芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ロケ地

1: なまえないよぉ~ 2019/01/07(月) 05:29:26.72 ID:NhhMKgmv9
 女優の橋本愛が6日、岩手県久慈市内で行われたNHK大河ドラマ『いだてん』(6日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか)の初回パブリックビューイング後のトークイベントに出席した。同市を訪れるのは、2013年前期連続テレビ小説『あまちゃん』の撮影以来で、約5年ぶり。大歓声に迎えられて、「以前、お世話になった土地なので、同じメンバーで作った作品でまた来ることができて、ご縁を感じました」と話していた。

 今回の大河ドラマは、脚本・宮藤官九郎、音楽・大友良英、チーフ演出・井上剛氏、製作統括・訓覇圭氏と、『あまちゃん』フタッフが再集結。。“日本で初めてオリンピックに参加した男”金栗四三(中村勘九郎)と、“日本にオリンピックを呼んだ男”田畑政治(阿部サダヲ)を主人公に、初めてオリンピックに参加した1921年ストックホルム大会から1964年東京五輪まで、近代日本スポーツの創世記を稀代の落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)の半生とともに語っていく。

 橋本は、同日、青森県八戸市で行われたトークイベントとのダブルヘッダー。八戸では主人公・金栗四三役の中村勘九郎がかけていた黄色のたすきを、橋本が引き継いで久慈にやってきた。「責任重大ですよね。この作品の一ファンとして、自分が知っている作品の魅力を皆さんに伝える使者になれたら」と、自分のことばで作品について語るその姿に、同席していた訓覇氏が「成長したね」としみじみつぶやく場面もあった。

 見どころとして力説していたのは、「俳優さんたちのかわいらしさ。全員かわいくて、チャーミング。宮藤さんのキャラクターへの愛情、キャストへの愛情、この作品への愛情を感じて、キューンする。これからどんどん出てくるので1年間、悶えながら、愛でていただけたら」とアピールしていた。

2019-01-06 23:45 
【いだてん】橋本愛、『あまちゃん』ロケ地・久慈に凱旋 訓覇P「成長したね」 

https://www.oricon.co.jp/news/2127016/full/


「いだてん」トークリレー in 岩手県久慈市に参加した橋本愛 (C)ORICON NewS inc.
no title

橋本愛 さん、訓覇製作統括、盛岡放送局の手嶌アナ
no title

橋本愛が演じる浅草の遊女・小梅
no title

【橋本愛、『あまちゃん』ロケ地・久慈に凱旋 訓覇P「成長したね」】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/11/21(水) 11:21:21.06 ID:CAP_USER9
横浜市文化観光局は20日、1986~87年に放送された日本テレビの人気ドラマ「あぶない刑事(デカ)」とコラボレーションした「あぶない刑事 横浜ロケ地MAP」を1万部制作し、23日から横浜市内の駅や施設、観光案内所などに配架することを発表した。

 CSの日テレプラスで10月から同作のHDリマスター版のテレビ初放送がスタートしたことを機に、「あぶ刑事」の世界観と横浜が“融合”。型破りな刑事・タカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)が駆け回った横浜市街の名所を、当時と今の街並みを見比べながら散策できる仕上がりになっている。なお日テレプラスでは24日午後8時半から「あぶ刑事」の1~12話までが一挙放送される。

2018年11月21日6時3分 スポーツ報知 
https://www.hochi.co.jp/entertainment/20181121-OHT1T50046.html 
no title

名場面が満載の「あぶない刑事」MAPの表紙 

  【あぶない刑事 名場面満載のロケ地MAP、横浜市が制作 ← 遅いわwwww】の続きを読む

d63d072c


1: なまえないよぉ~ 2017/08/01(火) 14:10:44.03 ID:CAP_USER9
現在放送中の連続ドラマ『コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)の撮影地の病院にファンが押しかけ、混乱が起きているという。

先日、撮影地の救急医療センターに家族を入院させているという視聴者が、ツイッターへ次のように投稿した。

《そういえばコードブルーの撮影が近所の病院で家族が入院してるんだけど、撮影日関係なくヘリの見学の人達が車を横付けの路駐してて救急車入りづらくなってるんだよね🚑せめて駐車場に停めて歩いてヘリポートまで行けばいいのに。ドクターヘリ🚁がある場所は救急医療センターって事忘れないで欲しいわ。》

この投稿に《あくまで病院であって観光スポットではないですよね》、《ジャニオタが撮影地の病院に問い合わせして迷惑してるって》などと同調する声が多数出ている。

ロケ地に見学客が殺到したせいか大がかりなロケが中止になったという情報もあり、撮影現場では警備員も配置しているという。

しかし、近ごろは撮影の様子を見た人々によって、ツイッターやフェイスブックなどのSNSで情報が明かされることもある。まとめサイトもできるなど、対策は容易ではないようだ。

山下智久のセリフは撮影現場の医者や患者を救うか?

7月31日に放送された第3話では、山下智久演じる藍沢耕作が担当した14歳の天才ピアニストの天野奏(田鍋梨々花)の脳に腫瘍があり、肥大しているため即座に手術する必要があったが、本人や母親は手術を拒むというストーリーだった。命は助かるが、ピアノが弾けなくなる危険があるため手術を拒んでいたのだ。

そんな姿を見て藍沢が言った「医者は大切だと思っているもの、どちらかを選ばなければならない。なかには命を捨てても大切なものを選びたいという人がいる。それでも医者は命を選択する」という、患者の命に寄り添おうとする台詞が話題となった。

この台詞やシーンに対して、インターネット上では《命の重さとか人生観とかとても考えさせられた回だった》、《人生いつ何が起こるかわからない、自分の大切なものと命…いろいろ絡まるこの世界には考えさせられるものがある》などと命の大切さ感じた投稿が多く見られた。

この台詞が、撮影見たさに救急医療センターに詰めかけるリテラシーに欠けた人たちの心に届くことを切に願いたい。

https://myjitsu.jp/archives/27589

【非常識ファン「コード・ブルー」ロケ地に大挙して押し寄せ大迷惑】の続きを読む