芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

中川翔子

1: なまえないよぉ~ 2019/09/09(月) 11:09:53.07
「『死ぬんじゃねーぞ!!』は私がライブ中にも叫ぶメッセージ。いじめに遭い、私と同じような思いをしている子どもたちに、“どうか生き延びて”と伝えたくて」

そんな願いを込め、中川翔子(34)が自身のいじめ体験を文章とイラストでつづった『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)がベストセラーとなっている。

子どものころからマンガやアニメ、ゲームが好きだった中川だが、私立中学に入学直後から、1人で絵を描いていることで「キモい」「オタク」とレッテルを貼られ、いじめが始まった。

「誰からも話しかけられず孤立して、5分、10分の休み時間をどう過ごしていいか、わからなかった」

絶えず誰かに悪口を言われ笑われている気がして、吐き気をこらえながらも、何とか学校へ通う日々。

「週末に、母と一緒にマンガを読んでダラッと過ごしたり笑ったりしているときが救いでした」

だがある日、中川の心をさらに追い込む事件が起こる。

「下校しようとしたら、私の靴箱が不自然にへこんでいたんです。ショックでした。何日かして犯人らしき子がクスクス笑っているのを見て、『泣き寝入りはイヤ』と、その子の靴箱をへこませました」

すると翌日には、中川の靴箱がさらにボコボコにされていた。

「自分が殴られたかのように傷つきました。そしてとうとうある日、靴箱から靴がなくなって。そんな“べたないじめ”に自分が遭うなんて認めたくない。でも靴はない。パニックになって必死で捜したけど見つからなかった」

靴がないと帰宅できない。もう先生に言うしかなかった。

「靴が盗まれるまでのいきさつを説明しているうちに、悔しさと悲しさで涙が止まらなくなって、先生は『じゃあこれを履いて帰りなさい』と、新品のローファーを手渡してくれました」

これでいじめっ子に先生が注意してくれるかもしれない。そう思ったのもつかの間、その先生に職員室に呼ばれ、こう告げられた。

「『中川、こないだのローファー代、早く払ってくれないかな』と。意味がまったくわからない。『盗まれた被害者がなんで? 加害者が払うべきじゃないですか!』」

すると先生は「そうかもしれないけど、ローファーは学校のものだからお金を払ってもらわないと困る」と答えたという。

「先生が気にしているのは、いじめじゃなくて経費だ。私へのいじめも、見て見ぬふりをしている。もう、ダメ。大人も信用できない。みんな、大嫌い……。1人で耐えてきた私の心が壊れる“とどめの一撃”でした」

帰宅して「学校に行きたくない」と部屋に鍵をかけてこもった中川。「義務教育だし、卒業もあと少しだし、行きなさい!」という母と、大ゲンカになったと振り返る。

「母は私の部屋のドアを蹴破って、入ってきました(笑)。今回の本の原稿を読んだ母は『こんなに悩んでいたなんて知らなかった。知っていたら学校に文句を言いにいっていたのに』と」

大人はよく「つらいのは今だけ」「卒業したら楽になる」と、助け船のつもりで言葉にするが……。

「いじめで苦しんでいる子どもの耳には入りません。私は、死にたくなるくらいなら、学校には行かなくていいと思う。不登校は“逃げる”ことじゃない。自分の人生に合う道を探すことなんです」

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190909-00010004-jisin-ent
no title

【中川翔子さんが中学時代のいじめで感じた「オトナへの不信感」】の続きを読む

中川翔子

1: なまえないよぉ~ 2019/09/03(火) 23:53:13.97
歌手・タレントの中川翔子の不用意な発言がまたもネットで炎上している。

 中川は今年8月末、中川の著書『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)関連のインタビューにて「中学3年生時、同級生に靴を隠され、先生から代わりの靴を渡されたものの、靴代を請求され先生に不信感を抱いた。以来、不登校になり、卒業式にも出席しなかった」という旨の、自身がいじめを受けたエピソードを披露した。

 ところが、中川のこのエピソードは以前発表したものと相違があるとの指摘がある。インタビューの9年前、2010年2月に更新された「中川翔子 オフィシャルブログ」によると、同級生から靴を隠されたまでは同じだったものの、先生に靴代を請求されたのは、参加しなかったはずの卒業式でのエピソードとしており、中川は「卒業式いい思い出ないなぁ…」と締めていたのだ。

 この矛盾にネットでは「しょこたん結局、卒業式に参加したのか、しなかったのかどっち?」「都合のいいように過去を改ざんしているだけでは?」「所詮は『いじめビジネス』か」との声が相次いだ。

 中川はこれまでも、「すべて保健所からもらってきた」と言ってきた飼い猫のほとんどが知人から譲り受けた猫だったとの疑惑があったほか、「小学生の時、友達はひとりもいなかった」と発言した一方、小学生の同窓会に参加し、満喫する姿をブログにアップしたとの疑惑もある。

 なお、中川の「虚言」はファンの間では有名とされる。今に始まったことではないが、最近ではこれまで中川を応援していたファンも掌を返したかのように批判の声を浴びせているという。

 現に、中川は最近では『死ぬんじゃねーぞ!!』など著書のヒットもあり、オタクキャラから一転、社会派路線にシフトチェンジ。いじめ問題やカルチャーなどを「若者代表」のひとりとして積極的に意見を発信する活動を進めている。

 その結果、2020年の東京オリンピックでは、マスコット審査会委員のひとりとして抜擢されたほか、2019年4月1日のNHKの新元号発表の特別番組では有識者に交じって出演するなど、「文化人」としての活動が目立ってきている。

 そのため、かつて応援していたファンも、中川の立場が変わってしまったことがきっかけで興味をなくす人も多く、2000年代のような熱いファンは少なくなっているという。

 東京オリンピックの行われる2020年には35歳となる中川。文化人キャラとしてはキャリアも年齢も充実する頃だが、卒業式の件といい「脇の甘さ」が足を引っ張らなければイイのだが……。

https://npn.co.jp/article/detail/91574061/

【中川翔子さん、「欠席したはずの卒業式」の思い出を語ってしまうwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/22(木) 21:34:41.36
タレントの中川翔子が、23日発売の雑誌『ゼクシィ Premier』AUTUMN2019の表紙を飾る。

丸顔と肩回りのたくましさがコンプレックスだという中川。それをカバーしようと、髪型はずっと変えずにきたそう。

服装も自然とスタイルが固定してきたというが、今回の撮影では「プロに身を委ねます!」とイメチェンを決意。おでこを出し、大胆に肩が出るドレスを着用した大人ブライズスタイルの「エレガントしょこたん」に大変身した。

その変貌ぶりに、中川本人も一瞬「えっ!これは誰!?」と思ったほど。「シンプルなものを美しいと感じる年齢になったこともあり、今回のスタイリングは本当に素敵でした。生きた証が残せて良かったです!」と満足した様子。

今回、中川を表紙に起用した経緯に関しては、編集長・横田佳子氏が「歌手やバラエティなどマルチに活躍されている中川翔子さん。かわいい印象が強かった中川さんに今回は『普段は見せない大人の一面をぜひ見せてください!』と出演をお願いしました。表紙ではモードなヘアメイクにベールをまとった神秘的な大人の女性を見せてくださいました。インタビューページでは大胆なドレスでスタイリッシュな大人ブライズスタイルを表現してくださり、中川さんの新たな魅力を読者の方にぜひ楽しんでいただければと思います」とコメントしている。

■中川翔子「令和中に結婚したい」

令和中に結婚したいと話す中川は、理想の結婚相手について「最低限譲れないのは、猫に優しい人。もはや猫に優しい人であればいいです」との回答が。

結婚観については年を重ねるにつれて変化があったそうで、「最近までは顔に傷があるような人がいいと思っていましたが、今は似たような感性があることが大事。ゲームとかしない人でいいから、お互いに無理をしない自然な関係が理想です」と明かした。

実はすでに子どものためにしていることもあるそうで、「気が早いんですけど、まだ見ぬわが子のために色々と買いそろえています。最近は宇宙や深海生物の図鑑を購入しました。紙書籍ではなく電子書籍なら末代まで受け継げると思って、そちらの購入も検討中です」と中川らしい未来の計画を話した。

■結婚式は両親と同じ海外で…中川翔子「できれば歌いたい」

結婚式は海外で、と語る中川だが、その理由はご両親にあるとのこと。「父が歌手でデビューしたとき、両親はほぼ駆け落ち状態でグアムに行き、式を挙げたみたいなんです。そこまで思い切るのは私にはできないけれど、両親からグアムの式の写真を見せてもらったときに、素敵だなと思ったんです」と憧れを口に。

結婚式ではできれば彼とデュエットがしたいそうだが、「相手も歌える人じゃないと困りますね。ものすごく音程を外してズッコケとか困るなぁ」と茶目っ気たっぷりに語った。(modelpress編集部)

2019.08.22 00:00
https://mdpr.jp/news/detail/1862259
no title

no title

no title

【中川翔子、大胆肩出しウエディングドレス姿で変身「これは誰!?」 結婚観に変化】の続きを読む

no title

1: なまえないよぉ~ 2019/08/22(木) 12:23:28.66
タレントの中川翔子(34歳)が、8月20日に放送されたバラエティ番組「やすとも・友近のキメツケ!あくまで個人の感想です」(関西テレビ)に出演。子供の頃、食卓にみそ汁が「1回も出てきたことがない」と語った。

番組はこの日、「結局、味噌汁の具はこれが一番ウマい!」をテーマに進行。スタジオでみそ汁を食べながら、海原やすよ・ともこ、友近、熊田曜子、西山茉希がみそ汁についてのトークを展開する中、中川は「皆さん、すごいみそ汁の具で盛り上がってらっしゃってたけど」と切り出し、「うちが代々、誰も料理作らない家だったので、みそ汁が1回も出てきたことがない」と明かした。

それは「女の人たちも働いていて、家で料理を作る人がいなかった」からで、「(小さい頃は)コンビニのおにぎりか、オリジン弁当で」育ったそう。そのため、「おみそ汁を家で全然……今も私、作るクセがつかなかったので、だから(トークを聞いて)みんな食べてるんだなって、ちょっと驚いてます」と語った。

そんな中川について、チュートリアルの福田充徳は「しょこたんの幼少期がだいぶ気になるんやけど」と心配すると、中川は「大丈夫ですよ。なんとか育ちました」とコメント。友近は「ほんとに不思議な、変わった魅力を持ってるじゃないですか、しょこたんって。やっぱり食育って大事なんやな、と思った」と語り、すぐに「どういうこと(笑)」とツッコミが入った。

なお、中川は今年2月、料理を作ったことをTwitterで報告した際にも「代々だれも料理しなかった家庭だったもんで、味噌汁をつくるという発想がなくてまた忘れた、、、味噌汁全然作ったことないや」とツイートしている。

https://www.narinari.com/Nd/20190855996.html 
2019/08/22 11:49 
no title

【しょこたん、衝撃の事実を告白wwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/08/04(日) 00:15:16.39
タレント、中川翔子(34)が3日、TBSラジオ「ナイツのちゃきちゃき大放送」(土曜前9・0)に生出演。芸能界に入ったきっかけを明かした。

多趣味で知られる中川だが、学生の頃は学校でうまくいっておらず、自宅でジャッキー・チェンのビデオを見るのが幸せだったと振り返った。
そんなネガティブな日々を送っていた頃、母親が16歳の誕生日に香港に旅行に連れて行ってくれたという。

香港で食事をしていたところ偶然、憧れのジャッキー・チェンと遭遇した中川は「プライベートだったし、申し訳なかったし、話しかけたら気持ち悪いだろうと思って、
静かに泣いていたらジャッキーがこっちを見て『どうして泣いてるの? なんでご飯食べないの? 食べなよ。僕がごちそうしたから、お金払ったから』って言ってくれた。
(感動して)また震えて泣いてたら足が折れてたのにも関わらず、ジャッキーが歩いて来てくれて、『今日誕生日であなたに会えるなんて本当に生きててよかったです』
って伝えたら、スペシャルなカードにハッピーバースデーって書いてくれて、『ご飯を食べるんだよ』って笑顔で去っていったジャッキーに衝撃を受けた」と当時を振り返った。 

続けて「その時まで『死にたいな』ばかり思ってたんですけど、生きていつか直接、ありがとうございましたって言える人になりたいって決意したので、芸能界に入ろうと思った。
たまたまがなかったら入ってないです」と芸能界入りのきっかけを明かした。

https://news.livedoor.com/article/detail/16875168/
2019年8月3日 16時59分 サンケイスポーツ
001l (1)

【【しょこたん】中川翔子、芸能界入りのきっかけ明かす】の続きを読む