芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

不倫密会

1: なまえないよぉ~ 2018/07/14(土) 09:45:43.39 ID:CAP_USER9
「お父さんのような存在ですから……」というのは、さすがに無理があるだろう。
7月6日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、歌手でタレントの華原朋美(43)の“不倫密会”の決定的場面を報じた。

気になるお相手は、飯田GHD(グループ・ホールディングス)の代表取締役の森和彦氏。御年73と、30歳年上の既婚者だった。

「6月中旬、高級ステーキ店での夕食を終えた2人は、腕を組んで店を後にし、運転手つきの森氏の車で華原の住む高級マンションへ。
ちょうどホテルの“ご休憩”と同じくらいの約3時間を2人きりで過ごしたようです」(芸能記者)

2人は、ほぼ週1ペースで密会を繰り返し、華原の部屋での“ご休憩”を楽しんでいるとされる。

「いくらお相手が73歳とはいえ、男女が3時間、密室で2人きりで、何もないはずがない。
飯田GHDの昨年の売上高は1兆3000億円。東証一部上場の超有名企業のドンである森氏をメロメロにし、
奮い立たせてしまった、華原の“四十路の魔性”に注目が集まっています」(前同)

2人の出会いは、2015年。『音ボケBOX』(TOKYOMX)という番組に彼女が出演したのがきっかけだったという。
「飯田GHDは同番組のスポンサーでした。昨年の華原の全国ツアーも、同社がスポンサーを引き受けており、2人は急接近したといわれています」(前同)

現在の華原は、お色気とフェロモンの充実期を迎え、そのボディは見事なまでに熟していると評判だ。

「彼女は6月末、自身のインスタグラムに、〈遊びに行ってきたよ~!楽しかった~〉というメッセージと一緒に、
ビーチでのビキニショットを公開しています。グラドルとして活躍していた時代もあり、そのプロポーションには定評のある華原ですが、
今もクビれたウエストラインをキープしつつ、柔らかそうなEカップの存在感は抜群。キメ細かく吸いつくような白い美肌で、驚きました」(芸能ジャーナリスト・渡邊孝浩氏)

華原は目下、馬術選手として東京五輪出場を目指し、激しい乗馬のトレーニング中。
そんな日々が、若々しくも熟れボディという、奇跡のバランスを現実のものとしたのだろう。

この抱き頃ボディを前にしては、一部上場企業の会長といえども、ひとたまりもなかったのでは!?

だが、そのボディに艶を与えているのは、オトコなしにはいられない、彼女の“恋愛体質”であるという指摘も出ている。

「華原の男性関係といえば、最も有名なのは音楽プロデューサー・小室哲哉との熱愛。
別れのショックから、その後数年は芸能活動ができなくなるほどでした。

近年は、明治天皇の玄孫で作家の竹田恒泰氏や、プロレスラーの本間朋晃氏と、テレビ番組を通じて知り合い、熱烈に求愛されました。
成就とはなりませんでしたが、色っぽい話題が増えるにつれて、若く美しさを増してきましたね」(渡邊氏)

はたして、森氏との関係は、父親的存在なのか、それ以上の関係にあるのか!?
華原サイドは交際を否定するが、森氏との関係を通じて、彼女が、また進化してしまうことは間違いなさそうだ。
https://taishu.jp/articles/-/60293?page=1
no title

【華原朋美、73歳会社会長と“不倫密会”・・・恋愛体質を支える 「極上ボディの秘密」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/01/12(金) 08:56:32.53 ID:CAP_USER9
「百歩譲って1度ならまだしも今回で2度目。文春に記事が載ることが分かり、ウチの上層部は即、判断したようです」(フジテレビ関係者)

フジテレビの看板キャスター、秋元優里(34)の不倫密会を発売中の「週刊文春」が報じた一件。
お台場にある同局には“激震”が走ったという。

秋元アナは現在、「BSフジLIVEプライムニュース」(平日20時~)の月~木曜のキャスターを担当しており、
これまでも「報道2001」や「ニュースJAPAN」と数々の報道番組を歴任してきた報道の「顔」である。

だが、今回「荒野のW不倫」という見出しとともに明かされた行動は破廉恥すぎるというしかない。
相手の40代半ばの既婚男性とともにワンボックスカーを走らせ、ある晩は横浜市郊外の竹林で、
またある晩は所有者のいる畑の小屋に無断で侵入し、いずれも車内で“逢瀬”を重ねていたというのだ。

箱根の温泉施設での2時間休憩も報じられている。

その相手も“最悪”だった。妻子持ちで「プライムニュース」のプロデューサー。
秋元が夫で会社の後輩でもある生田竜聖アナ(29)と別居、そして離婚協議にいたるきっかけとなった
16年秋の不倫疑惑の時の男と同一人物だという。

秋元は相手の男性との交際を否定しているが、状況を鑑みれば黒に限りなく近いグレー。
だからこそ、フジ上層部も「秋元のプライムニュースキャスター降板の決定を早々に下した」(前出のフジ関係者)というのもうなずけるのだ。

その降板決定を裏付けるかのように、9日放送の「プライムニュース」には、秋元ではなく松村未央アナ(31)が出演。

同日は自民党の岸田文雄政調会長や立憲民主党の長妻昭代表代行ら国会議員や有識者をスタジオに招き、
南北会談や2018年の政策について議論を重ねただけに、不倫疑惑が取り沙汰されるキャスターに仕切らせるわけにはいかなかったのだろう。
番組では秋元アナの不在について一切触れることはなく、約2時間の放送を終えたのだった。

改めてフジテレビに、秋元アナの番組欠席の理由、今回の報道との関係、そして今後の出演予定について問い合わせると、
「単なる相談相手と聞いておりますが、誤解を与えるような軽率な行動に対する責任を取って、当面の間、番組出演を見合わせます」(同社企業広報室)。

見合わせではなく降板ではないかと尋ねると「そういったことはないとしか答えようがない」との回答だった。

「ワイドナショー」や「皇室ご一家」のナレーションなど担当する全番組の出演を見合わせるという秋元アナ。
テレビ画面に復帰する日はもう来ないかもしれない。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/221028/1


no title

【【フジテレビ】 上層部 “降板”即断 秋元優里アナ 「2度目W不倫」の代償】の続きを読む