芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

兼近大樹

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/24(水) 11:49:06.84 _USER9
 お笑いコンビ「EXIT」の兼近大樹さんが3月23日にTwitterを更新。モデルの藤田ニコルさんとの“手つなぎデート風”ショットを、「ついに撮られました」と熱愛をすっぱ抜かれたテンションで公開しています。めちゃくちゃお似合いだな!

 「ついに撮られました。ご心配をおかけして申し訳ございません」とシリアス風のコメントを添えて、藤田さんと手をつないで歩く“ラブラブ2ショット”を公開した兼近さん。「ファンの皆様、仲の良い友人の1人ですので、安心して下さい。これからもEXIT兼近大樹を宜しくお願い致します」とあくまでも友人だと主張していますが、こんな写真を撮られてしまっては言い逃れは難しそうです。

 ……というのはもちろん冗談で、この写真は藤田さんが専属モデルを務めるファッション誌『ViVi』5月号(3月23日発売)の「にこるとかねち いちゃいちゃデートなう。」企画で撮影されたもの。ViViモデル×話題のイケメンで送る人気企画となっており、今回は藤田さんと兼近さんが“令和の人気者2人が、もしもオフの日曜にこっそりデートしてたら?”をテーマにイチャつき倒しています。見てるこっちが照れるレベル……!

 ファンからは、「最高にお似合いだよ」「こんな爽やかなカップルなかなかいない」「こんな可愛いカップルなら応援したくなっちゃう」などお似合いカップルぶりに反響が寄せられた他、「2人とも可愛くてキュンキュン」「めっちゃドキドキしながらViVi見ました!」など早速同誌をチェックした人も少なくないようでした。



no title

no title
【EXIT兼近、藤田ニコルとの“手つなぎデート風”ショットが話題にwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/03/21(日) 01:11:22.89 _USER9
EXITの兼近大樹(29)が3月16日放送の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「絵心ない芸人」に出演。番組企画にうまくハマれず、自身の中途半端な実力をボヤいていた。


今回の放送では、番組MCだが同企画の際はひな壇に座る蛍原徹(53)、ほかに陣内智則(47)、中川家の礼二(49)、かまいたちの山内健司(40)、霜降り明星のせいや(28)、メジャーリーガーの前田健太投手(32)が「絵心ない芸人」として出演。

兼近は乃木坂46の与田祐希(20)ともに新メンバーとして登場。蛍原に「オーディションで即合格だった」と紹介されると、「収録の合間に(スタッフが)楽屋に入ってきて、“これ描いてください”って。描いたらココ(スタジオ)です」と、オーディションといってもたいしたことはなかったと明かした。


まず、兼近は「出発進行の合図をする車掌」というテーマの絵に挑戦。
「それなりの絵が描けてます」と自信を見せたが、作品が披露されると「うわ!」「何を描いた!?」と一斉に驚きの声があがり、兼近は「ごめんなさい、悲鳴上がるレベルですか?」と納得がいかない様子。

続いて、「ウーバーイーツの配達」というテーマでは、他の出演者が配達用バッグを背負って自転車に乗っている人を描くなか、兼近が描いていたのは、片手でバッグを持ち上げた人だけ。
一斉に「逃げたなオマエ!」「みんな自転車に乗ってんだぞ」「戦わないと!」と非難を浴びた。


■壁になっている旧世代の結束

一方、常連組の陣内や礼二らは、今回もとんでもない才能を披露。作品が紹介されるたびに爆笑がおこり、ツッコミトークで盛りあがっていた。
また、新メンバー与田もアイドル離れした独特の作風を披露し、「乃木坂的にOKなの?」「顔ヤバい!」などとツッコまれ、スタジオの爆笑を誘っていた。


他の出演者に比べて企画にハマれなかった自覚があったのか、兼近は放送後、自信のツイッターで「#アメトーーク にて、絵心ない芸人出たんだけど、あそこは中途半端な実力で参加する場所じゃねぇと身に染みたぜ」と、出演を悔やむような投稿をしていた。


バラエティ番組を席巻している兼近らお笑い第7世代だが、『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』(同局系)は、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(45)や有吉弘行(46)、フジモンことFUJIWARAの藤本敏史(50)らがメインを張っていて、彼らの存在感はイマイチの印象だ。

今年1月に放送された『ロンドンハーツ』の“スポーツテスト2021”でも、アンタッチャブルの柴田英嗣(45)やバイきんぐの西村瑞樹(43)など、オジサン世代の活躍が目立っていたため、孤軍奮闘して優勝争いに加わっていた兼近は「オジサンだけが活躍する場所じゃねぇぞ!」とアピールしていた。


YouTubeやSNSなど、テレビ以外に活躍の場を拡げてる第7世代だが、人気お笑い番組の『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』は、上の世代の芸人たちの結束が強く、なかなかハマらないようだ。
4月期のテレビ番組改編では、世代交代の声が聞こえているが、これらの人気番組では前世代を乗り越えるのはなかなか難しいようだ。

EXIT兼近大樹『アメトーーク』にハマれない、第7世代ジレンマを吐露
https://taishu.jp/articles/-/93117?page=1

20210321001

【EXIT兼近大樹『アメトーーク』にハマれない、第7世代ジレンマを吐露… 壁になっている旧世代の結束】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/02/13(土) 19:14:36.28 _USER9
お笑いコンビ・EXITの兼近大樹(29歳)が、2月11日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長辞任を表明した森喜朗氏(83歳)に対するメディアやネット上でのバッシングに警鐘を鳴らした。

前週の放送で、森会長の「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」などの“蔑視発言”を受けた記者会見について、番組MCを務めるお笑いコンビ・EXITのりんたろー。は「おじさんたちの集団の中にずっとあった“女の幸せ”とか、“涙は女の武器”とか、“女は愛嬌”といった自分たちだけの古い価値観をそのまま女性に当てはめているのだと思う。しかも、その集団はおじさんだけで形成されているので、お互いの価値観に対して違和感を抱く機会もない。むしろ、森会長の会見を見ていると“俺が代弁してやってんだ”と思っているのではないかという印象すら感じた。このままでは、“政治はおじさんのもの”であり続けてしまうし、世間とのズレや距離は埋まらないままだと思う」と強く主張。

相方の兼近も「こういう会見を見ると、普段から女性の方ってめちゃくちゃ我慢しているんだと感じた。女性たちの我慢によって、偉い方は責められることがないからこういう発言が出るんだと思う。やっぱり権力あるおじさんは、常にまわりの女性に我慢をさせて生きているんだと思う」と指摘した。

その上で、2月11日の放送回で、りんたろー。は「今、ネットで(後任として名前の挙がった)川淵三郎さんの粗探しが始まっている。見失っちゃいけないのは、本来の目的は失言した人をネットでつるし上げて抹殺することではなく、オリンピックという偉大なイベントを成功させること。そのために最善で最短の策をとることが重要であって、その目的だけ間違えちゃいけないと思う」とコメント。

兼近は「何よりも気持ち悪いのが、自分が被害の及ばない所から石をひたすらぶつけて『降ろしてやったぞ』となっている人がいること。目的が『なんか偉そうなジジイを俺が降ろしてやったぜ』みたいに、ただただ攻撃することになっているのが、すごい伝わってくる」と感想を述べた。

さらに「もちろん発言自体は許されるものじゃないが、攻撃している人は『ほんとに森会長の発言全文を聞いたのか?』とも思う。全員がすべてを聞いたわけじゃないと思うし、誰かが言ってるから『そんなひどいこと言ってんだ』と切り取られた文字を読んで、攻撃している人もたくさんいる。そういう意味では、そろそろ終わりにしたい。どうせ会長が代わってもまた粗探しして、みんな攻撃したいんだから」と一連の騒動で過熱していくバッシングについて警鐘を鳴らした。

番組放送後には、Twitterの日本トレンドに「EXIT 兼近」が入るなど、ふたりの発言に大きな反響があった一方で、ネット上では“切り取られた”兼近の発言をめぐって批判的な声も。

これを受けて、兼近は自身の公式Twitterで「昨日の兼近の発言。ネットの切り取りでブチギレしてる人に向けたコメントであって、発言は、チャラ男的にアウトだと言ってるぜ? それも俺がそう思ったってだけ! 何の事だ? ってなってるパリピに言いたいのは、好きな食べ物は違えどTikTokの好きな動画被るかもよね?って事 #アベプラ」と投稿。さらに、「全文読んだ人に向けて言ってなくて、読んでないで口撃してる人に言ってる!!俺の方も全部みてくれ!笑」と呼びかけた。

https://news.livedoor.com/article/detail/19690271/

20210214003

【EXIT兼近の“森会長バッシング”への警鐘に反響続々「どうせ会長が代わってもまた粗探しして、みんな攻撃したいんだから」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/08(金) 05:04:08.69 _USER9
  お笑い芸人「EXIT」の兼近大樹(29)とりんたろー。(34)が7日、司会を務めるニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA TV)に出演し、WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔のタトゥー問題に言及した。

 井岡は昨年大みそかに3階級制覇王者で前WBO世界フライ級王者の田中恒成と対戦し、TKOで防衛に成功。その際、左腕のタトゥーが露出していたことで、日本ボクシングコミッション(JBC)の規定に抵触する恐れがあり、何らかの処分が出される可能性がある。

 りんたろー。は「僕はカッコいいと思えれば入れちゃえばいいんじゃない?っていう考えなんですけど、タトゥーって『一生消えないフリップ』というか、その間センスが変わらないとも思えない。スベり続ける可能性もあるじゃないですか。そこのハードルが高すぎて入れられない」と冗談交じりにコメントした。

 兼近は「僕はゲームとかスポーツって、ルールがあるから楽しいっていうのがあって、ルール違反をしたという意味ではよくないなというのが一番の思い」とした上で「でも変なルールですから、変えるために動き出しとけばよかったんじゃないか、先に。『入れ墨とかタトゥーを露出しちゃいけないっていうルール、変ですよ』って、井岡選手が(先に)言っとけばよかったなって、すごく感じます」と指摘した。

 続けて「あとは個人的には、殴り合うスポーツじゃないですか。殴り合うスポーツで『タトゥー、怖~い』ってなります? 殴り合うスポーツ大好きな人が、タトゥーでビビってるわけないんで。だからルールはおかしい。変えたほうがいい」と笑わせた。

1/7(木) 22:05配信 
東スポWeb 

「EXIT」のりんたろー。(左)と兼近 
https://news.yahoo.co.jp/articles/f1455006b97616f75873b1725b0601eb250d2cd1
no title 【EXIT・兼近が〝井岡問題〟に持論「殴り合うスポーツ好きな人が『タトゥー怖~い』ってなる?」 ← 論点ずれてるwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/15(火) 16:16:30.02 _USER9
タレント、指原莉乃(28)が14日深夜放送のTOKYO FM「TOKYO SPEAKEASY」(月~木曜深夜1・00)に出演。一部で報じられたお笑いコンビEXIT・兼近大樹(29)との熱愛を完全否定し、笑い飛ばした。

この日は、親交のあるフワちゃん(27)と対談した。指原は「そうだ、フワちゃん恋のキューピッドありがとう」と皮肉を込めて切り出し、「この度、兼近さんと(の熱愛が)ネットニュースになりました」。

記事を見た兼近のファンが悲しんでいたそうで、「私も困っているけど兼近さんも困っている。私のファンの人も言わないで兼近さんの悪口、もし言っていたらね」と呼びかけた。「地獄ニュース、誰も嬉しくない。本当最悪だよ」と続け、斬り捨てた。

2人の仲を取り持ったとされるフワちゃんも、「メチャクチャ推測記事」とバッサリだ。指原は兼近の連絡先を知らないとし、「みなさんが思っている以上に、そんな狭い中で恋愛って起きないんだよね」と明かした。

今回の報道は事実とあまりにも異なるため「メッチャ面白かった」とも語り、「根も葉もないどころかその土には栄養素すらないと思う。その畑にはなんいもない」と表現した。「兼近さんがわざわざ否定するのも面倒くさいくらいのニュース」とあきれ、

「本当に大丈夫なので、指原嫌だなって思ったかもしれないけど、だけど大丈夫、安心してください」と話していた。 

スポニチアネックス / 2020年12月15日 16時12分
https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20201215_0161/
1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

【指原莉乃さん、EXIT・兼近との熱愛報道をバッサリ「地獄ニュース、誰も嬉しくない」と完全否定www】の続きを読む