカが報じられ、そのたびごとに夫婦の危機を迎えていた2人。ついに双方が弁護士を立てたとされただけに、もはや修復は困難とみられていた。ところが、ここにきてお互いが歩み寄る姿勢を見せているというが…。

 2018年7月に交際わずか4か月というスピード婚で注目された前田と勝地。今年1月末に一部朝刊スポーツ紙で、互いに弁護士を立てて離婚協議に入ったことが報じられた。

 事務所が協議中と認めた報道はあったものの、正式なコメントは双方ともになし。ただ、前田は今月1日に自身のインスタグラムで個人事務所の公式サイトオープンを報告。昨年末にAKB時代から所属していた太田プロダクションを退社し、フリーに転身したが「何かを作るのって本当に楽しいですね!」と前向きに語り、新たなスタートを感じさせた。

 そんな中で4日発売の「女性セブン」は「DV骨折離婚」という衝撃タイトルで、2019年5月に起きた2人の関係を修復不可能にした決定的な出来事を掲載した。

「当時、前田は映画イベントなどを欠席。理由については事務所は『家事をしている最中に膝の靭帯を負傷した』と説明していた。これを勝地が原因の骨折だったと報じたのです」(芸能関係者)

 昨年6月の週刊誌で別居が報じられた2人。衝撃的なDV報道を鑑みれば、もはや離婚は秒読みかと思えるが…。

「DVとはいっても、勝地が一方的ではなく、夫婦げんかがヒートアップして、転んだ前田が軽く骨折したのが真相のようです」と語るのは2人を知るドラマ関係者。前田と勝地の夫婦げんかの激しさは知人の間でも知られており、骨折するほどのけんかも「ありえる」という声が上がっているという。

 もっとも、それ以上に「ありえる」のが〝電撃復縁〟というから驚きだ。

「離婚協議に入ったといっても、前田は今も『子供のためにも離婚しない』と言っている。前田の弁護士も前田本人とほとんど話せていない。一方、離婚したがっている勝地は大の子供好きで『離婚後も子供と会えること』を絶対条件にしている。それに前田が『離婚するなら、子供に会わせないから!』とプンプンで、勝地は『子供に会えないのは無理だ…』とこぼしている」(前同)

 昨年の別居時も夫婦関係の修復を目的とするもので、勝地は前田の実家に子育てをフォローしてもらうことを了承。自身も定期的に前田宅を訪れ、1歳になる長男とは会っていたという。

「不倫など女関係の離婚騒動ではない点でも、最近の芸能界では珍しい。友人との飲み会が大好きで、前田のフォローができなかった勝地もいけませんが、それはコロナ禍前の話でもある。新婚当時から〝鬼電〟するなど束縛が激しかった前田の方にも非はあるし、長期の離婚協議を経て…なんだかんだ復縁する可能性も大いにある」(前同)
>>2続く
2/6(土) 4:15
東スポWeb

前田敦子&勝地涼夫妻に急転復縁情報! 1周回って〝子はかすがい〟
左から前田敦子、勝地涼
https://news.yahoo.co.jp/articles/5733cec6c6a34767675593b5e76e36949aa64038
no title 【【信頼のソース】前田敦子&勝地涼夫妻に急転復縁情報! 1周回って〝子はかすがい〟】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/02(火) 06:21:57.46 _USER9
「勝地さんは、親しい友人らと毎晩のようにオンラインゲームに興じているそうです。実はこれ、前田さんと別居する前からの日常なんです。以前はお店などに集まって、仲間たちとゲームをしていましたが、コロナ禍のステイホーム生活になってからは『荒野行動』や『フォートナイト』などのバトルロイヤル系のオンラインゲームを楽しんでいるといいます」(勝地の知人)

現在、離婚協議中であることが報じられた前田敦子(29)と勝地涼(34)夫妻。昨夏の本誌では、勝地が親しい仲間に「もう、ウチらはダメですよ。終わってるんで」と、前田との夫婦関係の修復が難しいと漏らしていたことも報じている。

新年を迎えたが、結局、夫婦仲が元に戻ることはなかったようだ。

「同居当時、慣れない育児に2人とも余裕がなくなり、“イクメン”を目指した勝地さんは、精神的に不安定になる前田さんへの接し方がわからなくなってしまって落ち込んだそうです。ふさぎ込んだ彼は、友人と会って時々飲んだり、愚痴ったり、ゲームでストレスを発散するしかなかったようです。

そんな勝地さんの態度に前田さんはひどく怒っていたといいます。別居後、しばらくは彼女が仕事の際は勝地さんが自宅に戻って息子さんの面倒を見ることはあったそうです。ただ、彼の休みの日は相変わらずゲーム三昧だと聞いて、呆れ果てていたそうです」(前出・勝地の知人)

本誌は昨年7月、『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に前田が出演した際、長男を楽屋に連れて収録に臨んでいたことを報じている。今年3月には2歳になる長男。今はもっぱら前田の“ワンオペ”ということになるが――。

■別居で息子と会えない日々が続くように…

現在の夫婦関係について、勝地の所属事務所はこう語る。

「基本的にプライベートは本人に任せております。家庭のこととなれば、なおのことです。本人からはオフの日だけでなく、育児にもできる限りの態勢を取っていると聞いております」

前田は当初、別居によって、夫婦関係の修復に期待していた部分もあったという。

「前田さんはいったん夫婦の距離を置いて、お互いがリフレッシュして冷静に考えることができれば、まだ夫婦としてやっていけるのではないかと思っていたようです。ただ、勝地さんは、目に入れても痛くないほどかわいがっている息子さんとなかなか会えない日々が続くようになり、前田さんとは“いつ別れてもいい”と周囲に漏らすようになりました」(前出・勝地の知人)

すでに“離婚後”を見据えて動き始めているという前田。勝地も親権を争う気はなく、今後も父親として育児を手伝う意向だという。

「女性自身」2021年2月16日号 掲載

https://news.yahoo.co.jp/articles/5d784b00da671405876211ca513ec5f4502bbb03
2/2(火) 6:06配信

no title

【勝地涼「いつ別れてもいい」前田敦子呆れさせたゲーム漬け生活】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/10(日) 07:46:07.17 _USER9
「事務所からコメントは出させないって言われちゃって~」

 周囲にそう愚痴るのは元AKB48の前田敦子(29)。

 すわ、離婚か! と思いきや……。


AKB48では初代センターだった

両親べったりの前田に勝地は……
 前田は2018年に俳優・勝地涼(34)と交際4カ月でスピード結婚し、19年3月に男児に恵まれている。

「出産を機に、夫婦は前田の両親が住むマンションの別の部屋に引っ越しました。これは勝地が提案したことで、女優の仕事を続ける前田が育児のサポートを受けやすいだろうという気遣いからでした」(勝地の知人)

 母親が大好きな前田はこれを喜んで受け入れたが、

「両親べったりの前田に、勝地は次第に孤立を深めていったのです。結婚してから勝地は好きな飲み会も控えるようになったのですが、それでも育児でストレスを抱える前田にとっては不満だったようです」(同前)

 家族の生活を仕切り直すべく、今年3月に前田の実家から車で10分ほどのタワーマンションに引っ越した夫婦。ところが「女性セブン」(7月9日号)に、勝地がドラマの撮影現場から、家族が住むタワマンではなく、別のマンションに帰る様子が報じられたのだ。

「それでも前田は『別れたくない』と言っているそうです。勝地も最近出演したバラエティ番組で息子の話をしていた。夫婦関係修復の兆しがあるのかもしれません」(芸能プロ関係者)

 夫は手放したくない一方、実は前田はもう一つの“パートナー”との別れを決断していた。

「辞めさせてやれよ」秋元康の鶴の一声
「所属事務所の太田プロダクションを辞めることにしたんです。以前から前田は『自分で好きなように、芸能以外の仕事もやりたい』と言っていましたが、事務所としては大事に育ててきたので認められなかった。ところが前田はAKB総合プロデューサーの秋元康さんに直接掛け合い、秋元さんの『辞めさせてやれよ』の鶴の一声で事態が急展開しました」(前田の知人)

 前田の出身のAKBと太田プロの関係は深い。

「AKBがまだ売れる前から、太田プロの女性幹部が秋元さんの右腕として、売り出しに尽力してきました。元々メンバーは全員office48という会社に所属していたのですが、売れてくると同時に大手プロに分配されるような形で所属を変更。貢献していた太田プロには07年から前田と大島優子の人気ツートップが移籍しました」(スポーツ紙記者)

前田のやり方に女性幹部は……
 前田は元々、扱いづらいタイプではあったという。

「気持ちの浮き沈みが激しく、取材対応も愛想の良い大島とは対照的でした。1日に何本も観るほどの映画好きで、ドラマよりも映画通が好む監督のマイナーな映画に出たがる。勝地との結婚もできちゃった婚ですし、事務所としてはフォローしてきたのに、という思いはあるでしょう」(同前)

 前述の女性幹部もカンカンだという。

「太田プロもさすがに秋元さんの意向には逆らえない。前田のやり方に怒った女性幹部は、『退所の発表で、あんたのコメントなんか出させない』と告げたそうです。しかし結局、秋元さんのフォローもあり、12月22日、太田プロは独立を発表。前田もコメントを出して“円満独立”を強調したのです」(前出・前田の知人)

 今後は1人で、仕事の“ヘビーローテーション”ができるか。

(「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年12月31日・2021年1月7日号)

https://news.livedoor.com/article/detail/19511272/
2021年1月10日 6時0分
文春オンライン

20210110002

【前田敦子、勝地涼とは「別れたくない」? 事務所と“喧嘩別れ”の舞台裏】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/12(土) 11:56:42.43 _USER9
マスクが生活必需品となり東京オリンピックも延期――。新型コロナウイルスによってありとあらゆることが激変した2020年。芸能界もかつてないほど激動の1年を迎えていた。本誌が目撃してきた数々の“異変”のなかでも、特に反響が多かったものを改めて紹介する。


公開中の映画『アンダードッグ』でボクサーを好演している勝地涼(34)。しかし、実生活では映画以上に打ちのめされていた。18年に結婚した前田敦子(29)から怒鳴られる日々。溝は埋まらぬまま、別居を決断していた。勝地が知人に漏らした“本音”とは――(以下、2020年8月18・25日合併号掲載記事)※日付、肩書、年齢等は掲載時のまま

「7月に入ってから、勝地さんがあるお店で飲み仲間らと語らっていたんです。彼は大の酒好きで以前はよく深夜まで飲み歩いていましたが、前田さんの妊娠中や出産直後はしばらく控えていました。ただ、最近また、飲み歩くようになりましたね。

正直、まだ1歳の息子の父親としては褒められたものではないのですが……。前田さんとの夫婦関係も『もう、ウチらはダメですよ。終わってるんで』と開き直っているような感じで仲間たちに話していました」(勝地の知人)

2年前、交際4カ月で電撃婚をした前田敦子(29)と勝地涼(33)夫妻。しかし、6月中旬には、一部で別居を報じられていた。

「出産から1年間、2人は前田さんの実家のあるマンションの別の部屋に住んでいました。今春、家族3人で都内のタワーマンションに引っ越したのですが、ドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)の撮影を終えた勝地さんが帰っていったのは、自宅マンションから車で約20分も離れた別のマンションだったんです」(スポーツ紙記者)

前田は、育児に積極的に関わらない勝地に幻滅しているという。

「コロナ禍で育児に追われ、自分の大変さを理解してくれない勝地さんを怒鳴ることもあったといいます。勝地さんも、感情的になる前田さんに我慢できなかったようですね」(前出・スポーツ紙記者)

前田は、自粛時期の育児の大変さについて取材でこう答えている。

《3ヶ月ぐらい家からほぼ出ず、ガッツリ子どもに向き合えたことで『子どもも成長しているし、自分も外で頑張ろう』というメリハリを持つことはできました》(「オリコンNEWS」7月26日付)

7月21日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)に出演した前田は、長男を楽屋に連れて収録に臨んでいた。別居報道後、2人の関係はどうなっているのか。

「勝地さんは離婚も視野に入れて考えているようですが、前田さんは子どものこともあり、関係修復を模索しているようです。ただ、2人で向き合うと口論になることも多く、“彼の生活スタンスも理解して、しばらく離れたほうがお互いにとってプラスになる”と前田さんも前向きに考えるようになったとか。時期が来たら夫婦で話し合い、家族3人の新しい生活が送れることを期待しているそうです」(夫妻の知人)

前田の所属事務所はこう語る。

「プライベートは本人に任せておりますが、離婚についての話は聞いておりません」

果たして夫婦の距離が縮まる日は来るのだろうか――。

12/12(土) 11:09 
女性自身 

勝地涼「もうダメ…」前田敦子と別居【2020ベストスクープ】 
昨年3月、一人で買い物をする前田/Copyright (C) 2020 Kobunsha Co., Ltd. All Rights Reserved. 

https://news.yahoo.co.jp/articles/2e6aea5a376d470285b0b731bf5da06f1a565fcb

no title 【勝地涼「もうダメ…」前田敦子と別居】の続きを読む