芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

倖田來未

1: なまえないよぉ~ 2019/08/12(月) 14:04:24.95
04年にブレイクし、かつて一世を風靡した歌手・倖田來未。倖田といえば、08年1月にラジオ『倖田來未のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)内で「35(歳)ぐらいを回ると、
お母さんの羊水が腐ってくるんですね」と医学的に根拠のない発言をし、炎上。
この発言をきっかけに人気も下火になり、トップ歌手の地位からは転落してしまったが、発言から11年がたった今、倖田を再評価する声があるという。

「12年に第1子を出産した倖田ですが、その後も精力的に活動。人気こそ全盛期には及びませんが、毎年のようにシングルCD、アルバムをリリースし続け、精力的に全国ツアーも行っています。
失言をきっかけに離れた女性ファンも多くいますが、スタイルをキープし続け、歌やダンスのクオリティを維持し続ける倖田に
『羊水発言から見かけなくなったけど、久しぶりに見たら全盛期と変わらず踊っててびっくりした』
『36歳なのに腹筋バキバキで素直にすごいと思う』という声が上がり始めています」(芸能ライター)

この再評価の裏には同じavexの歌手・浜崎あゆみの存在があるという。

「浜崎といえば、倖田と同じく、全盛期は飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍していました。浜崎は倖田のような大きな炎上はなかったものの、年齢を重ね、スタイル崩れや歌唱力の低下が目立つように。
一方で、歌唱スタイルは20代の頃と変わっていないこともあり、揶揄する声が目立つようになりました。
体型などについてもたびたびネットで揶揄される一方、倖田は第1子出産後も身体を鍛え、スタイルは変わらず。
『あゆはひどいけど、倖田來未はスタイルキープしててすごいよ』『浜崎あゆみがいるからより倖田來未のすごさが際立つ』と、浜崎にとっては不名誉な声も多く集まっています」(同)

大先輩に当たる浜崎の没落で相対的に評価を上げた倖田。果たして倖田が再ブレイクする日は来るのだろうか――。

http://dailynewsonline.jp/article/1961160/
2019.08.12 12:20 リアルライブ
no title

【あの失言から11年…倖田來未、お騒がせの浜崎あゆみの裏で地道に評価を上げている?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/27(火) 21:23:46.35 ID:CAP_USER9
26日、フジテレビ系『石橋貴明のたいむとんねる』に倖田來未が出演した。

番組では様々なアーティストがカバーした名曲を紹介し、倖田が「次のアルバムではトライしたいなって、実はアーティストがいらっしゃって」と自身もカバーを考えていると切り出し、そのアーティストは「とんねるず」だと発言。

続けて「とんねるずさんの曲、マジで名曲ばっかりですよね」と言うと、とんねるずの石橋貴明は「『ガラガラヘビ』だけは歌わせないわよ」と過去にとんねるずがリリースした楽曲『ガラガラヘビがやってくる』は譲らないという姿勢を見せた。

しかし倖田は『迷惑でしょうが…』をカバーしたいと熱く語り、「とんねるずちょっと、誰が行くって言ったらあたしやろ。みたいなね」と心境を明かした。
これに石橋は「これ以上秋元康を太らせてどうする!」と楽曲の作詞家である秋元康の名前を出し、共演者は笑い声をあげた。

この発言にTwitterでは「倖田來未がとんねるず好きなんですよね~たしか」「ぜひ!お願いします」「倖田來未が歌う迷惑でしょうが…とかめっちゃ聴きたい」
「迷惑でしょうが…、楽しみにしてる!」「倖田來未言ったな、とんねるずカバーするんだぞ笑」などの期待のコメントが投稿されていた。

倖田は現在、『KODA KUMI LIVE TOUR 2018 ~DNA~』を開催中。さらに12月31日には同ツアーの追加公演としてカウントダウンライブ『KODA KUMI LIVE TOUR 2018-2019 ~DNA~ COUNTDOWN EDITION』が決定している。

http://news.livedoor.com/article/detail/15656942/
2018年11月27日 20時30分 E-TALENTBANK

no title

【倖田來未、とんねるずのカバー熱望も石橋貴明「ガラガラヘビだけは…」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/18(日) 07:28:31.11 ID:CAP_USER9
11月14日に発表されたNHK紅白歌合戦の出場歌手。初出場は6組だが、話題性に欠けるメンバーとなった。

「今年の紅白は、近年まれにみる“小粒”なメンバーです。まあ今年はメガヒット曲が生まれませんでしたし、仕方ないと言えばそれまでなのですが……」(スポーツ紙記者)

 紅白といえば、今年8月に番組の責任者だった部長がセクハラで異動していたことが発覚。また、「原爆Tシャツ」で波紋を広げたBTS(防弾少年団)が出演するかどうかなど、本来とは違う注目のされ方をしていた。

「今年10月に行われたBTSの欧州ツアーに紅白スタッフを派遣したり、彼らの出場は決定的だった。しかも、東方神起らの韓流スターが、あと何組か出る予定だったのです。それがひっくり返ったのは、10月30日に飛び出した徴用工問題です。あれで、流れは完全に“韓流NG”になってしまった」(NHK関係者)

 つまり、原爆Tシャツ問題が発覚していなくても、BTSの出場は厳しかったようだ。しかも、NHKは若者に絶大な人気を誇る米津玄師ら、話題の歌手にもフラれてしまった。特に米津はNHK2020応援ソングを歌っているのに断られたので、局内のショックは大きいようだ。

 こうなったら、昨年の安室奈美恵のようなサプライズゲストの登場に期待するしかなさそうだ。

「今年も子ども向けの企画のひとつとして、ディズニーキャラクターの登場が予定されています。今年3月に公開されヒットしたアニメ映画『リメンバー・ミー』で、主人公ミゲル役の声を担当した石橋陽彩くんとガイコツのヘクター役を演じた藤木直人が、デュエットする話もあるようですよ」(映画配給会社関係者)

 ここ数年の紅白は、ディズニーのネタが鉄板だが、「アナと雪の女王」のような社会現象になったほどではなく、見劣り感は否めない。

「サプライズとして、デビュー40周年を迎えたサザンオールスターズ、NHK朝ドラの主題歌を歌うドリカムといった国民的グループを水面下で口説いているようです。ただ、今年のコンセプトは“平成最後の紅白歌合戦”で、サザンやドリカムだと『平成感が薄い感じがします。浜崎あゆみや倖田來未、TRFら、平成を彩ったエイベックスの歌手に出てもらったら』という声も局内に出ているそうです。ただ、浜崎は4年前に“紅白卒業宣言”をしましたし、今年1月に不倫問題で小室哲哉が芸能界を引退してしまったのも痛い。小室が出演OKであれば、違った展開があるかもしれませんね」(芸能ジャーナリスト・浅見麟氏)

 “平成最後”というキーワードに頼らざるを得ないことからして、すでに寂しい感じは否めない。

2018/11/18 06:00
日刊ゲンダイ
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/241946/1
no title

【目玉不在のNHK紅白 救世主は浜崎あゆみ、倖田來未ら「平成」の歌姫かwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/11(日) 19:37:43.24 ID:CAP_USER9
普段感じていること、あるいは口には出せないホンネ、はたまた口が裂けても言えない秘密。──匿名という条件のもとに、ぜんぶ白日の下にさらけ出します! 
女性のセキララなアレコレを、いろんな角度からアナリティクス(分析)! 数字はウソをつきませんよ♪

音楽以外で世を騒がせてきた
歌姫たちが、上位にランクイン!
心を振るわせる歌姫は、いつの時代にも必ず誕生します。“まさに女子の心を代弁している!”……といった具合に時代の寵児としてもてはやされますが、いつしか消えていき、歌い続ける姿に“イタさ”を感じてしまうケースもチラホラ。

一方で、永遠の歌姫として揺るがない地位を築く人もいます。その違いはなんなのかを探るため、ぶっちゃけ“嫌いな歌姫”を聞いてみました。(協力:アイリサーチ)

■正直嫌いな“歌姫”ランキングTOP20
(編集部が選んだ全22人から複数回答。1位3pt、2位2pt、3位1ptで算出)

1位 浜崎あゆみ(40)145pt
2位 倖田來未(35)121pt
3位 miwa(28)68pt
4位 May J.(30)53pt
5位 西野カナ(29)44pt
6位 加藤ミリヤ(30)40pt
7位 松田聖子(56)32pt
8位 UA(46)31pt
9位 絢香(30)25pt
9位 椎名林檎(39)25pt
11位 aiko(42)24pt
11位 大塚愛(36)24pt
13位 JUJU(42)17pt
14位 平原綾香(34)17pt
15位 倉木麻衣(36)14pt
16位 中島美嘉(35)11pt
17位 安室奈美恵(41)9pt
18位 Superfly(34)8pt
19位 宇多田ヒカル(35)5pt
20位 MISIA(40)1pt

1位は浜崎あゆみという結果になりました! 確かに近年はSNSでの炎上が話題になりがちですが、在りし日の姿との落差を思うと涙が出るような思いです。

また2位には倖田來未と、上位にはファンの層を含めて“やんちゃさ”を感じる面々が並んだ印象です。特定の人の熱烈な支持を集める反面、万人受けはしないということかもしれません。

1~2世代前の歌姫のみならず、現役バリバリのmiwaが3位に付けています。「あざとい」という印象から同性の反感を買ってしまったようです。

不名誉なレッテルを貼られた彼女たちに対して、10pt以下だった安室奈美恵(9月16日引退)や、Superfly、宇多田ヒカル、MISIAなどは高い好感度を誇っていることがわかります。
熱烈な固定ファンが多いことに加え、メディア露出が少ないため、好感度を崩す要因が少ないことも理由になるかもしれません。

http://news.livedoor.com/article/detail/15580146/
2018年11月11日 18時0分 週刊女性PRIME

no title

【浜崎あゆみ&倖田來未が「嫌いな歌姫」ランキングで票を集めてしまったのはナゼ? 】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/18(土) 21:26:37.72 ID:CAP_USER9
浜崎あゆみが17日、自身のSNSに倖田來未との写真を投稿した。

浜崎は、自身のTwitter・Instagramアカウントに「くぅ @kodakumi_official のストーリーにもあがってたケド、昨日バンドリハからダンスリハへ移動中にエレベーターでばったり」と、倖田と遭遇したとして「写真は一見真面目な話をしている様に見えますが、内容はツッコミどころ満載な爆笑大会 2人とも喋り声デカイからかなり騒々しかったかと思われます笑」と当時の様子をのぞかせた。

そして「くぅも私も8月26日a-nationなので皆様よろしくー」と、出演するイベントについて告知した。

この投稿にファンは「レアな二人を見れた」「この2ショットはほんとに最高」「2人で楽曲コラボしてほしい」「仲がいいのは嬉しい」「2ショット嬉しすぎて震えてます」「なにこのレアすぎる写真」「もっと2人が絡んでるとこ見たい」「こんなツーショットが突然見れるとは夢にも思わなかったです!」などといったコメントを数多く寄せている。

この遭遇については、倖田も自身のInstagramアカウントのストーリーに「わざわざ私たちに差し入れを買ってきてくれましたー」と先輩・浜崎の気遣いを明かしていた。

浜崎と倖田は26日に開催される『a-nation 2018』の東京公演に出演する。

2018年8月18日 11時15分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15175591/

写真
no title

【お浜さん、倖田來未さんとの2ショットでフォトショテクニックを披露wwwwwwww】の続きを読む