芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

人気女優

1: なまえないよぉ~ 2017/11/30(木) 13:53:27.78 ID:CAP_USER9
 女優の深田恭子(35)が11月22日、東京駅前の商業施設「KITTE(キッテ)」で行われたホワイトツリーの点灯式に出席した。赤いドレス姿で登場した深田は、「点灯式ってずっとやってみたくて、
今日は本当に楽しみにしていた」と明かし、高さ約14.5mのクリスマスツリーをライトアップ。クリスマスのプレゼントについて聞かれると、「私の父がクリスマスイブの生まれなので、一緒にお買い物に
来れたらなと思います」と返答した。さらに、「昨年は父にプレゼントをしたんですけど、今度プレゼントをくれる時は一緒に選ばせて欲しい、自分で選びたいと言われてしまった」と、クリスマスの思い出を披露した。

 深田とその父親の関係のように、最近は父親と仲が良い娘も増えているようだが、それでもある時期を境に父親と距離を置き始めたという女性も少なくない。そんな中、クリスマスに父親と買い物に行きたいという
エピソードは、男性から見れば好感度大だろう。さらに芸能界を見渡すと、深田以外にも父親と仲良しの人気女優は意外と多いのという。

「例えば、綾瀬はるか(32)も父親と仲良しです。最近、バラエティー番組で好きな男性のタイプを明かしていて、その基準というのが『ユーモアがあるかどうか』。何でも、綾瀬の父親が『人生はユーモアが大切だ』
とよく言っていて、自身も年を取るにつれてその意味が分かってきたとか。ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(TBS系)で白血病の役を演じるために頭をそり上げた時は、父親からのアドバイスで髪の毛が
伸びていく過程を『坊主日記』として記録していたのですが、その日記を見せたところ父親は大爆笑していたそうです」(女性週刊誌の編集者)

 父親の言葉を、自分の理想の男性のタイプに重ねる綾瀬。確かに、そんなエピソードからも2人の強い信頼関係がうかがえる。

「柴咲コウ(36)も父親と仲が良いようです。昨年の父の日には、自身のインスタグラムに父親とのツーショットを投稿するほど。デビュー当時、父親は芸能界入りに反対していたそうですが、柴咲が出演している映画
『バトル・ロワイアル』(2000年公開)を2人で鑑賞して、理解を示してくれたと話していました。今では一緒に飲みに行くような関係で、酒を飲みながら仕事の話もしているようですね」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 お互いにどこか認め合っているような柴咲親子。そんな間柄からもふたりの親密さを感じる。さらに、「父親を理想のタイプと公言する女優もいますよ」と言うのは、前出の編集者だ。

全文
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171127-00000061-sasahi-ent
no title

【柴咲コウ、綾瀬はるか、志田未来…アンチ少ない人気女優の秘密はwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/07/10(月) 18:30:38.12 ID:CAP_USER9
 7月10日の「納豆の日」を前に、全国納豆協同組合連合会が主催した「2017年度納豆クイーン」にお笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(48)の長女でタレントの岡田結実(17)が選ばれた。4日に都内で行われた表彰式では、「幼い頃から自宅には必ず納豆があった。冷蔵庫に入っていると安心する」「朝は学校に着いてから納豆巻を食べています」と自身の納豆愛を語った。

 日本人が昔から親しんできた納豆は、一方で臭いが強烈でネバネバとした独特の食感から、世代や地域によって好き嫌いがはっきり分かれる。ところが意外に納豆好きは女優・タレントは多く、『納豆好き』を公言する人気女優は多いという。女性週刊誌の編集者はこう証言する。

「まず吉田羊。幼い頃からおやつ代わりに毎日、納豆を食べていたようで、臭いも食感も好きだとか。『吉田羊の半分は納豆で出来ている』と公言し、普段から専用の納豆袋を持ち歩いているほど。マネージャーも彼女のために納豆巻きを買っておいてくれるそうですが、それだけでは満足できず、納豆巻きをおかずに納豆を食べてしまうことも。ちなみに、結婚相手に求める条件は『納豆を食べる時に聞こえる、ヒューヒューという糸の音を隠さない男性』だそうです」

 納豆は比較的プリン体が多い食材。ここまで食べ過ぎると痛風の原因となる尿酸の値が気になってしまうが、吉田に匹敵する納豆好き女優はまだまだ存在する。

「上戸彩(31)は最高で一日に9パックも納豆を食べたことがあると言ってました。ご飯と食べる以外に、納豆パスタや納豆そば、納豆カレーなどさまざまなアレンジもしているそうです。そして、自らレシピまで考案するほどの納豆好きが柴咲コウ(35)。ご飯の上に納豆や豚しゃぶ、大根おろし、生卵をのせて、食べるラー油とゴマ油をかけた『スタミナ丼』。納豆とツナ、トマトをだし醤油で和えた『ツナとトマトの納豆和え』などを自宅で調理しているそうで、特に納豆和えは夏バテ気味の時によく食べているようです。さらに、若手女優だと松岡茉優(22)も納豆好き。ほぼ毎日1~2パックは納豆を食べていて、食欲がない時は納豆だけで栄養補給をすることもあるといいます」(前出の編集者)

 納豆は人によっては一度ハマると毎日食べ続けてしまう魅力的な食材だが、なぜ人気女優に納豆好きが多いのだろうか?

「納豆と言えば、食物繊維が豊富で骨を丈夫にするカルシウムも含まれており、体に良い食品というイメージがありますが、それ以上に美容効果が高いということが大きいでしょう。皮膚の新陳代謝や肌荒れの改善など、美肌作りに重要なビタミンBが豊富。コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促進し、肌をなめらかに美しく保つ働きを持ったイソフラボンも含まれています。さらに、納豆には脂肪の吸収を抑制する効果も。痛風の原因となるプリン体の量は1日1パック程度食べるのであれば気にすることはありませんし、女優業にはうってつけの食品だと思いますよ」(中堅芸能事務所のマネジャー)

 人気女優たちがこぞって食べ続ける納豆。ある意味、「納豆が好き」ということが女優として大成する秘訣かも!?(ライター・丸山ひろし)

更新 2017/7/10 16:00
https://dot.asahi.com/dot/2017071000013.html
no title

【吉田羊、上戸彩、松岡茉優…人気女優に「納豆好き」が多いワケ】の続きを読む