芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

下町ロケット

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/01/03(木) 10:09:33.68 ID:CAP_USER9
1月2日に特別編の放送を終えた人気ドラマ『下町ロケット』。
このドラマで天才エンジニア役を好演し、話題を呼んでいるのがイモトアヤコ(32)だ。

’18年12月上旬の夜7時頃、新宿区内の大通り沿いでイモトの姿を発見。
ロケバスが何台も停車しているが、『下町ロケット』ではない。
どうやら、1月クールのドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)の撮影のようだ。
なんとイモトは2クール連続で連ドラ出演ということになる。

「イモトが演じるのは、主演の北川景子扮する凄腕不動産営業ウーマンの元同僚役。仕事のできないダメ社員という設定です」(テレビ局関係者)

この日撮影していたのは、イモトが同僚役の工藤阿須加(27)にすがりつくシーン。
さすが芸人だけあってコミカルな表情は抜群。
ついに、女優としても開眼か!?

http://news.livedoor.com/article/detail/15823322/

撮影の合間に女性スタッフと。すっかり女優業も板に付いた!?
no title

ドラマ『家売るオンナの逆襲』 工藤阿須加とイモトアヤコ
no title

no title

【「下町ロケット」で天才エンジニア役を好演したイモトアヤコさん、2クール連続でドラマ出演、ついに女優開眼かwwwwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/25(火) 09:19:11.24 ID:CAP_USER9
俳優の阿部寛(54)が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」(日曜後9・00)の最終回(第11話)が23日に15分拡大で放送され、平均視聴率は16・6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが25日、分かった。
第10話の15・5%を1・1ポイント上回り、自己最高を更新。有終の美を飾った。

来年1月2日にはスペシャルドラマ「新春ドラマ特別編『下町ロケット』」(後9・00)が放送される。

作家・池井戸潤氏のベストセラーシリーズが原作。経営難に追い込まれた下町(東京・大田区)の工場・佃製作所がその技術力により困難を打ち破る様を描き、列島に感動を巻き起こしたエンターテインメント巨編の3年ぶり続編。
今回は宇宙から大地へ。農業を営む経理部長・殿村(立川談春)の実家のトラクターをヒントに、佃製作所は自転車・自動車・船舶・鉄道・エスカレーターなどに組み込まれている部品「トランスミッション(変速機)」と「無人トラクター」の開発に挑んだ。

続編もお笑いタレントのイモトアヤコ(32)歌舞伎俳優の尾上菊之助(41)フリーアナウンサーの古舘伊知郎(63)ら異色のキャスティングが反響。
稲の育成状況を考慮し、今年8月中旬に新潟県燕市でクランクインし、撮影は4カ月。
大規模な新潟ロケは3回を数えた。

第1話=13・9%、第2話=12・4%、第3話=14・7%、第4話=13・3%、第5話=12・7%、第6話=13・1%、第7話=12・0%、第8話=11・5%、第9話=12・6%と堅調に推移。
第10話=15・5%、最終回=16・6%と終盤に数字を上げ、意地を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181225-00000075-spnannex-ent
no title

【【視聴率】阿部寛主演「下町ロケット」最終回が番組最高で有終の美!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/06(木) 23:13:32.74 ID:CAP_USER9
12月2日に放送されたテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)の視聴率が、11.5%だったことがわかった。同ドラマは今回、ワースト視聴率を更新したという。

「『下町ロケット』は初回視聴率13.9%を記録して以降、右肩下がりとなっており、先週の7話では12%まで下落。そして今回はそこからさらに0.5ポイント下げ、1ケタが目前に迫ってきています。
やはり代わり映えしない展開と演出が飽きられてきているだけでなく、ロケット事業から農業へとテーマがスケールダウンしたことも、視聴者が離れている一因でしょう」(テレビ誌記者)

ドラマは、まもなく最終回を迎えようとしているにもかかわらず、この数字では、TBS関係者も焦っているに違いない。だが、さらなる視聴率崩壊の危機が一部で囁かれている。

「12月4日発売の『フラッシュ』が、年内に放送される最終回ですべての物語は終了しないと報じています。記事によると、
最終回の続きは来年1月2日放送のスペシャル版で描かれるとのこと。おそらくTBSは当初、『下町ロケット』のヒットを見越して正月特番を企画したのでしょう。
しかし今回の続編は数字が伸び悩んでおり、年内に完結しないとなれば、視聴者の反感を買って、さらに厳しい数字を叩き出す可能性もあります」(前出・テレビ誌記者)

はたして「下町ロケット」は、視聴者を年明けまで引っ張れるほどの展開を作り出すことができるだろうか。

アサ芸プラス / 2018年12月6日 17時59分
https://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_117424/

DpTSjDcUYAA-Jjp


【<下町ロケット>結末がまさかの“来年に持ち越し”で視聴率爆死の危機!】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/12/03(月) 10:21:14.24 ID:CAP_USER9
2日に放送された阿部寛(54)主演のTBS系連続ドラマ「下町ロケット」(日曜・後9時)第8話の平均視聴率が11・5%だったことが3日分かった。

初回は13・9%で好発進。第2話は12・4%、第3話は今シリーズ最高の14・7%をマーク。
第4話は13・3%、第5話は12・7%、第6話は13・1%、第7話は12・0%と推移。そして今回は0・5ポイントダウンした。

池井戸潤氏のベストセラー小説を原作に、阿部演じる主人公・佃航平率いる町工場「佃製作所」が困難を乗り越える様を描き、2015年10月期に平均視聴率18・6%を記録するなどヒットした連ドラの新シリーズ。

安田顕(44)、竹内涼真(25)、立川談春(52)ら佃製作所のメンバーは健在。
新キャストとして尾上菊之助(41)、古舘伊知郎氏(63)らが登場する。
今回、佃製作所はトラクターの部品作りに挑戦する。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181203-00000071-sph-ent

阿部寛主演 TBS系日曜劇場「下町ロケット」
no title

【【視聴率】阿部寛主演「下町ロケット」視聴率は右肩下がりな模様www】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

1: なまえないよぉ~ 2018/11/07(水) 06:34:31.26 ID:CAP_USER9
阿部寛が主演を務める連続テレビドラマ『下町ロケット』(TBS系)の第4話が11月4日に放送され、平均視聴率は前回から1.4ポイント減少の13.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことがわかった。この日は、同時間帯に『フィギュアスケートグランプリシリーズ世界一決定戦2018』(テレビ朝日)も放送されており、この大会で羽生結弦選手が優勝。そのため、少なからず影響を受けたと考えられる。

 先週は、お笑い芸人・古坂大魔王がゲストとして登場し、迫力ある演技で世間を驚かせていたが、今回は一転して涙を誘う展開となっていた。

 第4話では、ギアゴーストの買収話を漏えいさせていたのが同社顧問弁護士の末長孝明(中村梅雀)だということが判明。実は、ギアゴーストを手にいれようと画策しているケーマシナリーの顧問弁護士・中川京一(池畑慎之介)と末長は、裏で個人的な金銭面のやり取りをしており、以前からつながりがある間柄だったのだ。

 一方、佃製作所ではギアゴーストを窮地から救う糸口を見つけるために社員一丸となって論文を読み漁っていた。そこで、ギアゴースト副社長の島津裕(イモトアヤコ)が大学時代に読んだと思われる論文を発見。それは、ケーマシナリーが特許侵害と主張している内容がすでに論文で発表されていることを証明できるものであった。

 ただ、佃製作所の顧問弁護士である神谷修一(恵俊彰)は、この証拠だけでは「裁判は私たちの負け」だとキッパリ言い切ったところでエンディングを迎えた。

 今回はずっと佃製作所社長の佃航平(阿部)を支えてきた経理部長・殿村直弘(立川談春)が、実家のコメ農家を継ぐために退職することを決意。その思いを、佃製作所に来たばかりの頃の思い出とともに涙ながらに熱く語り、佃社長も涙を流しながらお互い思い合うシーンに視聴者は胸を打たれた様子。

 ネット上では「殿さん辞めちゃうの~?」「殿さん見られなくなるの、寂しくなる」の声とともに、「特に今日の回は泣けた」という声が続出していた。

 そして、もうひとつ視聴者の注目を集めたシーンがあった様子。それが、土屋太鳳演じる佃の娘・利菜が帰宅したシーン。ここも、親子で将来の佃製作所やロケット製作にかける思いを語り合う良いシーンだったのだが、注目されたのは土屋の胸のほうだったもよう。今回は、いつもの会社の作業着ではなく、ピタっとしたセーターを着用していたため、普段よりも体のラインが露わになっていたのだ。

 するとネット上では「土屋太鳳…胸が大きくない?」という声が続出するとともに「土屋太鳳の胸立体感すごいな」「下町ロケットで毎回泣いてたけど、土屋太鳳の胸に目を持っていかれた」「土屋太鳳の胸ばかり見てしまう…」といった声も多くあがっており、違った意味で“胸アツ”した人が多かったようであった。もしかしたら、今後の視聴率上昇のカギを握る重要な要素になるかもしれない。

 次週は、いよいよゴースト編が完結するとのこと。まだ、ほかにも裏切者が潜んでいるようだが、いったいどうなるのか? まだまだ怒涛の展開が待ち受けていそうだ。

(文=絢友ヨシカ/ライター)

Business Journal2018年11月6日19時00分
https://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_491521/?ptadid=

【<下町ロケット>土屋太鳳の“胸の立体感”にネット騒然…今後の視聴率上昇のカギかwwwwww】の続きを読む