芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

上白石萌歌

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/02/28(金) 16:58:23.59
女優・上白石萌歌(20)が20歳の誕生日を迎えた28日、初写真集「まばたき」(宝島社)を発売した。
昨年末に台湾でロケ。大人の色気を感じさせるファッションカットから、大好きな台湾グルメを無邪気に頬張る少女の顔まで、透明感あふれる素顔を切り取った。
ロケ中の直筆日記や半生を振り返るロングインタビューなど読み物も充実している。
萌歌は「ハタチという人生の大切な節目に、初めての写真集を出させていただくことになりました。20歳への、 大人へのうつろいも、まばたきするみたいに無意識なのかもしれない。でもそんな中でも何かを大切に刻めたらという意味で このタイトルをつけました。私にとって人生の宝物です。ぜひ、お手に取っていただけるとうれしいです」とコメントを寄せた。 
幼いころからミュージカルアカデミーに通って歌や踊りに親しみ、小学5年生の2011年に応募した
「第7回東宝シンデレラオーディション」で、史上最年少グランプリを獲得。
審査員特別賞を受賞した姉の萌音(22)とともに芸能界デビューした。 
16年にはミュージカル「赤毛のアン」に主演。そして、熊本地震の爪痕が残る南阿蘇で撮影されたキリンビバレッジ「午後の紅茶」のCMでは、名曲をアカペラで歌う女子高生を演じ、心に染み入る透明感あふれた優しい歌声が話題になった。
その後も「義母と娘のブルース」(TBS系)、「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(日本テレビ系)、「大河ドラマ いだてん~東京オリムピック噺~」(NHK)で好演。若手きっての演技派として注目を集める。
声優としての活動や「A―Studio」(TBS系)ではバラエティーもそつなくこなしており、キュートなルックスとマルチな才能から、ネクストブレーク女優の筆頭候補として期待がかかる。

2020年02月28日 15時49分 
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1760322/ 
no title

画像

【上白石萌歌 20歳の誕生日に初写真集発売】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/17(金) 13:12:08.28
女優の上白石萌歌が、自身の二十歳の誕生日である2月28日に初の写真集をリリースすることが発表された。

同作では、本人たっての希望により、2019年12月に台湾にてロケを敢行。

色鮮やかな台湾市内で撮影した、洗練された大人の色気を感じさせるファッションカットから、大好きな台湾グルメを無邪気に頬張る少女の顔まで、「20歳を迎える上白石萌歌」を、今回が写真集初となる新進気鋭の若手フォトグラファー・東京祐(あずま・きょうすけ)氏が、みずみずしく撮りおろした。

上白石萌歌、ロングインタビューも掲載
また、台湾ロケ中の直筆日記や、生まれてからこれまでを語るロングインタビューなど、読み物企画も充実。
撮影を振り返って上白石は「ずっと行きたいと思っていた台湾で、思いっきり食べたり、ふざけて笑ったり、心をときめかせたりしました。自分の知らない表情に出会えた旅、きっとこの先忘れることはないと思います」とコメントしている。

上白石萌歌コメント
お話をいただいた時は、自分にそんな日が来てもいいものだろうかと驚きました。それと同時に、10代の最後の自分を切り取って形にしていただけることがとても嬉しかったです。ずっと行きたいと思っていた台湾で、思いっきり食べたり、ふざけて笑ったり、心をときめかせたりしました。自分の知らない表情に出会えた旅、きっとこの先忘れることはないと思います。是非お手に取っていただけたら嬉しいです!

http://mdpr.jp/news/detail/1939134

『上白石萌歌写真集(仮)』(宝島社)
no title

no title

【「東宝シンデレラグランプリ」上白石萌歌(19)、初写真集発売「自分にそんな日が来てもいいものだろうかと驚きました」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/01/07(火) 08:11:35.85
広瀬すずさん、橋本環奈さん、福原遥さんらが名を連ねていた、いわゆる「奇跡の世代」の1学年下、「1999年度生まれ」の面々が今年、成人式を迎える。2018年に放送されたNHK連続テレビ小説「半分、青い。」のヒロインを(当時)
18歳で務めた永野芽郁(めい)さんを筆頭に、吉川愛さん、上白石萌歌(かみしらいし・もか)さん、大友花恋さんと、いずれも確かな演技力を持つ女優がそろう。
ここでは、若き演技派として今後もテレビ画面やスクリーンで輝きを放つであろう期待の新成人たちを紹介する。

◇永野芽郁は1999年度生まれを牽引するトップランナー

永野さんは1999年9月24日生まれ、東京都出身。子役として映画「ゼブラーマン2-ゼブラシティの逆襲-」「私の優しくない先輩」(共に2010年)、NHK大河ドラマ「八重の桜」(2013年)などに出演し、映画「俺物語!!」(2015年)
でヒロインに抜てきされたことで一気に脚光を浴びた。

その後も人気女優の登竜門とされる全国高校サッカーの応援マネジャーや女性ファッション誌「Seventeen(セブンティーン)」(集英社)の専属モデルを歴任し、連続ドラマ「こえ恋」(テレビ東京、2016年)、
映画「ひるなかの流星」(2017年)で主演を務めるなど順調にステップアップしてきた。

恋愛ドラマの神様の異名も持つ北川悦吏子さんのオリジナル脚本の朝ドラ「半分、青い。」(2018年)では、病気で左耳を失聴したヒロインの鈴愛(すずめ)を熱演。
SNSをにぎわせた連続ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(日本テレビ系、2019年)への出演、劇場版アニメ「二ノ国」での声優起用も記憶に新しく、1999年度生まれを牽引するトップランナーと言っても過言ではないだろう。

◇出演作続く吉川愛 上白石萌歌は女優以外の活動も活発化

吉川さんは1999年10月28日生まれ、東京都出身。かつて「吉田里琴(りこ)」の名前で活動していた元子役で、連続ドラマ「メイちゃんの執事」(フジテレビ系、2009年)の麻々原みるく役などで知られ、朝ドラ「あまちゃん」(2013年)にも出演していた。

2017年4月に改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った吉川さんは昨年大活躍。「初めて恋をした日に読む話(はじこい)」(TBS系)の“エトミカ”を皮切りに、
連続ドラマに次々と起用され、「緊急取調室」(テレビ朝日系)、「ボイス 110(イチイチゼロ)緊急指令室」(日本テレビ系)、「シャーロック」(フジテレビ)では単発・ゲストだったものの、迫真の演技で視聴者を画面にくぎ付けにした。
そんな吉川さんは2020年1月期は連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)への出演が決まっている。

吉川さんも出演していた昨年のNHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(2019年)で、存在感を示したのが上白石さんだ。
1936年のベルリンオリンピック、女子200メートル平泳ぎで金メダルを獲得した前畑秀子を演じ、役作りで体重を7キロも増やしたことも話題になった。

そんな上白石さんは2000年2月28日生まれ、鹿児島県出身。上白石萌音(もね)さんの妹。2011年、10歳の時に「東宝シンデレラオーディション」で史上最年少グランプリを獲得し、芸能界入りを果たした。
昨年は「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で永野さんと共演し、4月からバラエティー番組「A-Studio」(TBS系)の11代目サブMCを担当。9月からは「adieu(アデュー)」名義での音楽活動を本格的にスタートさせるなど、女優以外の活動も活発化。
今年は20歳の誕生日に公演初日を迎える舞台「お勢、断行」などが控えている。

◇「あな番」で注目集めた大友花恋 更に朝ドラ経験者が…

昨年4~9月に2クール連続で放送されたドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)で、これまでの清楚(せいそ)なイメージを覆す“ヤンキー女子”あいり役で注目を集めた大友さん。
1999年10月9日生まれ、群馬県出身。雑誌「Seventeen」では同学年の横田真悠さんとの“かれまゆ”コンビ(永野芽郁さん在籍時は“かれまゆめい”)として、10代女子からの支持も厚い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191228-00000051-mantan-ent
1/1(水) 13:10配信
20200107003


no title

no title

【新成人 永野芽郁世代? 吉川愛、上白石萌歌、大友花恋…実は演技派女優ぞろい】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/10/21(月) 04:54:11.29
女優の橋本環奈(20歳)が10月20日、自身のTwitterで、女優・上白石萌歌(19歳)と俳優・萩原利久(20歳)と共に、東京ディズニーランドを満喫したことを報告している。

橋本はこの日、「先日、萌歌と利久とディズニーランドに行ってきました。先月行こうとしてたけどスケジュール合わず、ようやく行けました。さいっこうでした」とファンに報告し、3人の楽しそうなショットを投稿。

そして「スティッチエンカウンターでスティッチ様に、帽子三人組っていじって頂きました。エモい」とつづっている。

これにファンからは「いいなーーー!!」「実は見かけましたよ(笑)」「なんて楽しそうなんだ」「かわいすぎるやろ」「橋本環奈のいるディズニーランド、まさに夢の国……」などの反響を呼んでいる。


橋本環奈、上白石萌歌らとディズニーランド満喫 

https://news.livedoor.com/article/detail/17262040/
2019年10月20日 22時41分 ナリナリドットコム
no title

【橋本環奈、上白石萌歌らとディズニーランド満喫】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/09/06(金) 22:27:24.86
上白石萌歌がadieu(読み:アデュー)名義で音楽活動を本格始動させることが発表された。

adieuは17歳という年齢以外のプロフィールを非公表の状態で2017年公開の映画「ナラタージュ」の主題歌を担当し、同年10月にシングルリリースした
アーティスト。野田洋次郎(RADWIMPS)が作詞作曲を手がけた楽曲「ナラタージュ」を澄み切った声で歌うadieuが誰なのか、多くの憶測が飛び交ったが
公表されることはなかった。そして「ナラタージュ」から約2年の時を経て、上白石が今年8月29日に同シングルのカップリング曲「花は揺れる」、
昨日9月5日に新曲「強がり」のミュージックビデオのURLをTwitter(@moka_____k)に投稿。本日9月6日に「申し遅れました私、adieuと申します。
愛する音楽を続けてまいります」と自身がadieuであることを明かした。

これまでKIRIN「午後の紅茶」CMシリーズで歌声を披露したり、NHKの企画で米津玄師が制作した「<NHK>2020応援ソング」の「パプリカ」を
カバーしたりと、演技だけでなく歌でも注目を集めてきた上白石。今後、彼女がadieuとしてどのような活動を行っていくのか、これからの展開に
期待しておこう。

音楽ナタリー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190906-00000181-natalien-musi
no title

【上白石萌歌ちゃん、音楽活動スタートを宣言「申し遅れました。私adieuと申します」】の続きを読む

このページのトップヘ