芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

共演

1: なまえないよぉ~ 2019/08/01(木) 14:51:07.08
 7月31日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)において、『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎)を8月1日に出版し、エイベックスの松浦勝人会長との過去の熱愛を暴露した浜崎あゆみの話題になった。

 遠野なぎこは「誰がこの方の過去の恋愛にいまさら興味あるのかな」と冷め気味であり、「私、10代の頃に、彼女が歌でブレークする前にドラマでご一緒していたので……」と話し始めた。浜崎あゆみが売れないアイドルとして、いくつかのドラマや映画に出ていたのはよく知られている。

 遠野と浜崎は、1995年放送の野島伸司脚本ドラマ『未成年』(TBS系)で共演。遠野は、男にだらしのない母親を持つ情緒不安定な女子高生、浜崎は、大学生の家庭教師の子供を妊娠してしまうお嬢様女子高生を演じた。遠野はともかく、浜崎にとっては、あまり触れられたくない話題でもあるだろう。ネット上では、「遠野、黒歴史掘り起こしてくんな」「このドラマの男の共演者たちって仲良いみたいだけど、女は違うのか」といった声が聞かれた。

 さらに、遠野は浜崎に対し、「スター街道行ってすごいなと思っていたのに、最近はインスタだとかツイッター的なことでしか話題にならないでしょ」とバッサリ。浜崎の人気が落ちているのは確かだろう。「周りのこととか、自分のこととか見えていない、ただのイタい人になってしまったという印象で残念」と切り捨てた。これには、ネット上では「遠野、今日もバッサリだな」「というか、この人もイタいおばさんじゃないの?」といったツッコミが聞かれた。

 この日の放送では、長年のあゆファンだという梅宮アンナが「今まで言わなかったのに、なぜここへ来て突然なのかは知りたい」と疑問を呈したほか、大竹まことも「(こうした暴露は)やってもいいけど、ちょっと早いんじゃないか。中尾ミエさんクラスになったらいいんじゃないの」と話し、師弟関係から熱愛への発展に関しては「ウチの事務所は阿佐ヶ谷姉妹しかいないから、かえって迷惑」と話し、笑いを誘っていた。

https://npn.co.jp/article/detail/02264813/ 
2019年08月01日 
001l (1)

【【おまいう】遠野なぎこ、ドラマ『未成年』で共演した浜崎あゆみに「ただのイタい人になってしまった」とバッサリwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/17(月) 06:46:05.62 ID:cq3pmgcV9
 女優の芦田愛菜さんがイメージキャラクターを務める進学塾「早稲田アカデミー」のインタビュー映像が6月17日、公開された。インタビューでは、同塾の卒塾生である芦田さんが当時の経験を初めて語っている。広告のビジュアルは、現在の芦田さんと、9歳の小学生時代の芦田さんが“共演”。芦田さんは「昔の自分と背中を並べている写真はとても新鮮で、自分はこんなに小さかったんだなと、ちょっと感慨深いというか、不思議な気持ちになりました」と語っている。

 インタビュー映像では、芦田さんが「今後挑戦したいこと」を聞かれ、「ペン習字に挑戦したいです。自分で書いた字が奇麗だと気持ちがいいですし、直筆の手紙をもらうととてもうれしいので、奇麗な字が書きたいと思い、挑戦したいと考えています」と語っている。

 芦田さんは、塾に通っていた当時を振り返り、印象に残っている言葉は「先生に教えていただいた『夢はかなうのではなく、かなえるものです』という言葉」とコメント。「夢はかなうものではなくて、自分でかなえにいかなければいけないという考え方がとても印象的で、今でも好きな言葉の一つです」と話している。


2019年06月17日芸能
https://mantan-web.jp/article/20190616dog00m200037000c.html
no title

no title

no title

no title

no title


芦田愛菜、9歳の自分と共演で「こんなに小さかったんだな…」 インタビュー映像公開
https://youtu.be/CnNR64mojAg


【芦田愛菜ちゃん、9歳の自分と共演wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 19:22:07.74 ID:LEljsaK99
 女優の広瀬すずさん主演で、4月からスタートする2019年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に、比嘉愛未さんが出演することが分かった。比嘉さんは2007年に放送された朝ドラ「どんど晴れ」で主演を務めており、同じく朝ドラヒロイン経験者の山口智子さん、松嶋菜々子さんらとの共演に期待が募る。

 東京・新宿に戦前から続くベーカリー兼カフェ・川村屋のオーナーの“マダム”こと前島光子(まえじま・こうこ)を演じる比嘉さんは、「ドラマデビュー作だった『どんど晴れ』から12年たち、長い旅路から帰って来られてホッと落ち着くような、ただいまといううれしい気持ちでいっぱいです!!」と喜びのコメント。

 「あの頃は、周りの方々に支えられ、助けられてばかりでしたので、今回はその恩返しができればと思っています。役柄は主人公なつが上京してから出会う、新宿の老舗喫茶店のマダム。謎多きキャラクターを素晴らしいチームの皆さんと楽しみながら演じていきたいと思います」と語っている。

 そのほかリリー・フランキーさん、戸田恵子さん、 鈴木杏樹さん、工藤阿須加さん、水谷果穂さん、近藤芳正さんの出演も発表された。

 「なつぞら」は、記念すべき100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。広瀬さん演じるヒロインの奥原なつは1937年、東京生まれの設定。大空襲を生き延びたものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎(さいたろう)、妹・千遥(ちはる)と別れ、父の戦友だった柴田剛男に一人引き取られ、北海道の十勝地方に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民1世である剛男の父・泰樹から、開拓者精神とともに人生で大切なことを学んでいく。

 高校卒業後は上京して、当時、「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽(てんよう、吉沢亮さん)から、手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリーが展開する。4~9月に放送。全156回を予定。


2019年02月12日 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190212dog00m200049000c.html
no title

【朝ドラ「なつぞら」比嘉愛未、山口智子、松嶋菜々子ら歴代ヒロインと共演】の続きを読む


バイキング
1: なまえないよぉ~ 2019/02/11(月) 09:45:23.61 ID:kMxU9Vaf9
2月4日放送の『バイキング』(フジテレビ系)の中で、俳優の新井浩文容疑者(40)逮捕のニュースを受けてコメントしたお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの吉田敬(45)に対して、司会の坂上忍(51)が声を荒らげる場面があった。

番組では、強制性交の疑いで逮捕された新井容疑者のニュースが特集され、新井容疑者のツイッターの投稿「犯罪者やらせたら日本一、クズ男やらせたら日本一。。。」(原文ママ)などを取り上げた。

今回の事件について、坂上からコメントを求められた吉田は「ほんまにやってしもうてどうすんねんていう……まあ、ほんまにやったらダメですよね」と、ふだんならお笑いセンス抜群のコメントをする吉田らしくない遠慮がちなコメントをした。

すると、坂上は「今日は、みんな歯切れ悪いって言うか……。ダメなもんはダメなんだよ! 簡単に言ったらバカなんだよ! 40(歳)にもなって“何やってんだコイツ”って話なんだよ! じゃないの? 
それを同業者が言わないでどうすんの! 守り合ったってしょうがないんだよ」と声を荒らげた。

これに、吉田は「守っているつもりなんか全然ないです。(新井容疑者の犯罪は)ダメです。

だからダメです」と応じるも、坂上は「それで終わっちゃうのは吉田じゃないでしょ? その後もっと続くでしょ、いつも」と厳しいツッコミを入れた。

「坂上が吉田に対して声を荒らげたのは、番組を盛り上げるための、坂上なりの演出です。
ただ、彼と共演する芸能人たちは、坂上の厳しいツッコミを本気で怖がっています。
昨年9月25日に、『バイキング』火曜日レギュラーだった小籔千豊(45)が番組を卒業しましたが、小籔は以前出演したAbemaTVの生放送で、“(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。
心が折れるときがある”と語っており、鋭いコメントに定評のある小籔をもってしても、坂上との共演はストレスだったということが分かります」(放送作家)

坂上といえば、昨年10月1日に放送されたスペシャル番組『FNS 番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)の司会を務めた際、ゲストの織田裕二(51)に対して
「皆さん! フジテレビに織田裕二が帰ってきましたよ!」と冷やかし、さらに大物俳優の織田を「織田!」と呼び捨てにして、イジっていたことで視聴者から非難が殺到したことも記憶に新しい。

「あの“織田イジり”の影響が大きいのか、今、複数の俳優系芸能事務所関係者から、“坂上と自分の事務所のタレントは共演させたくない”という声が噴出しているんです。
それは、ドラマの宣伝などがある際でもそうらしく、坂上が司会を務める番組は今、キャスティングに相当苦労していて、スタッフも頭を抱えているそうです。
その結果、『バイキング』や『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)などの番組も、徐々に視聴率が落ちてきているといい、坂上に対する風当たりはだんだん強くなってきているようです」(前出の放送作家)

“フジテレビのお昼の顔”として定着した坂上だが、あまりに辛口過ぎるツッコミのせいで、今後も共演NGが増えていくのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1687710/?page=2
2019.02.11 08:00 日刊大衆

【坂上忍がついに窮地!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/18(金) 09:42:31.34 ID:rlWhi3aU9
安達祐実が、17日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)で母親の有里さんと15年ぶりのテレビ共演を果たした。

この日安達は、以前ドラマで共演して仲良くなった我が家・坪倉由幸とともに、実家がある浅草へ。
幼いころから家族とよく行っていたお好み焼き店で、かつての思い出話に花が咲いた。

ここで坪倉が、安達に実家ロケのオファー。いきなりの提案に彼女もびっくりしたものの、「いいですよ」とすんなりOK。
すぐさま実家の母に電話して訪問の許可を取り付けると、早速坪倉を連れて突撃した。

そこにいたのが母・有里さん。親子共演は実に15年ぶりだという。ここで坪倉が「僕の勝手なイメージ」としつつ、「2人はあまり仲良くないんじゃないか」と質問。
すると安達は「親子の感じがあんまりしないかもしれない」と答え、「親子といえども持ちつ持たれつじゃないですか」と見解を述べた。

すると有里さんは「私なんて、ずっと祐実ちゃんに食べさせてもらわなきゃいけないから逆らわない」と娘に甘えている現状を告白。
坪倉が「安達さんが倒れたら……」と心配すると、安達は「1年ぐらい前に(母から)『ちょっと保険入っといてよ』って(言われた)」と明かし、笑っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15889294/
2019年1月18日 7時30分 RBB TODAY

5a46505b-s


no title

【安達祐実さん、母親と15年ぶり共演!不仲説は否定 ← 一般人じゃないもんなwww】の続きを読む