芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

中川翔子

1: なまえないよぉ~ 2018/09/14(金) 22:29:16.40 ID:CAP_USER9
 タレントの中川翔子(33)が14日、自身のブログを更新。中川に対するストーカー行為で同日、都内在住の無職の男が逮捕されたことを受け、
「犯人は逮捕されましたが、これで恐怖と不安が消えたわけではありません」と心境をつづった。

 「この度は私事でご心配おかけしております」と書き出した中川は「事件内容につきましては、報道の内容にある通り、私は以前より、
逮捕された男性によるストーカー被害に悩まされ、事務所を通じて警察の方へ相談させていただいておりました」と報告。「犯人は逮捕されましたが、
これで恐怖と不安が消えたわけではありません」と胸の内を明かした。

 また、「世の中には、同じ様に被害に合われてる方がたくさんいらっしゃるかと思いますが、今回犯人の逮捕に繋がったことで、今後このような
ストーカー事件が、少しでも無くなっていくことを願っています」と語っている。

オリコン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000404-oric-ent
no title

【中川翔子、ストーカー男逮捕も「恐怖と不安が消えたわけではありません」 】の続きを読む

しょこたん

1: なまえないよぉ~ 2018/08/29(水) 20:35:47.95 ID:CAP_USER9
しょこたんことタレントの中川翔子が、8月26日配信のニュースサイト「withnews」のインタビューに登場、9月から始まる新学期に合わせ、自身がイジメと不登校に悩んでいたという中学時代を振り返った。

「小学校時代は絵を描くことや漫画の話などで盛り上がる普通の子どもだった彼女を取り巻く環境が、中学に入るとガラリと変わったようですね。
思春期の女子中高生にありがちなスクールカースト的なものについていけず、いつの間にか一人だけ浮いた存在となり、
絵を描いているだけでキモいと言われたり、悩みすぎて胃が気持ち悪くて吐いているところを見られたら“ゲロマシーン”というあだ名をつけられたことなどを告白。
読んでいるだけでも辛い中学生活が思い浮かびますが、現在のようにタレントとして成功した彼女へとつながる生き方などが語られ、
『オールオッケー!』と言えるまでになれたことを紹介しています。ですが、この記事への反応が真っ二つなんです」(女性誌記者)

ニュースの読者からは「感動」「驚いた」「勇気をもらった」など称賛の声があがったが、この感動秘話を額面通りに受け取れないというネット民も多いのだという。

「ここ数年、中川の“虚言癖”がたびたびネット上で取りざたされています。今回のインタビューでも『(イジメを)やったもん勝ちにしないで』と訴えていますが、
本人は数年前、捨て猫を保健所の譲渡会に連れて行ったとツイートした一般女性に激怒。
結果的に里親が見つかりその女性の行動に非難すべきところは見当たらなかったのですが、女性のアカウントは炎上し削除するに至ってしまった。
なのにしょこたんはスルー。
ほかにも辻褄の合わない中川の発言例がネットで掘り出され、そうした数々の理由で、中学時代にイジめられたのは事実でも、
そのエピソードがどこまでが本当なのか懐疑的にみる層が少なからずいるのです」(前出・女性誌記者)

ただ、今回のニュースは「2学期が来るのが嫌だ」と思っている悩める10代が読者対象なだけに、それが少しでも和らぐのであれば、しょこたんの言う通り「オールオッケー」なのかも……。

http://dailynewsonline.jp/article/1510697/
2018.08.29 07:15 アサジョ

【中川翔子「中学時代のイジメ告白」の評価が真っ二つに分かれたワケ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/08/26(日) 17:45:09.90 ID:CAP_USER9

「9月が始まると思うと、憂鬱でしたね」。タレントの中川翔子さんは、
中学時代のこの時期をそう振り返ります。今はテレビやラジオ番組で活躍していますが、
中学時代はいじめられ、不登校になったことも。「消えちゃいたいと思いながら、ひたすら夜をやり過ごしていました」。
そんな中川さんがいま、あの時の自分に声をかけるとしたら、「大正解! それを続けてって伝えたい」と言います。

(全文はリンク先みて下さい)
学校行けなかった自分へ… 
中川翔子さんが「オールオッケー!」と言えるまで「しんどい時こそ、夢の種まき」 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180821-00000008-withnews-soci&p=1 
20180821-00000008-withnews-000-4-view[1]

【中川翔子さん(33歳) 学校行けなかった自分へ…「しんどい時こそ、夢の種まき」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/07/31(火) 18:37:39.51 ID:CAP_USER9
 タレントの中川翔子(33)が31日、東京・プラネタリウム“満天”in池袋サンシャインシティで行われた「8月1日『歯が命の日』記念 歯が命アワード2018」表彰式にプレゼンターとして参加。受賞した宇宙飛行士・野口聡一氏(53)にトロフィーを授与した。

 この日の会場には幼い頃から祖父に連れられて来ていたという中川は「子供の頃は、プラネタリウムの解説をするおじさんになりたかった」と明かすなど、宇宙へ興味津々の様子。来年、3度目の宇宙へ飛び立つ野口氏を前に、木星好きをアピールした上で「宇宙へ新婚旅行に行きたい」「宇宙出産がしたい」などと興奮気味にまくしたてた。

 相手探しを「頑張ります」という中川に、宇宙飛行士ならチャンスが拡大とみられたが、野口氏は「日本人(宇宙飛行士は)1人が婚約中で後は既婚」と通達。がっかりした中川だったが、野口氏から「新人が来る機会がある」と聞くと、「(そのときは)教えて下さい」とノリノリだった。

 また、「翔子ちゃんがアワード受賞者で僕がプレゼンターだと思っていた」という野口氏からは、宇宙での歯みがきを伝授された。中川は、歯磨き粉はごく少量で、磨いた後は水でのみ込むというやり方を実践。また、虫歯は治療済みでないと宇宙に行けないという“ルール”も学んだ。

https://www.daily.co.jp/gossip/2018/07/31/0011497655.shtml 
2018.07.31 

no title

【【いっちょ噛み】中川翔子、結婚相手は宇宙飛行士?野口聡一氏に猛PR 新人来たら「教えて下さい」wwwwww】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2018/06/23(土) 00:23:29.23 ID:CAP_USER9
6月22日に最終回を迎えるドラマ「デイジー・ラック」(NHK)で佐々木希が演じるヒロイン・楓が小学生の頃から仲よくしている4人組“ひなぎく会”のメンバー、ミチルを演じる中川翔子。
バッグデザイナーとして我が道を進む一方で男性経験がないことを悩んでいたのだが、夏菜が演じるひなぎく会メンバー、薫の弟である、磯村勇斗が演じる貴大と交際することで初体験を無事終了。
それでも、交際自体が初めてのため戸惑ってばかりいる30歳になったばかりの個性的な女性を演じている。

「中川は初めてのベッドシーンを演じましたが、キス以降は中川が磯村の背中に手を回してベッドに倒れ込み、その直後には“済んだ”ことを喜ぶシーンに変わるというサッパリしたものでした。
演じていたミチルというキャラクター設定が中川に似ている部分が多かったことを自身もあちこちで語っていましたが、このままの演技力では女優と呼ぶには厳しいでしょう。
なぜならドラマで演じる役より中川の素のほうがおもしろくて魅力的だから。ネット上でも『しょこたんの演技はヘタじゃないけどなんか違う』『しょこたんはテレビドラマより舞台で大げさな演技するほうが合ってる』
『演じてます感がハンパない』と指摘する声が目立っているようです」(女性誌記者)

https://www.asagei.com/excerpt/106975

【中川翔子、初めてのベッドシーンを演じきるも「中途半端」を指摘される理由】の続きを読む