芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ローラ

1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 11:39:37.89 ID:CAP_USER9
ビデオリサーチ社が年2回行っている「タレントイメージ調査」8月度版がこのほど発表され、トップに新垣結衣(29)が初めて輝いた。
昨年の主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)に続き、7月クールの「コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)での人気で頂点に達した。
注目は順位を上昇させた、他の顔ぶれだ。

「女性タレント人気度上位50」の過去のデータと比較すると、お笑い芸人の勢いが目立つ。インスタグラムの女王・渡辺直美(29)は34→24→13と推移し、今回はベスト10入りの8位。
イモトアヤコ(31)も13→18→29と推移し、今回は9位にランクインした。

「女優やミュージシャン、スポーツ選手など、並みいる美女たちを押しのけて、ついにトップ10入りだからすごい。
渡辺はインスタや自らのブランド、CMに加え、ドラマ主演も果たしましたし、イモトも『世界の果てまでイッテQ!』の人気を土台にドラマやCMにもコンスタントに出演し、2人とも年収は軽く1億円を超えているでしょう。
2人とも今や女芸人の目標、憧れの対象になっていますよ」とはお笑い関係者だ。

この勢いは他の女芸人にも波及している。いとうあさこ(47)は36→39→26と推移し、今回は15位まで上昇した。
25位の柳原可奈子(31)、28位の近藤春菜(34)、36位の友近(44)も安定した人気を保っている。そして、初登場のブルゾンちえみ(27)は48位だった。

「ひと昔前も、三枚目タレントや女芸人は重宝されてきた。久本雅美や柴田理恵、森三中、南海キャンディーズのしずちゃん、青木さやかなどが人気の時代もありましたが、
新しいメンツに取って代わられた印象。ブルゾンは一発屋で終わる可能性がまだまだ高い。
安定的に売れる面々は表裏のない、あけっぴろげな性格で、自虐ネタもいとわず、面白い、アドリブに対応できるなどの共通点がある。
そこまで到達して人気を得るのは並大抵のことではないんですよ」(前出の関係者)

一方の女優、タレント陣にも変化があった。人気だったローラ(27)が5→14→6と推移し、今回は20位までランクを下げた。

「事務所移籍騒動でテレビ番組はほぼ干されていますが、CMだけは続いている状態。問題が片付くまでは上位復帰は難しいでしょう。
ローラ本人は米国進出、モデルやハリウッド女優を目指しているので、日本ではこのままCMのみの活動になってしまうかも」(広告代理店関係者)

篠原涼子(44)も9→15→10と推移し、今回は25位まで落ちた。

「市村正親との間に9歳と5歳の2男を持つママ女優で、最近は特番ドラマや友情出演など、露出が減っていたことで下降したのでしょうが、女性からの人気は根強い。
10月からのフジテレビの月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』で主演しますが、
前作の『コード・ブルー』の視聴率が良かっただけに、視聴率が悪ければ“篠原神話も終わり”となりかねません」(ドラマ関係者)

ほかに人気どころで予想通りの上昇を見せたのは有村架純(24)で、24→30→26と推移し、18位にランクアップ。
「アンジャッシュ」渡部建(45)と結婚してイメージアップにつながった佐々木希(29)は前回87位から48位に上昇した。浮き沈みの激しい芸能人の人気はまさに時代を反映している。

http://news.livedoor.com/article/detail/13720348/
2017年10月8日 11時0分 東スポWeb

no title

【【東スポ】ローラ テレビ番組から干され「イメージ調査」急落】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/08(日) 10:33:34.92 ID:CAP_USER9
お笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん(32歳)が、モデルでタレントのローラ(27歳)と米ロサンゼルスで食事をしたという。

これはみやぞんが10月7日、自身のInstagramで明かしたもの。みやぞんは「ロスでローラさんと食事 明るくて楽しくて最高に幸せでした パワー貰った」とコメントし、ツーショットなど3枚の写真を投稿した。

これだけ見ると、みやぞんとローラがアメリカで食事デートか!?と思ってしまう人もいそうだが、ローラも同日にInstagramを更新。
「きょうは、たまたまLAにきていた番組の仲良しのプロデューサーさんのサトディーが誘ってくれてご飯屋さんにいったら、みやゾンさんにあったよ~」と、
関係者も含めたプライベートな食事会だったようで、「彼は心から暖かくてやさしくて素敵な言葉を語ってくれて、、こんなに心が暖かい人がいるんだぁって感動したの」と、みやぞんの印象を語っている。

みやぞんが投稿したツーショットに、ファンからは「意外とお似合いでは?」「似合ってる!!もしかしたら…」「ふたりともかわいすぎ!!」
「この2人で食事とか絶対楽しい!いいなぁぁあ!!」「両方優しさがつたわってきてだいすき!」などの声が寄せられている。

http://news.livedoor.com/article/detail/13720056/
2017年10月8日 9時26分 ナリナリドットコム

no title

【みやぞんとローラがアメリカで食事デートかwwwwww】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2017/10/02(月) 08:49:58.17 ID:CAP_USER9
8月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、所属事務所「LIBERA」に“奴隷契約”を強いられ、事務所と揉めている最中だと報じられたローラ(27)。
ところがその後、新CMにバンバン出演し始め、その実情がイマイチつかめない状況だ。

「LIBERA」は、ローラと現在交わしている2010年7月1日から2020年6月末日までの10年間の契約を満了しても、ローラの意思に関係なく、
事務所が自動で10年間の契約更新ができる状態だという報道があった。
事務所社長はローラの交友関係も管理し、携帯電話の連絡帳を勝手に削除するほどで、ローラがそうした行為に抵抗すると、
給料を10分の1以下にされたり、「辞めるつもりなら、暴露本を出してやる」「日本だけでなく、アメリカでも活動できなくするぞ」と脅されたそう。

ローラは6月17日に自身のTwitterにて、「黒い心を持った人とは絶対に一緒にいたくない。
10年の信頼をかえしてください」「ローラ最近裏切られたことがあって心から悲しくて沈んでいる」「いま誰のことも信じられないくらい怖いんだ」とつぶやき、
言葉は濁しているものの、事務所とのトラブルを示唆していたとされている。
そして8月20日には、所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れ書を送付したと「週刊文春」が報じた。

しかし、現在ローラはライオン、ユニクロ、CHINTAI、ネイチャーラボ、コーセー、ユニ・チャームなどの新CMに続々と出演し、
9月27日からは新たに「楽天モバイル」のCMに起用されている。
「LIBERA」の公式サイトを見ると、トップページはローラのCM動画が全面に埋めつくされており、依然ローラを激推ししていることが伺える。
事務所にとってローラが稼ぎ頭とは言え、これだけ対立が表面化したタレントを主張する姿勢は異様だ。

ローラは事務所とのトラブルについて、「週刊文春」にコメントした「心配してくれてありがとう。うん、私、頑張る。
これからもみんなをハッピーにするから待っててね」という言葉を最後に何も言及しておらず、事務所移籍の噂は絶えず出続けている。
中でも、「LIBERA」に干されないために芸能界大手のバーニング系列に移籍するという予想が根強い。

http://dailynewsonline.jp/article/1360601/
2017.10.02 02:00 messy / メッシー

20170822-00003833-bunshun-000-3-view[1]

【ローラの新CMが続々オンエア! 奴隷契約・大御所激怒の事務所トラブルとは一体何だったのか?】の続きを読む

ローラ


1: なまえないよぉ~ 2017/09/12(火) 16:16:14.71 ID:CAP_USER9
9月11日に放送された『YOUは何しに日本へ?』(テレビ東京系)にモデルでタレントのローラが出演し、カジュアルに話しかける姿がインターネット上で話題になっている。

同番組に有名人が出演するパターンと言えば、観光客であろう外国人に声をかけようと待ち構える取材班の近くに有名人が現れ、慌てて取材班が声をかけるパターンが大半だ。
そして実際にも、サッカーの本田圭佑選手や元フィギュアスケート選手のエフゲニー・プルシェンコ氏、俳優のキアヌ・リーブスらにも「YOUは何しに?」と遠慮なく“突撃”するのが番組のスタイルである。しかし、ローラの場合は違った。

この日、通常のロケと同様に成田空港を訪れる外国人に声をかけようと待機していた取材班に突然、サングラス姿のローラが「いま、ロサンゼルスに行った帰り」と話しかけたのだ。

特徴のある声や鼻立ちのはっきりした顔はどう考えてもローラだが、取材班は突然の出来事に状況を把握できていない様子で、「整理して聞きますね」とスタッフは前置きし、「もしかしてローラさん?」と問うと、ローラは笑顔で首を縦に振った。

?

現在は日本と海外を行き来する生活
取材班は一応、「YOUは何しに日本へ?」とローラに聞くと、ローラは「仕事が何個かあって帰ってきたの。(いまは日本と海外を)行ったり来たり」と現在の生活を明かした。

ローラは「大好きなの、日本。(日本に帰ったから)お寿司食べるんだ。ウニが好き」などと矢継ぎ早に話し、「じゃあ時間だから行くね。バイバイ」とカメラから離れていった。

慌てて「番組はご存じ?」と聞いたスタッフに対し、ローラは「『YOUは何しに』でしょ?(番組のことが)好き」とさわやかに答えて立ち去って行った。一瞬の出来事にスタッフは唖然とした様子だったがカメラマンは「かわいい…」と感嘆していた。

現在、ローラは所属芸能事務所とのトラブルの渦中にあるという報道もある。テレビ番組への出演は少ない状況でのこの出来事に視聴者は、
《元気そうで安心しました》というSNSへの投稿や、《明らかにノーブラなローラがかわいすぎる》など、カジュアルな出で立ちでカメラの前に現れたローラの姿に興奮気味だった。

メディアへの露出が減り、ファンからも心配されていたが、ローラは元気な様子だった。

http://dailynewsonline.jp/article/1354127/
2017.09.12 11:30 まいじつ

【「YOUは何しに日本へ?」突然ローラが出演し話題にwwww】の続きを読む

20170822-00003833-bunshun-000-3-view[1]


1: なまえないよぉ~ 2017/09/09(土) 12:28:29.94 ID:CAP_USER9
これで芸能界復帰は絶望的になったのではないか――と芸能関係者の間で囁かれている。所属事務所との契約トラブルで、姿を見かけなくなったタレントのローラ(27)のことだ。すでに「女性自身」が報じているのだが、事務所とのトラブルだけでなく、芸能界の“大御所”も怒らせてしまったという。

 女性自身によると、ローラが怒らせてしまったのはタレントの堺正章(71)。事務所とのトラブルを早い段階で、ローラから相談を受けていたという堺は「お互いがとことん自分の気持ちを言い合い、理解し合って、気持ちよく仕事することがベスト。けんか別れなんて最悪」とのポリシーを伝えたようだ。

 しかし、ローラはその“助言”を無視する形で、弁護士を立てて事務所と対決する姿勢を見せていて、今後、法廷闘争に突入することは間違いないという。これに対し、堺は失望しているらしいのである。ローラにとって“芸能界の父”とも言える恩人を怒らせてしまうとは、かなりヤバい状況なのだが、本人には自覚があるのか。

「堺は個人事務所所属ですが、系列は大手芸能事務所で、芸能界に絶大な影響力を持っています。“芸能界のオキテ”に反するようなことをすれば、厳しい対応を取る。今となってはネタになっていますが、タレントのヒロミが一時、芸能界から姿を消したのは、堺を怒らせてしまったから――という話がまことしやかに流れていた。最近では能年玲奈ことのんが、独立騒動を起こし芸能界から消えました。ローラも“同じ道”をたどるとみられています。『女性自身』の記事は芸能界からの“最後通告”だったのでは」(芸能リポーター)

 ローラは所属事務所と10年にも及ぶ長期契約を交わしていて、仮に契約が終了したとしても、その後2年間は芸能活動ができないという“奴隷契約”だった。ただし、17歳の高校生だったローラをスカウトし、売れっ子タレントにまで育て上げたのは現在の事務所でもある。うまい“落としどころ”はなかったのか。このままでは、ローラは完全に芸能界から消えていなくなる。

2017年9月9日 10時26分 日刊ゲンダイDIGITAL
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13588705/

【ローラ“法廷闘争”突入で復帰絶望か】の続きを読む