芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

ラストライブ

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2020/10/14(水) 12:45:04.45 _USER9
改名を発表していたアイドルグループ・欅坂46が13日、無観客配信ライブ『欅坂46 THE LAST LIVE』を行い、2015年8月の結成から5年間の活動に終止符を打った。
エンディング映像が流れた後には、新名称「櫻坂46」の1stシングル「Nobody's fault」(ノーバディーズ フォルト)を森田ひかるセンターで初披露するサプライズ。
ライブ終了後には、同シングルが12月9日にリリースされることが発表された。

欅坂46の『THE LAST LIVE』は、12・13日の2日間にわたって行われ、1曲を除いて異なるセットリストが組まれた。
初日は「不協和音」「黒い羊」といった“ザ・欅坂46”感が強いダークでシリアスな世界観の17曲をノンストップで披露。
最終日は「世界には愛しかない」「手を繋いで帰ろうか」など明るい曲調の楽曲や新曲を含む15曲を、時折涙まじりに熱演。
「サイレントマジョリティー」で始まり、「サイレントマジョリティー」で幕を下ろした。

エンドロールが流れ、ライブが終わったかと思われた瞬間、鼓動音に合わせて照明が点滅し、「櫻坂46」に改名する告知映像が流れた。
続いて、新グループカラー「白」の衣装に着替えたメンバーが再登場し、森田をセンターに14人で1stシングル「Nobody's fault」をサプライズで初披露。
欅坂46の終わりとともに、櫻坂46の始まりをアピールした。

チケットの公称実売数は、初日は約8万、2日目は11万で2日間計19万。
推定視聴総数は57万人と発表された。

http://news.yahoo.co.jp/articles/3205563e97d314e27a2a2bac93a7993d52567e1a

推定視聴総数は57万人! 『欅坂46 THE LAST LIVE』
no title

no title

no title


櫻坂46の1stシングル「Nobody's fault」を初披露
no title

no title

no title

no title


櫻坂46 1stシングルセンター 森田ひかる
no title

no title

no title

【【謎の計算式】欅坂46ラストライブは推定視聴57万人】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2018/10/03(水) 05:35:43.27 ID:CAP_USER9
タレントのイモトアヤコが9月23日放送の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)で見せた“苦渋の決断”に称賛の声があがっている。

 9月15日に地元・沖縄で行った音楽フェスでラストステージを飾った安室奈美恵だが、20年に渡って安室を追い続けてきた熱狂的ファンのイモトももちろん現地へ足を運んだ。しかし肝心のライブチケットは持っておらず、目的は「なるべく近い位置で安室さんとの時間を共有したい。音漏れを聴きたい」と、会場外に漏れる音を聴くためだった。

 ただ、会場に着くと1万人を超えるファンが会場を取り囲んでおり、イモトは車から出ずに音漏れを狙うことにしたが、いくら耳をすましても車内まで音が聞こえてくることはない。そのため、番組スタッフは会場周辺まで行くことを許可したが、イモトは「今日は安室さんの日だからね。安室さんにも申し訳ないし、ファンの方にも申し訳ないので、おとなしくしてます」と言い、会場周辺を騒がせる可能性を考えて、車に残ることを決めた。

 この模様が番組で放送されると、安室ファンから「本当は行きたかっただろうに、いい人だね」「イモトこそファンの鑑」「望めばコネチケットも手に入れられるだろうに偉い」と称賛する声が聞かれている。

 一方、同じ安室ファンであるハリセンボンの近藤春菜は、会場周辺で音漏れを聴いていたことを番組で明かし、イモトとの対応の差を比べられることになった。また、それ以上に叩かれてしまったのが桐谷美玲だ。

「ツイッター上で、当日のイベントで桐谷を目撃したという情報が複数上がっています。詳細は分かりませんが、入手困難なチケットであることから、安室ファンの間では桐谷はコネでチケットを入手した”と疑われてしまっている状態です」(エンタメ誌ライター)

 また、同イベントは3連休の初日に行われたが、桐谷は3連休明けの18日に放送された情報番組「NEWS ZERO」(日本テレビ系)で、「3連休で友達と子どもと遊んだのがすごく楽しかったです」と話したため、“安室のライブに行ってたくせに嘘をついている”とツイッター上で断罪される始末だ。

「桐谷なりのファンへの配慮だったのかもしれませんが、安室ファンをさらに怒らせてしまっているようです。とはいえ、桐谷が安室のライブ会場にいたということさえ不確かな情報。

例えば、4月に行われた生駒里奈の乃木坂46卒業ライブでは、野村周平の目撃情報がSNSで拡散されました。こちらも倍率30倍の入手困難なチケットだったため、野村を非難する声が上がったのですが、野村は会場に足を運んだことを否定し、情報が事実と異なることがわかりました。

今回の桐谷の場合も、見間違えやガセ情報をもとに投稿した人がいて、それが拡散されたとも考えられますね」(前出・エンタメ誌ライター)

 安室のライブに行っていないのであればとんだとばっちりだが、仮にライブに行っていたのであれば、胸を張って公にできる方法でライブに参加したことを明かしててほしいものだ。

(田中康)

アサジョ2018年10月1日18時15分
https://news.infoseek.co.jp/article/asajo_59675/

写真
no title

【安室奈美恵ラストライブで明暗分かれたイモトアヤコと桐谷美玲の評価】の続きを読む