芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ランキング

1: なまえないよぉ~ 2019/11/19(火) 00:24:39.02
どんどん若手が登場してくる芸能界。
10代ながらにして注目され、将来を期待される人も少なくありません。
そこで今回は、将来有望な美しすぎる10代の女性芸能人について探ってみました。

1位 山田杏奈
2位 浜辺美波
3位 上白石萌歌
4位 高橋ひかる
5位 清原果耶
6位 芦田愛菜
7位 平手友梨奈 欅坂46
8位 岡田結実
9位 桜田ひより
10位 福本莉子

▼1位は「山田杏奈」!

子役としてデビューし、その後女優として着実に経験を積んでいる山田杏奈。
2018年には映画『ミスミソウ』、2019年には『恋愛乾燥剤』にて主演を務め、その後も2019年に公開された映画『小さな恋のうた』『五億円のじんせい』にて立て続けにヒロインを演じるなど、まさに今大注目されている若手女優。
ぱっちりとした瞳には意思が感じられ、キラキラとしたヒロインから影のある役柄まで演じ分けることができる演技力にも注目が集まっています。
ルックス、演技力ともに若手トップクラスだと感じている人が多く、1位となりました。

no title


▼2位は「浜辺美波」!

2011年に第7回「東宝シンデレラオーディション」にてニュージェネレーション賞を受賞して芸能界入りした浜辺美波。
2017年に映画『君の膵臓をたべたい』にて主人公を演じたことで一気にブレイク。
その後も映画やドラマに次々と出演しています。
最近はバラエティー番組に出演する機会も増え、彼女のピュアで優しげな表情や透明感あふれる雰囲気に魅了される人が多数。2位に選ばれました。

no title


▼3位は「上白石萌歌」!

2011年に第7回『東宝シンデレラオーディション』にて当時史上最年少でグランプリに輝いた上白石萌歌。
現在は女優としてだけでなく、『A-Studio』(TBSテレビ系)の11代目サブMCとして活躍しており、「adieu」名義で歌手活動を行うなど、マルチに活動しています。
大きな瞳に、どこか憂いのある大人っぽい表情が魅力的で、10代には見えない堂々とした演技が印象的な彼女。
これからめきめき成長しそうだと感じている人が多く、3位となりました。

no title


このように、現在テレビや映画にひっぱりだこの若手女優が上位に選ばれる結果となりました。
みなさんは、どの10代の女性芸能人が将来有望だと思いますか?

https://ranking.goo.ne.jp/column/6215/

【将来有望な美しすぎる10代女性芸能人ランキングにゴリ押しが紛れ込んでいると話題にwwwww】の続きを読む

磯山さやか


1: なまえないよぉ~ 2019/11/08(金) 12:55:33.68
 近年、ただ痩せているだけではなく、女性らしい曲線美も持つ“筋肉女子”がトレンド。インスタグラム等でもストイックなトレーニング姿を披露し、美しくかっこいいルックスを維持している女性有名人も多い。ORICON NEWSでは10~50代女性にリサーチした恒例の『第4回 女性が選ぶ“理想のボディ”ランキング』を発表。その結果、4年連続で女優の【菜々緒】が1位に輝き、殿堂入りの5連覇に王手をかけた。

全世代女性が認める堂々の首位、「人生1度でいいからあの脚になってみたい」

どんなファッションも着こなせる圧巻の美ボディ
どんなファッションも着こなせる圧巻の美ボディ
 今回で4度目の首位獲得となった【菜々緒】は、10~50代と全世代で堂々の1位を飾った。昨年の「第35回ベストジーニスト2018」では、「一般選出部門」の女性部門で3回連続受賞。“永久ベストジーニスト”として殿堂入りを果たし、おなじみの美尻と美脚が際立つ“菜々緒ポーズ”で会場を沸かせた。

 これまで悪女役のイメージが強かったが、現在放送のドラマ『4分間のマリーゴールド』(TBS系)では、余命1年の女性の儚さを演じている菜々緒。物語の序盤はショートパンツ衣装が多く、彼女の持ち味である色白、手足が長く、細い首を惜しげもなく披露。“薄幸ヒロイン”にマッチしており、新たな一面も見せている。

 「姿勢が良いから」(愛知県/20代)、「立ち姿がかっこいい」(福島県/30代)というコメントもあり、彼女がドラマやバラエティで見せる所作振る舞いも、スタイルの良さを引き立てている。自身のインスタでも、度々鍛えている様子を報告しており、「本当に素晴らしいと思う、努力って大事だと思い知らされる」(静岡県/10代)、「手足が長く、細いだけじゃなくて鍛えた感じが好き」(愛知県/50代)と、美ボディの裏の絶え間ぬ努力に称賛の声が送られた。
ついにTOP3入り、アラフォーの憧れの超絶プロポーション

 同ランキングの1回目からTOP10にランクインし続けている【米倉涼子】が、自身初のTOP3入りで、最高位を獲得。『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)は今クールで第6期目。白衣にミニスカートでスタイル抜群の大門未知子をスタイリッシュに演じている。ニューヨーク・ブロードウェイではミュージカル『シカゴ』に3度目の主演を果たし、その見事な肢体は“世界が認めた”と言っても過言ではないはず。 

 中でも、同じ世代の女性の憧れの存在でもあり40代、50代の世代別では2位にランクイン。「細すぎず出るところは出ていてしまる所はしまっていて適度な筋肉もあって、スタイルがいい」(神奈川県/40代)、「自分に厳しくポリシーを持って、ボディーラインを保たれていると思うから」(北海道/40代)と絶賛。

 クラシックバレエで培った見事なボディラインに「足の長さと細さ、ウエストのくびれ、健康的でスラッとしていて本当に憧れています」(千葉県/20代)と若い世代も羨望の眼差しを送っている。
ストイックな姿勢がボディラインにも、同性が「カッコイイ」と思うミューズ的存在

 ランキング常連の【ローラ】は3位に。インスタの更新は頻繁に行なっており、美脚やボディラインを披露しており、フォロワーからは「安定の美脚」「めちゃカッケー!」「セクシーダイナマイト」といったコメントで日々あふれている。

 略 

 その他TOP10にはランキング常連であり、女性らしい曲線美や柔らかい質感を感じさせるボディの持ち主がランクイン。「マシュマロボディ」という表現されることの多い、【深田恭子】(5位)や【小嶋陽菜】(6位)、【綾瀬はるか】(8位)らが安定した人気を誇っている。

 その中に、今回初登場となったのは、多彩な役柄を演じ、若手女優として注目の9位【池田エライザ】と10位の【中条あやみ】の2名。両者とも“ハーフ美女”としても話題を集めている。

第4回 女性が選ぶ“理想のボディ”ランキング 

https://www.oricon.co.jp/special/53845/?anc=044&utm_source=headlines.yahoo.co.jp&utm_content=%2Fhl%3Fa%3D20191108-00000304-oric-ent&utm_medium=referral#link5

【女が選ぶ理想のボディランキング10】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/10/11(金) 09:30:38.46
現在活躍している女性タレントの中には、お茶の間が感心するほどトークがうまい人も少なくありません。そこで今回は、ガチでトークがうまいと思う女性タレントについて探ってみました。

1位 友近
2位 近藤春菜
3位 指原莉乃
3位 上沼恵美子

1位は「友近」
no title


周囲にいそうな個性的なキャラクターを演じさせたら右に出るものはいないと言っても過言ではない、人気お笑い芸人の友近。“演歌ひとすじ40周年”のキャッチフレーズを持つ水谷千重子や、ピザ屋店員の西尾一男は誰もが一度は見たことがある人気キャラクター。コントで笑いがとれるだけでなく、トークがうまいのも彼女の魅力。特にロケではまわしもできて、適度にボケ、心地よく周囲をいじることもできると評判。「友近がスベッているところを見たことがない」という人が多く、1位となりました。

2位は「近藤春菜」!
no title


お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜。角野卓造やマイケル・ムーア監督に似ていると言われたときのお決まりのツッコミ「○○じゃねぇよ!」が印象的な彼女ですが、ここ数年は『スッキリ』(日本テレビ系)でサブMCを務め、仕事の幅を広げています。『スッキリ』では自分の意見もしっかり伝えられ、振られたボケには的確に返し、ゲストにも上手に絡む…そんな彼女の姿を見てトークがうまいと感じた人が多く、2位となりました。

3位は「指原莉乃」
no title


元HKT48の指原莉乃。最近はバラエティー番組に引っ張りだこで、テレビで見ない日はないと言っても過言でないほどの活躍ぶり。そんな彼女はトークの瞬発力が魅力。端的に、的確に笑いをとることができ、高い評価を得ています。

同率3位は「上沼恵美子」!

『上沼恵美子のおしゃべりクッキング』(朝日放送テレビ)、『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ放送)など、長年帯番組のMCを続けている上沼恵美子。リズミカルで軽快なトークで毎日お茶の間を楽しませている彼女は、関西になくてはならない大きな存在。「関西でしゃべりがうまいといえば上沼恵美子」と多くの人から支持されています。

このように、バラエティー番組で大活躍している女性タレントが上位に選ばれる結果となりました。気になる5位~47位のランキング結果もぜひご覧ください。

みなさんは、どの女性タレントのトークがうまいと思いますか?

https://article.yahoo.co.jp/detail/717befe39e100f3b7d21df52fc6a3e0aae4ae9ff

【ガチでトークがうまい!女性タレントランキング】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/21(土) 13:09:44.89
毎年恒例の「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケートも今年で3回目。今やバラエティ番組にとどまらず、ニュース、ドラマ、CMと、活躍の場を広げている芸人の世界で、その人気の“地殻変動”は起こっているのか。吉本興業「闇営業問題」の影響はどれほどか。2019年の最新ランキングを紹介する。

今回のアンケートは、8月30日までの45日間実施し、過去最多の5200を超える投票を集めた。回答者は男女ほぼ半々で、年齢は10代から80代まで幅広かった。

まず、「好きな芸人」部門のトップに立ったのは、サンドウィッチマン。昨年に引き続いての王座で、連覇達成となった。幅広い世代から支持を受け、データを分析しても全世代でベスト3入り、全地域でベスト5入りとまさに、「国民的人気」を示す結果になった。

 2位は明石家さんま。その人気は今年も健在だった。長らくお笑い界の最前線で活躍していることからさんま自身と同世代のファンが多く、特に近畿では、サンドウィッチマンを破りトップに躍り出た。

3位はダウンタウン。今年は、松本人志が闇営業問題で吉本首脳陣に直談判する“男気”を見せたことも評価され、男女幅広く得票を集めた。

ここまでベスト3は昨年と同じ顔ぶれとなったが、波乱を起こしたのが4位に飛び込んできた和牛。M-1でも、2016年から昨年まで3年連続で決勝2位と活躍を続ける。ちなみに得票の8割が女性だった。彼女たちの驚異的なプッシュを受け、昨年16位から大幅なランクアップとなった。5位は昨年より1つ順位を下げた大御所、タモリ。相変わらず、安定感のある番組進行が好評だった。

6位は、地上波のレギュラー番組11本、最近はNHKと民放全5局で冠番組を持ったことも話題となった有吉弘行。冠番組が増えてMC力にも評価が集まる一方、鋭いトークにもコメントが集まった。世代別に見ると20代、30代から多くの票を獲得した。

続きはソースをご覧下さい

♦好きな芸人
1位 サンドウィッチマン
2位 明石家さんま
3位 ダウンタウン
4位 和牛
5位 タモリ
6位 有吉弘行
7位 千鳥
8位 ナイツ
9位 博多華丸・大吉
10位 出川哲朗
no title


11位以下
no title

no title

https://bunshun.jp/articles/-/14229 
2019年9月21日 文春オンライン 
【「好きな芸人」2019ランキング サンドウィッチマンV2】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2019/09/21(土) 13:09:36.16
毎年恒例の「好きな芸人」「嫌いな芸人」アンケートも今年で3回目。今やバラエティ番組にとどまらず、ニュース、ドラマ、CMと、活躍の場を広げている芸人の世界で、その人気の“地殻変動”は起こっているのか。吉本興業「闇営業問題」の影響はどれほどか。2019年の最新ランキングを紹介する。
今回のアンケートは、8月30日までの45日間実施し、過去最多の5200を超える投票を集めた。回答者は男女ほぼ半々で、年齢は10代から80代まで幅広かった。

ここからは「嫌いな芸人」ランキング。こちらは闇営業問題の影響が色濃く、1位に選ばれてしまったのは雨上がり決死隊だった。コメントを見ると批判はすべて宮迫博之に集中。特に女性からの厳しい声が相次いだ。そして、相方の蛍原に同情する声も多かった。

2位はダウンタウン。こちらも闇営業問題での松本人志の対応を疑問視する声が集まった。

3位は、「『俺が俺が』ってところが大嫌い」(女・50)などの意見があった明石家さんま。

4位は「いじめの笑いで売れたのは大昔のこと」(男・42)などと表された、とんねるず。昨年同様にその芸風に冷ややかな視線が向けられている。

また、嫌いな芸人ランキングの常連、ウーマンラッシュアワーは今年も5位。「漫才は題材にもよるけど上手いと思う」(女・34)などとネタを評価する声がある一方で、度重なるネットの炎上には、「Twitterとかで人の悪口ばかりいっている」(女・42)、「みずから炎上しに行ってる感が増してる。相方の中川パラダイスに罪はない」(男・47)など、若い年齢層を中心に批判が集まった。

6位のビートたけしには、「今更離婚ってナニって感じ。もっとスマートに事を収めることが出来ないのか」(女・49)など、離婚報道が影を落としたことがうかがえる。

昨年から順位を上げてしまったのが、ゆりやんレトリィバァ(10→7位)、安田大サーカス(44→8位)、とろサーモン(39→9位)の3組。特に、安田大サーカス、とろサーモンは昨年から30位以上順位を上げてしまう結果となった。
続きはソースをご覧下さい

♦嫌いな芸人
1位 雨上がり決死隊
2位 ダウンタウン
3位 明石家さんま
4位 とんねるず
5位 ウーマンラッシュアワー
6位 ビートたけし
7位 ゆりやんレトリィバァ
8位 安田大サーカス
9位 とろサーモン
10位 爆笑問題
no title


11位以下
no title

no title

https://bunshun.jp/articles/-/14229?page=5 
2019年9月21日 文春オンライン 

【「嫌いな芸人」2019ランキング結果発表 批判がすべて1人に集中した模様wwww】の続きを読む