芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

上原多香子

1: なまえないよぉ~ 2017/10/07(土) 08:19:18.99 ID:CAP_USER9
「酔っ払った様子で、コウさんじゃない男性に抱きついていたので、ちょっと驚きました(笑)。上原さんは『私にできることないかな』『何か手伝いたい』と繰り返していました」(居合わせた客)

 9月下旬、都内の居酒屋。劇団「BuzzFestTheater」の公演後の打ち上げで、長身の男性を横に仲間たちと飲み交わす美女を発見! 元SPEEDの上原多香子(34)だ。

 じつはこの舞台公演に上原は出演していない。それでも打ち上げにいるのは、隣に座る男が劇団の主宰者である上原の恋人・コウカズヤ(40)だからだ。

 2人の出会いは2016年。上原がコウの舞台を観に行った際に、意気投合した。それがきっかけで、2017年4月に上原がコウの演出する舞台の主演に抜擢されて急接近。5月には熱愛を報じられた。

 深夜1時まで続いた飲み会の後、2人はタクシーに乗った。10分ほど走り、寄り添って満足そうな笑顔を浮かべ、 同じマンションへ。さらに翌日、千秋楽を迎えた劇団の打ち上げの場には、またしても上原の姿があった。

 連日コウに同伴してまるで妻のような顔を見せる上原。彼女を癒やせるのは、新恋人だけのようだ。

(週刊FLASH 2017年10月17・24日合併号)

2017年10月6日 21時0分 Smart FLASH
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13715773/

写真
no title

【上原多香子が新恋人の飲み会で見せた「まるで妻」ぶりwww】の続きを読む

20170811-00000266-sph-000-2-view[1]


1: なまえないよぉ~ 2017/09/07(木) 07:35:19.35 ID:CAP_USER9
今年2017年、SPEEDのイメージは決定的に変質した。その戦犯が今井絵理子・参議院議員(33)と、上原多香子(34)の2人であるのは、ご承知の通りだ。

上原の夫が自殺した真相をスクープした『女性セブン』(小学館・8月24・31日号)は、その原因を「人倫にはずれた致命的な破倫」にあるとした。
不倫どころではなく倫理が破壊されているというわけだ。
その内容は改めて確認するとして、そもそもSPEEDの4人は昔から、数々の熱愛報道で芸能ニュースを賑わせてきた。中でも断トツの「オトコ依存症」が上原だったのだ。

故・太地喜和子のように、華麗な恋愛遍歴が芸の肥やしになっていれば、誰もが納得してくれる。
だが、病気か何かのように男出入りが絶えないとなると、正直怖い。
「ブラック・ウィドー(黒い未亡人)」たる過去も明かされてしまい、芸能人としては致命傷を負ったと言えるだろう。

 ***

上原の初スキャンダルは1999年。写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)が、アイドルグループ『DA PUMP』のリーダー・ISSAと上原が「熱愛抱擁」する姿を誌面に掲載した(99年7月30日号)。
ちなみに今井絵理子も98年、『FRIDAY』に同い年の少年との恋愛が報じられている。戦犯2人が先陣を切った格好で、まさに因縁と言えるだろう。

話を元に戻せば、この時ISSAは20歳、上原は16歳。だが記事によると、2人はレストラン・バーに入り、ビール、ウーロンハイなどを飲んだという。
その「酒豪」ぶりを記事は「あれ、多香子チャンって未成年では?」と揶揄するだけにとどめている。
確かに当時は未成年の飲酒を大目に見る傾向があったが、現在なら大問題に発展していただろう。


コンサートで左手の薬指に指輪がはめられていたのも大きく報道される中、99年10月にSPEEDは電撃解散を発表。
翌00年にISSAとの破局が取沙汰されてから、一気に上原の「男遍歴」がスパートする。

駆け足で辿れば、バンド『RIZE』のギター兼ボーカリストJESSE(『FRIDAY』01年7月27日号)、アイドルグループ『KAT-TUN』のメンバーだった赤西仁(同05年11月25日号)、
俳優・山本耕史(『女性セブン』06年3月16日号)、同・小澤征悦(『FLASH』光文社・08年6月24日号)、ダンサー・AKIHIRO(『女性セブン』10年3月18日号/FRIDAY・11年4月22日号)……と、
知名度の高い男性芸能人がずらりと並ぶ。
他にも、お笑いコンビ『ロンドンブーツ1号2号』の田村淳や、バンド『LUNA SEA』ボーカルの河村隆一の名が挙げられたことがあった。

この間、『週刊新潮』は「上原多香子『月収300万』でレギュラー『たった1本』」の記事を掲載している(06年12月21日号)。
CDは売れず、女優業も低迷。男遍歴しか話題を呼んでいないにもかかわらず、所属事務所が厚遇を続けることに疑問を投げかけた内容だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170907-00529866-shincho-ent
9/7(木) 6:11配信

【「魔性の女」「超肉食系」の形容でも足りない「上原多香子」の業】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/22(火) 00:03:42.69 ID:CAP_USER9
「記事が出て1週間がたった8月17日の夜、彼女が名古屋・中日劇場で出演していた舞台
『音楽喜劇 のど自慢 上を向いて歩こう』のスタッフや出演者が集まって食事会が
あったんです。上原さんは落ち込んでいるようすはなく、最後まで参加しました。
それどころか、ふだんよりも積極的に話しかけにいったり、出席者たちと
盛り上がっていましたよ」(参加者の1人)

8月10日発売の『女性セブン』で、14年に自殺した夫・TENNさん(享年35)の
“自死の真相”を報じられた上原多香子(34)。TENNさんの葬儀は、同年9月に
大阪市内でしめやかに執りおこなわれた。あれから3年、彼女は“悲劇の妻”で
あり続けてきたが――。

「今回、TENNさんの弟が“もう黙っていられない”と、残されていた遺書を
公開したのです。そこには、彼女が不倫していたことが書かれ、不倫相手の俳優の実名を挙げて、
“彼と幸せになってほしい”という衝撃的な言葉が記されていたんです」(スポーツ紙記者)

遺族はこれまで、自殺の真相について堅く口を閉ざしてきたが、その陰ではさまざまなことが
起きていた。

「じつは、彼が亡くなった数カ月後に、精神的なダメージを受けたということを含めて、
ご遺族から彼女に対して損害賠償請求がされたんです。金額は3~4千万円と聞いています。
ご遺族としては、せめて法的なことだけでもきっちりしておかないと、気持ちの整理が
つかなかったのでしょう。でも、上原さんも応じる気持ちはあったのですが、
お金の問題もあって、話し合いが延び延びになって……」(前出・TENNさんの知人)

さらに遺族の態度が硬化したのは今年5月。『フライデー』で上原の“新恋人”が
報じられたときだ。“新恋人”として報じられたのは、演出家のコウカズヤ(40)。
みずから劇団を主宰する、新進気鋭の演劇人だ。冒頭のとおり、名古屋での舞台関係者との
食事会では、明るい表情を見せていたという上原。その背後には、この新しい彼と目指す
“新生活”があったのだ。

「コウさんは、彼女の不倫が原因でTENNさんが自殺したことも知ったうえで、
彼女と付き合い始めたんです。だから今回の報道が出ても気持ちに変わりはなく、
しっかりと彼女を支えていくつもりですよ」(コウの知人)

上原が食事会で見せたようすは“カラ元気”ではないと、彼女の知人も話す。

「彼女は、報道に動じていませんよ。いつか出るものと思っていましたから。もちろん、
TENNさんには申し訳ないという気持ちはあるでしょう。でも、前に進むしかないという
気持ちのほうが大きいんです。いまの彼女には、コウさんの存在が支え。彼と再婚するつもりで、
周囲にもそう話していて、それが励みになっているんです。じつは7月上旬に、
“妊娠”の兆候が出て、産婦人科にも通ったそうです。どうしても子供がほしいという
気持ちなんでしょうね。ただ、TENNさんのご遺族からしたら、“何を浮かれて……”と
思われるのは、しかたないかもしれませんね」

待ち受けるのは茨の道か――。

女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170822-00010002-jisin-ent

20170822-00010002-jisin-000-1-view[1]

【上原多香子 自殺夫の遺書公開でも狙う新恋人との“妊娠”再婚】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/14(月) 13:56:21.44 ID:CAP_USER9
先週発売の「女性セブン」(小学館)で、俳優の阿部力との不倫が、14年9月に夫でET?KINGのTENNさんが自殺した一因だったと報じられたSPEEDの上原多香子が12日夜、愛知・中日劇場で出演中の舞台「のど自慢?上を向いて歩こう?」終演後、報道陣に謝罪したことを、各スポーツ紙が報じている。

各紙によると、上原は本番前に主演の森昌子やA.B.C?Zの河合郁人ら共演者の全楽屋をおわび行脚。
「お騒がせして申し訳ありません。一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします」と謝罪し、一部の共演者からは温かい言葉をかけられたという。

公演では河合扮する芸能マネジャーの婚約者役をコミカルに演じ、女性デュオ、ピンク・レディーの名曲「UFO」をノリノリで披露。
昼の部は3回ものカーテンコールが行われ、総立ちの観客からの温かい拍手を浴びたという。

各紙によると、上原は夜公演終了後、劇場の地下駐車場に集まった報道陣に対応。神妙な表情で深々と3秒間頭を下げ、騒動を謝罪。
その後、「ひと言お願いします」、「今の心境は?」など矢継ぎ早に飛ぶ質問に答える代わりに3回続けておじぎをし、無言で迎えの車に乗り込んだという。

また、一部スポーツ紙によると、舞台の全公演を終える18日以降、無期限で活動を休止。
上原自身が「舞台後はお休みしたい」と申し出たそうで、休業期間は年単位に及ぶ可能性もあるというから事態は深刻だ。

「連日、劇場に報道陣が集まって共演者に迷惑をかけてしまうため、所属事務所が謝罪の場をセッティング。
しかし、まったくコメントせず。何か話すことによって世間からさらに批判を浴びるのを避けるためだったようだ」(芸能記者)

一方、不倫相手の阿部は現在、中国で活動しているようだが、阿部のインスタグラムには批判のコメントが殺到。
阿部も謝罪の場を設けた方がよさそうだ。

http://dailynewsonline.jp/article/1344546/
2017.08.14 12:00 リアルライブ

no title

no title

【上原多香子が騒動謝罪もコメントなし】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/08/13(日) 12:17:44.15 ID:CAP_USER9
今井絵理子参院議員(33)に続き、飛び出した「SPEED」上原多香子(34)の不倫報道が奇妙な展開をみせている。

 今井氏の時はワイドショーで散々イジられていたが、上原の場合は驚くほどの静けさ。

 ここまで取り上げたのはテレビ朝日系「ワイド!スクランブル」くらいのもので、他メディアも控えめな報道に終始している。

 上原の所属事務所は言わずと知れた“芸能界の雄”。マスコミに「取り上げないで」とお願いしたのか? それとも勝手にメディア側が忖度(そんたく)したのか?

 答えはそのどちらでもなく「単純に人が亡くなっている案件で、話の内容も重いため」(テレビ関係者)。

 発売中の「女性セブン」によれば、上原の夫・TENNさん(享年35)が2014年9月に自殺したのは、妻と既婚のイケメン俳優・阿部力(35)の不倫関係に気付いてしまったからという。同誌には遺書の中身や、TENNさんが不妊で苦悩していたことも書かれている。

 加えて舞台裏がややこしくなっていることも要因の一つだ。事情を知る関係者の話。

「女性セブンでもやんわり触れられていますが、TENNさんの遺族と上原さんの間で、不倫の後始末をめぐり、金銭トラブルになっているというんです。そこには第三者も介在していて、今後どう転ぶかわからない。アンタッチャブルな案件になりつつある」

 その上原は12日に名古屋で出演舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」の初日を迎える。関係者によれば「本人は舞台に集中している」とのこと。当日は劇場に多数のマスコミが集結するとみられ、上原がどんな対応をするか注目される。

写真
no title


8/13(日) 11:04配信 東京スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170813-00000003-tospoweb-ent

【上原多香子の不倫報道が奇妙な展開! 今井絵理子氏とはここが違う】の続きを読む