芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

会見

1: なまえないよぉ~ 2018/02/05(月) 11:44:57.58 ID:CAP_USER9
フリーアナウンサーの高橋真麻が5日、日本テレビ系「スッキリ」で、小泉今日子との不倫を認めた俳優・豊原功補の会見について「結構感じ悪い会見だった」と率直な感想を吐露した。

番組では、小泉との不倫を認めた豊原の会見の様子を放送。
なぜ今、公表したのかということや、別居している家族への思いや、小泉への思いなどを、言葉を選びながら慎重に語った。

この様子を見た高橋は、感想を求められると「豊原さんは俳優としては本当に素敵な方だと思うんですけど…」と前置きした上で
「結構感じ悪い会見だったな」とポツリ。

その理由について「(会見中)足開いてみたり、足組んでみたり、言うことも固まってなくて、
何のために会見やったんだろうって」と疑問を投げかけた。

加藤浩次が「世間に謝る必要はないって、ご本人が思ってらっしゃるのかもしれない」と会見の態度の理由を推測すると、
高橋は「そうですね。でも、今回のことって、いいの?って。散々不倫とかって叩かれてきたじゃないですか。
あまりにも公にし過ぎててスルーされがちですけど、これ、いいの?って」と、
堂々とし過ぎて見過ごされがちという現状に疑問を呈していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180205-00000045-dal-ent
no title

【高橋真麻、豊原功補の会見に「感じの悪い会見だった。足開いたり組んだり・・・」と率直な感想】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/02/03(土) 18:42:18.46 ID:CAP_USER9
女優の小泉今日子(51)と不倫関係にあることを公表した俳優・豊原功補(52)が3日、都内のスタジオで会見。2人の関係を公表したことについて「打算的、作為的にやっていない」と否定した上で、「どんな石でも投げつけたい方は僕に投げて下さい」と自らが矢面に立つ覚悟を口にした。

 約100人の報道陣を前に、全身、黒い服で登場した豊原。冒頭で一礼し「私の方から文章を出させていただいてるんで、深く読んだ方には分かると思う、抜粋された部分もあるんで、きょうはできる限りお話しさせていただきたい」と会見を始めた。

 2人の関係を公表するに至った理由については、小泉の事務所からの独立が大きいとし「この時期にこうだという打算的なことをすっ飛ばして、裸になった形だと思う。(彼女の)独立はよほどの覚悟があった。何らかのけじめ、今までの違和感を払しょくしようということで、打算とかではなしに行き着いたところがこういう形だった」とした。

 さらに、「こういうこと(不倫騒動)は近頃多いし、つい最近、小室(哲哉)さんのこともあった。こういうことに合わせたのでは?というが、あの方はそういうことができるタイプでない。今回のことを熟考に熟考を重ね、行き着いたところがこうなったのでは」と思いやった。

 終始、慎重に言葉を選んで発言した豊原。「公表しようと言ったのは小泉さん?」と聞かれると、「どちらが言い出したことではない。これからこういうことがあるのではと話す中で、正式に独立しますというとき、この問題はどうしますかと自然発生的に起こった」と説明。

 「小泉さんから会見をするにあたって何か言われた?」と聞かれ、「そうですかと。自分自身が行ったことによってこうなってる。どうなっても、自分が一身で受けようと思ってる。そこから逃げるわけにはいかない」と批判も含めすべてを受け止めていることを明かした。

 さらに「いろんな見方がある。SNSで無記名で書かれる人にもいろんな感情あると思うが、考えてらっしゃるほど、打算的、作為的にやっていない。将来の自分たち、俳優のこと、映画界、演劇界のこと、男とは女とは、家族とはと考えた。どんな石でも投げつけたい方は僕に投げて下さい」と発言。2日に取材に応じた小泉が「自分の罪は自分で背負っていきていきたく思います」と発言した思いをくむように、自らが矢面に立つ覚悟を示す言葉を口にした。

 連れ添ってきた夫人に関することには歯切れが悪かった。「奥さんのことは様子を見ていこうという気持ち?」と問われると、「こういうことであろうと想像する気持ちは分かるが、このことが自分の女房への宣戦布告という言葉が出てくるのはなぜだろうと」。

 「いずれ離婚の方向へ進めていくために時間をかけるのか」という質問にも、「そういうことではなく」と話すにとどめた。

 それでも、「女性として恋愛感情があるのは小泉さん?」と聞かれ、「はい」と明言しつつ、家族は現在も養っているとした。

 最後に「豊原さんにとって小泉さんとは?」と投げかけられ、「天然記念物です。面白い人です」といい、この日初めて笑顔を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180203-00000111-dal-ent 
デイリースポーツ 

 
no title

【豊原功補「どんな石でも僕に投げて」矢面に立つ覚悟示す】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/19(火) 09:57:09.18 ID:CAP_USER9
女優の遠野なぎこ(38)が、女優藤吉久美子(56)の不倫疑惑で“神対応”と称賛された夫で俳優の太川陽介(58)の会見に「不気味」と印象を語った。

遠野は18日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。
共演経験がある太川について「普通に優しくて明るい方」と人柄を語ったが、「あの会見だけは心底ゾッとしましたね。不気味。だってすっごいはしゃいでるんですよ、妻の浮気疑惑があるのに。跳びはねたりしちゃってるんですよ、おかしいって」と私見を述べた。

太川は会見で妻をかばい、終始明るく振る舞っていたことで“神対応”と称賛されたが、遠野は「違いますよ違いますよ、そんなに正面から見ちゃだめですよ、ちゃんと裏かいて見ないと」と異論。
「嫌な言い方ですけど『また妻の弱みをさらに握ったぜ』みたいな。じゃないとあの藤吉さんの号泣はなに? つながらないじゃないですか。ちょっとモラハラ臭が…」と邪推した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00080844-nksports-ent

遠野なぎこ
no title

【【今日のおまいう】遠野なぎこ、太川陽介の会見に恐怖「不気味」「モラハラ臭が…」wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/12/15(金) 10:06:18.87 ID:CAP_USER9
 俳優、船越英一郎(57)との離婚が成立したタレント、松居一代(60)が15日、
東京都内で会見し、約5カ月半の“闘争”に終止符を打った胸中を激白した。

 松居は、船越に対する思いを問われ「私にとって、もう別の世界の人、別の星の人というような
気持ちなんです。私とはまったく関係のない方、真っ赤な赤の他人様でいらっしゃると
思っていますので、謝罪とかそういうものは私の中で必要なくなりました」と心中を明かした。

 さらに、船越に掛ける言葉は?と聞かれると、「掛ける言葉? 何一つありません。
大っ嫌いです。大嫌いな人に掛ける言葉はないでしょ?」と語気を強めた。

 再婚の予定については「まったく考えてません」と否定した。

サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000521-sanspo-ent
no title

【【頭おかしい】松居一代、船越英一郎は「大っ嫌い」 “赤の他人”を強調wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/03(木) 21:40:35.11 ID:CAP_USER9
きょう3日発売の『週刊文春』で50代開業医の男性との不倫が報じられた女優・斉藤由貴(50)が同日、都内で会見。
冒頭、詰めかけた大勢の報道陣を前に深く頭を下げて謝罪。リポーターから「男女の仲になった?」と質問を受けると「そういうことではない。
家族全員がお世話になってるお医者さん」と否定した。

斉藤は、1994年に一般男性と結婚している。
報道後、多忙のため自宅に帰れていないという斉藤は、夫婦間の話題になると「(夫に)責められて然るべきですけど、
怖くてまだ(記事について)聞けてない」といい「主人も特に何も聞いてこなくて『きょうは会見やるの?』とか。そんな感じです」。
離婚については「これから(話し合う)」と語るに留めた。

リポーターから「男女の仲になった?」と質問を受けると「そういうことではない。家族全員がお世話になってる」と否定。
子どもの通う塾や自身のダイエットなど、身近な相談も気軽にできる間柄だといい「アドバイザーであり、指導してくれる人であり、子どものことを相談できる人でした」と話した。

同誌では、斉藤と横浜市在住で妻子持ちの開業医A氏(50代)が、それぞれの自宅とは別のマンションで密会していたとして報道。
斉藤は2日、事務所を通じた書面で「随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません」と報道を否定した。
斉藤は過去にも歌手や俳優との不倫が報じられている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170803-00000352-oric-ent

20170803-00000352-oric-000-7-view[1]


【斉藤由貴、会見、何もないといいつつ、離婚についてはこれからってwww】の続きを読む