芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する2chまとめサイト、芸能トピ++

ラストアイドル

1: なまえないよぉ~ 2018/08/12(日) 03:24:51.47 BE:599478628-2BP(1500)
ラストアイドルユニット対抗 グラビアブックバトル開催決定
https://news.dwango.jp/idol/30504-1808

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


【【画像】新潟デパート店員の22歳女性 アイドルを目指しラストチャンスに賭ける!】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/05/31(木) 05:04:52.62 ID:CAP_USER9
 オーディション番組「ラストアイドル」(テレビ朝日系)から生まれた「LaLuce(ラルーチェ)」の古賀哉子(こが・やこ)さんが、31日発売のマンガ誌「週刊ヤングジャンプ」(集英社)26号の表紙に登場した。古賀さんが同誌に登場するのは初めてで、いきなり表紙に抜てきされた。

 古賀さんは、1997年12月27日生まれの20歳。「女優になる夢」をかなえるため、「LaLuce」の卒業を発表したことも話題になっている。同号では「清純派」と紹介され、ソロでは初の水着姿を披露している。

 同号は、貴家悠さん原作、橘賢一さん作画の「テラフォーマーズ」が巻頭カラーを飾った。

古賀哉子:「ラストアイドル」の“清純派”が「ヤンジャン」表紙に抜てき 
2018年05月31日 
 
(C)桑島智輝/集英社
no title

no title

no title

https://mantan-web.jp/photo/20180530dog00m200023000c.html

【【グラビア】古賀哉子「ラストアイドル」の清純派が「ヤンジャン」表紙に抜てき】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/18(水) 21:01:39.08 ID:CAP_USER9
ラストアイドル、吉崎綾・古賀哉子・王林が卒業「感謝の気持ちでいっぱい」

 秋元康がプロデュースするラストアイドルが18日、都内で、セカンドシングル「君のAchoo!」の発売を記念したコンサートを開催。LaLuce(旧名・ラストアイドル)の吉崎綾と古賀哉子、そして、Good Tearsの王林が卒業することを発表した。デビュー当時からグループを牽引してきた吉崎は「感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

 最初に登場したのは、番組セカンドシーズンで、ラストアイドルのセカンドシングルの表題曲を勝ち取ったシュークリームロケッツ。その表題曲「君のAchoo!」を披露し、オープニングを飾った。その後はGood Tears、Someday Somewhere、Love Cocchi、そして、ラストアイドルの初期メンバーで、同名から改名したLaLuceが登場した。

 この日は、2期暫定メンバー12人もステージに登場した。初々しさを感じるパフォーマンスで魅了した。

 アンコールでは、Good Tearsの王林と、LaLuceの吉崎綾と古賀哉子が卒業することを発表した。古賀は「次のステージで仲間と会えることを信じて、頑張りたい。ファンのみんなに感謝しています」と涙ながらに語った。

 また、リーダーとしてグループを牽引してきた吉崎は「デビュー出来たことなどは夢のような出来事。この経験をさせてくださってた皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。頼りないリーダーだったけどみんなが支えてくれたからここまでこれました。大好きだよ」とメンバー、そしてファンに感謝を伝えた。

 一方、LaLuceの阿部菜々実は「卒業しても仲間なので(ラストアイドルファミリーの)25人をこれからも宜しくお願いします」と語った。他のグループが見守るなか、その3人で、ラストアイドルのデビュー曲「バンドワゴン」を涙を浮かべながら歌い上げた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180418-00010008-musicv-ent

photonews-0418-k020

吉崎綾
no title

古賀哉子
no title

王林
no title


【ラストアイドル 吉崎綾・古賀哉子・王林が卒業】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/04/01(日) 20:05:46.49 ID:CAP_USER9
ラストアイドル、現7人組は新名称ラルーチェで活動

 テレビ朝日系オーディション番組「ラストアイドル」のシーズン2最終回が3月31日深夜に放送され、秋元康氏プロデュースのシュークリームロケッツ(以下シューロケ)が決勝戦で織田哲郎プロデュースのGood Tearsを破り、4月18日発売のシングル表題曲を勝ち取った。シューロケの3人は喜びの心境を明かし、ラストアイドル名義のセカンドシングル「君のAchoo!」のジャケット写真を初公開した。

 ラストアイドルの名で活動してきた7人組は、バトルの結果を受け、今後はLaLuce(ラルーチェ)の新名称で活動する。ユニット名はリーダー吉崎綾(21)の考案で、イタリア語で「光」。センター阿部菜々実(15)は「『ラストアイドル』という名前はしっくりきていたけど、新しい名前が決まったからには、名前と一緒に成長したい」と語った。
 https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12168-04016346/

ラストアイドル2ndシングル表題曲はシュークリームロケッツが獲得
テレビ朝日系のオーディション番組から生まれたアイドルプロジェクト・ラストアイドルのセカンドシーズンが終結。4月18日にリリースされる2ndシングルのタイトル曲が秋元康プロデュースのユニット・シュークリームロケッツの「君のAchoo!」に決定した。

ユニットのメンバーの座を争うファーストシーズンとは異なり、5つのユニットがシングル表題曲を歌う権利を懸けて戦ってきた「ラストアイドル」セカンドシーズン。本日3月31日深夜の放送回ではシュークリームロケッツと織田哲郎プロデュースのユニット・Good Tearsによる決勝戦の模様がオンエアされ、シュークリームロケッツが完全勝利を果たした。また昨年12月リリースのプロジェクト初のシングル「バンドワゴン」を歌ったラストアイドルは、ユニット名を「LaLuce」(ラルーチェ)に改め再スタートを切ることも発表された。

2ndシングルには「君のAchoo!」のほか、カップリングとしてラストアイドルファミリーが歌う「明日の空を見上げるために」を収録。またType-Aには指原莉乃(HKT48)プロデュースのSomeday Somewhere「この恋はトランジット」、Type-Bには小室哲哉プロデュースのLaLuce「風よ吹け!」、Type-Cにはつんく♂プロデュースのLove Cocchi「青春シンフォニー」、Type-Dには織田哲郎プロデュースのGood Tears「スリル」と、各ユニットの楽曲がそれぞれ収録される。シングルのジャケット写真、およびLaLuce「風よ吹け!」のミュージックビデオも公開された。

また「ラストアイドル」サードシーズンの開幕も発表された。今回は初期メンバーに12名が据えられ、ファーストシーズン同様に楽曲や衣装、振り付けがすべて決まった状態でメンバーの椅子を懸けた入れ替えバトルが繰り広げられる。
https://natalie.mu/music/news/276094

LaLuce「風よ吹け!」MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=o7Sp-d5141g


Someday Somewhere「この恋はトランジット」MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=1MTPUc2f5KM



画像
no title

no title

djkl180401-0033050950

djkl180401-0033090719

【ラストアイドル、現7人組は新名称『ラルーチェ』に改名 表題曲は秋元康氏の『シュークリームロケッツ』に決定】の続きを読む

1: なまえないよぉ~ 2018/03/13(火) 00:02:05.35 ID:CAP_USER9
織田哲郎が11日、都内でバースデーライブイベントを行ったことを、一部スポーツ紙が報じている。

 記事によると、同イベントのトークコーナーには、ソロ活動の際に楽曲を提供した、元AKB48の高橋みなみがゲスト出演。

 織田は現在、アイドルオーディションバトル番組のテレビ朝日系「ラストアイドル」のセカンドシーズンで、5人組「Good Tears」のプロデュースを担当中。

 高橋から「大変ですよね」と声を掛けられると、「どうかと思うよ、そんな分までギャラももらってないし」と愚痴。「でも、純粋でピュアでやる気のある子たちばかりだから、頑張らせてあげたい」と同グループに期待したという。

 現在番組では、セカンドシングルの表題曲をかけて、「Good Tears」ら5組がバトルを展開中。織田は今後について、「すごいことになる。多分炎上するんじゃない?」と“炎上予告”したというのだが…。

「織田以外、秋元康、小室哲哉、つんく♂、指原莉乃が各グループをプロデュースしてバトルを展開中。本来ならば、もっと盛り上がってもいいはずなのに、まったく盛り上がっていない。おまけに、織田はこれまでアイドルをプロデュースしたことがないので、アイドルらしくない楽曲で、敗戦を受けて、振り付けを変えて勝利するなど迷走中。織田のプロデュースユニットが勝利すれば、炎上しそうな状態になってしまっている」(レコード会社関係者)

 「ラストアイドル」は、昨年8月からアイドルグループ「ラストアイドル」のデビュー曲「バンドワゴン」のメンバーを決めるオーディションバトルを展開。毎週放送され、絶大な“宣伝効果”があったはずだが、昨年12月発売の同曲のオリコン週間ランキングは4位で、売り上げは5万枚ほどだった。

 4月18日には5組のうち、バトルを勝ち抜いたグループによる表題曲のセカンドシングルが発売されるが、どのグループでも売り上げは苦戦しそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180312-00000016-reallive-ent
no title

【大物プロデューサーのギャラも少ない?『ラストアイドル』はなぜ盛り上がらないのか】の続きを読む