芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

元NGT

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/09(水) 21:55:37.86
5月にアイドルグループ・NGT48を卒業し、直後に大手芸能プロ・研音に移籍した山口真帆だが、誕生日の9月17日に発売したファースト写真集の売り上げが好調だ。

9月30日付の「週間写真集ランキング」(オリコン調べ)によると、1万116枚を売り上げて1位を獲得したのだ。

「出版不況のこのご時世で1万部売るのはかなり至難の業。女性アイドルだと、楽々1万枚を突破できるのは乃木坂46、欅坂46、日向坂46のメンバーぐらい。8
月に発売された日向坂のファースト写真集の発行部数は14万部を突破した」(出版業界関係者)

移籍後、山口のこなした仕事といえば、フジテレビ系の情報番組「ノンストップ」での海外ロケ、ラジオへの生出演、そして各地での写真集の発売イベント。
山口は現在、12月18日に都内で開かれるファンクラブイベントに向けて準備を進めているが、いまだに本人がインタビューなどで意欲を見せている女優業の仕事はない。

「演技経験がなく、舌足らずで滑舌が悪く、顔が小さいわけでもない。女優として売り出すのはなかなか厳しいようだ。暴行事件の被害者なので、ネット上では同情の声が集まっている。
今が売り時だけに、とりあえずは金になるファンイベントをやらせているようだ」(芸能記者)

同事務所はシンガー・ソングライターの家入レオや女優の水谷果穂らが動き、音楽活動へのノウハウを構築している。ここにきて山口のソロ歌手デビュー話が浮上しているようだ。

「NGT時代と同じように、CDに握手券を付ければいくらでも稼げる。ソロでその手法で成功している歌手はいないが、山口の今の勢いならばまだ稼げそうだ」(同)

時間はどんどん過ぎていってしまう。女優か歌手か、山口と事務所は選択を迫られそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/2033968/
2019.10.09 21:00 リアルライブ
no title

【元NGT・山口真帆、ソロ歌手デビューの噂の背景は 写真集の売れ行きも好調】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/18(水) 11:32:13.06
5月にアイドルグループ「NGT48」を卒業した山口真帆(23)が16日、フジテレビ系「ノンストップ!」に出演した。
女優転身後、初のテレビの仕事だが、内容はマカオの魅力を伝える女子旅ロケで、今もって女優としての出演はゼロ。

本紙は所属事務所「研音」が山口の演技力にまだ合格点を与えていないことを報じたが、実はもっと深刻な問題が持ち上がっていた。
他の芸能事務所やテレビ局から女優・山口真帆が“敬遠”されているというのだ。その理由は――。

5月25日に主役級の俳優&女優が多数所属する大手芸能事務所「研音」に移籍してからもうすぐ4か月がたつ山口。
女優転身後、初の写真集を発売、ラジオにも出演し、初のテレビもこなした。

表面上は順調なスタートのようだが、「女優」という肩書で紹介されているものの、演技の仕事はいまだゼロという不思議な状況が続いている。
本紙は実力主義が徹底される研音から、演技力に合格点が得られていない現状を報じたが、その陰で、より深刻な事情があった。

「山口は、事件や一連のNGT騒動でネット上では完全に“悲劇のヒロイン”扱い。彼女に対して少しでも否定的な意見を示す人物が、猛バッシングを浴びる状況が続いている。
ドラマで山口と共演する立場からすれば、これは非常に怖い。山口が出演したドラマがコケたら、『山口は悪くない。お前のせいだ!』などと、
共演者に批判の矛先が向かう可能性が高い。他の事務所が山口との共演に二の足を踏んでいる」(テレビ局関係者)

ドラマを制作するテレビ局サイドも同じだ。山口に対して、少しでも事件を連想させる物語や役柄などのオファーを出した際に
「脚本が悪い!」「視聴率が取れればいいのか!」などと、テレビ局に抗議が殺到することを恐れているという。

「山口が初出演するドラマが大きな話題になるのは間違いない。週刊誌などで、撮影中に『山口をいびった共演女優の〇〇』なんて報じられれば、
その女優のイメージに大きな傷が付いてしまう。実際にそんなリスクを考えて『共演したくない』と、ハッキリと言っている女優もすでにいる」と衝撃的な舞台裏を明かすのは某芸能プロ関係者。

何か起きればバッシングの標的にされそうな共演者やテレビ局にしてみれば、たまったものではない。山口は完全に“ハレ物”扱いされているのだ。

こんな山口の初ドラマについては、研音所属で大先輩にあたる唐沢寿明主演の7月期のドラマ
ボイス 110緊急指令室」(日本テレビ系)への単発出演が一時期検討されたようだが、結局は見送られた。

先の状況を考えれば、十分うなずける。

一連の騒動で山口はツイッターなどのSNSを駆使し、運営サイドやメンバーへの批判を展開。
ネット上で圧倒的な支持を得てきたが、それが他の事務所や共演者たちを恐怖に陥れ、結果、女優の仕事がなかなか決まらないのであれば、なんとも皮肉な話だ。
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1552770/
no title


【【叩き記事】元NGT山口真帆さん、写真集はアマゾンベストセラーなのに無理やり叩くwwwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/08/29(木) 00:03:15.01
今年5月に「NGT48」を卒業した山口真帆が27日、TOKY FMの生放送番組「Skyrocket Company」にゲスト出演した。

 山口は卒業直後、大手芸能プロ・研音へ移籍。誕生日の来月17日にファースト写真集「present」(宝島社刊)を発売することが決定しているが、移籍後、メディアへの出演は初めてで、山口にとっての再出発の日となった。

 各スポーツ紙によると、都内の同局前には報道陣が集まったというが、山口は午後6時30分ごろ、車で同局へ。
報道陣を避けるかのように駐車場の出口から入り、車内には黒いカーテンが下ろされるなど、厳戒態勢だったという。

 番組には、午後7時10分ごろから出演。「元NGT48」という肩書はなく、「アイドルグループ卒業」などと表現され、「女優の山口真帆さんです」と紹介されると、「こんばんは」と元気にあいさつ。
出演終了後は車で同局を後にし、報道陣の前に姿を見せることはなかったというのだ。

 「写真集の発売記念イベント開催が決定し、予約段階で売れ行きは好調だが、事務所としては、メディア露出でもうひと押ししておきたかったのでは。ただし、すでに元NGTの肩書は使わないことに決めているようだ」(芸能記者)

 山口は昨年12月、自宅を訪れたファン2人から暴行を受け、2人は逮捕されたものの不起訴に。今年1月に山口が自ら事件を暴露し騒動に発展したが、いまだに収束せず。

 NGTの運営会社・AKSはグループの活動に損害を与えたとして、事件の加害者2人を民事で提訴。現在も係争中だ。

 そんな中、山口にとって“不都合な真実”を「週刊文春」のWEB版「週刊文春デジタル」が報じた。

 同サイトによると、8月17日にNGTは保護者会を開催。その際、AKSの吉成夏子社長が、加害者が「僕は、もともと繋がっていたのは山口さんです」と発言していたことを暴露。その件も含めた真実を明らかにするため、民事訴訟で加害者と和解しない意向を明かしたといのだ。

 「これまで、山口はほかのメンバーのファンとのつながりが事件の原因であることを主張していたことが報じられた。しかし、吉成社長の発言が真実ならすべてひっくり返ってしまう」(同)

 この記事が出ても、相変わらずAKSに対する批判が殺到しているが、訴訟の行方に注目が集まりそうだ。

https://npn.co.jp/sp/article/detail/20789925/
NGT48山口真帆

【元NGTから“女優”に 山口真帆、厳戒態勢の再出発の日に文春が“不都合な暴露”でファン激怒】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/06/01(土) 10:25:01.28 ID:0CL/UtWw9
NGT48を卒業してすぐ、大手芸能事務所である「研音」に所属することが発表された山口真帆(23)。唐沢寿明、反町隆史、竹野内豊ら大物俳優をはじめ、山口智子や天海祐希ら大御所女優も多数抱える事務所だけに、アイドル活動中は所属のAKSのグダグダな運営に振り回されてツラい思いをしてきた山口にとっては理想的な移籍だといわれている。

「よそからの紹介ではなく、山口の将来性を見込んだ事務所の人間がアプローチして所属が決まったそうです」(芸能関係者)というが、研音の期待も半端ではないという。別の芸能関係者が語る。

「研音には大御所と呼ばれる女優さんが大勢いる一方で、実は若手女優が伸び悩んで行き詰まっていた時期があった。今では川口春奈さんや杉咲花さんがいますが、2004年ごろまでは空洞に近い状態だったんです。その窮地を救ったのがモデルから転身した榮倉奈々。彼女の活躍で事務所に有望な若手女優が集まりだしたんです」

 その榮倉は研音の寮で生活しながら、月9ドラマ「プロポーズ大作戦」やNHKの朝ドラ「瞳」など代表作と出合い、成長していったという。

 芸能関係者が続ける。

「当時、榮倉さんが住んでいた寮の部屋は“榮倉部屋”と呼ばれ、その後も事務所の期待の星が受け継いでいるそうです。山口さんがこの“榮倉部屋”に入るのは間違いないと思いますよ」

 AKS幹部と渡り合ってきた山口の強い意志を見る限り、出世部屋のプレッシャーに負けることはなさそう。女優として大輪の花を咲かすことができるか。

6/1(土) 9:26配信 日刊ゲンダイ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190601-00000005-nkgendai-ent
no title

【研音は第2の榮倉奈々を期待! 元NGT山口真帆の明るい未来】の続きを読む