芸能トピ++

ゴシップ、アイドル、グラビア等の芸能に関する5chまとめサイト、芸能トピ++

モデルデビュー

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2019/05/28(火) 12:15:27.35 ID:bu1PjRN39
俳優の木村拓哉(46)と歌手の工藤静香(49)の次女でモデルのKoki,(16)が28日、自身のインスタグラムを更新し、モデルデビューから1週年を迎えたことを報告した。

Koki,はこの日、人気ブランド「COACH」の最新ファッションに身を包み、美脚を披露したショットを投稿。さらに連続投稿で「このお仕事を始めさせていただいてから今日で一年になりました。私を応援してくださっているファンの皆様、そしてスタッフの皆様に心から感謝致します」とつづった。

その上で「この一年を通し、様々な経験をさせていただきました」と振り返り、「そのすべてを宝物にして今後も進んで行きたいと思います。これからも宜しくお願い致します。本当にありがとうございます」と決意を新たにしていた。

Koki,は昨年5月にファッション誌「エル・ジャポン」の表紙を飾り衝撃デビュー。その後は高級ブランド・シャネル、ブルガリのアンバサダーに抜てきされ、パリでランウェイデビューを飾るなど躍進が続いている。

https://hochi.news/articles/20190528-OHT1T50056.html 
2019年5月28日 11時53分スポーツ報知 


no title

no title

no title

no title

no title

【Koki,モデルデビュー1周年を報告「様々な経験…そのすべてを宝物に」美脚ショットも】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 23:43:03.25 ID:CAP_USER9
9月28日発売の女性ファッション誌『Richesse』(リシェス)で、元女優の後藤久美子とフランス人の元F1ドライバーであるジャン・アレジの娘のエレナ・アレジ・後藤がモデルデビューする。
エレナは後藤の長女で、スイスの高校を卒業後、イギリスの映画製作専門学校に入学している。10月1日から母の後藤と同じ芸能事務所のオスカープロモーションに所属し、11月に学校を卒業したあとは日本で本格的に芸能活動をするとみられている。

リシェスでは高級ブランド『ブルガリ』とのタイアップで、総額1億円以上のジュエリーを身に着け、そのセレブぶりをいかんなく発揮している。だが、日本での芸能活動には、早くも先行きを不安視する声が広がっている。

「後藤とアレジの娘ということで、2世タレントとしては申し分ない話題性があります。しかし、実際に活動していくとなるとその知名度以外に何が特徴なのかがはっきりしないのです。
オスカーということでモデル業を中心にしていくのでしょうが、身長は母の後藤よりも小さい156センチ程度。端正なルックスといえば聞こえはいいですが、正直、父のアレジの血が濃く反映されていて、かつての“美少女ゴクミ”のルックスには到底及びません。語学堪能ということで、数年後には文化人枠で活躍することも可能でしょうが、それも会話術や頭の回転が相当よくないと厳しいでしょう」(芸能記者)

https://myjitsu.jp/archives/32596

no title

【後藤久美子の娘・エレナに芸能界から厳しい声】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: なまえないよぉ~ 2017/09/28(木) 10:45:39.11 ID:CAP_USER9
ゴクミの愛称で一世を風靡した女優の後藤久美子。その長女であるエレナ・アレジ・後藤が日本でモデルデビュー。
28日発売のファッション誌では母娘で表紙を飾っている。ゴクミは94年ごろからフランス人F1レーサーのジャン・アレジと事実婚しており、エレナは日仏ハーフとなる。

フランス生まれのエレナはスイスなどヨーロッパ各地で生活し、日本語やフランス語など6カ国語と話すマルチリンガル。
10月1日から母親のゴクミと同じオスカープロモーションに所属し、来年から日本での芸能生活を本格化させるというのだが、女性誌のライターは首をかしげる。

「ゴクミの長女とあれば話題性は大きく、注目を浴びるのは確実でしょう。
ただエレナは日本で生活したことがないはずですし、生まれた時からヨーロッパで資産家の娘として育ったのですから、ヨーロッパで芸能活動できそうなもの。
現在はイギリスで映画製作を学んでいるそうですが、そこを離れて日本に渡る必要性が見いだせないのです」

たしかにエレナは語学に一切困らないうえ、フランス国籍を保持しているのでヨーロッパ(EU加盟国)での就労も自由だ。
それならば現地でモデルなり女優に挑戦すれば良さそうなものだが、なぜわざわざ日本に来るのか。海外事情に詳しい芸能ライターが耳打ちする。

「大きな理由の一つはエレナの身長が156センチしかないこと。
最低でも172センチが必要な欧米モデルの基準では明らかに低すぎるのです。
女優ならさほど身長は問われませんが、こちらは専門教育と長い下積みが必要。
子役として活躍した実績でもない限り、二十歳でいきなり仕事をもらえることはありません。
それが日本に来れば『ゴクミの長女』という肩書で、最初から大きな仕事をもらえます。
モデルデビューがいきなりファッション誌の表紙だなんて、ヨーロッパではありえない厚遇です」

いくらジャン・アレジの娘とはいえ、ヨーロッパで特別待遇を期待するのは無理なようだ。
そもそもお金には一切困らないお嬢様ゆえ、今回のモデルデビューも本人としてはバケーション感覚なのかもしれない。

no title

2017年9月28日 10時14分 アサジョ

no title

no title

【後藤久美子の娘がヨーロッパを離れ、日本でデビューするワケとは?】の続きを読む