1: なまえないよぉ~ 2019/04/20(土) 11:41:51.03 ID:zF8zJ1r/9
メンバーの暴行被害騒動がいまだ収束しないアイドルグループ「NGT48」を巡り、本紙はとんでもない情報をキャッチした。
暴行事件に関わったアイドルハンター集団の一部が、一連の騒動を記した“暴露本”出版へ動きだしているというのだ。

被害者で事件を告発した山口真帆(23)はグループが拠点とする新潟市で21日開催される劇場公演に出演することが発表され、
101日ぶりに公の場に登場する。そうしたなか、暴露本という新たな不穏情報が持ち上がった――。

現存する2チームを解散、一本化して再スタートすると発表したNGT48が、ようやく動きだした。
解散するチームNIIIとチームGの千秋楽公演の出演メンバーを発表したのは17日のこと。
チームGの副キャプテンを務める山口の出演も決まった。公の場に登場するのは1月10日の「3周年公演」以来となる。

昨年12月に男2人に暴行され、翌月に自ら事件を明かした山口。
その口から何が語られるのか、グループの正常化に向けた第一歩となるのか注目が集まるなか、水を差すような情報が流れてきた。

一連の騒動で注目されたアイドルハンター集団内で、暴露本を出版しようとしている者まで現れたというのだ。

「騒動で反省している者はほとんどいない。それどころか注目されたことで、気をよくしたメンバーが『暴露本を出そうぜ!』と盛り上がり、
一部の出版社に話を持ち込んでいる」と明かす出版関係者が、こう続ける。

「内容は、アイドルとの接触方法などハンター集団の実態から、アイドルの裏の顔など、かなり際どい話。
どこまで本気なのか分かりませんが、『どうせならカネにしてやろう!』と動いているようだ」

ハンター集団については、ライブやイベントなどでの迷惑行為のほか、チケット転売やタレントの住所録販売、
ストーカー的な付きまといなどの犯罪まがいの行為も明らかになっている。

ろくでもない所業にもかかわらず、目立ちたがり集団のこと、どんな手を使ってでも“アイドルの危ない顔”を暴露するつもりかもしれない。


本紙でも既報したように、アイドルハンター集団は山口ら事件告発に関わったNGTメンバーを逆恨みするなど、反省する様子を一切見せていない。
それどころか出禁処分にされたことで、ハロプロや日韓ガールズグループ「IZ*ONE」など他のグループに毒牙にかけようともしている。

そして暴露本の情報まで持ち上がった。もちろん、今も苦しんでいる被害者がいるだけに、実現したら出版社も世間の批判を受けることは免れないだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190420-00000003-tospoweb-ent
no title

【アイドルハンター集団が“暴露本”出版を画策、NGT48終了だなwwwwwww】の続きを読む