芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

会見

1: なまえないよぉ~ 2017/12/19(火) 09:57:09.18 ID:CAP_USER9
女優の遠野なぎこ(38)が、女優藤吉久美子(56)の不倫疑惑で“神対応”と称賛された夫で俳優の太川陽介(58)の会見に「不気味」と印象を語った。

遠野は18日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。
共演経験がある太川について「普通に優しくて明るい方」と人柄を語ったが、「あの会見だけは心底ゾッとしましたね。不気味。だってすっごいはしゃいでるんですよ、妻の浮気疑惑があるのに。跳びはねたりしちゃってるんですよ、おかしいって」と私見を述べた。

太川は会見で妻をかばい、終始明るく振る舞っていたことで“神対応”と称賛されたが、遠野は「違いますよ違いますよ、そんなに正面から見ちゃだめですよ、ちゃんと裏かいて見ないと」と異論。
「嫌な言い方ですけど『また妻の弱みをさらに握ったぜ』みたいな。じゃないとあの藤吉さんの号泣はなに? つながらないじゃないですか。ちょっとモラハラ臭が…」と邪推した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00080844-nksports-ent

遠野なぎこ
no title

【【今日のおまいう】遠野なぎこ、太川陽介の会見に恐怖「不気味」「モラハラ臭が…」wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/15(金) 10:06:18.87 ID:CAP_USER9
 俳優、船越英一郎(57)との離婚が成立したタレント、松居一代(60)が15日、
東京都内で会見し、約5カ月半の“闘争”に終止符を打った胸中を激白した。

 松居は、船越に対する思いを問われ「私にとって、もう別の世界の人、別の星の人というような
気持ちなんです。私とはまったく関係のない方、真っ赤な赤の他人様でいらっしゃると
思っていますので、謝罪とかそういうものは私の中で必要なくなりました」と心中を明かした。

 さらに、船越に掛ける言葉は?と聞かれると、「掛ける言葉? 何一つありません。
大っ嫌いです。大嫌いな人に掛ける言葉はないでしょ?」と語気を強めた。

 再婚の予定については「まったく考えてません」と否定した。

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000521-sanspo-ent
no title

【【頭おかしい】松居一代、船越英一郎は「大っ嫌い」 “赤の他人”を強調wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/03(木) 21:40:35.11 ID:CAP_USER9
きょう3日発売の『週刊文春』で50代開業医の男性との不倫が報じられた女優・斉藤由貴(50)が同日、都内で会見。
冒頭、詰めかけた大勢の報道陣を前に深く頭を下げて謝罪。リポーターから「男女の仲になった?」と質問を受けると「そういうことではない。
家族全員がお世話になってるお医者さん」と否定した。

斉藤は、1994年に一般男性と結婚している。
報道後、多忙のため自宅に帰れていないという斉藤は、夫婦間の話題になると「(夫に)責められて然るべきですけど、
怖くてまだ(記事について)聞けてない」といい「主人も特に何も聞いてこなくて『きょうは会見やるの?』とか。そんな感じです」。
離婚については「これから(話し合う)」と語るに留めた。

リポーターから「男女の仲になった?」と質問を受けると「そういうことではない。家族全員がお世話になってる」と否定。
子どもの通う塾や自身のダイエットなど、身近な相談も気軽にできる間柄だといい「アドバイザーであり、指導してくれる人であり、子どものことを相談できる人でした」と話した。

同誌では、斉藤と横浜市在住で妻子持ちの開業医A氏(50代)が、それぞれの自宅とは別のマンションで密会していたとして報道。
斉藤は2日、事務所を通じた書面で「随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません」と報道を否定した。
斉藤は過去にも歌手や俳優との不倫が報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000352-oric-ent

20170803-00000352-oric-000-7-view[1]


【斉藤由貴、会見、何もないといいつつ、離婚についてはこれからってwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/06/22(木) 05:23:14.94
17日のAKB48選抜総選挙で結婚宣言したNMB48の須藤凛々花(すとう・りりか、20)が21日、東京都内で会見し、グループから卒業すると発表した。人生初の恋人という相手の一般男性とは母親の友人として出会い、昨年末から交際。今年に入ってプロポーズされ、卒業を決断した。総選挙で発表することへの批判は覚悟していたといい、「自分の口から言いたかった。好きな気持ちもグループの活動も、どちらも真剣だった」と偽らざる本音を語った。

 時の人となった須藤が事の真相を激白した。

 グレーのワンピース姿で現れると、「お騒がせして、大変申し訳ないです」と神妙な表情で謝罪し、今後について「卒業を考えています」と宣言。総合プロデューサーの秋元康氏(59)から慰留されたが、恋をしたときから卒業を考え、気持ちを貫いた。

 総選挙当日、週刊文春のネット番組が医療関係の仕事をする20代半ばの一般男性との交際を報じたが、相手の素性については「一般の方。人生初の恋人」とだけ説明。自身のファンではなく、母親の友人で、一昨年11月に母親の誕生日会で出会い、「初めて会ったときから好きだなと思った」と振り返った。

 東京在住の彼、大阪で活動する自身と家族ぐるみの遠距離恋愛だったが、もともと結婚前提の交際で、今年に入って彼がプロポーズ。結婚時期は未定で妊娠はしていない。総選挙で発表することは事前に恋人に告げ、発表後に「気持ちは変わらない。一緒に絶対にすてきな人生を歩んでいこう」と言われたという。

 物議を醸した結婚宣言には「(総選挙に)水を差してしまうと思ったけど、どうしても自分の口から言いたかった」と告白。「人を好きになって、恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃないと思った」と苦悩も明かした。

 メンバーには発表後、宿泊先で事情説明し、「NMBのみんなで盛り上げていきたい時期だったので葛藤はあった…」と涙目に。先輩の山本彩(23)からは、「自分で決めたなら、自分の道を進むしかない」と背中を押された。

 現役アイドルとしては異例の“寿退職”。芸能界引退は明言せずも、今後は大好きな哲学を本格的に勉強するため、大学進学も考えているという。卒業時期は未定だが、アイドル史上に残る決断となった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00000502-sanspo-ent
画像
no title

no title

no title


【【自分勝手】NMB48 須藤凜々花 「恋愛禁止ルールで我慢できる恋愛は恋愛じゃない」「NMB48を寿卒業します」】の続きを読む