芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

レコード大賞

    このエントリーをはてなブックマークに追加
music_record_disc

1: なまえないよぉ~ 2021/12/30(木) 01:01:41.03 _USER9
12月30日、『第63回 輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が放送される。ファンが不在である音楽の祭典は、また今年も大きな不満を買っているようだ。

11月に開かれた審査会では、優秀作品賞や新人賞など各賞がすでに決定済み。レコード大賞の候補となる優秀作品賞には、昨年『炎(ほむら)』で大賞を受賞したLiSAの『明け星』、氷川きよしの『Happy!』、『乃木坂46』の『ごめんねFingerscrossed』など10曲が選ばれた。しかし不満が殺到しているようで、ネット上には

《今年のレコ大候補っておかしいよね。LiSAの明け星は発売時期からしてレコ大の対象外では?》
《オジサンでも知ってるYOASOBIが候補にないのは違和感。大ヒットした『夜に駆ける』がないのはなぜ?》
《いつも特別賞だけは世間の人気が反映されてて、残りは全部出来レースって感じ》
《AdoとYOASOBIは特別賞じゃなくて、優秀作品賞の10組に入れるべきでしょ。基準がようわからん》
《たぶん今年もソニーが大賞だと思います。だとしたら、LiSAかNiziU。そんなことより、DA PUMPと三浦大知の安定のライ
ジング枠には笑いました》
《レコード大賞ほど業界の力関係が影響している音楽賞はないだろうな これお金で買える賞ですよね?》

など、ノミネート曲の選考理由に疑問の声が広がっている。
世代を超えて愛されるアーティストが減っている?

「幅広い層にヒットした『YOASOBI』やAdoは、本来であればレコード大賞の大本命とも言えますが、CDではなくデジタル配信でリリースされたため、特別賞を受賞しました。一方、LiSAの『明け星』は審査会の行われた11月18日の前日17日に発売されており、滑り込みセーフという結果に。穿った見方をするならば、審査会が発売を待って開かれたとも言えます。いずれにしても誰もが納得するような大ヒット曲は見当たらず、事務所の力関係で大賞が決まるレコード大賞に、果たしてどれだけの人が関心を
示すでしょうかね。もはや完全なオワコンといっていいでしょう」(週刊誌記者)

関係者の間では、今年は優里の『ドライフラワー』が大賞を受賞する方向で調整されていたという。しかし、所属する『ソニー・ミュージック』のレコ大担当元役員の〝パワハラ〟が発覚。急遽、再調整され、氷川きよしが2006年以来、15年ぶりに受賞するのではないかと言われている。

果たして今年は誰が大賞を受賞するのか。ファン不在のレコード大賞が今年も発表される。

優里『レコ大』受賞が“急遽”変更に?ファン軽視に疑問の声「基準がようわからん」
https://myjitsu.jp/archives/323157

■『第63回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者/作品 【優秀作品賞】
「明け星」LiSA
「君がそばにいるから」純烈
「ごめんねFingers crossed」乃木坂46
「CITRUS」Da-iCE
「Take a picture」NiziU
「Dream on the street」DA PUMP
「根も葉もRumor」AKB48
「Backwards」三浦大知
「Happy!」氷川きよし
「勿忘」Awesome City Club
※曲名50音順

画像
https://img-mdpr.freetls.fastly.net/article/ZDts/wm/ZDts62mfYVq-BBENU4DHH8NNBDljp48QFQm3dunSFmU.jpg

【『レコード大賞』に批判の声 「お金で買える賞」「出来レース」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
music_record_disc

1: なまえないよぉ~ 2021/11/28(日) 00:55:45.87 _USER9
 9人組ガールズグループNiziUがファーストアルバム「U」を、11月24日にリリースした。アルバム12曲中、10曲が「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」や「コーセー」「バンダイ」などのタイアップで構成され、さながら作りは“ベスト盤”の趣となっている。

 NiziUは昨年12月に「Step and a Step」でメジャーデビューすると、それからわずか4週間余りで「NHK紅白歌合戦」に出場して、世間を騒がせた。コロナ禍の今年4月にはセカンドシングル「Take a Picture/Poppin' Shakin'」をリリース。同曲は東京五輪スポンサーであるコカ・コーラのCM「この瞬間が、私。」の大会応援テーマソングになっていて、続く配信限定シングル「Super Summer」とともに五輪開催期間中は、連日テレビやラジオで流れていた。

 そして9月19日、彼女たちは、千葉・ZOZOマリンスタジアムで開催された野外フェス「SUPERSONIC 2021」で歌い踊って生ライブを披露した。このライブについては、ファンから〈記念すべき初ライブなんだから単独でやって欲しかった〉といった落胆の声が上がった。

 そんなNiziUに今、大きな賞が転がり込もうとしている。先日、「第63回日本レコード大賞」の部門賞が発表され、「Take a Picture」が優秀作品賞にノミネートされたのだが、そのままNiziUが今年のレコード大賞を受賞するのではないかと囁かれている。

本命はLiSAと乃木坂46の一騎打ち

「レコ大は、一部の音楽事務所に実権を掌握されているといわれます。大まかに分けて、2つの大きなグループで持ち回り状態になっており、その順番からすると、『明け星』のLiSAと『ごめんねFingers crossed』の乃木坂46、そしてNiziUが大賞獲得に最も近い位置にいます。LiSAには昨年の『炎』に続く大賞受賞2連覇、乃木坂46はグループ結成10周年のメモリアルという意味合いが透けて見えます。順当にいけば、この2組の一騎打ちですが、メジャーデビューまでにあれだけの予算をかけたNiziUに大賞を取らせることも“100%ない”とは言い切れません。東京五輪の成功に貢献したという大義名分もありますし、まさかの大賞獲得はあり得るとみています」(芸能プロ関係者)

 NiziUの来年のプロモーションの目玉は、正真正銘“単独”での全国ツアーになるといわれている。ファーストアルバム「U」の売れ行きは、グループ活動の今後を占う目安になるだろう。近く発表されるアルバムチャートから目が離せない。 

(芋澤貞雄/芸能ジャーナリスト)

芋澤貞雄「裏の裏まで徹底取材」】

日刊ゲンダイ 11/27(土) 14:10
https://news.yahoo.co.jp/articles/f50539a8ee1d073e1fe3f67ec9f90c31a03d9c2d

【<NiziU>まさかのレコード大賞獲得も…!本命はLiSAと乃木坂46の一騎打ち ← NiziUのゴリ押しまだ続いてんのwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
music_record_disc

1: なまえないよぉ~ 2021/11/19(金) 00:21:16.25 _USER9
年末恒例の『第63回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者・作品が19日、発表された。
優秀作品賞10作品の中から「日本レコード大賞」が、新人賞4組の中から「最優秀新人賞」が、12月30日にTBS系で4時間半(後5:30~10:00)にわたって生放送される授賞式で決定する。

日本レコード大賞は、第59回に「インフルエンサー」、第60回に「シンクロニシティ」と乃木坂46が2連覇を果たし、第61回は小中学生5人組ユニット・Foorinの「パプリカ」が、史上最年少となる平均年齢11.2歳で受賞。
昨年の第62回は、大ヒットしたアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌でLiSAが歌う「炎」が初受賞していた。

■『第63回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者/作品
【優秀作品賞】
「明け星」LiSA
「君がそばにいるから」純烈
「ごめんねFingers crossed」乃木坂46
「CITRUS」Da-iCE
「Take a picture」NiziU
「Dream on the street」DA PUMP
「根も葉もRumor」AKB48
「Backwards」三浦大知
「Happy!」氷川きよし
「勿忘」Awesome City Club
※曲名50音順

【新人賞】
INI
TAEKO
マカロニえんぴつ
望月琉叶
>>50音順

【最優秀歌唱賞】
MISIA

【特別賞】
Ado
Bank Band
松本 隆
YOASOBI

【特別国際音楽賞】
BTS
【日本作曲家協会選奨】
竹島宏
【特別功労賞】
川口真
小林亜星
酒井政利
坂本スミ子
ジェリー藤尾
すぎやまこういち
寺内タケシ

http://news.yahoo.co.jp/articles/feede3363bf3301f87bc9268a8e3e73a765300e6

【『レコ大』各賞受賞者決定 “2連覇”狙うLiSA 新人賞にINI&特別賞にAdoら】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/12/30(水) 00:16:44.37 _USER9
今年も12月30日に『輝く!日本レコード大賞』(TBS系)が放送されるが、早くもネット上では《興味がない》《どうでもいい》などと冷ややかな声があがっており、視聴率的に苦戦が予想されている。

同大賞は1959年に創設され、1970~80年代にかけて最盛期を迎えた。しかし、ここ数年はレコード会社や事務所の力関係で受賞者が決まっているということが、週刊誌の報道などによって発覚。もはや番組の存在意味もなくなっていると指摘されているが…。

「番組凋落の一番の原因は、2016年に『週刊文春』がレコード大賞の〝黒歴史〟を暴露したことでしょう。これは2015年に某グループがレコード大賞を受賞するにあたり、1億800万円の〝裏金〟が動いていたというものです。800万円という端数が当時の消費税8%と重なり、やけにリアルでしたね。これは何も同グループに限った話ではなく、同じようなケースが脈々と受け継がれていたのです。ファンにしてみれば、応援していたアーティストの人気やCDの売上などまったく関係ないところで受賞が決まっていたのですから、愕然としたでしょう。視聴者をこれほど馬鹿にした話もありません。今となっては誰が大賞を受賞しても関心を示す人は少なく、最近では、翌日のニュース記事で初めて受賞者を知るという人も多いみたいですね」(エンタメ誌記者)

没落した『レコ大』が行きつく先は?

今年も受賞者の発表を前に、ネット上では冷めた声が殺到している。

《レコ大は、本当に良い歌や時代を表す歌を取り上げるべきなのに、そうしなかった。自分達で自分達の首を絞めてしまった。つまりそういうことでしょう》
《もう惰性で放送するの止めたほうがいいのでは? もう誰も関心ない》
《また事務所の勢力争いを見るのか。曲の善し悪しじゃないのに、なにがレコード大賞だよ》
《TBSも最近はイヤイヤ放送してる感が満載。本音ではもうやめたいんじゃないかな。莫大な制作費もかかるし》
《視聴者からの投票制にしたほうが盛り上がりそう。売上も関係ないし、人気投票が一番じゃない? 金で賞を買うなんてもってのほかだろ》
などと、厳しい意見が寄せられている。

2013年には日本中で大ブームになり、大賞確実と言われていた『AKB48』の『恋するフォーチュンクッキー』が受賞を逃している。AKBファンにとってみれば、絶対に忘れることのない年になったに違いない。1977年には最高視聴率50%を記録した『レコ大』も、ブームが過ぎた89年からは10%台に落ち込み、以降は20%を超えたことは一度もない。このまま続ければ一桁台も視野に入ってくるのは間違いないだろう。

今年は「特別栄誉賞」を受賞した『嵐』の初出演が決定。さらに、『BTS』が「特別国際音楽賞」を受賞し、韓国からパフォーマンスを届けることも発表されたが、

《もうレコード大賞に権威もないですし、観たいとも思いません。忖度だらけの出演者は、賞レース自体の衰退の一途を意味しますよね》
《大賞にノミネートされた訳じゃないけど、わざわざ新設の特別賞を受賞って忖度感が半端ない》
《嵐を出したいのはわかるが、やりすぎだ。他のアーティストに失礼。昔のようにアーティストが憧れる賞ではないにしても》
《一貫性の無いことをやり続けることによって、どんどんと自らの価値を下げ続けるねぇ、茶番もいいとこ》
《「特別」が多すぎて特別感が薄れてる》
などの声があがり、あまり良く受け入れられていない。

歴史ある賞だが、今やその栄光は地に落ちている。これ以上恥を晒す前に、TBSは打ち切りを検討してもいいのではないだろうか。
https://myjitsu.jp/archives/248114

20201230004

【没落したオワコン「レコード大賞」はいつまでやるのか?忖度、茶番もいいとこ 金や事務所の力関係で賞が決まるのに】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/11/20(金) 19:13:35.87 ● BE:272156177-2BP(2000)
 『第62回輝く!日本レコード大賞』各賞受賞者・作品が11月20日、発表された。これを受け、同賞や『NHK紅白歌合戦』の選定基準に違和感を訴える声が相次いでいる。

 「大賞」候補となる「優秀作品賞」に選ばれたのは、LiSA「炎」、瑛人「香水」といった話題作のほか、氷川きよし「母」、純烈「愛をください~Don’t you cry~」、乃木坂46「世界中の隣人よ」、三浦大知「I’m Here」、DA PUMP「Fantasista~ファンタジスタ~」、AKB48「離れていても」など全10作品。

 これに、ネット上では「三浦大知やDA PUMPは、なぜレコ大は選ばれるのに、紅白は落選したんだ?」「紅白落選組が何人も受賞してて違和感」と、『紅白』の選定基準を疑問視する声が続出している。

 『紅白』といえば、今月16日に出場者が発表されるやいなや「選出基準が不透明すぎる」「なんで三浦大知が落選して、新曲すら出してない歌手が出場するんだ?」などと不満の声が相次いだため、今回のような反応につながっているのだろう。

 また、『紅白』に落選したAKB48の「離れていても」が「優秀作品賞」を受賞していることを受け、「このAKB48の曲ってヒットした?」「聞いたことない」と『レコ大』の選定基準を疑問視する声も上がっている。

 「離れていても」は、AKB48の105人とSKE48の松井珠理奈に加え、“レジェンドOG”である前田敦子、大島優子、板野友美、篠田麻里子、小嶋陽菜、高橋みなみ、指原莉乃、山本彩が参加したメッセージソング。

 リリース前には同曲の収益が新型コロナウイルス対策の活動支援を目的として全額寄付されることが話題となったが、握手券のつかないデジタルシングルだったためか、オリコン「週間 デジタルシングル(単曲)ランキング」で圏外(21位以下)になるなど、売り上げは振るわなかったようだ。

 「なんで?」と選定基準に疑問の声が相次いでいる『紅白』と『レコ大』。いっそのこと、一般投票で決めたほうがいいのだろうか……。
https://entamega.com/52531

【MV full】『離れていても』 / AKB48 message song【公式】
https://www.youtub%65.com/watch?v=Gq98wc_sbT0
https://www.youtube.com/watch?v=Gq98wc_sbT0

no title


優秀作品賞
三浦大知 『 I’m Here 』
純烈『愛をください Don’t you cry』
Little Glee Monster『足跡』
瑛人『香水』
乃木坂46『世界中の隣人よ』
DISH//『猫 THE FIRST TAKE ver. 』
AKB48『離れていても』
氷川きよし『母』
DA PUMP『Fantasista ファンタジスタ』
LiSA『炎』

【【炎上】AKB48のレコード大賞受賞に批判殺到「聞いたことない」 ← いつものwww】の続きを読む