芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

代役

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2021/05/29(土) 05:21:01.87 _USER9
フジテレビは、7月期の木曜劇場に『推しの王子様』(毎週木曜よる10時~)を放送することを発表。当初、深田恭子が主演を務める予定だったが、活動休止のため比嘉愛未が代役としてフジテレビ系連続ドラマ初主演を務めることが決定した。相手役には渡邊圭祐を抜てき。渡邊にとっては初のフジテレビ系ドラマ出演であり、主人公の相手役を務めるのは初となる。

◆比嘉愛未、フジ連ドラ初主演で初の社長役

物語は、主人公の日高泉美(比嘉愛未)が、五十嵐航(渡邊圭祐)を理想の男性に育てるため奮闘する“逆マイ・フェア・レディ”な日々を、まばゆいほどの胸キュンとともに描いていく。乙女ゲームを手がけるベンチャー企業の社長である泉美は、すべてを自分の理想通りに作り上げたケント様というキャラクターと恋に落ちるゲームが異例の大ヒットを記録し、一躍、新進気鋭の経営者に。

その泉美の前に、ある晩、航が文字通り空から舞い降りてきて、航は泉美を抱きしめる。信じられない展開に仰天する泉美だったが、それ以上に信じられないのは、航の容姿がケント様にソックリだったこと。しかし航は、無作法で無教養で無気力で、なんとこれまで人を好きになったことも無い、無い無い尽くしの残念すぎる王子様だった。大失望する泉美だったが、ひょんなことから「私があなたを理想の男性に育てる!」と、航を会社で雇い、仕事はもちろん、言葉遣いからマナーに知識、さらには生きがいや恋の仕方まで教えることになる。

主人公の泉美を演じるのは、連続テレビ小説『どんと晴れ』(NHK/2007年4月~9月)で2156人の中からオーディションでヒロインの座を射止めて以降、2021年もすでに連続ドラマ『にぶんのいち夫婦』(テレビ東京系/6月~)で主演を務めるなど、常に第一線での活躍を続ける比嘉。比嘉にとって本作は、『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~』(2008年7月~9月)以来13年ぶりの木曜劇場となる中、フジテレビ系連続ドラマ初主演であり、また社長という役どころを演じるのは初、さらに、渡邊とは初共演と、まさに初尽くしの出演となる。

比嘉は「このたび大きなお役目を頂戴致しましたが、今まで頂いてきた役、どれも全て全身全霊で演じてきました。それは今回も変わらず、気持ちは同じです。とにかく、皆さんの日常を明るく照らす作品になるよう最後まで全力で努めてまいります!応援して頂けると幸いです。深田さんの一日も早いご回復を願っております」とコメントした。


◆渡邊圭祐、“残念すぎる王子様”に?

一方、泉美が育てていく航を演じる渡邊は、『仮面ライダージオウ』(テレビ朝日系/2018年9月~2019年8月)の仮面ライダーウォズ役で役者デビューし、一役人気者に。その後も勢いは増すばかりで、『恋はつづくよどこまでも』(TBS系/2020年1月~3月)での新人看護師役が大いに話題を呼んだことも記憶に新しい。

その後も『MIU404』(TBS系/2020年7月~9月)、2021年は『直ちゃんは小学三年生』(テレビ東京系/1月~2月)に続き、『恋はDeepに』(日本テレビ系/4月~)で3兄弟の末っ子を好演中。快進撃が止まらない渡邊にとって本作はフジテレビ系ドラマ初出演であり、主人公の相手役を務めるのは今回が初で、まさに大抜てきの出演となる。

渡邊は「これまで比嘉さんの数々の作品を拝見させて頂いておりました。ご一緒させていただくことを楽しみに、とにかく自分のできることに集中して、全力でぶつからせて頂きたいと思います。“推し”がいる生活の素晴らしさはもとより、好きなもの・ひとをより一層推したくなるお話になっていますので、どうかこの夏一番の尊さをその目で感じていただけると嬉しいです」と意気込みを明かしている。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

比嘉愛未、深田恭子の代役でフジ連ドラ初主演 渡邊圭祐が初の相手役“王子様”に抜てき<推しの王子様>
2021.05.29 05:00モデルプレス
https://mdpr.jp/news/detail/2600678
no title


【フジ連ドラ、深キョンの代役はこの人に決定!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
サンデージャポン

1: なまえないよぉ~ 2021/01/24(日) 10:09:45.33 _USER9 BE:866213707-2BP(0)
TBS系「サンデー・ジャポン」(日曜午前9時54分)が24日、生放送され、20日未明に前大脳動脈解離によるくも膜下出血、脳梗塞で都内の病院に入院した、お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)の代役MCをくりぃむしちゅーの上田晋也が務めた。

田中が昨年8月末に新型コロナウイルスに感染した際には、霜降り明星のせいや、ハナコの岡部大、ずんの飯尾和樹が代役を務めた。

23日に番組公式ツイッターは「明日の#サンジャポは 入院中の爆笑問題・田中さんの代打として『え!まさか!?』なアノ人物が登場してくれます!ちょっとビックリするかもしれません さらに、話題のゲストも!」と予告していた。

1/24(日) 10:06 
日刊スポーツ 

上田晋也、サンジャポ田中裕二のMC代役で登場 
上田晋也(2019年8月27日撮影) 
https://news.yahoo.co.jp/articles/324297e55e7832a43d857611c4f12d9dc6a4cfe0
no title 【サンジャポ田中裕二のMC代役が豪華すぎると話題に、もう田中いらないんじゃねwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/08/30(日) 10:44:30.24 _USER9
 お笑いコンビ・ずんの飯尾和樹が、30日放送のTBS系『サンデー・ジャポン』(毎週日曜 前10:00~11:22)に生出演。もともと同番組のゲストとして出演する予定だった飯尾だが、新型コロナウイルスに感染し、現在療養中の田中裕二の代打としてMCに挑戦した。 

 同番組に出演している山本里菜アナも新型コロナに感染したことが発覚したため、接触した可能性のある制作スタッフ全員のPCR検査を実施したところ、全員の「陰性」を確認。さらに、田中が所属するタイタンスタッフ、TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』(毎週日曜 後1:00)での接触者についても、陰性との結果が出た。

 山本アナの代打には、『日曜サンデー』に出演している良原安美アナが担当。太田光から「緊張が伝わってくるんですけど…」とイジられた飯尾は「こんな分厚いカンペあるんですよ。よろしくお願いします…ということでね」と緊張の面持ちでスタート。安倍首相の辞意表明のニュースについて「びっくりして、メガネ取っちゃいました」と感想を口にすると、太田から「キレが悪い」と笑い声でツッコミを入れられた飯尾

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/1a12af42041bccc10fc909583ebbbf25300ec8ec
no title

【ずん・飯尾和樹、田中裕二の代役で『サンジャポ』MC 太田光がツッコミ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/24(日) 09:23:29.76
沢尻エリカ(33)が合成麻薬MDMA所持容疑で16日に逮捕されたため、NHKは来年の大河ドラマ「麒麟がくる」で帰蝶(濃姫)役を務めるはずだった沢尻の代役探しを急ピッチで進めていたが、川口春奈(24)に決まった。

NHK側は「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただける」と起用理由を説明したが、
制作現場からは早くも不安の声が聞こえてくる。

「民放ドラマの主演を務めたこともあり、川口さんの女優としてのキャリアは申し分ありません。
恐らくセリフもスラスラ覚えてくれることでしょう。ただ、時代劇が未経験なのが引っ掛かります。
時代劇では和服の着こなしや立ち居振る舞い、裾さばきといった“所作”が重要で、これが思いのほか難しい。
未経験の川口さんで果たして大丈夫なのかという声が上がっています」(ある制作スタッフ)

21日付の「スポーツニッポン」が「代役“本命”女優NHKに断り」という記事を掲載した。
どうやらNHKは沢尻の逮捕直後から、川口以外にも代役のオファーをしていたようだ。

実際、真っ先に“適任者”として名前が挙がったのは、昨年10月に第1子を出産したばかりの宮崎あおい(33)だという。
来年1月放送予定の新春特別ドラマ「あしたの家族」(TBS系)で女優復帰するが、
宮崎は2008年の大河ドラマ「篤姫」に主演し、平均視聴率24・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した実績もある。

「NHK側の発表では前半10話分が撮り直しになるとのことでしたが、宮崎さんなら1~2週間あればこのくらいの撮影は可能でしょう。
ただ、産後1年でかわいい赤ちゃんを置いての緊急登板は心の準備ができなかったのかもしれません」(芸能プロ関係者)

もう一人、制作側から漏れてきたのが北川景子(33)の名前だ。18年に放送された大河ドラマ「西郷どん」での“天璋院篤姫”役は視聴者から評判だった。
業界では宮崎以上に「数字が取れる女優」と評判だが、今年12月から来年4月末までスケジュールを押さえるのが現実的に難しかったようだ。

「北川の所属事務所は『後輩の夏帆なら』と提案したと聞きます。夏帆さんは14年3月に放送されたテレビ朝日系『宮本武蔵』などで時代劇のキャリアがありますし、
今年の大河ドラマ『いだてん』にも出演。“芝居のできる女優”として関係者の間で認知されています。
ただ、沢尻の代役を務めるのは少々荷が重かったのかもしれません」(テレビ局関係者)

満島ひかり(33)の名前も挙がったようだ。満島は15年5月公開の時代劇映画「駆込み女と駆出し男」(松竹系)に出演し、
日本アカデミー賞優秀助演女優賞を獲得した。

「18年3月に所属事務所を独立してからあまり作品に恵まれない満島にとって、“濃姫”役は再浮上のチャンスでした。
ただ、満島の前事務所に所属する安藤サクラさんが昨年下期の朝ドラ『まんぷく』でヒロインを務めています。
四の五の言っていられない緊急事態ですが、NHK側は遠慮せざるを得なかったのでしょう」(前出の芸能プロ関係者)

3人の女優には「“格下”の沢尻エリカの代役なんて務められない」というプライドもあったのかもしれないが、
いずれも演技派で沢尻以上の演技も期待ができた。出演が消えた沢尻と代役の川口の濃姫役を比べて物足りなく感じる視聴者も中にはいそうだ。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/265198
20191124006

【 「“格下”の沢尻エリカの代役なんて務められない」 “緊急登板”が消えた3人の女優】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/11/21(木) 17:11:58.12
MDMAを所持したとして、麻薬取締法違反容疑(所持)で警視庁に逮捕された女優沢尻エリカ容疑者(33)が出演予定だった来年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」(1月5日スタート、日曜午後8時)について、NHKは21日、代役を川口春奈(24)が務めると発表した。

沢尻容疑者は斎藤道三の娘で、織田信長の正妻という第2のヒロインともいえる重要な帰蝶(濃姫)の役。主演の長谷川博己が演じる明智光秀と絡むシーンが多い。収録は6月から始まり、すでに10話分まで収録済み。沢尻容疑者は、初回から登場し、作品終盤まで出演する予定だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191121-11210482-nksports-ent
20191121003

【【速報】NHK大河ドラマ「麒麟がくる」沢尻容疑者代役が決定!!!】の続きを読む