芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

中条あやみ

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/06/25(火) 21:58:38.77 ID:sBj4V/qj9
芸能界で「演技がヘタな女優」としてよく名前が挙がるのが、佐々木希と本田翼だ。最近はここに中条あやみが加わり、『棒女優ビッグ3』になったと評判だ。

「中条は、すでに抜群人気なのに、なぜ女優に本腰を入れなかったのか分かりましたね。やはり顔の作りが大まかなせいか、細かな演技は向いていない。佐々木のように、口は怒っているのに目が笑っているというひどいレベルではありませんが、修正しないと今後は厳しいでしょう」(ドラマライター)
 
先ごろ最終回を迎えた中条主演のドラマ『白衣の戦士!』は、全10話平均視聴率8.7%と惨敗。中条演じる新米ナース・立花はるかが、先輩である三原夏美(水川あさみ)の指導のもと、日々進歩していくというストーリーだった。

「コメディータッチだし、一刻を争う緊急の医療ドラマではないので“おチャラケナース”(ドラマでは元ヤン設定)もいいのでしょうが、どうもリアリティーがなさ過ぎでした。人前で極端に大騒ぎするし、廊下も平気で走る。こんな騒々しいナースは見たことがありません。一応、水川とのダブル主演ですが、失敗したときの“逃げ”だったといいます」(テレビ雑誌編集者)

コメディーとはいえ、ナースという医者の片腕同様の職業を描く以上、もう少しマトモであるべきとの声もあった。

「恋愛問題まで仕事に持ち込み、うまくいっていると自問自答気味につぶやいて喜んでいる。でも、それも異常に大げさ。心で押さえながら思わず笑いがこみ上げるなら分かりますが、1人ハシャギを見ると過剰な演技。最終話では、糖尿病の患者が甘い者を食べたということで激怒する始末。こんな“非冷静”なナースも珍しい」(同・編集者)

中条は芸能界でも屈指の美女。イギリス人とのハーフで小顔で大きな目、スラッとした細身で、女性人気は高い。CMタレントとしての評価も上々だ。

「バンドじゃないですが、本当に見た目だけのビジュアル系だなと思います。彼女はセクシーさにやや欠ける点があり、男性誌人気はイマイチ。だからドラマで違った魅力を見せるかと思いきや、ただのドタバタ劇。彼女だったら、その美貌を生かして正統派路線でいった方がウケたかも。何だか逆にイメージが落ちた感じで、コミカル路線は自分の首を絞めたようなもの。“棒女優”は決定でしょう」(前出のドラマライター)

佐々木、本田と一緒にされたら終わりだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1892569/
2019.06.25 21:45 週刊実話

【中条あやみ“ヘタ女優ランク”でビッグ3入り!? 主演ドラマ酷評wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/06/23(日) 10:56:02.52 ID:cuH/Lnje9
4月スタートの春ドラマの勝敗は、ほぼ決着。
視聴率トップは、第3シリーズとなった天海祐希(51)主演の『緊急取調室』(テレビ朝日系)で決まりそうだが、業界内で評価を上げた女優は意外や、本田翼(26)と中条あやみ(22)なんだとか。

「天海さんは相変わらずの安定感で、スポンサー受けは抜群。若手では、『ラジエーションハウス』(フジテレビ系)に出演した本田さんと、『白衣の戦士!』(日本テレビ系)で主演した中条さんの評価がうなぎ上りです」(広告代理店関係者)

本田と中条はお世辞にも演技派とは言い難い。
こと演技に関しては視聴者の評価もイマイチだったが、それと業界の評価は別らしい。

「ドラマ開始前は、確かに2人の演技力が不安視された面もありましたが、フタを開けてみると、本田の『ラジハ』は平均視聴率12.1%と十分合格点。中条の『白衣』は8.7%と低迷しましたが、あの内容で初回の10.3%から最後まで持ちこたえたのは、逆に凄い。要するに、あの抜群のルックスだけで多くの固定ファンを引っ張れる魅力がある、好感度が高いことが証明されたわけです。CMに起用するにはうってつけでしょう」(前出の広告代理店関係者)

■二階堂には「気の毒」という声も

2人の未来は明るいようだが、逆に評価を下げたのは『ストロベリーナイト・サーガ』(フジテレビ系)に主演した二階堂ふみ(24)と、『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)のヒロイン、山本美月(27)だという。

「『ストロベリーナイト』は、オリジナルの竹内結子(39)のイメージが強く、急きょリメークの主演を引き受けた二階堂には、気の毒だという声も少なくありません。ただ、平均視聴率6%台では、同情の余地がない。12年の竹内版は平均15%超えでしたからね」(在京キー局関係者)

一方、山本に関してはすっかり「低視聴率女優」のイメージが定着した感がある。

17年に出演した『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)は平均6.5%、18年にヒロインを務めた『モンテ・クリスト伯』(フジテレビ系)は6.2%、『パーフェクトワールド』も最終話を残して依然6%台と低迷。

「天海さんは老若男女に人気がありますが、山本さんには偏りがある。同性から人気が得られないのが視聴率低迷の一因と見られていて、それではスポンサーも限られてきます」(前出の広告代理店関係者)

二階堂は、2020年の前期に放送予定のNHK朝ドラ『エール』への出演が決定。
また、年内には『ばるぼら』『生理ちゃん』と2本の映画公開を控えている。

山本は、21日から公開中の映画『ザ・ファブル』に出演中。
今後、女優として正念場を迎えそうな2人だが、春ドラマでの“負のイメージ”は払拭できるのか。コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「二階堂さんはかわいそうでしたね。視聴率は低かったですが、一部では『竹内さんより良かった!』という声も聞こえてきます。彼女は演技力が高いので、今後の映画や来年の朝ドラで十分挽回可能でしょう。心配なのは、山本さんですね。圧倒的な演技力不足はもちろんですが、ダミ声のような声の悪さは致命的。若くてスタイルがよく、かわいい女優はいっぱいいる。正念場です。ヒロインではなく、脇役などで一から実力を積み上げるべきでしょう」

山本の前途は多難のようだが、2人の巻き返しに注目だ。
(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190623-00000002-nkgendai-ent

(左から)本田翼、山本美月、二階堂ふみ
no title

【春ドラマで本田翼&中条あやみは高評価 山本美月は株急落「低視聴率女優」のイメージが定着】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/23(木) 10:12:45.33 ID:SQ+A2/Vp9
 22日に放送された女優の中条あやみ(22)、水川あさみ(35)がダブル主演の日本テレビ系ドラマ「白衣の戦士!」(水曜・後10時)の
第6話の平均視聴率が7・2%だったことが23日分かった。

 初回は10・3%で発進。第2話は9・3%、第3話も9・3%、第4話は8・4%、第5話は8・3%と推移。今回は1・1ポイントダウンした。

 看護師が主人公のオリジナルドラマ。元ヤンキーの型破りな新米ナース・はるか(中条)と、はるかの指導係で34歳婚活中のベテランナース・
夏美(水川)が、“戦士”のごとく仕事に恋に奮闘するコメディーだ。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000076-sph-ent
00bed3


【【視聴率】中条あやみ、水川あさみW主演「白衣の戦士!」第6話視聴率、前回から1・1ポイント減】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/05/09(木) 18:50:43.94 ID:xp+RblzW9
 モデルで女優の中条あやみ(22)が7日放送の日本テレビ「火曜サプライズ」(火曜後7・00)に出演。銭湯好きな一面や、意外な入浴法を明かし、共演者を驚かせた。

 タレントDAIGO(41)、現在放送中の同局ドラマ「白衣の戦士!」で共演中の女優・水川あさみ(35)とともにロケを敢行。休日の過ごし方について、水川が「ドラマに入る前に少し休みがあったので温泉に行きました」と話すと、中条が「私もお風呂が好きで。銭湯とかサウナとか、しょっちゅう行くんです」と続けた。

 意外な告白に、水川は「サウナも行くの?」の驚きの表情。さらに「どういう感じ?もちろん隠すよね?」と胸などを隠す仕草をしながら問いかけると「学生さんがいっぱいいる時には、ここだけ隠せばいいかなって」と言いながら手で顔を覆うジェスチャーをしてみせた。

 2人から「(隠しても)スタイルで…」「バレちゃう」とつっこまれながらも、「おばあちゃんとか、年配の方といる時は、全然気にせず入ります」とあっけらんとしていた。


2019年05月09日 11:32
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/09/kiji/20190509s00041000176000c.html
no title

【中条あやみ、銭湯好き告白 バレない意外な方法「ここだけ隠せばいいかなって」wwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/04/24(水) 20:06:49.45 ID:WiZNXulc9
女優・中条あやみと水川あさみがW主演するコメディドラマ「白衣の戦士!」(日本テレビ系)。その中で自由奔放な“元ヤン”の新米看護師・立花はるか役を演じている中条だが、
ネット民の間で、元ヤンキャラが「似合う」「似合わない」を巡って、ちょっとした論争が巻き起こっている。

「4月17日に放送された第2話では、はるかが親友をバイク事故で亡くしたことが看護師を目指すきっかけになったという場面が描かれました」(テレビ誌記者)

しかし、この回想シーンがびっくり仰天。ヤンキー時代のはるかは、濃い目のメイクに金髪ロン毛姿で登場。ネットでは「まんま中条あやみだ!! かわい~元ヤン最高!!」
「回想シーンの元ヤン金髪姿が可愛すぎて!!!!その後に映るスーツ姿とのギャップ!!!!かわいい~~~!!!!!」と言う声が上がる一方で、
中条あやみ元ヤンキャラは似合わない」「元ヤン設定はちょっと無理あるやろ」「元ヤン設定だけど中条あやみ可愛すぎてヤンキー感ゼロ」といった“元ヤン”設定に疑問を投げかける声も数多く寄せられている。

「中条はイギリス人の父親と日本人の母親を持つハーフ。2011年にミス・セブンティーンに選ばれ、2015年に売れる女優の登竜門『ポカリスエット』のCMにも出演。
その翌年、地元大阪を舞台にした映画『セトウミツ』でヒロイン役を演じて、『毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞』を受賞、
さらに2018年『ニセコイ』、2019年『雪の華』と2作連続して映画でW主演を果たすなど、女優として今、人気急上昇中です」(前出・テレビ誌記者)

しかし、今回のドラマでのW主演は、まだ時期尚早だったと見る向きもある。

「初回の放送を見た視聴者からは、『水川あさみは良いけど中条あやみが微妙』『演技下手すぎてやばいなぁ』『もう少しおとなし目の役の方が似合うと思うんだよなぁ』といった声が上がっています。
初回10.3%あった平均視聴率が第2話で9.3%と二桁を割ってしまいました。コメディ、しかも元ヤンの役という条件は、中条にはまだハードルが高かったのかもしれませんね」(夕刊紙デスク)

残念なことに、その“演技力”に批判が集まっている中条。時期尚早という声を跳ね返すためにも、元ヤンらしい振り切った演技を見せて欲しいものだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1792730/
2019.04.24 18:15 アサジョ

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【似合ってる?似合ってない?論争が勃発した中条あやみの「元ヤン姿」】の続きを読む