芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

万引き家族

1: なまえないよぉ~ 2019/07/10(水) 14:18:40.67
7月20日、カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した映画「万引き家族」が、フジテレビで地上波初放送される。同映画は、世界中で高い評価を得たため、放送を楽しみにしている視聴者が多いという。

「『万引き家族』は、4月3日にDVDが発売されたばかりなのですが、わずか3カ月でテレビ放送が決定しました。そのため映画を見逃した視聴者からは、『見たかったから嬉しい』と喜びの声があがっています。おそらく同映画の監督・是枝裕和氏の新作映画『ラ・ヴェリテ』(仮)が、秋に公開予定ですから、今回はそれの宣伝に合わせて放送が決まったのかもしれません」(テレビ誌記者)

そんな同映画にて、特に注目を集めた場面といえば、松岡茉優が「女子高生を見学する」という設定の店で見せた体当たり演技である。一部週刊誌によれば、彼女は実際に関係者とともにピンク店に潜入し、サービス内容を徹底取材。その甲斐あって、本編では実際に店内で行なわれている生々しいプレイを見せている。

しかし今回の地上波放送にあたって、一部からは心配の声があがっているようだ。

「松岡は本編で、服を脱いでピンクのアンダーウエア姿を見せるだけでなく、自身の胸を揉みしだいたり、スカートのままM字で腰を前後に動かすなどの衝撃艶シーンに挑んでいます。特に胸の膨らみは、これまでの彼女のイメージからは想像できないほど、豊かなバストをしていたため、『意外にデカい!』と観客を釘付けにしました。それだけに今回、地上波放送が決まると、映画ファンの間では『あんな、こぼれそうな艶バストを地上波で流して大丈夫か?』『1人で見たら興奮しすぎて昇天してしまうかもしれない』といった心配の声が殺到しています。さらに『茉優ちゃんの、ぷるるんバストのために絶対ハイビジョン録画する!』との声も多数あがっているため、万が一カットとなれば、批判が殺到することとなるでしょう」(前出・テレビ誌記者)

今回、“本編ノーカット”とうたっているフジ。映画には安藤サクラのマッパシーンなど、他にもインパクトのある艶シーンが登場するが、はたしてそのすべてをお茶の間に流すことができるのだろうか。

https://news.livedoor.com/article/detail/16751044/
2019年7月10日 11時0分 アサ芸プラス
no title

【大丈夫なの?「万引き家族」地上波放送に心配の声が殺到するワケ】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/06/06(水) 18:53:42.35 ID:CAP_USER9
4月に事務所を移籍していたことが明らかとなった松岡茉優(23)だが、仕事はすこぶる好調だ。映画『ちはやふる』やドラマ「コウノドリ」(TBS系)などこれまで数々のドラマやCMに出演してきたが、現在も引っ張りだこ状態。
「日経エンタテインメント!」(日経BP)が発表する「タレントパワーランキング2018」でも、<急上昇TOP30>で19位にランクインした。

「まだ大きな映画の主演をこなしたわけではないですが、昨年公開の『勝手にふるえてろ』では極端に思い込みの激しいOLを熱演し、松岡の魅力を堪能できる作品に仕上がっていました。
彼女は、現場でも謙虚で、演技の反応もよく、スタッフ受けもいい。かわいさと演技力が兼ね備わった若手として注目しています」(民放ドラマプロデューサー)

5月に第71回カンヌ国際映画祭最高賞のパルムドールを獲得した是枝裕和監督の『万引き家族』にも出演し、その演技力が評価されたばかりだ。
その関連イベントでも積極的なトークを披露して話題になっている。さらに同作では水着姿にも。その清楚で健康的なイメージとはうらはらに、かなりグラマラスな胸の谷間も披露している。

すでに各所で自ら語っているが、もともとは妹が事務所からスカウトを受け、その面接のときに”ついでに”面接を受けたという彼女。
それでも「おはスタ」(テレビ東京系)でおはガールとしてデビューし、映画や舞台などへの出演もこなしてきた。

「今でこそ活躍していますが、女優デビュー当初はなかなか芽がでなかった。彼女自身それに悩んでいたそうですが、ドラマ『鈴木先生』(2011年、テレビ東京系)や映画『桐島、部活やめるってよ』(2012年公開)でその演技力が注目され、
朝ドラ『あまちゃん』(2013年、NHK)で一般にも知られるようになった。それ以降は、毎クールどこかのドラマに出ているようなイメージですね」(同)

また、若手の登竜門・おはガールとして活動してきた下地が生かされ、バラエティー方面でも熱烈な支持を受けている。

「漫才番組『ENGEIグランドスラム』(フジテレビ系)でサブMCを務めていますが、とにかくさっと入れる一言が絶妙でうまい。もう最近ではバラエティーへの出演は、作品の宣伝でゲストとしての出演しかなくなりましたが、一時期は常にキャスティングにあがっていた記憶があります」(放送作家)

CMでも松岡は“引く手あまた”である。

「広告業界でも松岡のウケはいい。朝ドラに出演したことで、企業の偉い人にも認知されていますし、なにより彼女が出演したCMの商品が売れると評判です。
よくに飲み物を飲むカットとか上手で飲料業界では『イチローか松岡か』と言われているほど」(CMディレクター)

芸能リポーターの川内天子氏は、松岡のもうひとつの“魅力”についてこう語る。

「松岡はハロプロやモー娘。の大ファンとして有名ですね。2016年にモー娘。に“限定加入”し、メンバーと一緒にライブを行ったこともあります。
そのとき、彼女はお腹が出る衣装だったので、腹筋を鍛えるためにもうトレーニングに励んだのです。わずか数週間で、見違えるように見事な腹筋になり、やはり努力家だなと思いましたね。
加えて、お腹が出た状態で衣装を着るのは他のメンバーに恥をかかせたくないという思いもあったに違いありません。とても気遣いができるやさしい子でもあります。
『あまちゃん』ではアイドルグループのリーダー役を演じましたが、そこで記者から『アイドルになれてよかった?』と聞かれた松岡は『それはない』と即答しました。
松岡にとってアイドルは憧れの存在で、自分自身はそれになれないという意識をどこかで持っているのでしょう」

演技力や切り返しのうまさ、そしてアイドルへの偏愛……。いろんな魅力にあふれる松岡のさらなる活躍を楽しみにしたい。

「万引き家族」でも好演…松岡茉優、業界関係者が起用したがる理由
6/6(水) 11:30配信 AERA dot. 
https://dot.asahi.com/dot/2018060500073.html?page=1 
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180605-00000073-sasahi-ent 

松岡茉優 
no title


【松岡茉優、業界関係者が起用したがる理由「現場でも謙虚」 「万引き家族」でも好演】の続きを読む