芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

乃木坂46

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/08/29(火) 01:26:38.81
 アイドルグループ・乃木坂46が28日、東京・明治神宮球場で『乃木坂46「真夏の全国ツアー2023」』のファイナルを迎えた。7月から7都市16公演にわたって開催された同ツアーでは、合計で約25万人を動員。1・2期生が全員卒業後、世代交代した3~5期生メンバーのみで行った初めてのツアーを完走した。

 2014年に初めてライブを開催して以来、“聖地”とも言われる明治神宮球場で過去最長となる4日間開催となった同公演。オープニングでは両サイドから巨大トロッコに乗ったメンバーたちが登場し、5期生の井上和が「最終日!盛り上がっていくぞー!」と絶叫すると、3万8千人の観客は紫のペンライトを激しく振って呼応した。

 1曲目の「裸足でSummer」から、観客もメンバーもテンションMAX。4期生の賀喜遥香が「ツアーラスト!盛り上がる準備はできてますか?」と呼びかけ、3期生の山下美月が「神宮ラスト、いくぞー!」と煽りながら、5曲目の「ガールズルール」まで夏曲をノンストップで披露した。

記事の全文はORICONでご覧ください
https://www.oricon.co.jp/news/2292526/full/

otaku_otagei

【乃木坂46、“新体制初”全国ツアー完走 3代目キャプテン&新センターが涙の決意表明「私たちが乃木坂46です!」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/08/10(木) 10:44:39.38
かつて『AKB48』の公式ライバルとして誕生し、見事に下剋上を果たした『乃木坂46』。今度は彼女たちが逆の立場に立たされ、公式ライバル『僕が見たかった青空』(以下、僕青)に仕事を奪われている。

今年6月に誕生した僕青は、早くも各方面で活躍している。7月に放送された音楽特番『2023 FNS歌謡祭 夏』(フジテレビ系)では、CDデビュー前に初パフォーマンスを披露。また、15年ぶりに開催されたフジテレビのサマーイベント『お台場冒険王』のオフィシャルサポーターに就任し、彼女たちのデビュー曲『青空について考える』がテーマソングに起用された。

さらに、お台場冒険王出店記念として、セブンイレブンは僕青が出演する『セブンカフェスムージー』のPR動画を公開中。8月2日に公開された動画では、八木仁愛、早﨑すずき、柳堀花怜の3人が、お台場冒険王にあるセブンカフェスムージーのブースを訪問し、商品を紹介している。

他にもダンス動画を公開するなど、精力的に僕青をPRに使っているが、昨年まで彼女たちのポジションにいたのは乃木坂46だった。

『乃木坂46』の仕事が『僕青』に移行中?

セブンイレブンと乃木坂46は、ほぼ毎年コラボしてきた。

2022年11月にはセブンイレブンアプリとのコラボキャンペーンがスタートし、セブンネットショッピングでも限定グッズを販売。東京メトロ渋谷駅ではキャンペーン実施を記念して、乃木坂46の巨大広告を展開するなど、まるでセブンイレブンの広告塔だったのだ。

「セブンイレブン関連の事業も担当している株式会社allfuzは、乃木坂46の運営にも関わっている株式会社KeyHolder傘下の広告代理店。allfuzは僕青に資本参画し、グッズ販売の全般を担っています。

つまり運営の判断は、『乃木坂も推せるけど、今は僕青を推そう』ということ。かつてKeyHolderの社長も『(僕青は)今後の成長が楽しみなグループ』と語っていましたからね。セブンイレブンのPR活動は序の口にすぎず、そのうち乃木坂46のようにコラボキャンペーンや限定グッズを展開するつもりなのかもしれません」(アイドルライター)

僕青が着実に活躍の場を広げる中、天下の乃木坂46は青空を見上げるしかなさそうだ。

https://myjitsu.jp/archives/438363

pose_english_shrug_woman

【乃木坂46の仕事を公式ライバル『僕が見たかった青空』が奪取! 運営の“推し変”がスタート】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/08/09(水) 15:48:00.38
 講談社が発行する「週刊少年マガジン」の公式X(旧ツイッター)が9日に更新され、この日発売された「週刊少年マガジン36・37合併号」表紙に誤りがあったと報告し、謝罪した。

 週マガ公式は「8月9日(水)発売の『週刊少年マガジン36・37合併号』の表紙にて、乃木坂46の井上和さんの紹介文に誤った情報を掲載してしまいました」と、乃木坂46・井上和が表紙を務める合併号に誤記があったことを報告した。

 表紙には「5期生で初めて表題曲のセンターに抜擢されたなぎちゃんが週マガ初登場&初表紙!!」と、井上に関する紹介文が記されているが、正しくは「乃木坂46の5期生メンバーで初めてシングル表題曲のセンターを務めたのは中西アルノさんです」として、訂正した。

(略)

※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

「週刊少年マガジン」表紙に誤記 謝罪 初表紙務めた乃木坂46・井上和の紹介文が…― スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/09/kiji/20230809s00041000279000c.html

2023年08月09日 12:40

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/08/09/jpeg/20230809s00041000286000p_view.webp
乃木坂46・井上和

pose_yareyare_man

【「週刊少年マガジン」表紙に誤記 謝罪 初表紙務めた乃木坂46井上和の紹介文が】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/06/16(金) 20:25:38.97
 乃木坂46早川聖来(22)が16日、公式ブログを更新し、8月末をもってグループから卒業することを発表した。卒業後は芸能界から引退するという。

 「私、早川聖来は乃木坂46を卒業し、芸能界を引退します」と報告。「心残りがないと言えば嘘になります。大好きな仲間、可愛い可愛い後輩達、そして愛おしく、大切で、かけがえのない私の大好きなファンの皆さん。心残りがないわけがありません」と率直につづった。

 「この乃木坂46でいろんな景色を見続けたい。そんな気持ちでいっぱいでした。そして、例え小さくても私にしかできないこと、私だからこそできたことを成し遂げたんだと、誇りを持つことができました」とし、「そんないつの日からか、卒業というものをずっと考えていました。『乃木坂46 早川聖来』の芸能界という世界での生活はあと少しで終わりになります」と説明した。

 さらに「ですが人生とは、こうやって短編小説の連続で『私』という本が出来上がるのではないかなと思います。だから私は、これからも『私』という人生のページを進めていきたい」と先を見据えた。「もっともっと大変なことがあるかもしれません。でもそんなことすら、乗り越えた先には素敵なものがあると学んだからこそ、ワクワクする気持ちになります」と記し、「だからこそ長い人生の第一章目を、私は達成感を胸に卒業することができるのだと思います」とつづった。

 「私は『私』という物語の途中で少し立ち止まり、『乃木坂46』という物語のページを開く時があると思います。その時、私はきっと笑顔だと信じてください」と伝えた。「活動は8月末頃までを予定しています。そして、全国ツアーの参加は7月13日の地元である大阪公演で最後にさせていただきます」と明かし、「大阪で最後になってしまいますが、現在とあるお仕事をさせていただいています。8月末頃に皆さんにお届けできると思いますので、楽しみに待ってていただけると嬉しいです」と呼びかけた。

 早川は18年11月加入の4期生。「せーら」などの愛称でファンから親しまれている。21年6月のシングル「ごめんねFingers crossed」で初選抜入りし、最新シングル「人は夢を二度見る」でも選抜メンバーとして活動している。

 先月21日、早川はNHKラジオ第1「らじらー!サンデー」で、ライブの演出を手がけたSEIGO氏から暴言を受けていたと告白していた。卒業は先月21日よりも前から決まっていたという。同23日、乃木坂46は7月からスタートする全国ツアーで、演出家を変更すると発表していた。

日刊スポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/8de1115e44d7eb95499bd0a08d4a0fbd7f71f842
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/img/202306160001343-w500_0.jpg

sotsugyou_idol_girl

【【乃木坂46】早川聖来が8月末でグループ卒業、芸能界引退へ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2023/06/09(金) 13:09:27.60
乃木坂46の久保史緒里が7月11日に発売する1st写真集『交差点』より、はじける笑顔がまぶしい水着カットが解禁された。

久保史緒里、初の水着カット解禁
今回公開される写真は、久保初となる水着カット。
“東北のハワイ”ともいわれる美しい海がひろがる、宮城県石巻市の「網地島」で撮影。
久保の透明感抜群の肌に映える白い水着が美しいカットに。
地元宮城県の島で、子どものころに戻ったように海ではしゃぐ、まぶしい笑顔も披露している。

久保は「実は水着撮影のためにそんなに特別なことはしていないのですが(笑)、でも肌の透明感があがるように、顔だけでなく全身保湿をがんばって水着撮影に挑みました!このカットを撮影した“網地島”は地元宮城県にあり、今回の撮影ではじめて訪れました。海が透き通っていて本当にキレイなので、たくさんのかたにぜひ遊びに行ってみてほしいです」とコメントした。

久保史緒里1st写真集「交差点」
本作の主な舞台は、久保の地元・東北。
子供のころから何度も訪れた両親の地元である、宮城県にある田代島や山形県尾花沢市も訪れており、まるで一緒に帰省をして、地元を紹介してもらっているような気分になれる構成となっている。

子供のころに遊んだ海、思い出の島や湖、そしてアイドルとして日々成長していく東京。
大好きな地元・東北という思い入れの深い場所と、現在の拠点である東京を行き来する中で垣間見える、久保の素の表情を撮り下ろしている。

撮影は雪の山形からスタートし、2023年春に東京の桜で撮影を締めくくるまでの1年以上。
雪にはしゃぐ無邪気な姿から、温泉街での色気漂う表情、部屋でのリラックスした素の瞬間やお仕事の現場での顔まで、今まで見たことのない久保の姿が満載。
20歳からの久保のドキュメントとなっている。

また、初々しさあふれる水着と大人な色っぽさが漂うランジェリーカットにも初挑戦。
東北随一の透明度で知られる宮城県網地島のビーチなどでの水着シーンでは、しなやかな美ボディを披露。
温泉街やホテルの一室でのランジェリーシーンでは大人な表情も見せている。

http://mdpr.jp/news/detail/3788247

久保史緒里、初の水着姿解禁!「透明感抜群」眩しい色白スレンダーボディ披露
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/ElVV/nm/ElVVKRGjS9nFkEpTvbxtm_CN4I8U9sHf_QgN9yxsoaQ.jpg

久保史緒里1st写真集『交差点』
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/8oYH/nm/8oYHsKP2p6rTHksWNBxe40QtAqVdqvlyrL9F6qoozXE.jpg
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/ShHc/nm/ShHcZBQ4GTJ_pdk8VxZSX6Ty4SkntbHi4Iy1_dN1RUo.jpg
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/-fKb/nm/-fKbDZZgkD-wL1QFzJmTbLW4gaNuowOb3fZsJGDdokc.jpg
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/qY7z/nm/qY7zXkaLpjhhX4vU8j7-H0PxqvfaYM3VpQyW-lJnd9c.jpg
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/Lo-i/nm/Lo-i77l6-LMyoiOd59lG113MU0qmdzVFkWnXd5bw5A8.jpg
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/KebV/nm/KebVhRhg2jcuEIiHbVnflHZaElGDECYv1O8S5xbSB2E.jpg
通常版表紙
http://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/aM72/nm/aM72PYxWjqnINBrLhmMcuU-UYnRdB-vSezvERqQDm0Y.jpg

wink_woman

【乃木坂46久保史緒里(21)、初の水着姿解禁!「眩しい色白スレンダーボディ披露】の続きを読む