芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

前田敦子

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/28(木) 12:05:02.00
女優の前田敦子、声優の竹達彩奈、愛美が28日、都内で行われたマクドナルドの『グラコロ CMアニメ化試写会&商品発表会』に出席した。

この日のイベントは、毎年冬の定番であるグラコロが今年も12月4日より期間限定で販売されることを記念して実施されたもので、さらに濃厚にリニューアルした「グラコロ」(単品340円)と「ビーフデミ チーズグラコロ」(390円)の2商品が販売。
そして、「あったかいって、ごほうびだ。」をテーマに制作したグラコロ初となるアニメCMが披露された。

12月3日より全国で放送されるアニメCMでは前田(倉本あかり役)、竹達(丹野サキ役)、愛美(坂出みこと役)の3人が出演。
グラコロをおいしく食べている、キュートな女の子役をそれぞれ担当し、「今年もそろそろ おわりにしよう」(前田)、「色々あったけど おわりに しよう」(竹達)、「寒さで 心が 凍える前に」(愛美)、「グラコロ~♪」(3人)とCMソングを披露している。

初めて完成したCMを見て「かわいいですね! 最初から絵がかわいいと思っていて、その世界観でやらせていただきうれしいです」と笑顔。
務めたキャラクターについては「みんなの中心にいるような子かなというイメージはありますね」と所属していたAKB48での“センター”という共通点。
アフレコ現場は「女性監督ということもあり、ほんわかした現場で作れたので収録自体も温かい感じでした。もっとやりたかったくらい、一瞬で終わっちゃいました。歌(がメイン)ですので…」と名残惜しい表情を見せていた。

竹達と愛美とともにCMソングを披露することになった前田。
「みなさんの前で歌うというのは、久しぶりですか?」とMCから聞かれると「何年ぶりでしょうね?」と苦笑。
駆けつけたファンクラブの人たちも「?」マークな表情を見せるほど覚えていない様子。
一人のファンが教えると「3年ぶり? 3、4年ぶり…だそうです」と笑いを誘った。

歌う前は緊張しつつも歌い出すと圧巻の歌唱力で衰えない歌声を披露。
大きな拍手が起きると「歌がかわいらしいので、良い感じの雰囲気に包まれたと思います」と顔を真っ赤にして照れていた。
レコーディング自体は別々だったそうで竹達は「今回、初めて3人で歌うことができてうれしかったです」、愛美も「温かい気持ちになりました」と夢の共演に喜ぶと、前田は「きょう、お会いできてよかったです!ありがとうございます」と最後まで照れていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000339-oric-ent

前田敦子・竹達彩奈・愛美が歌声披露 グラコロ初のアニメCM
https://www.youtube.com/watch?v=qocYVMqqspE



マクドナルド『グラコロ CMアニメ化試写会&商品発表会』 前田敦子
no title

no title

(左から)竹達彩奈、前田敦子、愛美
no title


元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【前田敦子、久々の生歌披露!圧巻の歌唱力で衰えない歌声 声優の竹達彩奈、愛美とマック「グラコロ」CM(歌声あり)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/16(水) 16:19:49.64
女優の前田敦子がNHKのよるドラ『伝説のお母さん』(2020年2月1日スタート・全8回/総合 毎週土曜よる11時30分~)で主演を務めることがわかった。

同作は待機児童にワンオペ育児…“無理ゲー”な問題山積みの子育てを“ファンタジーなのにリアル”に描くRPG子育てストーリー。
主人公は、ドラゴンクエストやファイナルファンタジーを彷彿とさせるロールプレイングゲーム(RPG)の世界に生きる「伝説の魔法使い」。
出産後初のドラマ主演となる前田が、家事に育児に冒険に奮闘する母親役をリアルに演じる。

前田は「魔法が使える役は初めてです!(笑)こんな非現実的な設定の中で、今、現実に起きている社会問題を扱っていて、小さなお子さんがいるお母さん達の代弁をしつつ、前向きにコミカルに描かれているのが素敵だなと思いました。幸せな毎日の中に、育児とお仕事の両立は大変だということを体感してるので、メイの奮闘ぶりは他人事だとは思えません」と印象を明かし、「今だからこそ挑戦したいです。皆さんにも是非楽しみにしていただければ嬉しいです!」と意気込みをみせた。

あらすじ
かつて闇の力で世界を支配しようとした魔王を撃退し、世界の平和を取り戻した「伝説の勇者一行」。
この聖戦に参加した伝説の魔法使い・メイ(前田敦子)は、訪れた平穏な日々の中、めでたく第1子を出産。
専業主婦としてワンオペ育児に奮闘する日々であった。
そんなある日、魔王の封印が解かれ復活したという知らせが届く。
国王は伝説の一行に魔王討伐の命を下す。しかし、彼女は言う。

「無理です、だって……保育所が空いてないんです!!」

はたしてメイは数々の障壁を乗り越えて「育児」と「世界平和」の両立を実現することができるのか!?

http://mdpr.jp/news/detail/1883477

NHKのよるドラ『伝説のお母さん』主演決定!前田敦子
no title


元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【元AKB48前田敦子、NHKドラマ主演決定!母親役をリアルに演じる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/03(木) 16:19:12.64
女優の蒼井優(34)、前田敦子(28)が「第11回TAMA映画賞」の最優秀女優賞に選ばれたことが3日、TAMA映画フォーラム実行委員会から発表された。
国内映画祭の“トップバッター”として注目を集める同賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる、夢をみせてくれる活力溢れる〈いきのいい〉作品・監督・俳優」を映画ファンの立場から表彰するもの。

蒼井は、映画「長いお別れ」「宮本から君へ」「斬、」など多くの作品で「多岐にわたる役柄を演じ分け、観客の脳裏に鮮烈に焼き付けた」と評価された。

また前田は、映画「旅の終わり世界のはじまり」で演じた女性像が「女優・前田敦子の資質、魅力と鮮やかにシンクロし、稀有な存在感を放った」と評価されての受賞となった。

なお、授賞式は11月17日、東京・八王子市の中央大学多摩キャンパス「クレセントホール」で開催される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191003-00000000-tospoweb-ent

「第11回TAMA映画賞」
最優秀作品賞:
『嵐電』 (鈴木卓爾監督、及びスタッフ・キャスト一同)
『長いお別れ』(中野量太監督、及びスタッフ・キャスト一同)

特別賞:
新海誠監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『天気の子』)
藤井道人監督、及びスタッフ・キャスト一同 (『新聞記者』)

最優秀男優賞:
山崎努 (『長いお別れ』)
井浦新 (『嵐電』『こはく』『赤い雪 Red Snow』『止められるか、俺たちを』『宮本から君へ』ほか)

最優秀女優賞:
蒼井優 (『長いお別れ』『宮本から君へ』『斬、』『ある船頭の話』『海獣の子供』)
前田敦子 (『旅のおわり世界のはじまり』『葬式の名人』『町田くんの世界』ほか)

最優秀新進男優賞:
成田凌 (『愛がなんだ』『チワワちゃん』『さよならくちびる』『人間失格 太宰治と3人の女』『翔んで埼玉』ほか)
清水尋也 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『パラレルワールド・ラブストーリー』『貞子』)

最優秀新進女優賞:
岸井ゆきの (『愛がなんだ』『ここは退屈迎えに来て』『ゲキ×シネ「髑髏城の七人」Season風』)
シム・ウンギョン (『新聞記者』)

最優秀新進監督賞:
山戸結希監督 (『ホットギミック ガールミーツボーイ』『21世紀の女の子』)
奥山大史監督 (『僕はイエス様が嫌い』)


「第11回TAMA映画賞」最優秀女優賞 蒼井優・前田敦子
no title


元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【元AKB48前田敦子、最優秀女優賞受賞!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/21(土) 00:51:21.21
 女優の前田敦子が20日、都内で映画『葬式の名人』の公開初日舞台あいさつに参加。映画に絡めて、10年前のことを思い出した前田は多忙な仕事量を明かし、共演陣を驚かせた。

【全身ショット】胸元がざっくりあいたロングワンピで登場した前田敦子

 高校卒業から10年が経ち、とあるできごとで同級生が再会する物語。作品にちなんで、10年前の自分にかけたい言葉についてのトークを展開。その当時、前田はAKB48に所属し、第1回の選抜総選挙が行われた年でもあり、前田は“絶対的センター”として輝きを放っていた。前田は「さっき、事務所で準備していて10年前に何をしていたかマネージャーさんがスケジュールを出してくれた。見たら、10年前のきょうはレコーディングして、ビックサイトで握手会して、ソロのグラビアの撮影がありました」と分単位のスケジュールだったことを告白した。

 会場に驚きの声が響く中、続けて「次の日から3日間かけて地方を6ヶ所回って、4日後にニューヨークに行ってました。たぶん、アニメのイベントで。その2週間後にはハワイに行ってました」と超多忙だったと回顧。そんな状況を、現在から振り返った前田は「そのスケジュールうらやましいって思いました」と意外な反応を見せた。

 その理由については「すごく頑張ってたんだなって。そのときの頑張りの体力のおかげで、今すごく元気だよって言いたいですね」とキュートなスマイルで説明。ただ、その時の記憶を問われると「どこに行っても何も覚えてない(笑)。今だったら、もっと楽しめるに」とぶっちゃけ、少しだけ悔しそうな表情になっていた。

 同作は、大阪・茨木市で生まれ育った川端康成の作品群をモチーフとしており、茨木市制施行70周年記念事業として制作された。女手一つで息子を育てる渡辺雪子を前田が演じている。前田は「ジャンルみたいなものがない。前向きな明るい気持ちで終われる清々しい映画。『夢の中へいってらっしゃい』という感じです。でも、寝ないでくださいね」と観客に呼びかけていた。

 舞台あいさつには高良健吾、白洲迅、尾上寛之、中西美帆、奥野瑛太、佐藤都輝子、樋井明日香、樋口尚文監督も参加した。

AKB48時代の10年前の仕事は「何も覚えてない」と語った前田敦子 (C)ORICON NewS inc. 

9/20(金) 20:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00000389-oric-ent
no title

【【都合のいい女】前田敦子さん、AKB48時代の仕事は何も覚えていなかったwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/10(火) 12:06:20.50
 前田敦子が、9日放送の『しゃべくり×深イイ』(日本テレビ系)に出演。我が子への教育方針を明かす一幕があった。

 昨年7月、前田は勝地涼と結婚。今年3月には第1子男児を出産している。そんな彼女は番組の冒頭、「最近都バスに乗りまくっている」と紹介され、スタジオに呼び込まれた。

 その真意を問われた前田は、「子どもが生まれてから」と切り出し、「電車だと混むじゃないですか。バスだと意外と移動がしやすい」と、子どもを連れての外出の際はバスのほうが比較的ストレスがかからないと説明した。

 続けて前田は、「タクシーに乗る子になって欲しくない」と願望を吐露し、「『ママ、タクシー乗ろうよ』って言ってほしくない」とも述べた。くりぃむしちゅー有田哲平から「『お母さん、タクシー乗ろうよ』と言うような年齢なんですか?」と聞くと、「まだ半年です」と回答。上田晋也が「今のうちから刷り込んでいくわけだ」と指摘すると、前田は「(生後半年でも)もう記憶があるかもしれないじゃないですか」と主張していた。

https://www.rbbtoday.com/article/2019/09/10/172943.html 
2019年9月10日 
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec


【前田敦子さん、子連れで外出は都バスを活用する庶民ぶりをアピールwwwwww】の続きを読む