芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

元アイドル

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/12(月) 10:38:28.55 _USER9
「固定給はしばらく一桁でした」20歳の彼女がぶっちゃけた“私がアイドルだった頃” から続く

 15年3月にメジャーデビューした夢みるアドレセンスはOKAMOTO'SやMrs. GREEN APPLEが提供した楽曲で、各アイドルイベントを盛り上げた。とくに首藤義勝(KEYTALK)の作詞・作曲した『ファンタスティックパレード』はグループの代表曲になった。

 このまま上昇気流に乗るかと思われた矢先、16年12月に山田朱莉のSNS投稿が炎上してしまう。山田が卒業すると、京佳のモチベーションは低下。それが自身の卒業の引き金となったという。

 19年4月21日、京佳はグループを卒業。現在はフリーとしてグラビア、歌手、YouTuberと幅広く活動している。そんな彼女にとって“アイドル”とはなんだったのだろうか。(全2回の2回目/ #1 より続く)

「さすがにリテラシー低くない⁉」
――16年12月に山田朱莉さんのいわゆる“裏アカ”での男性とのツーショット写真をはじめとした投稿が流出した一件がありました。この投稿が「グループの活動における重大な規約違反」ということで山田さんは活動自粛となりました。京佳さんはどう受け止めましたか?

京佳 知った時はめっちゃキレましたよ。毎日一緒にいるくらい仲が良かったのに、朱莉の裏アカを知らなかったことが切なかったんです。「なんで教えてくれなかったんだろう」って。あの投稿を見ていたら絶対に止めていたのに……。

――本人に直接何か言ったんですか?

京佳 電話で怒鳴りましたよ。「さすがにリテラシー低くない⁉」って。

――恋愛していたことに関しては……。

京佳 運営から「気を付けてね」と言われていたけど、明確に「恋愛禁止」と言われていたわけじゃないので、表に出てしまったらしょうがないというか。ファンは減ると思うけど、私は続けてほしかったんです。

――なぜ卒業してほしくなかったんですか?

京佳 グループのバランスが崩れちゃうから。朱莉って賢いから、人と距離感をつかむのが上手いんです。全員から好かれていて、よく「トイレに一緒に行こう」と言われてました。バチバチし合っているメンバーもいたけど、朱莉がグループの手綱を引いていたからグループがまとまっていたんです。

――しかし、山田さんは卒業を決めました。

京佳 朱莉が卒業して、「グループが上にいくのは無理なんじゃないか」とモチベーションが落ちてしまいました。私にとってあの5人が原点であり頂点で、5人だからやってこれたと思っていたから。本人が「やめたい」と言ったので仕方ないけど、私がプロデューサーだったら朱莉を辞めさせないし、新メンバーも募集しなかったと思います。

――その後、山田さんとは……。

京佳 いまでも仲はいいですよ。それで関係を切るような友情じゃないし、誰にでも失敗はあるから。17年の夏に大阪でライブがあった時も、夜中にホテルから抜け出して朱莉とプリクラを撮って、カラオケに行きました。他のメンバーはまだ怒っていたけど、私は「そうだね」と言いながら朱莉と連絡を取り合っていたんです。

続きはソースで
https://news.yahoo.co.jp/articles/bbce28316fe79a5e0f5fb9d56bf1c85662e27ed7?page=2

20201012005

【「AV墜ちしろと言われると腹が立つ」元アイドル20歳が語る“卒業後”】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/31(火) 22:26:21.62 ● BE:115523166-2BP(2000)
 結成10年を迎えたグループ「アイドルカレッジ」で活躍した河地柚奈(かわじ・ゆうな)さんが、1st DVD「Never Vacation」(発売元:FORM FILMS、販売元:イーネット・フロンティア、収録時間:70分、価格:4180円)の発売記念イベントを12月21日、ソフマップAKIBA 1号店サブカル・モバイル館で開催した。

 2015年にアイドルカレッジに加入した河地さんは、5月にグループを卒業して新たな道へ。
現在は芝居の仕事を中心に活動している。グループにいたころは、メンバーたちと写真集やカレンダーを出した経験はあるが、ソロでイメージ映像に挑むのは初めてだ。

――お勧めは?

【河地柚奈】 バスルームで泡を使って胸を隠すところです。本当は花びらで隠すことになっていたのですが、私が「泡がいいな」と要望を出した思い出のシーンです。

https://ascii.jp/elem/000/002/001/2001354/
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【おまえらの好きそうな元アイドルがソフマップに初挑戦wwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/12/29(日) 02:40:54.89
 優に意外と多いアイドルグループ出身者。最近では、ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の西野七瀬(元乃木坂46)や、コメディエンヌとしての演技力も評価が高い橋本環奈(元Rev. from DVL)などが記憶に新しい。
アイドルの歌やダンスで身につけた表現力を活かして名演技を披露し、さまざまなキャリアを積んできた女優も多い。
そこでORICON NEWSでは、アイドルグループを経て大成した女優を調査。1位にはドラマ、映画、舞台と幅広く活躍している【篠原涼子】(元東京パフォーマンスドール)が輝いた。

【ランキング表】「この人も元アイドル?」TOP10は華麗に女優へ転身した美女がズラリ

■アイドル、タレント、アーティスト、女優とマルチにこなす国民的女優

1位の【篠原涼子】は、1990年~1994年まで東京パフォーマンスドール(以下、TPD)として活動。TPD在籍中も『ダウンタウンのごっつええ感じ』(フジテレビ系)にレギュラー出演し、アイドルでありながらお笑いへ体当たりする姿も印象的だった。
1994年には小室哲哉プロデュースによる篠原涼子 with t.komuro名義でCDデビュー。
スタイリッシュなビジュアルでアイドルから華麗に脱却し、一アーティストとして名を馳せた。4thシングル「恋しさと せつなさと 心強さと」はダブルミリオンを記録する大ヒットとなった。

TPD卒業後は、舞台、ドラマを中心に女優業がメインに活躍。数々の主演女優賞、助演女優賞などの受賞歴もあり、日本を代表する女優へと大成している。
映画化もされたドラマ『アンフェア』(フジテレビ系/2006年)、『ハケンの品格』(日本テレビ系/2007年)などのヒットで、“憧れの女性”として同性からの支持も厚い。

そんな女性からは、「代表作もあり2児の母でもあり、綺麗で大好き」(福島県/50代・女性)、「いつもキラキラ輝いてみえるから。
様々な役を演じることができ、素敵だなと思います」(大阪府/50代・女性)と絶賛の声が多数。また、「元アイドルという雰囲気が全くないから」(栃木県/20代・男性)、
「元アイドルという雰囲気が全くないから」(栃木県/20代・男性)と、TPD時代を知らない若い世代からは驚きの声も上がっていた。

■博多ローカルの“千年さん”から注目若手女優へと大成

「千年に1人の美少女」のキャッチフレーズでブレイクした【橋本環奈】は福岡で活動した元Rev. from DVLメンバー(2009年~2017年解散時まで在籍)。
女優デビューは2011年の映画『奇跡』(是枝裕和監督)。2015年以降は女優の仕事も多くなり、中でも2017年の『銀魂』は彼女のコメディエンヌとしての才能を開花させるきっかけとなった。
新境地を開き、ドラマ、映画の次々と話題作への出演が続いている。20歳になり、バラエティ番組やSNSで豪快で酒豪な面も見せている。

そんな彼女には「アイドルだったことに驚くほど女優のイメージが強い」(山梨県/10代・男性)、「ほんとにアイドルとしてデビューしたのかってくらいの変貌ぶりです」(東京都/40代・男性)と、
現在の女優としての活躍を裏付けるコメントが多数寄せられた。

同世代女性からは「地方アイドルだったのが、国民的な人気を誇っているので、ギャップがすごいと思う」(東京都/20代・女性)、
「コメディで活躍しているから。彼女が画面に出てくるだけでパッと華やかになる感じがする」(新潟県/20代・女性)と多方面での活躍を評価されている。

アイドル色は消え、女優一本でいくのかと思いきや、昨年は『ぐるぐるナインティナイン』(日本テレビ系)にレギュラー出演するなど、今後もマルチな活動が期待できそう。
20歳を迎えて、「可愛いのに体当たりの演技ができるのに好感が持てた」(愛知県/50代・女性)と“美少女”を抜け出した女優としての演技力を期待する声も。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000303-oric-ent
10/18(金) 8:40配信

no title

no title

【女優で大成した“元アイドル”ランキング、TPD出身の篠原涼子が首位】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/15(金) 21:27:23.22 ● BE:115523166-2BP(2000)
 お掃除ユニット「東京CLEAR'S」の班長として活躍した夏奈子さんが、1st DVD「夏の恥じらい」(発売元:ブレイン、販売元:イーネット・フロンティア、収録時間:115分、価格:4180円)の発売記念イベントを11月10日、ソフマップAKIBA 1号店 サブカル・モバイル館で開催した。

 2017年に東京CLEAR'Sを卒業した夏奈子さんは、タレント兼アーティストとして活動する33歳。西尾舞生さんとユニット「まうかな」を結成し、オリジナル曲なども歌っている。
東京CLEAR'Sのころから、イメージDVDを出さないかという話はあったというが……。

――昭和生まれで1st DVDというのはすごいです。

【夏奈子】 なかなか決心できずにいたのですが、最初で最後という気持ちで挑みました。
ロケは7月にタイのパタヤで。車検工場の受付という設定で撮りました。

 会場には多くのファンが駆けつけて、イベントも盛況。1st DVDを出すという決心は、間違っていなかったということだろう。最初で最後とは謳いつつ、この作品の売り上げ次第で2nd DVDの可能性も。まうかなとしての活動はSNSでチェック!

https://ascii.jp/elem/000/001/976/1976571/
no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

cd96e6bcbb7d78271d084fae7edbc747-232x329

no title

【昭和生まれの33歳元アイドルがグラビアDVDデビュー】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
綾瀬はるか2

1: なまえないよぉ~ 2019/01/11(金) 18:18:03.49 ID:KyCotlQu9
芸能界にはアイドルを卒業し、女優や歌手、アナウンサー等に転身する人も少なくありません。今活躍している有名人の中にも、実は元アイドルだったという人も多数!
そこで今回は、元アイドルと聞いて驚く有名人について探ってみました。

1位 綾瀬はるか 元HiP
2位 仲間由紀恵 元東京パフォーマンスドール研修生
3位 持田香織 Every Little Thing 元黒BUTAオールスターズ
4位 菅野美穂 元桜っ子クラブさくら組
4位 中谷美紀 元桜っ子クラブさくら組
6位 深田恭子 元HiP
7位 上戸彩 元Z-1
8位 優香 元HiP
8位 葵わかな 元乙女新党
10位 瀧本美織 元SweetS
11位 華原朋美(旧芸名:遠峯ありさ) 元黒BUTAオールスターズ
12位 満島ひかり 元Folder(のちのFolder5)
13位 新山千春 元HiP
14位 永作博美 元ribbon
15位 山田優 元y’z factory、 元B.B.WAVES
16位 木下優樹菜 元Pabo
17位 篠原涼子 元東京パフォーマンスドール
18位 三吉彩花 元さくら学院
18位 スザンヌ 元Pabo
20位 安室奈美恵(引退) 元SUPER MONKEY’S
21位 平祐奈 元おはガールちゅ!ちゅ!ちゅ!
22位 早見あかり 元ももいろクローバー
23位 桜庭ななみ 元bump.y
24位 紺野あさ美 フリーアナウンサー 元モーニング娘。
25位 工藤静香 元おニャン子クラブ
25位 橋本環奈 元Rev.from DVL
28位 松井愛莉 元さくら学院
28位 松井玲奈 元SKE48、元乃木坂46
30位 国生さゆり 元おニャン子クラブ

以下
https://ranking.goo.ne.jp/column/5616/ranking/51717/?page=4

1b7c9_188_ceb81012_4bf7e6ec

no title


http://news.livedoor.com/article/detail/15857120/
2019年1月11日 7時30分 gooランキング

【実は「元アイドル」と聞いて驚く有名人ランキング】の続きを読む