芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

二階堂ふみ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/14(水) 10:10:38.95 _USER9
女優二階堂ふみ主演TBS系連続ドラマ「プロミス・シンデレラ」(火曜午後10時)第1話が13日、放送され、平均世帯視聴率が7・9%(関東地区、速報値)だったことが14日、ビデオリサーチの調べで分かった。個人視聴率は4・4%だった。

橘オレコ氏による小学館の漫画アプリ「マンガワン」で隔週月曜に連載中の同名人気漫画が原作。夫から離婚を告げられ、無一文、無職、宿なしとなった主人公の桂木早梅(かつらぎ・はやめ)が、ひょんなことから性格の悪い金持ち男子高校生と出会い、借金返済のため豪邸に居候しながらサイコロの目で運命が決まる“リアル人生ゲーム”を繰り広げるストーリー。

眞栄田郷敦とEXILE/三代目 J SOUL BROTHERS岩田剛典が演じる兄弟と二階堂の三角関係が展開される“ギャップキュン”ラブコメディーだ。

第1話で、つつましく、専業主婦として幸せに平穏な暮らしをしていた桂木早梅(二階堂)は、結婚1年足らずのある日突然、夫・今井正弘(井之脇海)から一方的に離婚を切り出された。早梅は、そのショックから家を飛び出すが、スリに有り金をすべて奪われ、バツイチの無一文、無職、宿無しになってしまった。

そんな早梅が公園で野宿生活を始めて数日経った日、目の前に金持ちのイケメン高校生・片岡壱成(眞栄田)が現れた。壱成は、高級老舗旅館「かたおか」の御曹司で後継ぎの兄・成吾(岩田剛典)とは対照的に性格も素行も極めて悪かった。崖っぷち状態の早梅に興味をもった壱成は、彼女で暇つぶしをしようと自分の屋敷に連れて行った。

早梅は、壱成から、ただで泊めてやる代わりに“リアル人生ゲーム”をやろうと持ち掛けられた。サイコロを振って、出た目のミッションをクリアすれば賞金をゲットできるというもの。悪趣味なゲームに早梅は腹を立てるが、とある事情で背負ってしまった借金返済のため、参加せざるを得ない状況に陥った。

最初のミッションは「セレブパーティーで主役に恥をかかせたら20万円」。片岡家に長年仕える執事・吉寅英ニ(高橋克実)の手回しで美しく磨き上げられた早梅は、壱成にあるパーティーに連れて行かれた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/3580884592a8d2a8eab1c54fb3d1d84a53ee404d

20210714004

【【視聴率】二階堂ふみ主演TBS「プロミス・シンデレラ」爆死wwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/13(火) 20:10:14.54 _USER9
 女優、二階堂ふみ(26)が11日放送のTBS系「日曜日の初耳学」(日曜後10・25)にゲスト出演。銭湯めぐりが趣味と明かすなど、プライベートについて語った。

 番組MC・予備校講師でタレントの林修(55)が彼女に関して「プライベートが見えない」とコメントし、「交友関係」を尋ねた。二階堂は、女優の有村架純(28)と「すごく仲が良い」と打ち明け、「最近読んだ本の話」「美味しいものの話」など、「普通の女の子の会話」をしていると説明した。

 動物愛護活動に力を注ぐ二階堂。自宅では犬や猫との時間を楽しんでいるとし、「動物と一緒に暮らしているので、遊んだり」と目尻を下げた。「あとは銭湯が好きなので、銭湯に行ったりとか」と告白、周囲には「バレないです、本当にバレないです」と強調した。

 出歩く際、変装しないとも。コロナ禍の前に触れ「マスクをして歩くことなんて無かったので。それでも全然バレなかったです」と振り返りつつ、「だから全然、自分は有名じゃないなって認識なんですけど」。自虐的に語り、笑わせた。銭湯通いに驚いた林が「400円とか500円?」と疑問を口に。二階堂は「470円です!」と元気よく、即答した。

 スタジオの「ハライチ」澤部佑(35)は以前、犬の散歩をしている二階堂と偶然、出会った経験があったと回想。「二階堂です」とあいさつされるまで気付かなかったそうで、「ワンちゃん同士(澤部と二階堂の飼い犬)がコミュニケーションをとっているとき、その人(二階堂)の顔見ていたけど、全然気付かないくらい」と実体験を話していた。

7/13(火) 16:40
スポニチアネックス

二階堂ふみ 趣味は銭湯めぐり、プライベートで“顔バレ”せず「自分は有名じゃないなって認識」
二階堂ふみ
https://news.yahoo.co.jp/articles/61afffc3ee4c4ce33757c1ceb46e7e1db03e03eb

no title 【二階堂ふみさん、趣味は銭湯めぐり、プライベートで“顔バレ”せず「自分は有名じゃないなって認識」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/10(土) 10:54:12.69 _USER9
女優の二階堂ふみがトーク番組『A-Studio+』(TBS系/毎週金曜23時)にゲスト出演。プライベートで芸者デビューをしていたことを明かした。


 トークの中で二階堂は、MCの笑福亭鶴瓶から紹介されたお茶屋をプライベートで訪ねたことを切り出すと、白塗りの化粧を施して着物を着て、芸者として客の前に出たことを告白。「ふみ千代という名前をいただいたので…」と照れながら明かすと、続けて「千社札も作ってくださって…」とコメント。テレビの収録や役作りでもない“芸者デビュー”について、二階堂は「経験してみたい」という好奇心からの行動であったことを語っていた。

 また二階堂はヒロインを務めた2020年放送のNHK連続テレビ小説『エール』の撮影中に絶食をするなどのハードな食事制限をしていたことも告白。ドラマのラストシーンで乳がんを患ってしまうヒロインを演じるために、二階堂は1ヵ月かけて体重を落とし、大好きな揚げパンを我慢していたと振り返った。

 番組のエンディングでは鶴瓶が、ドラマ『エール』の演出を務めた吉田照幸氏と二階堂のエピソードを披露。最終話のシナリオを読んだ二階堂は、吉田に「最終話をなんとかもうちょっといいものにできないかなって…」と遠慮しつつも書き直しを提案。二階堂の熱意を触発された吉田氏は最終話のシナリオをイチから書き直したそうで、このエピソードを紹介しながら鶴瓶は作品に妥協しない二階堂と吉田氏の姿勢を絶賛していた。

7/10(土) 10:18配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/e5d208f118e40b9c358019a21a823b1451583caf
no title

【二階堂ふみさん、プライベートで芸者デビューしていた「ふみ千代という名前をいただいた」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/07/08(木) 15:08:15.31 _USER9
動物愛護に熱心な女優の二階堂ふみ(26)が、動物を使うサーカスに反対する思いをつづった。

二階堂は8日、インスタグラムのストーリーズを更新。「動物をサーカスに使ってほしくない」と書き出し、「彼らがいるべき場所で、ありのままの姿で、それが1番美しいと思うんだ」とつづった。

動物サーカスは各国で問題視され、ドイツでは生きた動物の代わりに3Dホログラムで映し出された映像を使う取り組みを行っているサーカス団もある。

二階堂は、その取り組みを紹介し「ホログラムを使ったサーカス 夢があって美しいなぁ」と絶賛。「テントに入った途端、夢物語に入り込んだような世界 洗練された人間技のエンターテインメントに大人も子供も、みんなワクワクするし、ドキドキする。夢があって、キラキラしているサーカス。だからこそ、その裏に動物の悲しみ、苦しみがあって欲しく無い」と思いをつづった。

7/8(木) 14:48
日刊スポーツ

二階堂ふみ 動物愛護への思い「ありのままの姿で、それが1番美しい」
二階堂ふみ(2019年9月14日撮影)
https://news.yahoo.co.jp/articles/77ea9421744966f783ec0b65073bf30b41712a7b

no title 【二階堂ふみさん、変な方向へ行ってしまうのか・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2021/01/15(金) 11:50:07.11 _USER9
 昨年末のNHK『紅白歌合戦』で初の紅組司会を見事に務め切った女優の二階堂ふみの“争奪戦”が始まり、NHKが早くも今年の『紅白』の司会を打診したとの情報が流れている。ドラマやCMのオファーも殺到するなど、業界の内外で評価が急上昇しているようだ。

 昨年末の『紅白』では、二階堂が常にカメラ目線で司会をしていたことが話題になった。「週刊文春」(文藝春秋)は「台本をすべて覚えていないとできない」として、番組スタッフからも驚きと感嘆の声が上がったと伝えている。

 20代とは思えぬ落ち着いた口調で声も聞き取りやすく、初めてだとは信じられないような堂々とした司会ぶり。そうかと思えば、たまにお茶目な一面も見せるので嫌みがない。二階堂の司会は視聴者に好評で、NHK側も「今回の高視聴率や好評ぶりは二階堂さんの力が大きい」と高く評価しているという。

 司会だけでなく、特別企画「紅白ディズニースペシャルメドレー」では氷川きよしと『ホール・ニュー・ワールド』をデュエット。あまりの歌唱力の高さにネット上で大反響が起き、一部では「プロの歌手だと勘違いした視聴者もいた」とまで報じられた。

 NHK朝の連続テレビ小説『エール』のヒロインを好演するなど女優としての実力は折り紙付きで、司会や歌まで本職顔負けのレベルでこなせるとなれば“争奪戦”が起きるのも当然。一部では「NHKが早くも今年の『紅白』の紅組司会をオファーした」との情報が流れたが、NHKが今から「囲い込み」をしておきたいと考えても不思議はない。

 また、二階堂は動物愛護活動に熱心なことで知られ、犬・猫の繁殖業者やペットショップに対して飼育数の上限やケージの大きさなどを定める「数値規制」について自身のInstagramで問題提起したことも話題に。『紅白』でも、リアルファーやレザーを一切使用しない“アニマルフリー”のブランド「ステラマッカートニー」の衣装をまとい、動物愛護のメッセージを発信していたことが反響を呼んだ。

 単に多才で美人で好感度が高くて……というだけでもすごいことだが、動物愛護などのセンシティブな活動にも臆せず取り組むなど、20代の若手女優とは思えないほどの一本筋の通った姿勢が支持を集める一因となっているのだろう。女優業はもちろんのこと、今年は幅広い分野でその才能が発揮されることになりそうだ。

https://entamega.com/55717 

no title

【二階堂ふみ、女優・司会・歌までこなす多才ぶりに業界が熱視線… NHKは早くも今年の『紅白』司会を打診か】の続きを読む