芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

休養

1: なまえないよぉ~ 2018/09/02(日) 08:11:55.49 ID:CAP_USER9
体調不良で休養中のSKE48松井珠理奈(21)について、湯浅洋SKE48劇場支配人が1日、ツイッターで「ご心配をおかけしています、珠理奈ですが、少しずつ元気になっております。早く皆さまに良いお知らせが出来ればと思います。最近、撮影した珠理奈の写真です」と記した。
そして、最近撮影したという、両手でピースサインをして笑顔を浮かべる松井の写真をアップした。

松井は6月のAKB48世界選抜総選挙で1位獲得後に体調不良となり、現在も休養中。
同選挙16位までの選抜メンバーによるAKB48の新曲「センチメンタルトレイン」(19日発売)のMVでは、センターの松井がCGと絵コンテで代用されることとなり、未完成版として発表されている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180902-00317553-nksports-ent

湯浅洋支配人が撮影した最近の松井珠理奈
no title


SKE48 松井珠理奈
no title

no title

【【SKE48】松井珠理奈が笑顔でピースサイン、最近撮影した写真がこちらwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/07(土) 19:56:15.91 ID:CAP_USER9
総選挙1位 松井珠理奈が休養発表「療養に専念」

6月の『第10回AKB48世界選抜総選挙』で1位に輝いたSKE48の松井珠理奈(21)が、体調不良のためしばらくの間休養することが7日、グループと所属事務所の公式サイトで発表された。

 「松井珠理奈休養に関して」と題し、「以前から体調不良が続いており、一部の活動をお休みさせていただいておりましたが、このたび、SKE48および48Gの活動をしばらくの間休止しまして、療養に専念することと致しました」と正式発表。「活動休止中は、プライベートメールはじめ各種SNSの更新もお休みさ
せていただきます」とした。

 松井は6月16日に地元のナゴヤドームで開催された総選挙当日の午前から行われたコンサート中、過呼吸のような症状で倒れ、スタッフに抱きかかえられて退場。その後、すぐにステージ復帰し、総選挙では1位に輝いたものの、その後は体調不良が続き、自身がセンターを務めるSKE48のニューシングル「いきなりパンチライン」(4日発売)のイベントなどを欠席。公式には休養発表をしていなかったことからファンの間では心配の声が広がっていた。

 この日は日本テレビ系で11時間にわたって生放送中の大型特番『THE MUSIC DAY 伝えたい歌』に出演したAKB48は、総選挙で選ばれた上位16人が歌うニューシングル「センチメンタルトレイン」(9月19日発売)を初披露したが、センターを務める松井は欠席。センターに1位のトロフィーとマイクスタンドが置かれた状態でパフォーマンスし、総選挙2位のSKE48須田亜香里が涙する姿も映し出された。

 公式サイトでは「ファンの皆様、関係者の皆様にはご心配とご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解ご了承の程よろしくお願い致します」と理解を求め、「復帰の目処が立ち次第、改めてご報告申し上げます」としている。
https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0707/ori_180707_1884107196.html

松井珠理奈不在で日テレでパフォーマンス

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【おまえらこれどうすんの?総選挙1位の松井珠理奈さんが休養発表】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/03(木) 12:15:05.95 ID:CAP_USER9
【志田愛佳/モデルプレス=5月3日】欅坂46の志田愛佳(しだ・まなか/19)が体調不良により休養することが発表された。

3日、グループ公式サイトにて「メンバーの志田愛佳が、体調不良により、医師により一定期間の治療、静養が必要との診断が下りました。そ
のため、欅坂46としての活動を当面の間休止し、治療に専念させて頂くことと致しました」と報告。

「復帰のめどが立ち次第、ご報告申し上げます。引き続き志田愛佳の応援のほどよろしくお願いいたします」と呼びかけている。

志田愛佳、2周年ライブも欠席していた
志田は先月6~8日に行われた2周年記念ライブ「2nd YEAR ANNIVERSARY LIVE」も体調不良のため欠席していた。

なお、公式サイトでは原田葵が学業に専念するため、一時活動を休止することも合わせて発表された。
https://mdpr.jp/music/detail/1764137

欅坂46「紅白昏倒メンバー」地元でお泊まりデート撮

 昨年の紅白歌合戦のステージ上で、過呼吸の症状で倒れた欅坂46のメンバーの一人、志田愛佳(19)。
志田は4月6日から3日間開催された欅坂のデビュー2周年記念ライブを「体調不良」で欠
席したが、地元・新潟に帰郷していた。

 2周年ライブの最終日の翌日、志田は一般男性とともに新潟の有名公園で夜桜を見物。同グルー
プの人気メンバー・長濱ねる(19)も一緒だった。

 志田と男性は互いの実家を行き来するなどし、志田が男性宅に泊まることもあった。

 小誌の取材に男性はこう話した。

「付き合ってないっす。中学の同級生で、ずっと仲の良い友だち。恋愛感情を持ったこともない
し。欅に入ってからずっと悩んでいて、体調も壊しているから今日はみんなで励ます会をしただ
けですよ」

欅坂46志田愛佳、休養を発表 

https://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0424/bso_180424_3518440162.html

画像
no title

no title

no title

no title

【【悲報】文春にお泊りデートを撮られた欅坂46志田愛佳さん、長期休養を発表wwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/12(月) 22:34:34.91 ID:CAP_USER9
1月24日から体調不良のため休養していたNMB48の次世代エース、太田夢莉(おおた・ゆうり=18)が12日、大阪・NMB48劇場で、チームB2「恋愛禁止条例」公演に出演し、劇場へ復帰した。

開演アナウンスに続く、1曲目の「長い光」。
ステージに、太田の姿が単身、現れ、ソロで冒頭を歌いあげて公演が幕を開けた。

恒例の自己紹介トークでは、太田は真っ先に手をあげ「ただいま、帰ってきました~っ」。
満面の笑みであいさつし、頭をペコリ。
メンバーや、ファンから「お帰り」とコールを受けると、太田は「あったかーい!」と感激した。

突然の休養発表から約1カ月半。
久々の劇場公演を前に「不安だった」そうだが、復帰を祝福されると「温かく迎えてもらえて、うれしいです。今日からまた、頑張りたいと思いますので、よろしくお願いいたします」と語った。

公演合間のトークコーナーでは、「私事なんですけど、先日、高校を卒業しました」と報告。
最後の試験も終えたといい「私、ずっと英語が問題だったんです。今後は、課題の教科はないので(自主的に)英語の勉強をしようと思います」とも口にした。

無事に復帰公演を終え、最後のあいさつでも、あらためて不安だった胸中を吐露。
太田は「今日は、休んでしまった分、皆さんが受け入れてくれるのか、どんな目で私を見るのか、心配もあった。でも心配いらないぐらい、温かかった」。ファンやメンバーに感謝しつつも「なんか、休業したからか分からんけど、自分のキャラ忘れちゃって、ちょっとハイテンション」と苦笑しながら話していた。

またこの日、4月4日発売の18枚目シングル「欲望者」のタイプCに収録されるチームB2楽曲「匙を投げるな!」のミュージック・ビデオが初公開された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00148183-nksports-ent

体調不良から復帰 太田夢莉
no title

no title

no title


NMB48 太田夢莉
no title

no title

no title

【【NMB48】「1万年に1人の美少女」太田夢莉、突然の休養発表から1カ月半ぶり復帰「また頑張りたい」】の続きを読む

no title


1: なまえないよぉ~ 2018/02/02(金) 10:43:23.88 ID:CAP_USER9
今、日本のアイドルたちの働き方が問われている。

ももいろクローバーZの有安杏果が1月15日に卒業発表をすると、1月31日には乃木坂46の生駒里奈が同グループからの卒業を発表。
昨年は、でんぱ組.incの最上もがが体調不良を理由に脱退、AKBグループでもHKT48の兒玉遥、AKB48・チーム8の早坂つむぎ、
乃木坂46の北野日奈子らが相次いで休業を発表。いまなぜ、アイドルたちの休養・卒業が連鎖しているのか、その要因を考える。

今昔を問わず、トップアイドルともなれば寝る時間もないほど忙しいというのは基本認識だ。
1970年代後半のモンスターアイドルデュオ・ピンクレディーは「1日の睡眠時間は多くて1時間半」、
「忙しすぎて当時の記憶がスッポリ抜けている」と振り返った。

80年代の伝説の高視聴率歌番組『ザ・ベストテン』(TBS系)では、アイドルが海外や地方に行ってスタジオに来られない場合、
移動中の新幹線や駅のホームで歌を中継するといったシーンがよく見られたが、当時のアイドルの忙しさを象徴する映像だと言えるだろう。

そんなかつてのアイドルたちは、まさに“選ばれし者”の代表でもあった。
ファンにとって手の届かない“神聖”な存在であり、ファンとの距離が遠ければ遠いほど後光もさし、プレミア感があったのも事実。

ところがおニャン子クラブ登場以降、アイドルは“一般人化”し、1990年代のアイドル冬の時代を経た後は、
“会いに行けるアイドル”としてAKB48が誕生。アイドルは手の届かない神聖なものから、“すぐに会える”親近感が沸く存在へと変化した。

では、今のアイドルたちが忙しくないのかと言えば、そんなことはない。

初のドラマ単独出演を果たした乃木坂の生駒は1月25日、自身のブログで「毎日心が千切れるくらいです」と明かし、
「1個の事に集中したら結構いい感じになる人なのですが、それだけじゃダメだってのもわかってるのですが、
天才に生まれてないからさ、これは時間かかるのですね」と演技に対する不安や葛藤を露わにした。

実際、アイドルたちは歌やダンス以外に演技力やバラエティ番組での対応力など、様々なスキルを求められている。
しかも自身のSNSなどの更新に関しても、自分という“商品”をPRするための仕事である要素が強い。
今も昔もアイドルになる以上は、様々なストレスと向き合わなければならない。

■アイドルの生命線となった「握手会」、だが精神的な疲弊は限界に!?

現在日本には、地下アイドルを含めればアイドルグループの数は4000組以上とも言われる。
もはや誰でもアイドルを名乗れる時代であると同時に、アイドルを辞めることへの精神的なハードルも低くなった。

そのため、彼女らに“アイドル然とした覚悟”を求められる時代でもなくなった。
ただし、この“アイドル戦国時代”を勝ち抜き、TVや雑誌で日の目を浴びるのは並大抵のことではない。
そうした中、アイドルが生き抜いていくために産み出したのが“接触商法”だ。

“接触商法”とは、アイドルと直接触れ合えることをウリにするイベントや商品のことを差し、
代表例としては「ハイタッチ会」、「握手会」、「ツーショットチェキ」などがある。

事実、日本のアイドルシーンを牽引するAKBグループにとって「握手会」はファンとメンバーを繋ぐ大切な行事となっている。
AKBクラスともなれば「握手会」に10万人が集まることもあり、運営側にとってもCDやグッズの売上を得るためのビジネスとして欠かすことのできないイベントとなっている。

しかし、アイドル側の立場になってみると別の側面が見えてくる。
握手会では数千人の見ず知らずの相手と握手をしなければならず、精神面・体力面での負担が大きいことは容易に想像できる。

NMB48の山本彩は自身が出演したドキュメンタリー映画で“9時間”対応したと語るなど、「握手会」の長時間対応も常態化。
実際、テレビ番組の相談コーナーでHKT48・草場愛は「男性が怖い」、「握手会が嫌」といった悩みを指原莉乃に打ち明けたことも。

ファンとアイドルが触れ合える場として認識される「握手会」では、グループ内での人気が如実に分かってしまうプレッシャーや、
アンチが“説教をする”、“罵声を浴びせる”などの問題もあるという。

卒業を発表した乃木坂・生駒もアンチからの攻撃に悩んでいたとされ「握手会」も休みがちだったという。
https://mainichi.jp/articles/20180202/orc/00m/200/018000c

【アイドルたちの休養・卒業が連鎖 “接触商法”の功罪】の続きを読む