芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

元AKB48

1: なまえないよぉ~ 2017/12/14(木) 15:19:12.36 ID:CAP_USER9
元AKB48の永尾まりや(23歳)が12月14日、都内で開催された映画「フラットライナーズ」公開記念イベントに出席。
AKB48時代を振り返り、「一人は寂しい」と本音を漏らすとともに、川栄李奈(22歳)にライバル心を燃やした。

今回のイベントで「中学生時代に憧れていた」というお笑い芸人・小島よしお(37歳)と初対面を果たした永尾。
囲み取材では小島の“無茶ぶり”にも応え、一緒に「おっぱっぴー」「ラスタピーヤ」を披露するなど、かなりのやる気を見せていたが、AKBの話になると若干しんみりムードに。

「AKBってやっぱり楽しかったな」と振り返り、「それこそ青春だったので。学校を卒業したような感じ……なんかちょっぴり一人の楽屋が寂しい」と本音がポロリ。

それでも「AKBとか関係なく、もっともっと有名になりたいと思います」と前を向き、同じく元AKBで、露出が増えている川栄について問われると「川栄は1年後輩なんですよ。初期は『顔が似てる』と言われていて、ふたりとも前にぜんぜん出ていなかったんです。だから川栄が(今は)前に出ているので、私も出ていきたい」とライバル心を燃やしていた。

映画「フラットライナーズ」(配給:ソニー・ピクチャーズ)は、1990年に公開された「フラットライナーズ」のリメイク版。
主人公の医学生が“人が死んだらどうなるのか?”という好奇心から臨死実験を繰り返すようになり、仲間の医学生とともに徐々に恐しい世界に足を踏み込んでいくサスペンス・スリラー。
12月22日(金)全国ロードショー。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20171214/Narinari_20171214_47101.html

映画「フラットライナーズ」公開記念イベント 小島よしおと永尾まりや
no title


元AKB48 永尾まりや
no title

元AKB48 川栄李奈
no title

no title

【元AKB48永尾まりや、“後輩”川栄李奈にライバル心「もっともっと有名になりたい」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/12(火) 20:06:43.02
元乃木坂46&元AKB48メンバーらが「ドローン」アイドルユニットに

12月10日 DIFFER有明にて「DRONE VENUS(ドローンビーナス)」のお披露目会が行われた。
この「DRONE VENUS(ドローンビーナス)」は株式会社ドローンネットとホリプロとのタイアップで、日本で初となる歌って踊れて飛ば
せるドローンアイドルユニットでエンターテイメント分野で全国にドローンの楽しさや魅力を伝えていく活動を全面支援するために
誕生した。
メンバーには元乃木坂46の永島聖羅や元AKB48の仁藤萌乃らが名を連ね、この日は永島聖羅、桃瀬美咲、山根千佳、石田安奈4名が登
場した。
航空法の知識や確かな操縦技術をドローンビーナス全員が身につけ、発信していくことでドローンを安全に楽しく使えることを広く
伝えていくことが目的だという。

「DRONE VENUS(ドローンビーナス)」メンバー
永島聖羅
桃瀬美咲
山根千佳
仁藤萌乃
石田安奈
山内鈴蘭
http://fieldcaster.net/archives/8124
画像
no title

no title


元乃木坂46&元AKB48メンバーらが「ドローン」アイドルユニットに
https://www.youtube.com/watch?v=S6ECt9UyE24


【元AKB48・元乃木坂46メンバーらがドローンアイドル結成 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/10(日) 12:43:01.57 ID:CAP_USER9
モデル・タレントの小嶋陽菜が、9日に自身のインスタグラムを更新し、ハワイのワイキキビーチにて水着姿でポーズを取る姿を収めた写真を公開。
ファンからは「パーフェクトです」などのコメントが寄せられている。

小嶋は口紅の絵文字だけを添えて、ブラックの水着とグレーのパンツにサングラスを合わせた装いで、頭の上に手を置きながら、可愛らしい表情を浮かべる姿を収めた写真を公開。
位置情報はハワイのワイキキビーチとなっている。
小嶋は今月上旬に自身のツイッターでハワイで行ったイベントの写真を掲載していたことから、最近訪れたハワイでの写真だと思われる。

写真を見たファンからは、「いつ見ても羨ましいスタイル」「セクシー&可愛いっ」「ほんと可愛いしかでてこない」「にゃんにゃん、セクシー」「色っぽ過ぎです~」などのコメントが寄せられている。

また小嶋は、AKB48劇場12周年の8日にツイッターで「12年前の今日、劇場デビューしてから、いっぱい乗り越えてきたから、AKB48のおかげで、今、たのしい!」とメッセージを投稿し、ファンへ感謝を込めた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00053152-crankinn-ent

パーフェクトボディを披露 小嶋陽菜
no title


元AKB48 小嶋陽菜
no title

no title

no title

no title

【元AKB48小嶋陽菜、ハワイで披露したパーフェクトボディに大反響wwwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/10(日) 10:41:19.42 ID:CAP_USER9
女優の前田敦子(26)は仕事を選ばない。所属事務所に薦められたものは全て引き受ける。
公開中の映画「探偵はBARにいる3」では「共感できるところがない」という女子大生役に挑んで巧みに演じ切った。
実生活は「不器用」を自認するが演技は器用。芸能歴12年にしてまだ20代半ば。
「面白い役を今だからこそやりたい」と笑った。

◆AKB卒業から5年
AKB48時代は「絶対的エース」。
5年前に女優の道を歩み始めてからも着実にキャリアを重ねてきた。
普通は自分が演じる役にこだわるところだが、前田敦子は違う。
「私は自分で判断しないですね」
所属事務所のマネジャーに「こういう役があるけれど、やってみる?」と尋ねられる。
それが映画「探偵はBARにいる3」で演じた“癖のある女子大生”のように「共感できるところがない」役だとしても断らない。

「やりたくない、ということはないです。マネジャーさんたちいろんな仕事の中から、私がやった方がいいと思うものを選んで薦めてくれる。だから、マネジャーさんたちに感謝してます」
優等生的な発言にも聞こえるが、前田は元々誰かにお世辞を言うタイプの人間ではない。
その言葉の底には、これまで所属事務所に薦められた仕事が結果的に女優としての成長につながっているという充足感がある。

◆演技は「器用」に
「自由で、幅が広がったなと思います。作品を変に選ばず、自分の立ち位置にこだわらないでいられるのは幸せです。王道で行かなければいけないとなると、苦しいと思うんですよ。楽しいものに乗っからせてもらっている感じです」
どんな役でも引き受けられるのは、自身の演技力への確信もあるだろう。
私生活では「不器用」を自認するが、撮影現場では適応力の高さを見せている。
「今年は一つの作品の撮影中に別の作品に出演させてもらう機会が多かったんです。3、4日で撮影が終わってしまう作品もあって、ちょっと前なら“3、4日で何ができる?”と思うようなところを、今はワーッと撮影を楽しんで、ワーッと帰って来られる。本当に経験というのは大事だと思います。今は、苦しいと思うことがありません」

この5年で確実に女優としてスキルアップした。
最近はフジテレビのドラマ「民衆の敵」に出演し、そのスピンオフドラマ「片想いの敵」に主演。
市議会議員の役だが、スピンオフでは毎回最後にキャンディーズ「年下の男の子」や松田聖子「赤いスイートピー」など昭和のヒット曲を歌った。

「あれは酔っぱらっている設定なので、カラオケの感じで歌いました。元々カラオケが大好きなんです。昔の曲も歌えるので、私はどの世代の人ともカラオケに行けると思いますよ」

元国民的アイドルではあるが、あの歌唱シーンは「アイドルに戻る」のではなく「女優がアイドルを演じる」という印象だった。
女優として、アイドルの世界からずいぶん遠い場所まで歩んできたことを感じさせた。
「もうアイドルに戻ることは絶対にないです。自分の経験年齢的に、きついなと思います。この世界に12年間いて、いまだにアイドルというわけにはいきません。でも、欅坂46には入りたい!欅の歌が大好きなんですよ」

◆欅坂入りたい!
そんな発言をすると、どこかで前田と欅坂のコラボ企画が浮上しそうだが…。
「絶対に出ないから大丈夫です。欅の邪魔はしないです」
普段、仕事は選ばないものの、その依頼だけは断るようだ。

これから女優としてどんな方向に進んでいくのだろうか。
「無理したくないです。私は良くも悪くも童顔で、スッピンだと小学生みたいで自分でもびっくりするんですよ。だから、背伸びはしたくない。変に大人っぽい役をやるのではなく、このくらいの年齢だからこそできる役をやっていきたい」

芸能歴12年だが、女優としてはまだ若い26歳。その可能性は無限に広がっている。
「面白い役を今だからこそやりたい。一番いろんなことができる年齢なんじゃないかと思いますね。仕事のことを考えるとワクワクしちゃいます」
今、誰よりも女優業を楽しんでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171210-00000087-spnannex-ent

元AKB48 前田敦子
no title

no title

no title

【【勘違い】元AKB48前田敦子「もうアイドルには戻らない…でも欅坂46には入りたい!」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/08(金) 11:00:44.22 ID:CAP_USER9
9月にAKB48を卒業した木崎ゆりあ(21)が小栗旬(34)綾野剛(35)らが所属する芸能事務所トライストーン・エンタテイメントに所属することが7日、分かった。
来年2月、劇作家つかこうへいさんの代表作の1つ、舞台「熱海殺人事件」に出演することも決まった。
女優として幸先よいスタートとなりそうだ。

木崎はAKB48時代、メンバーの多くが所属するマネジメント会社「AKS」に在籍した。
卒業後、本格女優を目指すため、トライストーンへの移籍を決断した。
同社は映画製作会社でありながら、所属する小栗がブレークすると、これに続くように綾野、田中圭(33)坂口健太郎(26)間宮祥太朗(24)らが台頭。
さらには女優木村文乃(30)や歌手miwa(27)も在籍する。
木崎は「すてきな役者さんが大勢いるイメージで、その中で勉強をしたいと思いました」。
事務所社長と先月に面談し、その場で意気投合して移籍が決まった。

既に事務所の養成所で、レッスン生に交じり演技を学んでいる。
「他の人が指導されている話を聞くだけでも、すごく勉強になります」。
小栗が見学に訪れたこともあった。
「事務所の皆さんが家族のような雰囲気で、この人たちのためにも頑張りたいって気持ちになりました」。

卒業後、女優として最初の仕事は舞台に決まった。
つか作品の名作「熱海殺人事件」だ。
過去に内田有紀(42)黒木メイサ(29)も演じた大役。
川栄李奈(22)を「AZUMI」で、松井玲奈(26)を「新・幕末純情伝」に起用するなど、アイドルを女優として開眼させる手腕にたける岡村俊一氏(55)が演出を手掛ける。
木崎は同氏から「その人が持つ内面の正しさを表現するのが舞台。川栄も松井も心が正しかった。けたぐりの役作りは考えずに飛び込んでくれたら、過酷な稽古の先に答えは出てくる」とエールを送られた。

川栄と松井の舞台を観劇しており「本気で挑む姿がうらやましかったので、私もマジになりたい。男性陣しかいないので、負けたくない」と反応した。
同氏に「動きがチャーミングできれいだから舞台で映えるはず」と期待を寄せられると「卒業から2カ月間ゆっくりして、演技への意欲を再確認できた。おばあちゃんになるまで芝居をしていたい。勉強になることなら何でもやらせてください」と強い意欲を示した。

髪も短く切り心機一転。
新しい姿を小劇場の老舗、東京・紀伊国屋ホールで披露する。

◆木崎ゆりあ(きざき・ゆりあ)
1996年(平8)2月11日、愛知県生まれ。
09年11月にSKE48第3期生オーディション合格。10年6月に研究生から正規メンバーに昇格。
14年2月にAKB48移籍。今年9月にAKB48卒業。AKB48選抜総選挙は13、15年の22位が最高。
女優業は14年「GTO」などドラマ14作、映画は「柘榴坂の仇討」など3作に出演。
156センチ。血液型O。

◆熱海殺人事件 
つかこうへいさん作の戯曲。73年に初演され、74年に岸田國士戯曲賞を受賞。
86年に仲代達矢主演で映画化。熱海で起きた殺人を、主人公の木村伝兵衛刑事が大事件に仕立てようとする物語。
木崎の役は、主人公の愛人の水野朋子警察官。過去に黒谷友香、内田有紀、黒木メイサらが演じた。
初演から45年間。毎年春先に紀伊国屋ホールで上演されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171208-00071977-nksports-ent

元AKB48 木﨑ゆりあ
no title

no title

no title

【元AKB48木崎ゆりあ、本格女優へ 小栗旬、綾野剛らのトライストーン移籍 つか代表作「熱海殺人事件」出演決定】の続きを読む