芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

前田敦子

1: なまえないよぉ~ 2018/04/23(月) 20:34:05.92 ID:CAP_USER9
 今年で10回目を迎えた「AKB選抜総選挙」のこれまでの出来事をあらためて振り返る連載「ザ・真相-AKB48選抜総選挙」を毎週月曜に掲載します。初回は「第1回総選挙」で起きた、残酷な「アンチ前田コール」の真相に迫ります。

 その光景はまさに異様だった。第1回AKB48選抜総選挙。第2位の発表直前のことだ。初の栄冠は前田敦子(当時17)か大島優子(当時20)に絞られていた。観客約1400人が、固唾(かたず)をのんで聞き入る瞬間だった。

 「まえだ! まえだ!」

 突然、客席から湧き起こった前田コール。1位の大本命前田が、先に2位で呼ばれろという“アンチコール”だった。司会の戸賀崎智信AKB48劇場支配人も思わず一瞬、間を置いた。

 結果は大島が2位。観客の「あ~っ」というため息が漏れる。体調不良で欠席と発表されていたが、スタッフの手を借りてフラフラの足取りでステージに出てきた大島が、泣きながらスピーチすると、大きな拍手と歓声が起こる。会場全体がボロボロの大島に感情移入した空気の中で、1位前田が発表された。

 それは残酷な瞬間でもあった。うれしいはずの頂点なのに、壇上に上がった前田はうずくまるようにむせび泣く。

 「私がこの位置をいただいてもいいのかなと、今はそういうことしか考えられないんですけど、私はAKB48に自分の人生をささげるというのを決めているので、これから皆さんに恩返しができるように、みんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います」

 大島へのそれに比べて、明らかに歓声と拍手も小さかった。17歳の少女には、あまりにも酷な現実だった。客席で見守っていた前田ファンのいっちさん(当時30代)は「ひどすぎる。あんまりだ」と憤りを覚えた。

 「そもそも、こんな深刻な、真剣なイベントになるとは想像もしていませんでした」と振り返る。一方の大島ファンのJINさん(当時30代)も「少なくとも選抜常連メンバーを応援するファンのほとんどは、今ほど真剣に投票はしていなかったし、票の公正さも誰も信じていなかったですから」と、同じ感覚だった。

 総選挙とは、シングル曲のセンターや選抜メンバーを、秋元康氏ら運営側が決めていたことに、ファンから不満の声が上がったことがきっかけだった。「じゃあ、いっそファンに決めてもらおう」と。アイドルグループのメンバーの序列を決める人気投票。当時の芸能界では、前代未聞だっただけに「誰もどんな内容になるか全く予想できず、会場に来て、初めていつものライブじゃないと気づきました」(いっちさん)。

 ただ、1つだけ多くのファンの共通認識があったという。いっちさんもJINさんも「これはセンター前田の承認選挙だろうと思っていました」。

 選抜の上位21枠に、選抜未経験の新顔のメンバーがいくらか入ることは予想していたが「結局センターは変わらないと思っていたし、この第1回で、優子ちゃんを本気で1位にする気だったファンは、知る限りいませんでした」(JINさん)。真剣勝負かどうかも怪しい。秋元氏が「ほら見なさい。僕が選ばずに人気投票にしても前田だろ」と、ファンの声を抑え込むためのイベントだと思われていた。前田推しのいっちさんでさえ、そう思っていた。

 しかし、8位に非選抜だった佐藤亜美菜が入った。佐藤のファンが熱心に投票活動していたことは知られており、みんながガチンコだと気づき始めた。序列2、3番手のはずの高橋みなみと小嶋陽菜が5、6位で先に呼ばれると、観客の心は大きくざわつき、予想以上に興奮も高まっていく。結成当初からAKBは、メンバーの握るおにぎりを食べ遊園地で一緒に遊べるバスツアーや、楽曲の人気投票「リクエストアワー」など、奇抜なイベントを仕掛け続けていたが、それにも増して刺激的だった。

 「その最高潮で、誰が前田コールをし始めたのかは分かりませんが、僕も一緒につぶやいた記憶があります。でも、決してあっちゃんが嫌でコールしたわけではないんです」。JINさんは丁寧に説明する。「むしろ僕は、あっちゃんのことも好きでした。あのコールは、期待を裏切る結末が見てみたい。予想外の展開の方がおもしろそうという、初めてのイベントへの期待感からだったんです」。

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180423-00187933-nksports-ent
no title

4/23(月) 14:49配信 
前田敦子のあの名言は、残酷なコールから生まれた 
<ザ・真相~AKB48選抜総選挙~連載(1)> 

【元AKB前田敦子のあの名言は、残酷なコールから生まれた】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/02(月) 21:08:18.31 ID:CAP_USER9
女優の前田敦子が2日、都内で行われた映画『のみとり侍』(5月18日公開)の大江戸プレミアに、主演の阿部寛、共演の寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、松重豊、メガホンをとった鶴橋康夫監督とともに登壇した。

猫の“蚤とり”稼業を中心に描かれる今作。
“蚤とり”とは、表向きはお客様の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事だが、その実態は床で女性に愛を届ける裏稼業。
運悪く君主の逆麟に触れ、猫の“蚤とり”を言い渡され“のみとり侍”となってしまう主人公のエリート藩士・小林寛之進を阿部が体当たりで演じる。

豊川が演じる浮気性の清兵衛の恐妻・おちえ役を演じる前田は「大尊敬する皆さんと、こうやって同じ檀上に上がらせていただいて、それだけですごく嬉しいんですけど、鶴橋さんに映画に呼んでいただけて、見たことのない景色をたくさん見せていただいて、本当に感謝しています」と感無量な様子で語り、「映画も見させていただいたんですけど、本当に面白くて、ぜひ笑いながらみんなで楽しく見ていただけたらいいなと思います」と声を弾ませた。

貧しい子どもたちに無償で読み書きを教える寺子屋の先生・佐伯友之助役を演じる斎藤は「ここにいらっしゃる方たち、そして鶴橋さん。僕はただ単純にファンというか、皆さんの背中を見て、神々しい憧れの先にいる方たちと横並びでいられることが夢のようです」と感慨深げにあいさつし、「この作品は大傑作でございます。ぜひ楽しんで『のみとり侍』の世界観に浸ってください」とアピールした。

監督が前田敦子の魅力を熱弁

その後、あいさつが回ってきた鶴橋監督は「あっちゃん(前田)と並んでいます。センターマイクでずっと歌い続けてきたあっちゃんは、得も言われないオーラがありました。セット入り30分前には必ず来ていました。目を真ん丸にして、まるで激しい雨足を見ているような目をして座っていました」と話し、「何が好きか聞くと『私アウトドアが苦手なんです。本を読んだり、映画を見たりするのがいいです』。その間、スタッフたちは準備をします。しかし、2人きりでいる幸せを本当に感じました。僕はあっちゃんの大ファン。どうだ!」と告白して会場を沸かせた。
さらに、「工さんは、ハーバード大学を出た秀才に見えた。そういった意味では僕は付いています。あっちゃん、工さんにこれからの映画も舞台もテレビも引き継いでもらいます」と思いを語った。

また、今作の内容にかけて、“女性に喜んでもらえるような、とっておきのおもてなしプラン”を聞かれると、斎藤は「何一つ面白いことが思い浮かばず、そのプランの経験値もなく、してみたいことでもいいですか?」と前置きをし、「傍から見て“気持ち悪いな”と思っていた、相手の好きなところを100コ言うみたいな。それを書に書いて、その書を100枚貼った呪いの部屋みたいなものを作りたいです。以上です」と答えて笑いを誘い、「それを『よい』と言ってくれる方が素敵だなと思います」と語った。

さらに、馬鹿正直な性格からエリート侍から転落し、蚤とり稼業も真剣に取り組む小林寛之進と、鬼嫁の尻に敷かれながらも自身の欲望は抑えられる浮気を繰り返す清兵衛のどちらがタイプか尋ねられると、前田は「奥さん(役)なので清兵衛さんですね。大好きなので」といい、その理由を問われると「そういうところを男らしいと思ってしまう、そんな年っていう感じです(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

イベント冒頭では、赤絨毯が敷かれた舞台上に阿部が1人で正座してお目見えし歌舞伎の口上さながらにあいさつし、会場を盛り上げる一幕もあった。

http://mdpr.jp/cinema/detail/1757448

映画『のみとり侍』大江戸プレミア 前田敦子
no title

no title

(左から)鶴橋康夫監督、前田敦子、斎藤工、寺島しのぶ、阿部寛、豊川悦司、風間杜夫、大竹しのぶ、松重豊
no title


元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【前田敦子、大御所・鶴橋監督から熱烈アプローチ「オーラがあった」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/26(月) 19:14:18.43 ID:CAP_USER9
 俳優の柄本佑(31)と前田敦子(26)が26日、都内で行われた映画「素敵なダイナマイトスキャンダル」(3月17日公開)の東京プレミア上映舞台挨拶に出席。柄本が初共演となった前田の演技を絶賛した。

 主演の柄本は、自身の妻を演じた前田について「僕のあっちゃんにしたくなる魅力がある。素晴らしい女優さん」とし、「色気を漂わせた白いキャンパス」と表現した。

 これを聞いた前田は「いいキャッチフレーズをつけてもらいました」と笑顔。一方で、前田は劇中に登場する柄本の女装姿を「きれいではなかったですけど…」と口ごもり、笑いを誘った。

 作品名にちなんでスキャンダルを問われると、柄本は「ストリーキングする、街中を全裸で走るシーンがあるんですけど…」と切り出し、「もちろん本当に全裸ではできないので、前張りをしていたんですけど、はがれてしまった」と告白。「即座に付け替えましたけど」と苦笑いを浮かべた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000136-spnannex-ent 
スポニチアネックス 

no title

【柄本佑、前田敦子を絶賛「僕のあっちゃんにしたくなる魅力がある」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/20(水) 18:05:50.07 ID:CAP_USER9
 元AKB48の篠田麻里子(31)が、公開中の映画「ビジランテ」でカーセックスを披露し話題になっている。

 「鈴木浩介演じる市議の妻役。廃虚に止めた車の中で愛を確かめ合うが、ほとんど篠田は肌の露出がなし。舞台あいさつでは『(撮影で)覚悟が決まった』と話していたが、あまりにも覚悟が足りな過ぎる。もっと脱がないと大女優への道は開けない」(映画業界関係者)

 同じく元AKBの板野友美(26)はゲスト出演したドラマ「フリンジマン」(テレビ東京)で妻帯者を誘惑するお嬢様役を演じた。

 「東幹久演じる役の愛人という設定。男の命令で大東駿介演じる主人公を誘惑するが、ラブホのベッドでタオル一枚になる姿がなかなかエロエロ。今後、もっと肌の露出を増やしそうです」(テレビ局関係者)

 ソロになってから勢いに乗る川栄李奈(22)は、7月クールの窪田正孝(29)主演ドラマ「僕たちがやりました」(フジテレビ系)で女子高生役を熱演。

 ベッドシーンでは胸をもみしだかれるなど、体当たりの演技を見せた。

 また、AKB時代は不動のセンターだった前田敦子(26)は昨年放送の主演ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)で恋愛体質の新聞記者役を演じ、かなりきわどいシーンの連発だった。

 「AKBの看板がなくなってしまえば生き残るのに必死で“エロ仕事”も断ってられない。AKB時代のファンとしても、散々金をつぎ込んできたんだから、その“恩返し”として肌を見せるぐらいしないと、今後、ファン離れが止まらなくなるだろう」(芸能記者)

 元メンバーたちは女優としての“艶技”をどんどん競ってほしいものだ。

http://wjn.jp/article/detail/6472809/
no title

no title

no title

【どんどん“エロ仕事”に飛び付く元AKBのメンバーたちwwwwwwww 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/10(日) 10:41:19.42 ID:CAP_USER9
女優の前田敦子(26)は仕事を選ばない。所属事務所に薦められたものは全て引き受ける。
公開中の映画「探偵はBARにいる3」では「共感できるところがない」という女子大生役に挑んで巧みに演じ切った。
実生活は「不器用」を自認するが演技は器用。芸能歴12年にしてまだ20代半ば。
「面白い役を今だからこそやりたい」と笑った。

◆AKB卒業から5年
AKB48時代は「絶対的エース」。
5年前に女優の道を歩み始めてからも着実にキャリアを重ねてきた。
普通は自分が演じる役にこだわるところだが、前田敦子は違う。
「私は自分で判断しないですね」
所属事務所のマネジャーに「こういう役があるけれど、やってみる?」と尋ねられる。
それが映画「探偵はBARにいる3」で演じた“癖のある女子大生”のように「共感できるところがない」役だとしても断らない。

「やりたくない、ということはないです。マネジャーさんたちいろんな仕事の中から、私がやった方がいいと思うものを選んで薦めてくれる。だから、マネジャーさんたちに感謝してます」
優等生的な発言にも聞こえるが、前田は元々誰かにお世辞を言うタイプの人間ではない。
その言葉の底には、これまで所属事務所に薦められた仕事が結果的に女優としての成長につながっているという充足感がある。

◆演技は「器用」に
「自由で、幅が広がったなと思います。作品を変に選ばず、自分の立ち位置にこだわらないでいられるのは幸せです。王道で行かなければいけないとなると、苦しいと思うんですよ。楽しいものに乗っからせてもらっている感じです」
どんな役でも引き受けられるのは、自身の演技力への確信もあるだろう。
私生活では「不器用」を自認するが、撮影現場では適応力の高さを見せている。
「今年は一つの作品の撮影中に別の作品に出演させてもらう機会が多かったんです。3、4日で撮影が終わってしまう作品もあって、ちょっと前なら“3、4日で何ができる?”と思うようなところを、今はワーッと撮影を楽しんで、ワーッと帰って来られる。本当に経験というのは大事だと思います。今は、苦しいと思うことがありません」

この5年で確実に女優としてスキルアップした。
最近はフジテレビのドラマ「民衆の敵」に出演し、そのスピンオフドラマ「片想いの敵」に主演。
市議会議員の役だが、スピンオフでは毎回最後にキャンディーズ「年下の男の子」や松田聖子「赤いスイートピー」など昭和のヒット曲を歌った。

「あれは酔っぱらっている設定なので、カラオケの感じで歌いました。元々カラオケが大好きなんです。昔の曲も歌えるので、私はどの世代の人ともカラオケに行けると思いますよ」

元国民的アイドルではあるが、あの歌唱シーンは「アイドルに戻る」のではなく「女優がアイドルを演じる」という印象だった。
女優として、アイドルの世界からずいぶん遠い場所まで歩んできたことを感じさせた。
「もうアイドルに戻ることは絶対にないです。自分の経験年齢的に、きついなと思います。この世界に12年間いて、いまだにアイドルというわけにはいきません。でも、欅坂46には入りたい!欅の歌が大好きなんですよ」

◆欅坂入りたい!
そんな発言をすると、どこかで前田と欅坂のコラボ企画が浮上しそうだが…。
「絶対に出ないから大丈夫です。欅の邪魔はしないです」
普段、仕事は選ばないものの、その依頼だけは断るようだ。

これから女優としてどんな方向に進んでいくのだろうか。
「無理したくないです。私は良くも悪くも童顔で、スッピンだと小学生みたいで自分でもびっくりするんですよ。だから、背伸びはしたくない。変に大人っぽい役をやるのではなく、このくらいの年齢だからこそできる役をやっていきたい」

芸能歴12年だが、女優としてはまだ若い26歳。その可能性は無限に広がっている。
「面白い役を今だからこそやりたい。一番いろんなことができる年齢なんじゃないかと思いますね。仕事のことを考えるとワクワクしちゃいます」
今、誰よりも女優業を楽しんでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000087-spnannex-ent

元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【【勘違い】元AKB48前田敦子「もうアイドルには戻らない…でも欅坂46には入りたい!」wwwww】の続きを読む