芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

共演

1: なまえないよぉ~ 2019/02/12(火) 19:22:07.74 ID:LEljsaK99
 女優の広瀬すずさん主演で、4月からスタートする2019年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」に、比嘉愛未さんが出演することが分かった。比嘉さんは2007年に放送された朝ドラ「どんど晴れ」で主演を務めており、同じく朝ドラヒロイン経験者の山口智子さん、松嶋菜々子さんらとの共演に期待が募る。

 東京・新宿に戦前から続くベーカリー兼カフェ・川村屋のオーナーの“マダム”こと前島光子(まえじま・こうこ)を演じる比嘉さんは、「ドラマデビュー作だった『どんど晴れ』から12年たち、長い旅路から帰って来られてホッと落ち着くような、ただいまといううれしい気持ちでいっぱいです!!」と喜びのコメント。

 「あの頃は、周りの方々に支えられ、助けられてばかりでしたので、今回はその恩返しができればと思っています。役柄は主人公なつが上京してから出会う、新宿の老舗喫茶店のマダム。謎多きキャラクターを素晴らしいチームの皆さんと楽しみながら演じていきたいと思います」と語っている。

 そのほかリリー・フランキーさん、戸田恵子さん、 鈴木杏樹さん、工藤阿須加さん、水谷果穂さん、近藤芳正さんの出演も発表された。

 「なつぞら」は、記念すべき100作目の朝ドラで、脚本家の大森寿美男さんのオリジナル作。広瀬さん演じるヒロインの奥原なつは1937年、東京生まれの設定。大空襲を生き延びたものの、両親を戦争で失う。兄・咲太郎(さいたろう)、妹・千遥(ちはる)と別れ、父の戦友だった柴田剛男に一人引き取られ、北海道の十勝地方に移り住む。柴田家の家業である酪農を手伝う中、持ち前の明るさを取り戻し、北海道移民1世である剛男の父・泰樹から、開拓者精神とともに人生で大切なことを学んでいく。

 高校卒業後は上京して、当時、「漫画映画」と呼ばれ、草創期を迎えていたアニメ業界に飛び込む。画家志望の友人・山田天陽(てんよう、吉沢亮さん)から、手ほどきを受けたデッサンの腕前を生かし、自然の中での生活で磨かれたみずみずしい感性を発揮していく……というストーリーが展開する。4~9月に放送。全156回を予定。


2019年02月12日 テレビ
https://mantan-web.jp/article/20190212dog00m200049000c.html
no title

【朝ドラ「なつぞら」比嘉愛未、山口智子、松嶋菜々子ら歴代ヒロインと共演】の続きを読む


バイキング
1: なまえないよぉ~ 2019/02/11(月) 09:45:23.61 ID:kMxU9Vaf9
2月4日放送の『バイキング』(フジテレビ系)の中で、俳優の新井浩文容疑者(40)逮捕のニュースを受けてコメントしたお笑いコンビ、ブラックマヨネーズの吉田敬(45)に対して、司会の坂上忍(51)が声を荒らげる場面があった。

番組では、強制性交の疑いで逮捕された新井容疑者のニュースが特集され、新井容疑者のツイッターの投稿「犯罪者やらせたら日本一、クズ男やらせたら日本一。。。」(原文ママ)などを取り上げた。

今回の事件について、坂上からコメントを求められた吉田は「ほんまにやってしもうてどうすんねんていう……まあ、ほんまにやったらダメですよね」と、ふだんならお笑いセンス抜群のコメントをする吉田らしくない遠慮がちなコメントをした。

すると、坂上は「今日は、みんな歯切れ悪いって言うか……。ダメなもんはダメなんだよ! 簡単に言ったらバカなんだよ! 40(歳)にもなって“何やってんだコイツ”って話なんだよ! じゃないの? 
それを同業者が言わないでどうすんの! 守り合ったってしょうがないんだよ」と声を荒らげた。

これに、吉田は「守っているつもりなんか全然ないです。(新井容疑者の犯罪は)ダメです。

だからダメです」と応じるも、坂上は「それで終わっちゃうのは吉田じゃないでしょ? その後もっと続くでしょ、いつも」と厳しいツッコミを入れた。

「坂上が吉田に対して声を荒らげたのは、番組を盛り上げるための、坂上なりの演出です。
ただ、彼と共演する芸能人たちは、坂上の厳しいツッコミを本気で怖がっています。
昨年9月25日に、『バイキング』火曜日レギュラーだった小籔千豊(45)が番組を卒業しましたが、小籔は以前出演したAbemaTVの生放送で、“(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしているときがある。
心が折れるときがある”と語っており、鋭いコメントに定評のある小籔をもってしても、坂上との共演はストレスだったということが分かります」(放送作家)

坂上といえば、昨年10月1日に放送されたスペシャル番組『FNS 番組対抗オールスター秋の祭典 目利き王決定戦』(フジテレビ系)の司会を務めた際、ゲストの織田裕二(51)に対して
「皆さん! フジテレビに織田裕二が帰ってきましたよ!」と冷やかし、さらに大物俳優の織田を「織田!」と呼び捨てにして、イジっていたことで視聴者から非難が殺到したことも記憶に新しい。

「あの“織田イジり”の影響が大きいのか、今、複数の俳優系芸能事務所関係者から、“坂上と自分の事務所のタレントは共演させたくない”という声が噴出しているんです。
それは、ドラマの宣伝などがある際でもそうらしく、坂上が司会を務める番組は今、キャスティングに相当苦労していて、スタッフも頭を抱えているそうです。
その結果、『バイキング』や『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)などの番組も、徐々に視聴率が落ちてきているといい、坂上に対する風当たりはだんだん強くなってきているようです」(前出の放送作家)

“フジテレビのお昼の顔”として定着した坂上だが、あまりに辛口過ぎるツッコミのせいで、今後も共演NGが増えていくのかもしれない。

http://dailynewsonline.jp/article/1687710/?page=2
2019.02.11 08:00 日刊大衆

【坂上忍がついに窮地!?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/18(金) 09:42:31.34 ID:rlWhi3aU9
安達祐実が、17日放送の『櫻井・有吉 THE夜会』(TBS系)で母親の有里さんと15年ぶりのテレビ共演を果たした。

この日安達は、以前ドラマで共演して仲良くなった我が家・坪倉由幸とともに、実家がある浅草へ。
幼いころから家族とよく行っていたお好み焼き店で、かつての思い出話に花が咲いた。

ここで坪倉が、安達に実家ロケのオファー。いきなりの提案に彼女もびっくりしたものの、「いいですよ」とすんなりOK。
すぐさま実家の母に電話して訪問の許可を取り付けると、早速坪倉を連れて突撃した。

そこにいたのが母・有里さん。親子共演は実に15年ぶりだという。ここで坪倉が「僕の勝手なイメージ」としつつ、「2人はあまり仲良くないんじゃないか」と質問。
すると安達は「親子の感じがあんまりしないかもしれない」と答え、「親子といえども持ちつ持たれつじゃないですか」と見解を述べた。

すると有里さんは「私なんて、ずっと祐実ちゃんに食べさせてもらわなきゃいけないから逆らわない」と娘に甘えている現状を告白。
坪倉が「安達さんが倒れたら……」と心配すると、安達は「1年ぐらい前に(母から)『ちょっと保険入っといてよ』って(言われた)」と明かし、笑っていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/15889294/
2019年1月18日 7時30分 RBB TODAY

5a46505b-s


no title

【安達祐実さん、母親と15年ぶり共演!不仲説は否定 ← 一般人じゃないもんなwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/01/16(水) 23:25:04.66 ID:KwchF55y9
「大食いの大先輩であこがれのギャル曽根さんと」とギャル曽根との笑顔の2ショットを公開したもえあず。「大食い世界戦のとき日本代表のチームメイトとして戦ったのと、大食い王決定戦のゲストで来てはったの以外でテレビ共演は初!!」と明かした。

https://abematimes.com/posts/5572410
no title

【もえあず、憧れのギャル曽根と共演し感激】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/23(金) 22:30:40.25 ID:CAP_USER9
 女優の矢田亜希子が、26日放送のフジテレビ系“月9”ドラマ『SUITS/スーツ』(毎週月曜 後9:00)第8話にゲスト出演することがわかった。
主演の織田裕二とは、2004年10月期の月9枠『ラストクリスマス』以来14年ぶりの共演となる。矢田は「14年もたっているんですけど、織田さんは全然
変わらないですね。空気感も、昔を思い出しますし、“ラストクリスマス”では濃密な時間を一緒に過ごさせていただいた方なので、本当に14年前に
タイムスリップした感覚です」と再会を喜んだ。

 全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作に、織田演じる“勝つためには手段を選ばないエリート弁護士”と、中島裕翔演じる“その日暮らしの
天才フリーター”という、相いれることのない凸凹コンビが、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく。矢田が演じるのは、大手建設会社『烏丸建設』が
一時期使用していた有害性塗料による健康被害を訴える、集団訴訟の原告団代表・水原美咲(みずはら・みさき)。

 美咲のほか原告団総勢462人の大きな訴訟だが、一審で東京地裁は原告団の請求を棄却、『幸村・上杉法律事務所』の代表・チカ(鈴木保奈美)は、
原告団の控訴審を引き受け、甲斐(織田)、大輔(中島)、真琴(新木優子)らが、美咲たちをサポートすることに。しかし、彼らの前に甲斐と因縁の深い
「烏丸建設」弁護士の畠中美智瑠(山本未來)が立ちはだかる。美咲は原告団の代表ながらも、集団訴訟に関してある秘密を抱えている物語の鍵を握る
キャラクターとなっている。

 今回のオファーを受け、「主演が織田さんということで、オファーを頂いた時はとにかくうれしかったです」と感想を語る矢田。「撮影の合間などでは、
織田さんとたくさん思い出話をさせて頂いて楽しかったです(笑)。久しぶりに共演させて頂いて、改めて織田さんは、安心感があって、ゆだねられる
方だなと思いました。何年たっても、やっぱり織田さんはステキでした」と尊敬の眼差しを向ける。

 「私自身、『東京ラブストーリー』を見ていて、今回の『SUITS/スーツ』で27年ぶりに共演された織田さんと保奈美さんを見て、カンチとリカの
その後を見ているような気持ちになりましたので、”ラストクリスマス”をごらん頂いていた方にはもちろん、このドラマ”SUITS/スーツ”の役設定が一番ですが、
どこかでほんの少しだけでも健次と由季(“ラストクリスマス”で織田と矢田が演じた役名)を思い出していただいて、懐かしい気持ちになって頂けたらと
思います」と呼びかけている。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000304-oric-ent
no title

no title

no title

【矢田亜希子、月9で織田裕二と14年ぶり共演】の続きを読む