芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

写真集

1: なまえないよぉ~ 2018/07/20(金) 12:40:47.76 ID:CAP_USER9
20日発売の「FRIDAY」にて、AKB48高橋朱里の「高橋朱里1st写真集 曖昧な自分」(7月24日発売)の先行カット&未収録カットが公開された。

高橋朱里、美ヒップあらわな大胆“勝負カット”解禁

今回は12Pにおよぶ大ボリュームで掲載。
一番の見せ場は本人が「簡単にはいきませんでした」と振り返る、ショーツ1枚の美ヒップが眩しい“勝負カット”。
濡れ髪とまっすぐ刺すような眼差しが、通常のグラビアとは違う、写真集ならではのドラマチックさを感じさせる。

写真集のテーマのひとつは“これまでにない高橋朱里”。
セクシーなカットだけではなく、本人が「衝撃を受けた」と言うほどの“素顔”まで、高橋にギリギリまで迫った充実の一冊になっている。

http://mdpr.jp/news/detail/1780679

高橋朱里 美ヒップあらわな大胆“勝負カット”解禁
no title


美バストも大胆披露
no title

no title


「高橋朱里1st写真集 曖昧な自分」より
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【【AKB48】高橋朱里、ショーツ1枚で美ヒップあらわ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/16(月) 20:28:54.16 ID:CAP_USER9
AKB48高橋朱里の1st写真集「曖昧な自分」(7月24日発売)より“勝負カット”が解禁された。
今回公開されたのは、上半身に何も纏わぬ濡れ髪の高橋がまっすぐな眼差しを向ける大胆な1枚。両手で覆われたAKB48屈指と言われる“美バスト”が、絶大なインパクトを放っている。

写真集に収録されているロングインタビューでは、「(露出の高い撮影は)やっぱり簡単にはいきませんでした。水着もまったく得意じゃないですから。露出度の高いシーンはものすごく緊張感のある写真が撮れたと思います。写真集じゃないとこういうチャレンジはしなかったと思うから、頑張って良かったなって思いました」と大胆カットに挑んだ心境を明かした高橋。

過去には、雑誌のインタビューで、「個人が強くなることで、グループ全体が強くなれると思う」と、なぜ写真集のような個人の活動を頑張るのか、その理由を語っていた。
写真集のテーマのひとつが“これまでにない高橋朱里”。セクシーなカットだけではなく、本人が「衝撃を受けた」と言うほどの”素顔”まで、高橋にギリギリまで迫った充実の一冊になっている。

https://mdpr.jp/news/detail/1779568 
2018.07.14 13:00 


no title

no title

no title

no title

no title


https://mdpr.jp/news/detail/1779931
2018.07.16 14:00

24日に発売される、「高橋朱里1st写真集 曖昧な自分」から新たな先行カットが公開された。
息遣いまで聞こえてきそうなほど距離の近い、”恋人目線”から見たような1枚。高橋の色白美肌と、なにかを訴えかけるような独特の眼力が印象的だ。
この写真は、実は写真集内では使用されていない。全4種類ある、写真集特別付録のポストカードに使われている1枚だ(写真集には4種類のうち1枚が封入)。

特典用の写真を候補の中から選ぶ際に、高橋が「ぜひこの写真を使って欲しい!」とプッシュした、お気に入りカットでもある。
写真集のテーマのひとつが“これまでにない高橋朱里”。セクシーなカットだけではなく、本人が「衝撃を受けた」と言うほどの”素顔”まで、高橋にギリギリまで迫った充実の一冊になっている。

no title

no title

【AKB48高橋朱里、1st写真集で一糸まとわぬ勝負の“美バスト”大胆カット解禁】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/15(日) 17:20:58.51 ID:CAP_USER9
モデル・女優・グラビアアイドルの佐野ひなこ(23)が15日、東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで行われた最新写真集「最高のひなこ」(発売中、講談社、税込2376円)の発売記念イベントに出席した。

B84・W51・H83センチという脅威のくびれボディで知られる佐野の最新写真集は、聖地ハワイで撮影した一作。
「出来は…最高のひなこです。いろんな意味で最高の露出をしました。裸デニムも肘ブラもしました」。
撮影中はずっとあいにくの曇天だったようだが「むしろ色っぽく、大人の色気が出て逆にラッキーって」とポジティブに捉え、事務所の先輩・和田アキ子(68)からも「女性らしさがイイ感じに出てるね~」と太鼓判を押される一作に仕上がった。

撮影に向けての準備には余念がなく「3か月、パーソナルジムに通って、お尻を大きくするトレーニングとか腹筋もしました。お尻にハリが出てキュッと引き締まって大きくなって…」。
さらにボディへの探求心は高まっているようで「オッパイがフワフワになるマッサージをやってます。痛いんですけど、家に帰ってから『あ、フワフワになってる!』って思います。フワフワって書いといてくださ~い」。
多忙な夏だが「長岡(新潟県長岡市)の花火大会に行きたいです」と女子心をのぞかせていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000118-sph-ent

最新写真集「最高のひなこ」発売記念イベント 佐野ひなこ
no title

no title

no title


『佐野ひなこ写真集 最高のひなこ』より
no title

no title

no title

no title

【「脅威のくびれボディ」佐野ひなこ、「オッパイがフワフワ」最新写真集を自画自賛】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/14(土) 19:37:33.44 ID:CAP_USER9
女優二階堂ふみ(23)水曜日のカンパネラのコムアイ(25)が14日、都内で、写真集「月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ」発売記念会見に出席した。

二階堂撮影でのコムアイ初写真集は、ヌードもある芸術性の高い作品となった。
初写真集でヌードを披露したコムアイは「ふみちゃんにケンカを売られたような感じ」とほほ笑み、「ふみちゃんじゃなければ、脱いでいない。ふみちゃんの前で隠すのは格好悪いから、さらけ出してしまいました。ふみちゃんに脱がされました」と話した。

写真集の感想を「ナショナルジオグラフィック的な、動物を見ているような感覚」と表現した。
「生き物としての生命力には自信はあるけど、セクシーとは思わない」と笑った。

二階堂は、「コムアイちゃんは個性的でポップだけど、私はもっとシンプルで、潔くて、ピュアで、真っすぐコムアイちゃん、素のコムアイちゃんを撮りたかった」と話した。

コムアイは、アイルランド人の彼と付き合っていること明かしている。
交際は順調だが、結婚については「全然考えていない。結婚願望があまり無くて、ピンとこない」と話した。その彼は「いいね!」と称賛してくれた。
「撮影前だったら何か言われたかもしれないけど、撮影後だったので。写真を見せたら、喜んでくれました」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00268263-nksports-ent

コムアイと二階堂ふみ
no title


写真集『月刊コムアイ・嘘 写真 二階堂ふみ』(小学館)より
no title

no title

no title

no title

【「水曜日のカンパネラ」コムアイ、初写真集でヌード披露 二階堂ふみに「脱がされました」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/15(日) 12:29:32.07 ID:CAP_USER9
女優の広末涼子が20年前に発売した写真集『NO MAKE』(集英社)がデジタル配信され、話題となっている。発売中の『週刊プレイボーイ』30号(同)においては、当時の貴重なショットのほか、インタビューも掲載されている。
90年代後半は空前の広末ブームであったといえる。どれだけすごかったのか。

 「広末は1994年、14歳の時に『ぴかぴかフェイスコンテスト』で優勝を果たし芸能界デビューを果たします。その後、いくつかのCMや雑誌のグラビアに登場し、ショートカットの美少女として注目を集めました。当時は高知県の中学生でしたが、運動会にはファンが殺到する騒ぎとなりました。彼女の人気を決定づけたのが1996年に出演したNTTドコモポケベルのCMです。“見えそうで見えない”ミニスカート姿も話題となりました」(アイドルライター)

 1995年には『ハートにS』(フジテレビ系)でドラマデビューを果たし、その後、『ロングバケーション』『こんな私に誰がした』『ビーチ・ボーイズ』(ともにフジテレビ系)など多くの名作に出演する。

1997年には竹内まりやプロデュースによる『MajiでKoiする5秒前』で歌手デビュー。『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』(フジテレビ系)では、ダウンタウンから「顔がおむすびみたい」とイジられるなど、バラエティ対応もこなした。しかし、女優、歌手、タレントとマルチに活躍していた彼女にバッシングが集中する出来事が起こる。

 「1999年に早稲田大学へ入学した件ですね。学力試験のある一般入試ではなく、芸能活動などの活躍をアピールする自己推薦入試で合格したことに批判が集中しました。さらに、入学後に3か月間登校せず、その後もほとんど通うことなく、入学5年目に『女優業への専念』を理由に中退しています。在学中の2001年には、タクシー4万円分の無賃乗車などのプッツン騒動が報じられ話題となりました」(前出・同)

 毀誉褒貶あるにせよ、彼女があらゆる意味で注目を浴びる存在であったのは確かだろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180715-00000001-reallive-ent
no title

【写真集配信で話題、広末ブームどれだけすごかった? 大学中退、プッツン…波乱万丈の半生】の続きを読む