芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

争奪戦

1: なまえないよぉ~ 2018/11/11(日) 09:12:07.37 ID:CAP_USER9
年内をもって乃木坂46を卒業する西野七瀬(24)に、早くも事務所による争奪戦が勃発。本格的に女優業に乗り出すと目されている。

 ***

総選挙のあるAKB勢と違い、坂道には明確な人気順位はない。しかしながらメディアその他で西野が紹介される際には“絶対的エース”と呼ばれることがあるから、グループの顔の一人であることは間違いないようだ。

そんな彼女がブログに、

〈いきなりですが 皆さんに伝えたい事がありまして、、、約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします。m(_ _)m〉

と綴ったのは9月20日のことだった(※改行は省略)。唐突かつアッサリな卒業発表に、5月に週刊文春が報じた“2年前のお泊りデート”報道の影響を指摘する声もあったが、
本人によれば〈卒業のことは実は一年以上前から事務所の方とお話をしてきまして〉ということらしい。

また卒業を発表したブログでは、〈一人になってからも、このお仕事は続けていきたい〉と芸能界を引退しないことも明言している。
となると気になるのが、その後の所属だ。現在はグループメンバーが所属する「乃木坂46合同会社」に籍を置いている。

「卒業コンサートが年明けに予定されているので発表はまだ先になりそうですが、早くも芸能プロダクションの間での争奪戦は始まっています。
ソロになって歌手に、というタイプではなさそうなので、方向としては女優というのが濃厚。『あさひなぐ』、『電影少女』で映画とドラマで主演に抜擢されて、キャリアもありますからね」(芸能関係者)

「太田プロ」はない説

AKB系列の場合、メンバーは各々が別の事務所に所属している。たとえば総選挙1位の松井珠理奈(21)はアービングに属し、
3位の須田亜香里(27)はTWIN PLANET ENTERTAINMENTに籍を置いている。
対して坂道の場合、乃木坂メンバーは先述の「合同会社」、欅坂は「Seed&Flower合同会社」預かりが基本であるらしい。

「正確にいえばAKBの子たちも一度『AKS』に所属し、そこから大手に移るわけです。
運営が自分たちのところで育て、有力なプロダクションへ“売る”イメージでしょうか。一応、坂道はAKBの『ライバル』であることがコンセプトですから、
所属のシステムも差別化をはかりたかったのではないでしょうか」(先の関係者)

ただし、卒業後となれば話は別のようだ。今年4月にグループを抜けた生駒里奈(22)らのように、
引き続き「合同会社」に所属するケースもあるにはあるが、深川麻衣(27)は現在「テンカラット」所属であるし、永島聖羅(24)は「ホリプロ」である。

「西野の場合、一般層にもある程度は顔と名前が知られていますし、今が旬の坂道の卒業生ということで、話題性もある。
プロダクションとしてはぜひ欲しい人材でしょう。移籍先を考える際のポイントは、需要と同時に、運営の“思惑”です。
運営としても、育てたタレントを使って、いろいろな芸能事務所と広く関係をもちたいという意図はあるはず。
そうなると、既に関係ができあがっている所へ西野を送るというのはちょっと考えにくいですね。
前田敦子(27)や大島優子(30)らがいる『太田プロ』は、AKB勢が移る先としてのイメージが強いですから、移籍先としてないと思う。断言はできませんけどね……」(同)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00551505-shincho-ent
11/11(日) 7:31配信
no title

【乃木坂「西野七瀬」卒業で争奪戦スタート 女優進出で“前田・大島化”懸念も勝機あり?】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/09/22(土) 11:45:50.58 ID:CAP_USER9
西野はブログで「約7年間 本当にお世話になりました。わたくし西野七瀬は年内の活動をもって 乃木坂46から卒業いたします」と報告。
「私の人生のなかで たぶん一番、華やかで刺激的に生きた時間だったんじゃないかな。と 今、思います」とこれまでの活動を振り返っている。

西野は乃木坂46の一期生。
8thシングル「気づいたら片想い」で初めてセンターを務め、以降幅広く活躍。
同グループのエースとして活躍していたさなか、突然の卒業発表となった。

そのためにTwitterでは《えっ!?待って!!うそうそうそ!!!なあちゃん……ほんとに??卒業なの……?》といった驚きの声が。
いっぽうで《なあちゃんが決めたことやし卒業しても芸能界には残るって聞いたからこれからも全力で応援する!》《これからの人生を応援して行きたい卒業しても応援し続けるし、ずっと好きだよ》といったエールが上がっている。

「昨年、西野さんは映画『あさひなぐ』で初主演、さらに今年もテレビ東京で放送された不朽の名作漫画『電影少女』のドラマ版で天野アイ役を務め話題を呼びました。16年に発売した写真集『風を着替えて』の売り上げも15万部以上の売り上げを記録するなど、実績は十分。そのため早くも卒業後初を狙う声が多く、オファーも殺到しそうです。万全の船出といえるでしょう」(芸能関係者)

これからの活躍にも期待したい!

http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00010006-jisin-ent

乃木坂46 西野七瀬
no title

no title

no title

no title

【【乃木坂46】「実績は十分」西野七瀬に早くも争奪戦!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/10(日) 19:59:48.00 ID:UYPiIfDm0● BE:322453424-2BP(2000)
Gカップ乳女優として人気の倉科カナ(30)に、写真集の出版説が急浮上。結婚目前とされる彼女をめぐって、各出版社が争奪戦の真っ最中だという。
 「倉科は現在、俳優の竹野内豊(47)と交際中。6月22日に入籍と報じた週刊誌もある。もちろん両事務所とも否定していますが、近い将来、結婚することは間違いないと見られています」(グラビア雑誌編集者)

 2人の熱愛は長い。'12年にドラマ『もう一度君に、プロポーズ』(TBS系)での共演がきっかけで交際開始。'14年には竹野内が、倉科のマンションに通うところもキャッチされている。
 「竹野内は'14年に都内に5億円といわれる大豪邸を購入し両親と同居していたのですが、父親はすでに他界。今度は倉科が竹野内の家に通うようになり、今年から同居しているそうです。自宅は2世帯住宅。もともと倉科と住むために建てた、とも伝わってきています」(芸能ライター)

 この状況からいっても2人の結婚は間違いないが、それを黙って見ていないのが写真集関係者だ。
 「倉科は芸能界でも指折りのボイン。なにしろサイズがすごい。18歳の時の公式サイズがT158、B89・W57・H87の超グラドル級。しかも、当時Eカップも、今や90センチ超えのGカップ級にまで成長しているそうです。そんな結婚前の倉科を標的にしたのが大手出版社。人妻になる前のセクシーボディーを写真集に残したいと、争奪戦がぼっ発しているのです」(前出・グラビア雑誌編集者)
彼女は元NHK女優。'09年に連続テレビ小説『ウェルかめ』に主演。20%が当たり前の同番組にあって平均視聴率13.5%の大惨敗。しかし毎朝、ボインが見られるということで男性を大喜びさせた。
 「本人もハッキリ言ってますが、『子供の頃から大きな胸がコンプレックス』だったそうです。確かに、ドラマでも、薄手のシャツなどで走ったりするとブルンブルンと激しく揺れて大変でしたからね」(同)

 メモリアル写真集が現実となった場合、いったい、どれほどの売り上げが見込めるのか?
 「ひょっとして結婚引退もあり得る。となれば、当然、希少価値が出るだけに、部数40万部、ギャラ2億円超えは間違いない。結婚前の大仕事として、現実味を帯びていますよ」(写真集編集者)

 竹野内だけに、オッパイを独占させてはいけない!

https://wjn.jp/sp/article/detail/1752656/
no title

【倉科カナ Gカップ乳に成長! 結婚前の独身ヌード争奪戦wwwwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/04(水) 08:06:11.89 ID:CAP_USER9
NHKの有働由美子アナウンサー(49)が3月31日付で同局を退局したことが3日、分かった。退局前日の30日に、8年間メインキャスターを務めた「あさイチ」を卒業したばかりだった。今後はジャーナリストとして活動していくという。「NHKの顔」である有働アナの電撃退局は大きな波紋を呼びそうだ。

 有働アナはこの日夜、同局を通じてコメントを発表。「27年間勤めさせていただいたNHKにはたいへん愛着があり、定年までしっかり働き続けようと思っておりました」と前置きした上で「以前から抱いていた海外での現場取材や興味ある分野の勉強を自分のペースで時間をかけてしたいという思いが捨てきれず、組織を離れる決断をしました」と退局理由を説明した。さらに「今後、ジャーナリストとしてNHKの番組に参加できるよう精進してまいります」と決意を示した。

 NHKは「独自の存在感でこれまで貢献していただき、感謝しています。今後も活躍されることを願っています」とした。同局がアナウンサーの退局に際してコメントを出すのは異例。有働アナの功績の大きさを改めて示す格好になった。

 今後の所属先は決まっていないとみられ、退局発表と同時に芸能プロダクションやテレビ局は争奪戦の火ぶたを切った。私生活では5歳下の実業家と交際中だが、周囲は「結婚を前提にした退局ではないようです」としている。

 有働アナは「あさイチ」を3月30日の放送をもって卒業したばかり。その翌日付での退局となった。番組で退局に触れなかったことについては「新たなスタートを切る“あさイチ”の門出を邪魔したくなく、ご報告が遅れましたことをお許しください」と陳謝している。

 同局関係者によると、以前から周囲に「辞めようと思っている」と相談。昨年末で退局するという話を聞いた同僚もいた。関係者は「有働アナはニュース番組から紅白の司会まで、アナウンサーとしての仕事をやり尽くした。新しい世界に飛び出したくなったのでしょう」としている。

 すでに収録が終わっているBSプレミアム「100年インタビュー」(5月12日放送)などは予定通り放送される。

 ◆有働 由美子(うどう・ゆみこ)1969年(昭44)3月22日生まれ、大阪府出身の49歳。神戸女学院大を卒業後、91年にNHK入局。98年長野五輪から04年アテネ五輪まで4大会連続で同局の五輪キャスターを担当。14年に初の著書「ウドウロク」を発売。趣味はゴルフ。中学から始めた剣道は2段の腕前で講演会を行ったこともある。血液型O。

4/4(水) 7:22
スポニチアネックス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180404-00000064-spnannex-ent

no title

【有働由美子アナ NHK電撃退局、ジャーナリスト転身 テレビ局、芸能プロダクションは争奪戦の火ぶた】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/27(火) 17:05:43.87 ID:CAP_USER9
日本テレビの制作関係者が珍しく、今春入社する新人アナウンサーに浮足立っている。

「争奪戦ですよ。うちの番組に出てもらいたいとアナウンス部にオファーを出すプロデューサーが殺到しているんです。この10年、見たことのない光景ですね」(事情通)

そもそも、日テレといえばフジテレビとは違って地味な女子アナしか採用しないことで知られている。

「過去、話題になるといえば日テレを訴えたりとネガティブな面で名前を売った女子アナしかいなかった。いまでこそ女子アナ界のトップともてはやされる水卜麻美も入社したころはコロコロ太っていて、誰も現在のブレークを想像していなかったんです」(前同)

その日テレが人気アイドルグループ「乃木坂46」の卒業生として知られる市來玲奈(22)をアナウンサーとして採用した。
市來は2011年8月に乃木坂46の第1期生オーディションに合格。
愛称は“れなりん”。
デビューシングルから4枚目まで選抜メンバー入り。
14年7月に乃木坂46卒業後は、女優として活動していた。
乃木坂46の卒業生がテレビ局の局アナになるのは初めて。
AKB48グループでも前例がない。

元アイドルの局アナといえば、テレビ東京に元モーニング娘。の紺野あさ美アナ(30=昨年5月末で退社)がいた。

「視聴率3冠王を取っている余裕が出たんでしょうか。元アイドルを採用するなんて発想は、これまでの日テレにはありませんでした。まあ、悪い意味でフジの轍を踏まないことだけを祈ります」(制作スタッフ)

しかも、この4月に入社するのに、早くも担当番組が決まっているという。

「日テレが間もなく立ち上げる音楽番組のMCに起用されるようです。少なくとも知名度も人気も入社前からあるわけですから、それを利用しない手はありませんよ」と日テレ関係者も意気込む。
早くも局内で“ポスト水卜アナ”と期待される市來アナ。
ブレーク必至か――。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180327-00000034-tospoweb-ent

元乃木坂46 市來玲奈
no title

no title

no title

【元乃木坂46市來玲奈、日テレ局内で早くも争奪戦wwwwwww】の続きを読む