芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

元ホステス

no title


1: なまえないよぉ~ 2017/08/06(日) 11:16:10.12 ID:CAP_USER9
学生時代に一時、銀座でホステスをしていたことを理由に内定を取り消され、裁判沙汰を経て日テレに入社した笹崎里菜アナ。
彼女が何とも臨場感たっぷりに、自身のホステス時代を思わせる行為をオンエア中に見せたことでファンが騒然としている。

 問題のシーンは7月20日放送の「シューイチ」で起きた。この日の放送はメインMC・中山秀征が50歳の誕生日を迎えることを記念して、彼の出身地である群馬県を訪れるという内容。91年から00年まで放送された同局の人気深夜番組「DAISUKI!」のレギュラーだった飯島直子と松本明子が出演し、番組を盛り上げた。

「DAISUKI!」の秘蔵映像が公開され、3人の口からは当時の秘話も飛び出した。

「そこで『DAISUKI!』でCM入りする時の映像の話になりました。女の子がポーズを決めて『大好き!』と叫ぶアレです。突然話を振られた笹崎アナはどう反応していいのか戸惑った後、小首をかしげて両手でグラスを持ち客に差し出すようなポーズをしたんです。まるでホステスが客と乾杯する時のようでした。なぜ『大好き!』で、そんなポーズを取ったのか、まったくわかりません。自虐ネタかと思ったんですが、そうではないようでした」(女子アナ評論家)

 予想外の反応に共演者たちも騒然。「何それ?」「水割り? 今水割り出したよね?」と困惑しきり。

no title

http://www.asagei.com/excerpt/86097

【日テレ笹崎里菜がつい見せた艶しぐさは「元ホステス」臨場感タップリ!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/04/01(土) 09:01:10.84 ID:CAP_USER9
銀座のクラブで働いていたことを理由に一時は内定取り消しの憂き目に遭い、訴訟の末に入社した経緯を持つ日本テレビの笹崎里菜アナウンサー。
それだけに入社時は注目度も高かったが、やはり2年も経過すると話題にものぼらなくなってきた。

しかし、だからこそ彼女の今が気になる。関係者に話を聞き、彼女の現在を追いかけた。

「今の彼女の立場としては、ごく普通のアナウンサーと同様です。
特別な厚遇や冷遇があるわけではありません。
ただ、現場スタッフは気を使っているように感じますね」(テレビ局関係者)

気を使っているとは、どういうことだろうか。

「入社から2年が経過するとそろそろ新人というレッテルが剥がれます。この時期は、アナウンス技術を伸ばしていかないといけない大切な時期でもあるんです。
通常なら、彼女が出演している各番組のプロデューサーなりディレクターが、細かいアドバイスをしてアナウンス技術が向上するように仕事の手はずを整えるのですが、
笹崎アナの場合は周囲が助言などをしないんですよ」(同)

やはり入社時の経緯が理由なのか。

「誰も明確に理由を言いませんが、明らかに入社時の訴訟を意識しているようです。
必要以上に関わりたくない相手という見方をされていますね。
よほどのミスがあれば叱責するでしょうが、本来ならスタッフがアドバイスをするような場面でも彼女の場合にはほとんどスルーされていますね」(同)

表向きの待遇は他のアナウンサーと同様のようだが、内実は違うようだ。

「そもそも入社時に裁判までして入っているので、上層部からも『接し方には気を付けろ』と指示されています。
この言葉の真意は『平等に扱え』ということなんですが、現場スタッフとしては、
よかれと思っていったことが差別的だと受け止められたら面倒なので、誰もが積極的に関わることを避けているんです」(同)

たしかにアドバイスをして返り討ちに遭うようなことは誰もが避けたいのだろう。
しかし、そんな現状を過ごしているとすれば、笹崎アナの今後はどうなるのか。

「自力で成長していくしかありません。局アナは入社から5年目がひとつの節目といわれており、
その時点でアナウンサーとしてこれ以上は伸びしろがないと判断されれば、他部署に飛ばされることもあります。
笹崎アナの場合、あと3年。それまでに自力でアナウンス技術を向上させ、自分の確固たる地位を築かないといけません。

無論、アナウンサーとしての技術がなかったとしても、下手に他部署に飛ばせばまた厄介なことになるかもしれないので、彼女の場合には例外となる可能性もあるかもしれませんが……。
いずれにしても自力でのし上がるしかないですね。今後も、誰も彼女とは深く関わろうとしませんから」(同)

入社5年目を節目とする考え方は日本テレビではよくあることだという。特例扱いされない場合には、あと3年で飛ばされる可能性もあるのだ。
果たして彼女はそのときまでに周囲を納得させられるアナウンサーになっているのだろうか。
裁判までしてつかんだ仕事だからこそ、踏ん張ってほしいものだ。

https://news.biglobe.ne.jp/trend/0330/toc_170330_0576688155.html
tocana3月30日(木)9時0分

no title

no title

d21e3f2d11b594e248e998654f4303f5-267x300


【元ホステス・日テレ笹崎アナが“面倒くさい女”扱いされている!? ゴタゴタ入社から丸2年の現在】の続きを読む