芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

不適切にもほどがある

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/30(土) 07:35:39.08
 阿部サダヲが主演し、宮藤官九郎が脚本を務める金曜ドラマ『不適切にもほどがある!』(TBS系/毎週金曜22時)の最終回が29日に放送され、最後に映し出されたテロップにネットが騒然。
視聴者から「最後のテロップすごい!!」「やられたなー」「粋だー!」といった声が相次いだ。(※以下、ネタバレを含みます。ご了承の上、お読みください)


 タイムマシンバスが運行できるのも残り1往復。遂に昭和に戻る決心をした市郎(阿部)は、バスに乗り込み昭和へ帰還する。すっかり令和での生活になじんでいた市郎は、改めて昭和の価値観と向き合うことになり、疑問や違和感を抱くのだった。

 市郎が中学校の教頭に就任し、娘の純子(河合優実)も晴れて大学へ進学した最終回の終盤。なじみの喫茶店でタバコを吸いながら愚痴をこぼしていた市郎はトイレからの物音に驚く。
市郎がトイレに入ると、巨大な穴から“2054年から来た”というタイムマシンバスの開発者・井上(小野武彦)が顔を出す。井上は、タイムトンネルを発見したと告白し「バスと違ってこれからは好きな時代に行けるんです!」と主張する。

 井上の話を半信半疑で聞いていた市郎がタイムトンネルに入っていく姿が描かれて最終回が幕を閉じると、画面には“この作品は不適切な台詞が多く含まれますが時代による言語表現や文化・風俗の変遷を描く本ドラマの特性に鑑み2024年当時の表現をあえて使用して放送しました”とのテロップが映し出された。

 これまで演出として注釈や注意喚起のテロップが多用されてきた本作。物語を締めくくる最後のテロップに対して、
ネット上には「最後のテロップすごい!!」「きっと未来からみたら令和の今も不適切なのよね」「そうか、今まで見てたのは未来から見た過去の2024年だったのか!」などのコメントや「やられたなー」「オシャレ〜」「粋だー!」といった反響が集まっていた。

ドラマ公開日:2024/3/30 01:00

https://www.crank-in.net/news/143917/1

tv_monku_daisuki

【『不適切にもほどがある!』最終回 最後のテロップにネット騒然「やられた」「粋だー!」(ネタバレあり)】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/19(火) 23:03:46.95
 主演・阿部サダヲ、脚本・宮藤官九郎のTBSドラマ「不適切にもほどがある!」は次回22日に第9話「分類しなきゃ」が放送される。残り2話。


 予告では、渚(仲里依紗)の意図しない言動がハラスメント問題に巻き込まれ、昭和にいるはずのサカエ(吉田羊)が「ちょっと綺麗になった」姿で令和に戻ってきて、タイムマシンには問題が発生することなどが告知されている。

 前回第8話では、初回から喫茶店のポスターや登場人物の台詞などでたびたび登場していた小泉今日子が本人役で出演。一方で、クドカン作品の常連俳優で、劇中でも初回から2回話題に挙がっている「尾美としのり」が未登場だと話題に。

 ネット上でも「尾美としのりはいつ出るんだよぉ!?」「尾美としのりを待っている」「尾美としのりさん出てこないのかね」「初回に名前だけ出た尾美としのりもタクシーの運転手とかで、出るのか?」「キョンキョンでてきて これで 尾美としのりさん出てきたら もう」と注目するコメントが投稿されている。

 昭和側でまたも不登校に戻ってしまった謎の中学生・佐高強くんの大人になった役ではとの予想も挙がっている。

3/19(火) 22:23配信
デイリースポーツ

https://news.yahoo.co.jp/articles/48c6e9e0102a9bf10e74fa5ff53dc5d45e4b2e8c

tv_monku_daisuki

【「不適切にもほどがある」残り2話 最後の大物常連俳優が未登場 大人になった不登校・佐高くん説 小泉今日子が出たら来る?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/03/13(水) 08:00:27.30
「してるよ、みんな。不倫ぐらい。すげーぞ、昭和60年の不倫ブーム。板東英二ですらモテたんだから」──阿部サダヲ主演の話題ドラマ『不適切にもほどがある』(TBS系)の第6話、第7話で突如、名前が飛び出した元プロ野球選手でタレントの板東英二(83)。同作で、1985年に放送されたドラマ『金曜日の妻たちへIII 恋に落ちて』で熱演する若き日の板東の姿が映し出された。

 思わぬかたちで名前が上がった板東だが、本人を巡っては、NEWSポストセブンが事実上の引退状態であることを報じている。3年前に板東の個人事務所が閉鎖されていたからだ。

 今回、改めて突然、消息を絶った板東の足取りを追った──。

❨中略❩

 しかし、2012年。順風満帆だったタレント活動が一変する。

「板東さんが役員を務めた事実上の個人事務所で脱税が発覚しました。名古屋国税局の税務調査によって7年間で約7500万円の申告漏れがあり、記者会見で板東さんは『カツラが経費として落ちると思っていた』と釈明しました。修正申告を行い、追徴税の支払いも済ませましたが、イメージダウンは避けられず、当時レギュラーで出演していた番組をすべて降板しました」(同前)

 近年は関西、中部圏のラジオ番組を中心に活動していたが、2020年3月に2年間出演していた『板東サンデー』(CBCラジオ)が突如、終了。同年9月には、約11年間続いた『板東英二のおばあちゃんと話そう』(MBSラジオ)も、本人の最終回出演なしに体調を理由に終了した。

「板東さんは2020年7月、ラジオ番組の収録直前に転倒して頭部を強打し、検査入院しました。しかし、2021年12月に清算人を務めた娘さんによって、板東さんが代表取締役となっていた個人事務所『E』は閉鎖され、解散。芸能活動も行ってなく、現在は事実上の引退状態となっています」(芸能プロ関係者)

「現在も観光大使をしていただいています」

 板東は完全引退してしまったのだろうか。わずかな手掛かりをもとに、彼の地元である徳島県鳴門市を取材した。板東は2012年8月から同市からの委嘱で「鳴門観光大使」を務めているが、観光大使も返上してしまったのか。鳴門市観光振興課に問い合わせると、意外な回答が返ってきた。

「板東英二さんには、現在も観光大使をしていただいている状況です。最近の活動は、コロナ禍前にあった夏の阿波おどりにゲスト出演していただいておりました。

 昨年、新たに鳴門観光大使が増えましたので、その旨の連絡を板東さんの事務所のマネージャーさんに連絡させていただきました。マネージャーさんは『わかりました』ということでした。板東さんの体調などに関しては、こちらからは聞いておりません。

 観光大使の任期については板東英二さんに限らず、規約を定めておりませんので、今後も継続していただきたいと思っています。これからも板東さんにPRをお願いしたい場合は、こちらから連絡させていただきたいと思っております」

 地元・鳴門市は板東の復帰を願い、待ち続けているようだ。

徳島商業高校の同級生は

 一方、板東と徳島商業高校時代ともに甲子園に出場した、かつての同級生は「連絡がとれない」と不安を口にする。

「彼が徳島に戻って来たときは会っていたけど、最近は……。昨年の暮れに徳商の同窓会の件で携帯に電話したんだけど、通じない。留守電にも入れたんだけど、返事がなくて、連絡付かず同窓会にも参加していない。何かあったのかと心配しています」

 やはり近しい関係者との連絡も絶っているようだ。レギュラー番組全降板から4年、引退状態にある板東について、芸能プロ関係者はこう打ち明ける。

「現在は施設で療養生活を送っているという情報もあり、取材依頼も断って表に立つ仕事は控えているという話を聞いています」(前出の芸能プロ関係者)

 板東の体調、療養生活、今後の活動などについて、今も存続する所属事務所のHP経由で問い合わせたが、期日までに回答はなかった。4月5日で84歳となる板東、不適切ギリギリなトークがもう一度聞きたい。

全文はソースで
https://www.news-postseven.com/archives/20240312_1947609.html?DETAIL

pose_english_shrug_woman

【『不適切にもほどがある』連呼された板東英二は「現在消息不明」同級生は「電話したけど通じない」鳴門市の観光大使は継続も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/02/27(火) 23:57:26.76
TBSは今月23日にオンエアした金曜ドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜後10・00)第5話のシーンについて、27日までに番組公式サイトにおわびを掲載した。

「2月23日に放送した第5話の中で、在宅酸素療法をしている患者の近くで煙草に火をつけるシーンがありましたが、酸素吸入中、周囲2m以内での火気の使用は、火災等のおそれがあることから厳禁とされています。誤解を招く表現となりましたことをお詫び申し上げます」


宮藤官九郎氏がオリジナル脚本を手掛けるヒューマンコメディー。
主人公は1986年(昭和61年)から2024年(令和6年)にタイムスリップしてしまった“昭和のダメおやじ”体育教師の小川市郎。彼の“不適切”な言動がコンプライアンスで縛られた令和の人々に考えるヒントを与える。

序盤、令和パートの喫茶店「SCANDAL」。小川市郎(阿部サダヲ)は犬島渚(仲里依紗)の父・ゆずる(古田新太)と対面。“衝撃の事実”を知り、動揺した市郎がタバコをくわえると、ゆずるは火を点けようと身を乗り出し、携帯用酸素ボンベが倒れる。渚は「心臓の手術をしたばかりで…呼吸がまだ」。市郎はライターの火を消し、タバコを吸うのをやめる…というシーンだった。


TBSおわび「不適切にもほどがある」在宅酸素療法中の近くでタバコに火をつけるシーン「誤解を招く表現」

https://news.yahoo.co.jp/articles/cb90f71e650bc9676221835e91e5375d3f873261

pose_syazai_man

【TBSおわび ドラマ「不適切にもほどがある」で在宅酸素療法中の近くでタバコに火をつけるシーン 「誤解を招く表現お詫び申し上げます」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2024/02/26(月) 13:16:52.58
 俳優の阿部サダヲが主演するTBS系連続ドラマ「不適切にもほどがある!」(金曜・午後10時)の第5話が23日に放送され、世帯平均視聴率が8・3%だったことが26日、分かった。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

 初回は7・6%でスタート。第2話と第3話は7・1%。第4話は6・7%。と推移。今回は前回から1・6ポイント上昇し、番組最高を更新。個人視聴率は5・0%だった。

 脚本家・宮藤官九郎氏が手がける最新ドラマ。阿部が演じるのは、1986年に中学校で体育教師を務める小川市郎。言葉遣いが荒く、不適切な言動が多い野球部顧問という顔を持ちながら、娘の非行に悩む。

 そんな小川がある日、コンプライアンス意識が高まった2024年の現代にタイムスリップ。テレビ局に勤めるシングルマザーの犬島渚(仲里依紗)に出会い、絆が芽生えていく…というストーリー。小川とは逆に、現代から1986年にタイムスリップする社会学者の向坂サカエを吉田羊が演じる。

 第5話では小川と渚の関係性が判明し、純子(河合優実)の“未来”も明らかになった。

 公式インスタでは黒服のゆずる役で出演した錦戸亮とのオフショットが掲載され、「何回見てもうるうる」「錦戸さん→古田さん このギャップは笑えましたが、今回は悲しすぎて泣けました」などの声が上がっていた。


「不適切にもほどがある!」第5話視聴率は番組最高8・3% 前回から1・6ポイント上昇「今回は悲しすぎて泣けました」の声

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a30d394c037147cd3f54007156f03b5bea714de

tv_monku_daisuki

【【視聴率】阿部サダヲ『不適切にもほどがある!』 第5話は番組最高8・3% 前回から1・6ポイント増 「今回は悲しすぎて泣けました」の声】の続きを読む